がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第65回NHK杯 佐々木勇気 vs 藤原直哉 (角換わり相腰掛け銀△73歩待機型)

 おお~、藤原さん、初めて見た気がします!プロ将棋観戦歴が短いもので、ベテランの方で名前しか知らない人が結構いるんですよね~。普通に考えれば若手超強豪の佐々木さんが勝つと思うんですが、ベテランさんは今ではあまり指されなくなった戦型に引きずり込んで若手を翻弄する事があるので、全盛期を過ぎた人でも侮れないんですよね。

20150524NHK_佐々木vs藤原38手 38手目盤面図、角換わり相腰掛け銀になりました。珍しいのは後手が△73歩待機型に出た事。いや~、去年に中村さんと深浦さんが何かの棋戦で指したのが、僕が見た△73歩待機型の最後の気がします。藤原さん、古い戦型どころか、最新形に踏み込みました(^^)。△73歩▲48飛の場合、後手の右金の位置が最終的に42に来るか43に来るかがかなり重要で、最終的に▲25歩48飛となった時に△42金右になってないと▲45歩から後手がマズイ事になる仕掛けがあるんですよ。何故そうかは『これからの角換わり腰掛け銀』に詳しく書いてありまして、この凄すぎる本で大の苦手だった角換わりが、今では自分の主力戦法になってしまったんだから、定跡書の威力は侮れません(^^)。しかしこれが先手と後手の指し手の公倍数で変わってくるので、計算しにくくって大変だったりして(^^;)。

▲18香△42金引▲66歩△43金直▲25歩△42金引▲68金右
 でました、相腰掛け銀最大の難関、手待ちです(^^)。先手はどんどん形を作っていきますが、しかし進めきったところで仕掛けが難しいという飽和状態に達してしまうという、とんでもなく嫌らしい将棋なんですよね、△73歩待機って。それにしても、佐々木さんの▲68金右は工夫の一手というか、これで僕は公倍数が狂ってしまいました。アホです(6 ̄  ̄)ポリポリ。

△12香
 ここで後手は穴熊を示唆!△73歩待機&穴熊は何度か見た事がありますが、先手が仕掛けられないと見ての、後手の△42金右を固定したままの手待ち&隙あらば穴熊の合わせ技なのかな?

▲28飛△74歩
 角換わりで、羽生さんが後手が穴熊に潜った一瞬の隙を突いた仕掛けを見た事がありますが、完全に忘れてます(^^;)。あれは端から行ったんだったかなあ。しかし、仮にここで玉が潜ったとして、先手にどういう仕掛けがあるのか全然分からん。

20150524NHK_佐々木vs藤原57手 しかし対局者の藤原さんは何かまずい順を発見したようで、穴熊に潜らずにここで△73歩待機を解消。まったくの直観なんですが、これが何となく絶妙のタイミングの気がしました。この瞬間に佐々木さんが4312の順で歩を突き捨てての仕掛け!!これで57手目盤面図に辿り着いたんですが、ここで藤原さんから凄い手が飛び出しました!!

△46角
 おお~、僕はてっきり桂頭の歩の△36歩の一択かと思ったんですが、こんな手があるのか!!いや~、たしかにこの桂は守りにくいぞ、▲38飛でも▲27飛でも△36歩が激痛の気がする。

▲26角
 おっと、これも綺麗な受け!…と思ったんですが

△35銀
 うおお、藤原さん、これは見事な切り返し!!!これは駒の拾い合い必至、もう後戻り不能のいきなりの斬り合い!!いや~、ここの盤面図はめっちゃくちゃ面白かった!色んな取り順があるし、またそれがまずければ別の指し手もありそう。ここが今日の山だったと思います。

▲47銀△26銀▲46銀△同歩▲26飛
 おおお、佐々木さん、この局面の片をつけに行きました!しかしここで△47歩成とすれば後手は駒損なしでと金を作って不満なしかと思ったんですが、ここでまたしても藤原さんから素晴らしい手が!

△35銀
 ああああ、攻めを継続する好手が出たあああ!!!!う~んなるほど、後手不満のない見え見えの手があるのに、それ以上の手をさらに考えるんですよねえ、プロは。いや~、なんかこれは後手が良くなったような気がするぞ。もしかしたら佐々木さんもこの手は見えてなかったんじゃなかろうか。

 ここからの藤原さんの指し回しは見事!プロって一度よくなると逆転させない鉄壁の指し方をしてくるのでオソロシイ。。相手の飛車をいじめながら抑え込み、そのまま玉まで入玉してくる構想、この構想はこの前の名人戦でも観たぞ。。
 ところが佐々木さんも若手超強豪、完封負けかと思いきや、素晴らしい指し回して自分も入玉の狙える形まで漕ぎつけてしまいました。いや~、もう自分とは棋力差がありすぎて、ため息しか出ないですね、プロ将棋は(^^)。

20150524NHK_佐々木vs藤原129手 そして最終盤。これは佐々木玉も入玉か、と思ったところで、またしても藤原さんの妙手が飛び出しました。盤面図は129手目、後手は入玉を防ぐ押さえ駒が少ない。いや~、これで入玉を防ぐ指し回しって簡単じゃないと思うんですが…

△78飛成▲85玉
 うわあ、9筋から飛車をどかして大丈夫なのか?!これは手順に先手玉にグイグイ入ってこられるような気がするのですが、大丈夫なんでしょうか…

△64金
 おっと、これはひと目好手、しかし本当に入玉を防げるんだろうか…

▲91銀不成
 佐々木さん、これで上部の押さえ駒を全部掃除してしまいました。俺なら寄せられる自信がないぞ…

△93銀
 上部に逃がしたらオシマイなので、寄せるならこの一手かも。

▲84馬
 しかし佐々木さん、この銀を外しに行きます。これを取りかえしていると手順に入玉コース。持ち駒が色々あれば「取ったら寄り」みたいな仕掛けが作れそうですが、後手は持ち駒が少なすぎる。これは「玉を危険地帯に誘え」が使えるかどうか…

△76龍
 おおおお~~、マジで龍捨ての寄せだあああああ!!!これは決まりました、なんというカッコいい決め手!!これをみて佐々木さん投了、藤原さん、カッコ良すぎる決め手で若手強豪を一回戦で葬り去りました!!!この投了図、カッコ良すぎです(^^)。

 いや~、定跡を外れて以降は完全に読み比べの将棋になったと思うのですが、要所要所で藤原さんの読みが佐々木さんを上回っていたように思いました。序盤も古い戦型に誘導なんてとんでもない、相腰掛け銀の最新形課題局面に引きずり込んで若手を上回る見事さ。いや~、これは素晴らしい将棋を見てしまいました。この将棋も面白かった!!ちょっと藤原さんのファンになってしまいそうです。


関連記事

コメント

藤原直哉七段のファンです。 

10年ぐらい前に確か王将戦予選か何かで渡辺竜王(当時)に後手番で完勝して以来、ずっと気になる存在です。今回も角換わり最新形の後手番を受けてたってますし、最新形を常に研究している藤原さんの将棋は素晴らしいですね。

今日のNHK杯でShougiXさんはじめ藤原ファンが増えたようなので、嬉しい限りです。ただ、ニワカファンが増えるのは昔から(と言っても私も10年ぐらいですが)のファンとしては複雑ではありますが。ややこしい感情ですね(笑)
  • ベル 
  • URL 
  • 2015年05月24日 20時11分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: 藤原直哉七段のファンです。 

 ベル様、書き込み有難うございます。

 ベテランで最新形に踏み込み、若手の中でも強豪と言われている棋士のひとりに中盤も終盤も読み勝つというのは凄い事だと思いました。昨日の将棋では唸らされる好手が何手も飛び出して、圧巻でした。

 わたしもにわかファンですが、許して下さいね(笑)。
  • ShougiX 
  • URL 
  • 2015年05月25日 10時47分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR