第8期マイナビ女子オープン 第1局 加藤桃子 vs 上田初美 (横歩取り)

 仕事がべらぼうに忙しくて、まったく将棋に触れる事が出来ず(T-T)。。しかも、今日朝起きたらみぞれが降ってる!!おいおい、4月だぞ…。そんな中、今日も仕事ラッシュなのですが、ちょっと早めの昼食を取りながら女流タイトル戦の棋譜だけ楽しませていただく事にしました。戦型は…横歩!!おおお、相横歩になってくれ~( ̄ー ̄)。。

20150407_33手 さすがに相横歩にはなりませんでしたが、やっぱり観るだけなら横歩が一番面白い!!盤面図は33手目、先手が▲24歩と打ち込んだところ。いやあ、さすがは女王、踏み込みますねえ。

△34銀
 代えて△同角は▲11角成で論外。では、△同銀は?…▲33角成△同金に▲22歩が激痛というわけか。というわけで、ここは△34銀の一手ですね。そして、先手は…

▲28飛
 これはちょっとビックリ。▲24歩と踏み込んだ以上は先手を取って将棋を動かしに行くのかと思ったのですが…。別の言い方をすると、後手からやってこいという事なのかな?たしかに、後手も手を作るのは簡単じゃなさそうではあります。ちなみに、前例は3局のみで、それらはすべて▲36飛だったそうで。

△25歩▲33角成△同桂▲88銀
 この辺はすごく面白いというか、かなり勉強になりました。お茶を濁すような手もあるかと思うんですが、互いにかなり突っ張った応酬。特に、後手は具体的に良くしてしまおうという気迫がある手の選択に見えて、これはカッコいい!!そして…

△35角
 うおお、勝負手だああああ!!!
構想としては、24の歩を払いながら2枚の桂を跳ね出して57の地点を集中砲火という感じなんでしょうね。それが決まれば一撃ですが…その前に▲36歩と角頭を突かれてから▲37桂と跳ねられたらどうなるんだ?横歩の中住まいや中原囲い系の将棋は、桂の跳ね出しと角を捌かれると厄介なんですよね(^^;)。。

▲77銀△24角
 な~んて言ってたら、上田さんの主張が通ったあああ!!いやあ、△24角は通れば好手、ダメなら疑問手になるかと思ったんですが、これは好手になるかも知れません。。

 以下、メッチャクチャに面白い中盤争いになり、先手の飛車が抑え込まれかけ、精神的にしんどくなったのか、加藤桃子女王は苦し紛れのように敵陣に角を打ち込み。これがシロウトから見ても疑問手に見えて(とはいえ、何とかしないと抑え込みもあり得たので、実は最善だったのかも)、以降は紆余曲折ありながらも、ついに先手飛車が3手詰め必至。角を牢屋に入れられただけでなく、飛車香交換を許すようでは、あとは頓死を喰らわないように慎重に指せば後手勝ちかな、とおもったら…
 ところが、女流棋戦はタイトル戦と言えども持ち時間が短かい。これが勝負に影響してしまいました。この状況で上田さんは時間に追われてしまい、一気に崩れてしまいました。結果、107手にて加藤女王の逆転勝ち!!

 いやあ、これ、持ち時間5時間とかだったら、上田さん勝ってたんじゃないかなあ。上田さんにちょっと同情してしまいました。しかし、やっぱり横歩は楽しいです(^^)。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド