がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第64期王将戦 第6局 郷田真隆 vs 渡辺明 (角換わり相腰掛け銀)

 いやあ、これはすごい事になりました。タイトル戦は3戦連続で同一局面を争う展開!!もしこれで渡辺さんが勝つような事があれば、渡辺さんの研究恐るべしという事になりそうです。

20150319王将64-6_郷田vs渡辺_角換49手 角換わり相腰掛け銀、課題の49手目です。羽生さんも郷田さんも、ここから渡辺さんの研究に引きずり込まれてやられちゃったんだよなあ。しかし今回の渡辺さんは、後手を持ってこの局面を戦う事になりました。自分の研究手を自分で破らなければならなくなったわけですが…

△43金左
 渡辺新手だあああ!!!
いやあ、僕がプロ将棋を見るようになったのはここ数年の事でよく分かってないのですが、昔から将棋を見ていた友人は「竜王は研究将棋だからな」な~んて事をよく言います。その言葉の意味が今日ほどよく分かった日もありません。男性棋士の解説を聴いていると、皆さん現状の課題局面に関して「これは新手だ」とか「これは去年の○○戦で誰々が指した手だ」とか、恐ろしくよく研究しているなとほとほと感心するんですが、そういう中に入っても、渡辺さんはずば抜けているんでしょうね。いやあ、一流とは天才の事ではなくて努力を怠らない人の事だなんて言いますが、まさにそういう事なのかも。素晴らしい。

▲24歩△同歩▲25歩△同歩▲24歩
 しかし、矢倉を守る要の金がどいたのだから、玉頭を直接攻める▲24歩からの継ぎ歩に垂れ歩は指してみたいですよね(^^)。普通に考えればこれで悪いなんて事は無いと思うのですが…

△63歩▲46角△32玉
 おお、渡辺さん、第5局で郷田さんが放った△63歩をここで使ってからの早逃げ!!いやあ、ここ、後手はけっこう難しい選択だった気がします。単純に玉を守る事を考えれば△32金とかで玉頭を守りに行くのが自然なんじゃないかと。でもその場合には問題がふたつあって、ひとつは4筋の攻防がどうなるかという点、もうひとつはここで△32金とするんだったら、新手のところは△43金直の方が良かったんじゃないかという点です。特にプロ将棋は謝りたくない人が多い最初の構想が成立するかどうかを最後まで指して見極めようとする風潮があるみたいなので、善悪は兎も角として△32金は指しにくいのかも。そんな事もありつつの早逃げだったと思うのですが…なるほど~、ここの攻防で後手の主張をあげるとすれば、拠点は作られたが先手歩切れ、2筋からの攻めは細くて繋がりそうにない、という感じでしょうか。僕がビビりすぎなのかも知れないけど、なんか全部渡辺さんの読み筋な気がしてきた(^^;)。。

▲15歩△同歩▲64歩△同歩
 おっと郷田さん、ここで歩の連続突き捨てを入れた!!継ぎ歩に垂れ歩を入れた以上はここで▲28飛と戻すのだと思ってました。しかし、その前に歩の突き捨て。…おおお、なるほど~、▲15歩は単純な角のラインの端攻めとか香を吊ってから飛車で抜くための下準備、▲64歩は5段目を通す事で飛車を28~25~85と展開する構想かな?いやあ、すぐに直接手に飛びつかずに色々と味付けするんだな。

▲同角△26歩
 △26歩が封じ手なんですが…これ、なんだ?全然分からん(゚ω゚*)。無論、この歩を成れてしまえば、と金一発で先手の飛車の攻め筋を完封出来てしまいますが、普通に▲28飛と回ったらどうなるんだろう。△27歩成▲同飛で歩を消してから△22歩と改めて受けるのかな?…な~んて思ったら、解説によると▲28飛には△75歩なんだそうで。なるほど~、全然分からん。。

 以降、壮絶なねじり合いになり、難しすぎてわけわからん状態になったんですが、ひとつ言える事は、なんと△27歩成が成立した事。こうなると、さっきの郷田さんの歩の突き捨ては不発に終わった模様(p゚ω゚*)。。強すぎて色々見えちゃうのも善し悪しなんだな。それにしても、捻じり合いになった時の相腰掛け銀ほど難しい戦型もないぞっと(^^;)。

20150319王将64-6_郷田vs渡辺_角換88手 ただいま2日目の午後3時すぎ、88手まで進んでいます。互いにあまりに難しい手を指しまくるので中央で駒が当たりまくっていて訳が分からない状態になってます(^^)。後手からの端攻めは現状では足りないので、王手も質駒も飛車筋直撃もある先手が良くなる順のひとつぐらいは見つかりそうな気がするので、ちょっと先手有利のような気がします(^^)。…と書いたところで

▲63同桂
 エエエエ~(゚ロ゚ノ)ノ!!
▲同桂は△同飛で眠らされていた後手の飛車がいきなり元気になってくるので、これだけは絶対に無いと思ったんですが…。いやあ、△同飛と来たら、先手はどうするつもりなのか、それとも先手は何か必殺の順を見つけたか。

△63同銀
 これも飛車で取らないのか!!いやあ、絶対僕がなんか見落としてるんでしょうね。やっぱり将棋は中盤がむずかしい(^^;)。あ、でも、飛車で取らなければ、駒を補充できたら端攻めが復活できるのか。たしかに飛車が飛び込んで来たら先手玉はあっという間に寄っちゃいそうだな…

 で、ここからの終盤がすごかった!9筋の折衝で郷田さんがついに後手の飛車を捕獲、しかし渡辺さんは27に成り込んだと金を存分に活かして入玉狙い。郷田さんはこの玉を後ろから追い出すという非常に難しい寄せに。渡辺さんの入玉狙いが98手目からだったので、この追撃戦は50手近くに及ぶ壮絶なものとなったんですが、見ていた印象としては「こりゃ掴まりそうもないな」という感じでした。しかし…

20150319王将64-6_郷田vs渡辺_角換120手 盤面図は120手目。ああ、もうこれは捕まらないんじゃないかと思いました。しかしここで郷田さんが放った手が…

▲59角
 ん?これじゃ入玉を防ぐ要の飛車が抜かれてしまうんじゃ…おおお、△48銀成には▲同角で必至じゃねえか!!すげええええ!!!

△25歩
 う~ん、これも見事、角道を遮って△36玉にも行けるようにして、逃げ場を広くしてるんですね。A級棋士同士の終盤は凄いわ。

▲53桂右成△同銀▲同桂成
 ここで郷田さんは金駒を補充に行きました。渡辺さん、この桂を外すのに金でなくて銀。全然読めてませんが、金を渡すとと金を浮かされた瞬間の▲13金が怖いという事かな?そして渡辺さん、最後の桂成りを取らずに…

△48銀成▲同角△38桂
 桂が手に入ったので飛車を抜いた後に37に桂合いが出来る事になったというわけで、飛車を抜きに行きます!!いやあ、後手玉はもう寄らないだろ、どうするんだ、これ…

▲38桂△同と▲47銀
 王手から入って、この将棋で大活躍していたと金に銀を当てに行きました。いやあ、後手が寄ってるのかどうか全然わからん(^^;)。しかしこの瞬間は王手ではないので、入玉を狙うなら△27玉、王手から入って攻防の利きを作っておくなら△79飛なんかもありそう。強引に△79飛▲66玉△69飛成▲68歩△同飛成▲同金△同龍と迫ると?…単に▲67歩で受かっちゃいそうだな、こうなると相入玉戦になっちゃって難しくなるのか。いやあ、後手も意外に簡単じゃないんだな。

△17飛
 いやあ、なんという手!穴熊崩しで、相手の金駒とこちらの飛車角を交換した方が得になる事がありますが、原理としては似たようなものか。すごい終盤になったぞ…

▲18銀△同飛成▲同香△65歩
 ついに渡辺さんの反撃!!次の△66銀を狙った一手空きです!ビビりの僕なら先に入玉しちゃいますが、飛車を渡した以上、万一相入玉の自将棋になったら負けてしまいますから、寄せられずとも先に入玉を消しておくという事かな?

▲66歩△69銀
 先手は当然ながら詰めろ逃れ。そして後手は…おおお、△78飛成を見た詰めろ、寄せに行ったああ!

▲17銀△27玉▲38銀△18玉▲68金
 しかしここで手番は郷田さん。いきなりの▲68金の受けは△55桂~△68飛成から一瞬で詰まされそう。が、王手でと金を消しつつ銀あたりを避けた後で▲68金で詰めろを消しに行くと…おおお、△55桂には▲69金で銀を抜きながらの受けが利くではありませんか!!しかもこれ、質駒になってる金を補充されたら、後手負けじゃないかい??いやあ、とても一分将棋の指し手とは思えない、郷田さん、スゲええええええ!!!!さあ問題は、ここで後手が寄せられるかどうか…

△46桂
 後から考えて気づいたんですが、後手は金じゃなくて銀を渡しても△27銀打があるのでヤバい。というわけで、43の金を補充される事だけでなくって▲69金もケアしなくちゃいけない。つまりこの桂打ちは▲37角△37桂成とか、▲47銀△58桂成の詰めろあたりを狙ったんじゃないかと。

▲29銀
 うわあ、すごい所に逃げたな…もうどっちが勝ってるかさっぱり分かりませんが、これはさっきの詰めろの筋があるので、消去法で選んだのかも。
 
△同玉
 え、△同桂成じゃないのか?こ、これは…

▲28飛△19玉▲43成桂、まで
 渡辺さん、投了だああ!!!すげえ、郷田さん、入玉将棋を仕留めちゃったよ…。

 いやあ、最後の一分将棋での指し手がものすごかった!!僕は後から悠々と考えながらブログを書いて、やっと指し手の意味を推測しているという感じなのに、渡辺さんも郷田さんも時間に追われながらこれなんだから、ちょっと神がかりだわ。しかし、めっちゃくちゃ面白い終盤でした!!

 この将棋、勝ちこそ郷田さんに滑り込みましたが、実際には渡辺さんが勝ちでもおかしくない所まで行っていた気がします。その意味では、あの渡辺新手は成立しちゃってるんじゃないかという気が。そして終盤戦、さすがはA級トップ棋士同士、凄すぎ、メッチャ面白かった!!さて、これで王将戦は3勝3敗でフルセットまでもつれ込みました!!もしこのまま角換わりシリーズでいっちゃうなら、第7局は振り駒が異常に重要な意味を持っちゃうんじゃないかと。いやあ、王将戦、面白いっす!!


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR