第65回NHK杯予選 甲斐智美 vs 香川愛生 (相振り飛車)

 今日のNHK杯は来期の予選、女流同士の対戦でした。対抗形の将棋をもっと見たい僕は、振り飛車を指す人が多い女流の将棋を最近見始めたのですが、今日は…相振り飛車だあああ!!いやあ、相振りまでいっちゃうと全然分からん(^^;)。

20150315NHK_甲斐vs香川_相振12手 それにしても、今日は阿久津さんの解説が凄すぎました。もし阿久津さんが指していたら5回ぐらい詰ましてたんじゃなかろうか。例えば、序盤も序盤、12手目の盤面図で…

阿久津さん)ここ、▲72歩と指したらどうなるんですかね?

 ん?…おおお、金や銀で取れば角がタダ、飛車で取れば飛車交換から角がタダというわけで、取れないのか!!いやあ、全然見えませんでした(*゚∀゚*)。というより、安全に駒組みする以外の事をまったく考えてなかった…。というわけで、▲72歩には後手から角交換をして、すぐに後手が寄るわけではない気がしますが、この時点から虎視眈々と鋭い手を考えているというのが驚愕でした。
 他にも、「ここで△26歩からの飛車先の歩の交換には、その瞬間に▲73歩があるかも」とか、鋭い筋をバシバシと披露。実際にはその手が成立するかどうかは検討してみないと分からないと思うんですが、ひと目で色んな筋がパパパッと見えるというのがスゴイ。長考派の僕なんて、いっつも死ぬほど考えて1~2個思いつくのがやっとだというのに。。阿久津さん、今期初挑戦のA級では残念ながら全敗だったのですが、女流タイトル保持者のお二人に対して飛車一枚では済まないないぐらいの棋力差があるんじゃなかろうか。

 でもって、将棋は香川さんがいつものように攻め一辺倒の将棋、そして受け潰されて大差負け(^^;)。香川さんの悪くなってからのクソ粘りって、劣勢になった時の糸谷さんの指し方とか、関西の若手棋士全体に共通する指し回しに思えて感心します。しかしそうなる前の段階が…受けるべきか攻めるべきかとか、そういう将棋の勝敗を分ける重要局面で、善悪ではなくていつでも攻め一択というのがちょっと(^^;)。。こういう剛腕頼りの攻め将棋に負けると、けっこう悔しいんですよね。。逆に、一生懸命暴れてる相手を冷静に受け潰す甲斐さんは、これぞ強い人の指す本当の将棋という感じで、カッコよかった!!

 というわけで、僕にとっては阿久津さんの凄さにビビった一局でした。相振り飛車、全然分からん。。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド