第73期順位戦A級P.O #2 久保利明 vs 渡辺明 (向かい飛車)

 渡辺さん、棋王戦に名人挑戦者決定プレーオフに王将戦と、超重要棋戦の連続です。もしこのプレーオフを勝ち抜いたら名人戦にも登場する事になるのか。長年守り続けた竜王を落としたというのは、実は渡辺さんが次のステップに進むのに必要な事だったんじゃないかとすら思えてきます。一方の久保さん、順位戦最終局では渡辺さんに短手数での大差負け。しかしあれは後手番だったし、ここは久保さん何としても先手を取りたいと思うのですが…おおお、久保さん、先手だああ!!!初手は…

▲56歩
 おおおお、先手中飛車、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!そういえば渡辺さん、この前の早指し戦の決勝で羽生さんの先手中飛車を喰らって負けてたな。去年まで遡れば、羽生さんもタイトル戦で先手中飛車をっ喰らって負けていた気が。先手中飛車ってメチャメチャ優秀に感じます。

△84歩▲76歩△85歩▲77角△54歩
 後手渡辺さんは、8筋を伸ばして先手の角を吊り上げてから5筋の位を守った!!こ、これは…

▲88飛
 中飛車じゃない、向かい飛車だあああ!!!僕は5筋の位を取らせて受けるタイプなので、この向かい飛車の定跡はあまり知らない(^^;)。これ、しばらくは居飛車バランスのとり方が難しそうだなあ。。

20150310順位APO_久保vs渡辺_向飛車19手△34歩▲68銀△42玉▲48玉△32玉▲38玉△62銀▲28玉△53銀▲16歩△14歩▲38銀(19手目盤面図)

 以降は淡々と駒組み。う~ん、5筋の位を取らせないで指すと、後手は既に63銀の形を作れないんだな(^^;)。しかし、この形での向かい飛車は居飛車怖いなあ。桂の跳ね場所を作る△74歩は…その瞬間に歩をぶつけられて飛車交換か。玉の腹が空いている分だけ、それは先手が先着できそうだなあ。居飛車はもう少しだけ辛抱したい…

△52金右
 角交換がいつでもある状況で右辺をガラ空きにするんでおっかない気もしますが、渡辺さんが指すんだからきっと大丈夫なんでしょうね。う~ん、角交換四間の研究の遣い回しで何とかしている向かい飛車対策ですが、きちんと勉強しないといけなそうだな…。

▲78金
 ま、また難解な手を…。。ここは先手の方針の分かれ所だったんじゃないかと。▲66歩ならじっくりという感じになるんでしょうが、角交換振り飛車の形でそれはちょっと癪なんでしょうね。あとは▲58金左とか▲57銀とかかと思っていたんですが、▲78金かあ。これは角交換後の打ち込み筋を消しながら勝とうという事…なのかなあ。

△74歩▲57銀
 お、先手はここで▲57銀。これは5筋を戦場にするか、玉頭銀を含みに残してるかな?ここで渡辺さんは…

△64歩▲96歩
 うわあ、これは強い人じゃないと指せないんじゃなかろうか…。居飛車はここで囲いに手をつけるか、銀の方針を決めるか、8筋を良くしに行くか、角交換を拒否しに行くかみたいな分岐点かと思ったのですが、ほとんど一手パスみたいな手を指しました。後手の態度をきいてからという事か?しかし、ここで久保さんも相手の様子をうかがう手( ̄ー ̄)。ここ、先手があまりゆっくりしていると、後手が追いついてきちゃうぞ(^^)。

△24歩▲66歩△23玉
 おお~、天守閣に囲うのか?!う~ん、天守閣美濃って、この前の女流名人戦で清水さんが使っていましたが、角のラインから玉を外せるメリットはありそうですが、しかし顔面受け上等になるので怖すぎる(^^;)。しかし角交換振り飛車を受けるなら、天守閣美濃の勘所は覚えておいた方が良さそうだなあ。。はやくも、自分では構想しない類の将棋になってしまいました。。しかし、▲66歩とは…▲67金~▲46銀~▲58飛で中央から行く気か?!

▲26歩△32銀▲27銀△44銀▲38金
 その前に、相手の天守閣美濃を見て玉頭を盛りあげに行きました。ですよねえ、後手はかなり神経を使う将棋になるんじゃないのかなあ…。実際の形勢は分かりませんが、居飛車党の僕でもこれは振り飛車を持ちたい気分…。

△31角▲46銀△33銀引
 おお~、先手の構想は予想通り(=^▽^=)!しかし後手は…これは堅く囲うまでは戦いに行かない渡辺さんの棋風が出た感じでしょうか。でも、振り飛車は右桂を跳ねて万全の片銀冠を作って、▲67金~▲58飛で捌きの目途がつくんじゃ…

20150310順位APO_久保vs渡辺_向飛車37手▲55歩(37手目盤面図)
 うおお、久保さん、いきなり仕掛けたあああ(゚ロ゚ノ)ノ!!!悠長に万全に駒組み出来るまで待たずに行きました!!捌きのアーティストにいきなり踏み込まれると怖すぎるわ。

△同歩▲同銀△53金
 また渡辺さんがなんか変な誘いをやってるぞ…△63金としておけば▲54歩が金に当たらずに歩の拠点を作らせずに済むものを、なんで△53金なのか。分からん( ̄ii ̄)。。普通に考えれば▲54歩と打たせたいという事なんでしょうね。いやあ、これは久保さんが捌きに行ったように見えて、渡辺さんに呼び込まれたか??

 渡辺さんの狙いは金銀交換から飛車を5筋に回しての抑え込みでした。たしかに、5筋に駒の利きが全然ないので、これは渡辺さんうまく指したか。しかし久保さんもうまく指して後手陣はバラバラ、これで成り駒を作られたら後手陣は一気に崩壊しそうで、案外バランスが取れていそう。色々ありましたが、進んでみれば対抗形の典型みたいな作りの将棋になりました。

 さて、ここで夕食休憩が終わり(僕のです^^;)、またまた仕事に戻らねば。。なんか、今日はもう帰ってこれない気がする。。いやあ、何となくですが、後手の玉形が悪すぎて、もし5筋を抑え込めたとしても先手のほうが指せる気がする。

◆◆◆◆◆

 帰ったのは夜中。フラフラで、夕食休憩以降の棋譜を翌日の昼ごろになってようやく見ている有様です(^^;)。。中終盤戦は…おもしれええ!!!いやあ、凄すぎる場所がありすぎて、書ききれません。。仕事まで1時間ほどあるので、それまでに書けるだけ書いてみると…

20150310順位APO_久保vs渡辺_向飛車58手 まず、前日の夕食休憩直後の58手目盤面図。昨日の夕方前は、ここは勝負のポイントだと思っていて、僕の想像では、後手の抑え込みを防ぐ手だてはもうなくって、その代償に先手が何を出来るかという感じになると思ってました。そうなれば玉型に差があるので、先手若干いいような気がして。。しかし、この「後手の抑え込みを防ぐ手だてなし」という見立て自体が間違っていたとは。。ここはもう▲59飛か▲55歩しかないと思ってました。ただ、▲59飛は、直前にようやく飛車を7筋に回せたのに謝る事になって癪だし、また▲59飛自体が抑え込みを認める手でもあるので、他の手があるなら探したい。そうなると▲55歩ですが、△同銀としてくれれば成功だけど△同飛は?▲66金打から中央を手厚くして追い返す?しかし、攻め駒が完全になくなっちゃいますね。。飛車を読んでから▲59飛で飛車をぶつけに行って、飛車交換で飛車を捌いて玉形の差で勝負?ああ、これしかないかな、と思ったところ…

▲64金
 えええ、これ、成立するのか?!一瞬考えたんですが、△同角▲同歩△53歩成で5筋が破けたと思って検討を打ち切ってました(^^;)。う~ん、やっぱり、もう少し持ち時間の長い将棋を指す癖をつけないといけないな…

△同角▲同歩△57歩成▲72角
 おおお、そんな返し技があるのか?!…なるほど~、飛車が前に出ると飛車が詰んで…下がっても▲54歩で飛車が詰むわ。しかし、と金の紐が外れるとはいえ、△64飛とすると?

△64飛▲57金
 これで先手は金を守りながらと金を外す事に成功!しかし、後手は龍を作る事に…おおっと、飛角金がそれぞれに利いていて、成り込む事が出来ない!!先手は抑え込まれて辛抱するどころか、打開した上に大駒を捌いてしまったぞ。久保さん、つええええ!!

20150310順位APO_久保vs渡辺_向飛車94手  以降は大駒の飛び交うものすごい中盤!今度は先手の角が活き場を無くしてどうするのかと思ったら、玉のコビンに収めて片銀冠を補強して無駄駒を無くしたり、なんか久保さんの指し回しが冴えわたっている感じ。それどころか、その角の捌きをつけてしまいに行った狙いがすごくて、94手目盤面図から…

▲83銀
 え?なにこれ?△84飛と当てられたらどうするんだ?と思ったら…な、なるほど!!すげえ…

△84飛▲74歩
 これ、△83飛としたら▲72銀の割り打ちから、73に殺到してしまおうとしてるわけですね。いやあ、久保さん、スゲエ…

△64歩▲73歩成△同金
 しかしさすがは現役トップ2の超強豪棋士である渡辺さん、落ち着いています。その筋にはいかず、角のラインを消し、桂を犠牲にこの銀を切り取りに行きます。やっぱり強いな、久保さんの幻惑的な指し回しもこれまでか…と思ったのですが、久保さんの本当の狙いはここからだった!!

▲55角
 …いやあ、これはちょっと感動してしまった。相手の角に駒を拾われるのを消しつつ、角交換で遊んでしまいそうな自分の角を捌きに行ってしまうという。もう、銀は見捨てて、駒の利きで勝負に行くんですね。佐藤康光さんの将棋みたいだ。

△同角成▲同飛△66角
 これで先手のニート角が捌けましたが、渡辺さんはここでおかわりの角打ちで反撃!

▲44角△33銀▲53飛成△同金▲66角△83飛
 うおお、今度は久保さんが角を合わせて、飛車を犠牲に角を抜いて飛車角交換!!いやあ、ものすごい大熱戦、どっちがいいんだ、これ…。後手は最後の△83飛で銀を切り取る事に成功、この瞬間は後手が銀1枚まるまる駒得、大駒も後手が飛車2枚。しかし、玉形の差と、メチャメチャ痛い所に角のラインが。そして、11手目に久保さんの指した継続手が…

20150310順位APO_久保vs渡辺_向飛車110手▲54歩
 いやあ、これはこの一手という感じ、これを指せていなかったら後手が良かったんじゃないかと思うのですが、これで決まったでしょう。△43金と逃げれば飛車金両取りが掛かり、△44金なら▲53歩成~▲54とでやはり飛金両取り。△63金なら▲44銀の直接手で論外。しかし、まっすぐ引くと…

△52金▲53銀
 いくら駒得と言え、中央を制圧され、飛車の利きは封じられ、玉型に差があって、先手の大駒が自由自在に動きまくれるという形になれば、さすがの渡辺さんでもどうにもならず。夕食休憩直後の中盤の山場で主導権を握ってからは、久保さんの独壇場だったんではないでしょうか。結果、123手にて先手久保さんの勝ち、プレーオフ決勝に進出です!!

 なんというものすごい将棋!!そして、久保さんは指す手指す手がいちいちカッコよかった!!渡辺さん相手に7連敗ぐらいしていて、しかも直前の対局では短手数での大差負け。この状態で、次の対局、しかも大一番でキッチリ借りを返すんですから。僕としては、羽生さんが衰えてしまう前に、1度でいいから羽生vs渡辺の名人戦を見たいと思っていたので残念な事ですが、しかしこれだけの大名局を見る事が出来たんだから、文句を言っちゃいけませんね(^^)。さて、名人挑戦を賭けた大一番は、行方vs久保戦になりました!でもなんか、行方さんが勝っちゃう気がするなあ。。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド