『木村一基の初級者でもわかる受けの基本』

KimuraUkenokihon.jpg 仕事が大変で、序盤定跡の勉強が進まなくなってしまいました(+◇+、)。そうなると毎日の将棋の勉強が詰め将棋ばかりになってしまい、変化がなくって生活に艶がなくなってきてしまった。。というわけで、気分転換に受けの本を読んでみました。それが、これ。受け将棋の代名詞でもある木村さんの書いた、受けの本です!

 この本、受けを終盤、中盤、序盤に分けて書いています。終盤の方が「どうなれば良くてどうなれば悪いのか」の判断がしやすいので、終盤が最初の章。かなり基本的な所から丁寧に説明されていました。内容は「合駒か逃げるか」とか、「大駒を呼び込んでから当てて弾く」とか、かなり初心者向けです。僕が思うに、3~4級ぐらいまで来ている人は、もうこの本を読まなくてもいいと思います。しかし、初級者の人にとっては、これはすごくいい本なのではないかと思いました。例えば、香を使った寄せを凌ぐときに、中合いの歩を打って香を呼び込んでから玉を脱出させる手筋って、ありますよね。これ、上級どころか中級ぐらいでもほとんどの人は指せると思うのですが、ただ、ぼくはこの躱し方をどこでどうやって学んだのか、よく覚えてないんですよね…(^^;)。。で、こういう如何にも有名な受けの手筋や、合い駒か早逃げかといった判断の仕方などを、すごく分かりやすく整理してくれています。整理してまとめて書かれているという事は、覚えやすいという事でもあるわけです。というわけで、初級者の人で、すぐに詰まされちゃうという人には、素晴らしい本かも。うちの妻はなかなかうまくならずに将棋を嫌いになりかけているようなんですが、この本を見て「だれ、このハ〇のオッサン」とパラパラと読み始め、「あ、これぐらい絵がいっぱいあったら読めるかも」と楽しそうに読んで、「この本、すごく分かりやすい」と言っておりました(^^)。というわけで、7~10級ぐらいを突破できずに悩んでいる人には最適かも知れませんね。

 それから…さすがは木村さん、語り口調が軽妙で面白いっす。例えば、63ページ。そろそろ読むのをあきてきた辺りで、こんな記述が。「またもや絶体絶命です。うんざりせずに考えましょう。」やめてくれ、お茶吹いちゃったじゃないか(^^;)。。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド