「相掛かり後手番と角換わり後手番は…勉強すべき?」という疑問から派生した脱線話

 いつもコメ欄から気さくに書き込みいただき、色々な事をお教えいただいている方より、こんな書き込みをいただきました。

 「ところで角換わりの後手番や相掛かりの後手番って勉強すべきでしょうか?僕は先手矢倉(横歩取り)、後手横歩取りという感じで指してきましたがちょっと同じものばかりでどうなのかと悩んでいます。どうしたらいいでしょうかね?」

 いやいや、自分より詳しく、しかも強いであろう方にアドバイスできるハズもないんですが…僕の気持ちだけを言うと、「願望としては何でも指したい、しかし現実としては絞らざるを得ない」というところなのでした。

 それで問題が起きないのであれば、戦型を絞るのは非常に効率的と思います。今の僕なら絶対に戦型を絞る!僕もそうしたいのです。後手番角換わりは、効率から言えばたしかにカットしてしかるべしですよね。相掛かりに至っては、横歩からの変化以外は全部拒否という視点からすれば同じ理屈ですが、そもそもそれ以前に相掛かりは無勉強に限りなく近い状態なので、とても偉そうなことを言える立場にはない…。僕の場合は、あとでまた同じ定跡書を調べ直すのが面倒なので、相居飛車に限っては先後関係なく勉強してしまっているだけだったりして(o^_^o)>゛

 やっぱり勉強に費やせる時間しだいで、正解は変わるんだろうなあ。。ただ…僕が今のペースを保ったまま将棋に関わる事が出来たとしたら(それも怪しくなってきましたが)、4~5年後には、居飛車であればなんでも指せるようなタイプになりたいと思うようになる気はします。許されるのであれば、振り飛車ですら指したくなるかも。

 道場で知り合って、親しくさせていただいている高段の方がおられまして、その方は何でも指すんです。そして、いつも楽しそう。勝っても負けても楽しそうに感想戦をつけてくれるんです。帰りに、一緒に焼き鳥食べながら、色々な将棋の面白エピソードを話してくれたり、消え去った戦型の話をしてくれたり(符号だけ言われるのでついていくのが大変なんですが^^;)。この前、飲み屋でその方と駒を並べてたら(駒しかなかったので、升は無しでテーブルに直接並べた)、人だかりが出来ました(^^)。そういうのと接していると、出来るなら何でも指せた方が、将棋というゲームを更に広く楽しむ事が出来るようになるんだろうな…なんて感じたりはします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

返答ありがとうございます!もうしばらくはこれでやっていこうと思います!shougiXさんも頑張ってください。
プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド