がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

角換わり(4手目角交換)の勉強プラン

 居飛車党で、出来れば矢倉を目指すという方針でやってきて、さらなる問題が。相手に早々と角交換を仕掛けられた時です。これは、こちらに拒否権がないように見えるんですが(∵`)。早々と角道を止めたら、ほかの戦型のために用意したプランもガラッと変わってしまいそうだし、どうしよう。やっぱり、単に角交換の定跡を覚えた方がいい気がします。
 ネット将棋であせったのが、自分が先手番の時、▲76歩△34歩▲36歩△88角成…と、4手目でいきなり角交換された時でした。このあと、ダイレクト向かい飛車というやつにされて、型に嵌められるように短手数で攻め潰されました。うう。

 角換わりという将棋は昔からあるようで、定跡化はかなり進んでいるそうです。しかし、このダイレクト向かい飛車というものの対策が、ネットを探しても本を探してもなかなか見つかりませんでした。そこで探し当てたのが、糸谷哲郎さんの『現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~』という本でした。これは、最後の2章が、4手目角交換について書かれているみたいでした。ダイレクト向かい飛車についても書いてあるみたいです。2章だけマスターすれば取りあえずは対策出来そうなので、勉強もしやすそうだ。よっしゃ。

(角換わり(4手目角交換)の勉強プラン)
・使用テキスト:糸谷哲郎『現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~』5~6章


 プランとしては、4手目角交換の勉強を終えたら、取りあえずこの本は保留にして、矢倉の勉強に戻ろうと思っています。なにせ、矢倉を目指しているくせに、組ませてくれない時の対策の勉強ばかりが進んでしまって、矢倉を組めたときが一番弱いという状況なので。「まずは矢倉から」と思ってからはや5か月が経ちましたが、矢倉の勉強にいまだ入れず┐(-_- )┌


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR