がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第73期A級順位戦 4回戦

 羽生さんがA級にいる時は、毎回羽生さんのぶっちぎりだったA級順位戦ですが、羽生さんのいなくなった今年は大混戦状態!昨日は、唯一の全勝だった行方さんの対局だったのですが…

20141017順位戦A_行方vs久保14手行方尚史 ●-○ 久保利明
 うおお、行方さん、負けたああ!!まだ前半戦の4回戦で全勝が一人もいなくなるという大混戦になりました!そして、この将棋も角交換四間飛車の形からの4-3戦法。先週のNHK杯で藤井さんがかましたアレですね。そして、久保さんは72手という短手数での勝ち。盤面図は14手目という序盤の駒組み途中ですが、先週の藤井さんと違って、久保さんは飛車を浮いて角道オープンの石田流の形を選択。ここからなんと先手行方さんから一手損で角交換を挑んだのですが、その為か守りの金を玉にくっつけるところまで行くことが出来ず、最後まで玉の右脇ががら空き。で、飛車交換まで強要される形になって…こうなってはもう駒組みの差が大きすぎてアウト。いやあ、やっぱりこの戦型は居飛車が囲いで大きく出遅れるので、居飛車としてはおっかないなあ。最近思うんですが、プロの方が、僕みたいなヘナチョコアマですら「え?それはまずいんじゃないの?」という所に踏み込んでいく将棋ってありますよね。でもプロだから、なんかすごい事を狙ってるのかとか、何か研究があるのかと、ワクワクしてみていると、そのまま普通に負けたりする(^^;)。行方さんは急戦で一気にカタをつけに行ったんじゃないかと思うのですが、何を狙っていたのかはちょっと知りたい。しかし、やっぱり振り飛車を指す人がひとりでもA級にいてくれると、対抗型の勉強になるので本当にうれしいです(^^)。

佐藤康光 ●-○ 三浦弘行
 以下の対局は、既に対局済だった4回戦。今回のA級ですが、実は三浦さんが危ないんじゃないかと思っていたんですが、全勝の佐藤さんに一発入れました!これで佐藤さんの全勝が消えるとともに、三浦さんの全敗も消え、これまた混戦状態を引き起こす対局に。

郷田真隆 ●-○ 渡辺明
 これまた混戦状態を引き起こす一番で、全敗の渡辺さんが勝つ結果に。この将棋、渡辺さんが後手だったので、また振り飛車を指すんじゃないかとヒヤヒヤしたんですが、矢倉本組のガチガチの将棋に。で、なんと88手で後手の勝ち!郷田さんは▲46銀37桂に行こうと思ったんじゃないかと思うのですが、銀があがった瞬間に歩を突きあげられて銀を下げられました。この将棋は4筋に飛車を回って戦場にすることで先手よしと思っていたのですが、渡辺さんの素晴らしい指し回しで後手の圧勝。やっぱり渡辺さんは純粋居飛車党で行った方がいいと思うなあ。

20141002順位A_深浦vs阿久津8手深浦康市 ○-● 阿久津主税
 この将棋は後手の阿久津さんが序盤で力戦に持ち込んだ将棋で、ちょっと面白い出だしでした。後手の最初の指し手は、△34歩(角道オープン)~△94歩~△95歩(端歩を伸ばす)~△88角成(一手損角交換)、という流れ(・ω・ノ)ノヒョエ~。で、通洞の相居飛車角換わり的な将棋になるのではなく、阿久津さんは4間飛車に振っての戦い、なのですが…深浦さん、まったく問題にせずにキッチリ咎めて79手で圧勝。
 序盤を振り返ると、こんな感じ。盤面図は後手から角交換を挑んだ瞬間ですが、ここから…

▲同銀△22銀▲24歩△同歩▲同飛△31金▲28飛△33銀▲24歩△22歩

 う~ん…飛車先を軽くされた上に22に歩を打たされ、左金も左に寄らされて、まだ何も始まっていないというのに先手が相当に指しやすくなっちゃったように見えちゃいます(^^;)。阿久津さんって、こういうイケイケ的な将棋を指す事もあるので何とも言えませんが、初のA級で全敗なものだから、まともな戦いを避けて奇策に走った…ように思えるなあ。。もしそうなら、負けた時に「どうせ負けるなら自分の実力をぶつけてみてば良かった」とならないように、正攻法でぶち当たってみてほしいと思ってしまいます。これで阿久津さんは唯一の4戦全敗、順位も最下位なので、相当マズそうです。一方の深浦さんは3勝1敗のうえ、渡辺さんと森内さんを倒しているというのがデカい。この将棋での深浦さんの中盤以降の指し手もものすごい。マジで強い。「こんな指し手を決めてみたい」と思うぐらいに本気で凄い。これはもしかして、名人挑戦の一番手か?!…と言いたいところですが、強い人を難なく倒しながら若手や女流にもコロコロ負けるから、この人は読めません(^^;)。

森内俊之 ●-○ 広瀬章人
 いやあ、広瀬さんは強い!森内さん相手に、後手番の矢倉本組で勝ちです!羽生世代以下の棋士では、渡辺さんと広瀬さんがちょっとアタマひとつ抜けている気がします。序盤からまったく隙がないし、しかも終盤がべらぼうに強いというのがホンモノという感じ。でも、大学にまで行っていた棋士なので、絶対に序盤に穴があるんだろうなあ。ベテランの右四間飛車にコロッと負けたりしていたし(^^)。しかし、森内さんも矢倉中飛車にいったりして、この将棋以外の事も考えていたんじゃないかという指し方でちょっと不気味でした。竜王戦に備えて矢倉の研究を隠した?…といっても、糸谷さんは矢倉を指しそうにないし、ちょっと分かりません。いずれにしても、これで優勝候補の森内元名人がはやくも2敗目、広瀬さんは森内さん、渡辺さん、深浦さんを倒しての3勝目!!これは本当にA級の力があるわ。。

 というわけで、A級順位戦は超混戦!挑戦者争いも降級争いもかなりアツいです。個人的には康光さん応援ですが、ここから渡辺さんと森内さんの両方に勝てるとも思えないんだよなあ。深浦さんと広瀬さんは、マジで挑戦もあるんじゃないかと思います。一方の降級争いでは、順位も低く成績も全敗の阿久津さんは苦しい展開になりましたが、逆にこうなると阿久津さんに取りこぼすと挑戦権が消えるという展開にもなりそうで、意外と阿久津さんがキーマンになったりして。

関連記事

コメント

 

A級は大混戦ですね!僕的には森内竜王に挑戦して欲しいのですが。今年は3者プレーオフとかもありそうで、渡辺二冠もまだ挑戦できるかもしれませんね。楽しみです。
  • ユダオ 
  • URL 
  • 2014年10月17日 19時51分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: タイトルなし 

 ユダオさん、書き込みありがとうございます。

 今年のA級は、本当に最後の一斉対局まで白熱する事になりそうですね!プレーオフは当たり前、ヘタしたら本当に三つ巴のプレーオフになるかもしれませんね。

 森内さんは、竜王戦を何銭で終わらせることが出来るかというのも、順位戦に影響しそうですね。
  • ShougiX 
  • URL 
  • 2014年10月17日 21時16分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR