がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第27期竜王戦 挑戦者決定第3局  羽生善治 vs 糸谷哲郎 (横歩取り)

 森内竜王への挑戦を賭けた3番勝負、泣いても笑ってもこの第3局で決着です!羽生さんにとっては永世竜王/永世7冠へのラストチャンスかもしれないので、ぜひガンバって欲しい。今年最大の大一番と思っていたので、仕事を休んででも観たい!と思っていたのですが…今月は忙しすぎて、とてもそんな事の出来る状態ではありませんでした(T_T)。。

 そして、急いで帰ってきたのですが、間に合わず。既に終局していました。結果は…振り駒で先手を取った糸谷さんの勝ち!!ああああ、羽生さん、負けたああ。。だから他の棋戦はいいから竜王戦だけに集中してくれと言ったのに。

 ガックリきてしまって棋譜をよく見れていないのですが、なんか大駒の打ち込み合いの将棋だった模様。合わせの角が何回登場したんだ?なぜか、羽生マジックとして有名な伝説のNHK杯▲羽生-△加藤一二三戦を思い出していました。あの辺りから羽生伝説は始まったんだよな。それが…。

 まだ若手だった渡辺明さんが一気に大ブレイクしたのも竜王戦。羽生さんを相手とした防衛戦では「1勝できればいい方」と言われた事もあったそうですが、それが9連覇という偉業を達成。もしかすると、今度は糸谷さんが竜王戦を舞台としたシンデレラストーリーを歩むかも知れません。糸谷さんは受け棋風だとどこかで見た事がありますが(右玉を好んで指したりするからか?)、最近の将棋しか知らない僕からしたら、攻撃力がハンパではありません。それこそ渡辺さんじゃないですが、まったく細いすぎるように見える攻めでも見事に繋いでしまう。羽生ファンの僕としては辛い結果となりましたが、もしかしたら、この挑戦者決定3番勝負が世代交代を暗示する対局であったのかも。

 糸谷さんは、いずれ竜王や名人を取る気がする。20歳代棋士では、豊島さんや中村さんもすごく強いですが、そのふたりよりも爆発力があるというか、調子に乗ったら手が付けられない棋士になる気がするんですよね。今日の対局も、羽生さんを横歩で破るのだから見事としか言いようがありません。羽生さんの永世竜王/永世7冠へのチャレンジはひとまず消えましたが、今度は森内竜王と糸谷さんという戦いが待っています。万一これで森内竜王まで倒される事があるとすると…本当に、糸谷時代が到来するかもしれません。とにかく、糸谷さん、おめでとう!!
関連記事

コメント

 

糸谷六段勝ちましたね。少しテンション落ちました。竜王戦は角換わり、一手損角換わり中心になりそうです。森内竜王はしっかり準備して来るでしょうからどう戦うか楽しみです。もしかしたら一手損対策に初手▲2六歩〜▲2五歩もやるかも。いまから楽しみです。
  • ユダオ 
  • URL 
  • 2014年09月09日 07時24分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: タイトルなし 

 ユダオ さん、いつも書き込みありがとうございます!

 糸谷さんには申し訳ないのですが、僕もちょっとガックリきてしまいました。しかし、三浦さん、屋敷さん、行方さんを破り、しかも羽生さんには番勝負に勝っての竜王挑戦ですから、見事だと思います。

 竜王戦は楽しみですね。どういう将棋になっても、中盤までは森内さんが制するような気がするのですが、問題は終盤戦と思っています。プロから見ると普通なのかも知れませんが、シロウトの僕からすると糸谷さんの終盤の攻撃力はものすごいと感じてしまいます。森内さんが圧勝するような気もするし、糸谷さんがタイトルを取る気もするし、今から楽しみです。
  • ShougiX 
  • URL 
  • 2014年09月09日 12時32分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR