第55期 王位戦 第5局 羽生善治 vs 木村一基 (角換わ相り腰掛け銀)

 壮絶な戦いになってきた今期の王位戦。2勝1敗1分けで羽生王位4冠が一歩リードですが、しかし将棋の内容はどれもすれすれの激戦ばかりで、見ていてマジで面白い。。さて、ここで羽生さんに負けると3敗で後がなくなる木村さんですが手番は後手、これは戦型の選択が重要なんじゃないかと。矢倉はさすがにもう出来ないよなあ。後手ならやっぱり横歩か?戦型は…おおおお~、角換わり相腰掛け銀だ!!なるほど、研究がモノを言う角換わり、研究時間は羽生さんよりもあったはずなので、これは木村さんにとってはいい展開かも。一時は先手にやられまくっていた角換わりですが、最近は後手が勝つ将棋も結構目にしますしね。

20140828王位55-5_羽生vs木村_角換腰掛銀37手 盤面図は37手目、後手は今のところ△73歩保留型。陣形の傷を少なくして受け潰してしまおうというヤツですね。△73歩保留の場合って、▲66歩を突いてあるなら△42金~△43金が本筋、▲66歩不突きでその一手を▲48飛に回しているなら△43金が本筋だったよなあ。う~ん、最近は中飛車対策ばかりやっているもんだから、せっかく覚えた角換わりをまた忘れかけてるぞ。。

△43金右(38手目)▲25歩
 あ、あら?木村さん、金を42ではなくて43にあがったぞ?これは何か研究があるんだな、きっと。そういえば、深浦新手の飛び出した、後手が穴熊を狙うヤツはたしか…いやいや、それは先手飛車が4筋に回ってないと手番がおかしくなるな。や、ヤバい、マジで忘れかけてる…

△74歩▲48飛△42金引
 おっと、7筋の歩を突いて△74歩型に合流させる?もしかして△73歩不突きと見せておいてから誘導した?う~ん、さっきから木村さんがなんか狙ってそうで怖いな。。でも△74歩型も、結局は後手の右金を42に構える事になるので、いきなり△42金右の方が得だったと思うんだけど、違ったかな…もう自分の記憶を信用できなくなってきた。うう。角換わり、勉強し直しだ(T_T)。

▲45歩△同歩▲同桂△44銀▲37角
 細かいところが少し違うかもしれませんが、後手の右金が4筋によっての△74歩型は、常に角のラインを活かした打ち込みがあるので、この辺は定跡通り、という感じじゃないかと。級位の頃、何度この角の打ち込みにやられた事か。。

△75歩▲64角△92飛▲75歩
 なるほど、やっと木村さんの構想が分かった気がします。先手の角の打ち込みは受からないけれど、後手の端攻めも厳しいという事かな?先手は既に良いので、後手がこの端攻めを繋げられるかどうかが、この将棋の勝敗を分けそう。それにしても、この王位戦は、受けの木村じゃなくって、積極的な攻め手が多い気がします。。

 以下、後手の木村さんは中央で駒の交換をし、角のラインを先手陣の嫌な所に通したのですが、羽生さんはその戦場を放っておいて後手の飛車をいじめに行きました。これで後手の端攻めは消され、その瞬間に先手よしになったような気がしました。結果、123手にて羽生王位の勝ち!!

 う~ん、羽生さん強い。とんでもなく強い。これで3勝、タイトル防衛にリーチです。しかし個人的には、38手目△43金右からの将棋をぜんぜん研究していなかったので、そこに踏み込んでくれた木村さんには感謝、あとは棋譜中継の詳しすぎる解説に感謝ですm(_ _)m。羽生さん、ちょっと手のつけられない感じですが、しかし竜王戦の挑戦者決定戦が先に負けて土俵際いっぱいなんだよなあ。なんか、ストレートで糸谷さんに負けちゃうような気もする。。頼む、竜王戦を頑張って永世竜王/永世7冠になってくれ~!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド