がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

序盤定跡の進化に追いつくには

 え~っと、「序盤定跡の勉強、の前に…」の続きです。というか、それ以前に、最近、将棋の序盤定跡の勉強法を若干変更しまして…。

 マジメに将棋の勉強を始めた時の最初の目標は、初段到達でした。伸び悩んだり、人から貴重なアドバイスをいただいたりしながら、何とか初段に到達したのは勉強を始めてから11か月ぐらいの時。しかしその時点で、やらないわけにはいかないのに手つかずの宿題が山積み状態(T_T)。特に序盤定跡が全然追いつかない。。しかし、プロになるわけでもないし、目標の初段にもなんとか到達できたしという事で、以降はじっくりと勉強をしていこう、と方針を変えました。それが今年のアタマぐらい。
 しかしですね…この「ゆっくりでいいので一歩ずつ、ぜんぶマスターしていこう」という方針は、実は実現不可能な方法だったんじゃないかと、最近思い始めました。

(今までの方針)
・第1段階:戦型ごとの定跡の大雑把なマップを頭の中に作る
・第2段階:段位者向けの棋書をきちんと隅々まで覚える
・第3段階:プロの棋譜で、今までにない変化を潰していく

 上の勉強手順、自分では正しい方法だと思ってやってきたんですが、大きな問題がふたつ発生してしまいました。ひとつは、定跡書に出てこない変化を指され、しかもそれが有力手だと、その穴がいつまでも埋まらない。もうひとつは、この方法って、第3段階まで進んだところでようやく実用的になるんですが、すべての戦型が第3段階までたどり着くという時というのが、ものすごく遠い未来になってしまう。自分が定跡をマスターするスピードより、定跡の進化の方が速いのです。
 というわけで、少し前から序盤の勉強法を微妙に変えてみました。

(マイナーチェンジした勉強法)
・第1段階:戦型ごとの定跡のマップを本で確認するけど、細かくは覚えない!(時間がかかるから)。
 で、自分に選択権があり、かつ自分が踏み込まない変化はガッツリ切り捨てる!
・第2段階:自分が指すことになる変化は、段位者向けの本も、プロの棋譜も総動員してメチャクチャ調べて覚える!
 本に書いていない変化も、有力そうなものは研究して対策する
・第3段階:プロの棋譜と自戦の感想戦で、今まで対策出来ていなかった穴を潰す

 ふたつの問題を解決するために、1を手抜いて2に力を入れる、という事ですね。今までみたいに1に力を入れ過ぎていると、時間的に間に合わない。
 勉強の絞り込みは、実際に起きた不具合への対応でもあります。例えば、横歩取り。横歩は、今年の前半に、角換わりとともに相当な時間を費やして研究しまくったんですが、「よし、これで横歩は先手番でも全員返り討ちだ!!さて、角交換四間飛車対策に進むか…」なんて思っているうちに、もう横歩の定跡が進化してました(T_T)。この状況を、僕の将棋に費やすことのできる時間から逆算するとですね…絶対に研究が追いつきません。プロみたいに時間があればとも思いますが、これは論理が逆で、プロの持ち時間とプロ棋戦の対局数に合わせて、定跡の進化のスピードが決まっているのでしょうね。このスピードに、片手間で将棋をやっている社会人が追いつけるはずがない。この勉強時間の差という壁は、どれぐらいやる気があるかとか、どれぐらい頑張れるかとかいう根性論で越えられるようなものではなくって、もっと具体的な対策が必要だと思いました。結論は単純なもので、自分の指す戦型をなるべく限定して、それ以外のものを切り捨てる、これしか方法はないんじゃないかと。横歩△33角戦法を例にとると、先手では極力避ける、指すとしても先手に戦型選択権のある青野流に絞る、後手の時は△23銀からのひねり飛車に指し手を絞り込む、みたいな感じ。ゴキゲン中飛車対策も、本当なら超速▲37銀を指せるのが理想だと思うのですが、とにかく変化が多すぎるのでこれは捨てて、勉強が追い付くまでは多少勝率が落ちても一直線穴熊に絞る(←まさに今ここ。ずっと一直線穴熊で戦ってきたのですが、勝率があまり良くないので、ただ今序盤システムを開発中)。逆に、自分が踏み込む変化に関しては、定跡書に出ていようが出ていまいが、調べるなり研究するなりして潰す!序盤勉強のメリットというのは、まさに序中盤で「ルートAとされたらこうすればオッケー」というのを調べておくことにこそあると思うので。。

 今までの僕は、棋書に出ていない変化を指されると、序中盤から毎度毎度ウンウン唸りながら考えまくってました。だから早指しは全然ダメだし、しかも積み重なるものがない。このマイナーチェンジで、同じ勉強時間でありながら勝率は大幅にアップ!!って事になるといいなあ。。…甘いか。
関連記事

コメント

 

僕は最近勉強法を変えようと思っていたのでありがたいです。というわけなので3手目▲6六歩から組める矢倉、石田流、相振り飛車から勉強し直そうと思います。ありがとうございました。
  • ユダオ 
  • URL 
  • 2014年08月14日 18時22分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR