71期名人戦 第4局 森内俊之vs羽生善治 (矢倉)

 今日は名人戦第4局の2日目。仕事の合間合間に見ていました。「がんばって初段を目指」しているような分際で、名人戦の解説なんて書けるわけアリマセン(>_<)。でも、低級の身としては、出だしがちょっと面白かったです。

 先手が森内名人で、後手が羽生三冠のこの第4局、最初の3手が、こう。
 ▲2六歩△3四歩▲2五歩

 これは!!!子供の頃、相掛かりとか棒銀とかしか知らなかったオヤジと自分の間で繰り広げられていた謎人戦の出だしにあった形だ!プロの試合では見たことがないかも。森内名人、何のつもりでしょうか。。

 △3三角
 相掛かりしか知らなかった頃「角にあがられると横歩も取れねえ」って思った手だ!名人戦でお二人して何をやってるのでしょう。。

 ▲7六歩
 これで先手後手とも角道が開きました。でも、こんな作戦に来たんだから、角を交換したら森内さんの罠にかかりそうです。何か準備していると思うのが普通です。後手は一度△3三角とあがっているので、角交換に行くと後手番という事も合わせると2手損になりますし。ここ数年の森内さんの対羽生戦の作戦は分かっています。羽生さんを無理攻めに誘って、自分はただ淡々と指すのです。

 △2二銀
 というわけでなのかどうか分かりませんが、羽生さんは角交換に行かず、角道を止めるのでもなく。「交換するならお前から来いやコラァ」って感じなんでしょうか。

 ▲6六歩
 と思ったら森内さん、色々と挑発的な事をしておきながら、自分から角道を止めてしまいました。。「一緒に遊びに行こうぜ」って誘っておいて、先に帰る友人のKみたいです。いったい、なんだったんでしょうか。森内さんの髪が多いだけに、頭の中が良く見えません。

 この後は矢倉模様になりました。ド素人の目には先に矢倉に入場した羽生さんが有利なのかなあ、とか思ってたんですが、例によって名人戦だけ急に強くなる森内さんが、押しつぶすように羽生陣を圧迫し、大差で快勝。

 この名人戦、私は羽生さんを応援しています。理由は、谷川会長と羽生さんと渡辺竜王の揮毫の入った免状が欲しいからです。でもこれで1勝3敗。チョット難しそうかなあ。。もし森内さんが勝ったら、森内さんには悪いけど、免状は貰わない事にして、もう少し上の段位を目指す事にしようと思います。そんなことしてるうちに、渡辺さんが竜王位を陥落したりして。。

 あとひとつ、気になっている事が。昨日の1日目の終盤、羽生さんが2時間半を超える大長考をしたそうですが…ということは、終盤2時間を放送するはずだったBSの名人戦中継は、放送開始から終了まで1手も指されなかったって事なんでしょうか?それを夢中になって見ているお父さんを見ている奥さんや子供さんは、どう思うのでしょうか。。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド