がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

森下卓

MorishitaTaku.jpg 僕はプロ将棋というものを、羽生世代を中心に眺めているような気がします。その前になると谷川さんが飛び抜けて強かった世代で、塚田さんや森下さんや島さんはそのグループにいるイメージ。その前となると中原さんや米長さんや加藤一二三さん、その前となると大山さんや升田さん、それ以前は有史以前、といったイメージです。大山さんや升田さんとなると、もう伝説の世界の人なので「凄い」となるのですが、これが今まだ現役でいる40台後半以上の棋士となると、そうはなりません。今この瞬間の、あまり強くなくなってしまった将棋を見てしまうからなんでしょうね。昔、プロ野球で似たような体験をしたことがあります。ジャイアンツに堀内という伝説の剛球投手がいたのですが、幼少時の僕が見た堀内さんというのはもう引退間際ぐらいの時で、球も遅いし、けっこう打たれるし、とにかく印象が悪い。で、あとから全盛期のビデオなんかを見て「すごいわ」と思い直すという感じ。しかし思い直せたからいい方で、j実際には思い直さないまま良くないイメージのままの場合が多い。そんなわけで、森下さんに関しても、正直のところ、印象は良いものではありませんでした。電王戦の時も、「勝てそうな人に出て欲しいなあ」という感じで、実は良くなかった。イメージが変わったのは、電王戦以降の森下さんを見てからです。

 森下さんは、賭け将棋を生業としていた花村さんの弟子。花村さんの書いた棋書が古本屋にあって立ち読みした事があるんですが、なんかイカサマについてばかり書いてありました(^^;)。しかし森下さんの印象というのは、そういうのとは全く反対で、すごく人柄が良くてマジメで、どちらかというとお坊ちゃんという感じです。で、若かった頃はすごく強くて、棋戦優勝を8回もしているし、タイトル戦登場も6回あります…が、タイトルを取る事は一度も出来ず。理由は?谷川さんに敗れ、羽生さんには4度挑戦して、4度弾き返されています。これは相手が悪すぎる。で、そうこうしているうちに全盛期を過ぎてしまい、現在に至るという感じなんだと思います。その中での座右の銘が「淡々」だったそうで、これは少しわかる気がします。マイナスとプラスの両方を含まれているような言葉ですね。

 中国の古い言葉に、「失意泰然」というものがあります。字面通りに受け取るのなら、失意の時には落ち込むのではなく、泰然としていろ、という事。失意を味わった事のない人には軽く聞こえる言葉かも知れませんが、本当にどん底の気分を味わった事のある人なら、この言葉って胸に響くんじゃないかという気がします。僕は、この言葉に救われた事があります。失意が形になるときって、どういう状況なんでしょうか。極端な例を挙げると、自殺なんかは、そのひとつなんじゃないかと。自殺大国の日本ですが、自殺する瞬間の人の気持ちって、どんな感じなんでしょうね。完全な無気力に陥る事もあるんでしょうが、もっと多いのは、その前段階の絶望を味わった時に、自殺に踏み込むというのも多い気がします。もし自分の起こした会社がつぶれて、何億もの借金が覆いかぶさったら。一番信用していた家族や恋人から裏切られたら。自分の夢がかなわないという事が分かってしまったら。ガンに冒されている事を知ってしまったら。こういう救いがたい状況の時に、最初に要求される事って、具体的な対処より先に、最善手を冷静に考える事が出来る状態に自分を保つ事、つまり「泰然」とする事なんじゃないかと。森下さんの「淡々」という言葉は、これと似たものを指し示しているんじゃないかと。ある側面では失意のうちにある人の言葉だと思うんですが、しかしその中でも心を乱してしまわずに最善を行い続ける、これが「淡々」なんじゃないかと。本気で何かを成そうと頑張ってきた人が、5年努力し、10年努力し、20年努力し、しかしそれでも夢がかなう事はないと朧に分かってきてしまう…これって、人生の中間地点ぐらいまで来た人の多くに訪れる事になる、人生のひとつの壁なんじゃないかと思います。森下さんも、きっとそういう心境だったんじゃないかと。しかし、これが人間対コンピュータでプロ棋士が追い詰められる事になった電王戦をきっかけに変化します。

 きっかけはコンピュータ対塚田さんの一戦だったそうです。プロデビューから連勝記録まで作ってタイトルを取った塚田さんは、森下さんぐらいの世代の人にとっては羨望と嫉妬の両方が同居していた対象なんじゃないかと。森下さんの方が強いだろうに、森下さんはタイトルを取れずに将棋の世界の脇役で終わりそう。しかし塚田さんはタイトルを取ったという一点で将棋の歴史に名を残す。その塚田さんが、いま自分と同じように勝てなくなり全盛を過ぎ、しかしその状況でコンピュータに真剣勝負を挑みます。もう投げても誰も責めないというぐらいのひどい状況になってからも勝負を投げず、ギリギリのところで引き分けに持ち込んで涙を流します。これを見た森下さんは、電王戦の出場に手を挙げたそうです。1年後の電王戦で、森下さんは伝家の宝刀の矢倉でコンピュータに挑みますが敗退。この時、あまり練習対局をしなかったという内容の局後インタビューがあって、僕は「やる気がないなら立候補なんてするなよ」と思ったのですが、しかし引っかかっていた事がありました。負けとはいえ、この将棋の棋譜が素晴らしかったのです。これ、本当に準備なしで、全盛を過ぎてB2にまで落ちた棋士の残せる棋譜なんだろうか。順位戦B2以下というのは、これからB1やAに上っていく若手昇り竜と、どんどん落ちていくベテランが同居するランクなので、同じB2といっても棋力が同じわけでは全然ないんですよね。しかも降級は人数が決まっているので、弱くても何とかしがみ続けることが出来る。森下さんぐらいの年齢のB2クラスの人の棋譜って、正直のところひどいものも結構あります。しかし、森下さんとコンピュータの棋譜って、そんな所にいる人の指した将棋には到底思えませんでした。
 そして、後日談。「あまり練習対局はしなかった」というのは嘘で、

「努力しました」と練習をアピールしてしまうと、負けた時の実は電王戦に向けてもの凄い努力をしていたそうです。つまり、「努力しました」と言う事が、負けた時に人に頑張りを認めてもらいたいという、一種の言い訳や甘えという行動になってしまうのを嫌った行動だったんじゃないかと。努力していたであろうことは、電王戦の素晴らしい棋譜を見ても、電王戦以降の森下さんの勝率を見ても明らかです。そして森下さんは、座右の銘を「淡々」から「情熱」に変えます。…いやあ、口でいうのは簡単です。しかし挙体全真、これを身をもって実際に行為するところが素晴らしい。もう、夢潰えたかに見える所から再起を図るというと、映画の「ロッキー」なんかを思い出しますが、あれは映画であって、作り話。リアルで情熱をもってこれに取り組むという所に感動してしまいました。

 そしてこの前のNHK杯。森下さんは、20代唯一のA級棋士である広瀬さんに勝ちました。しかも完勝です。口だけで「情熱」なんて言っている人に出来る芸当ではありません。本当に、日々を情熱をもって将棋に打ち込んでいるんじゃないかと思いました。

 トップアスリートというのは、だいたい子供の頃からひとつの事をやってきた人で、しかも最初からトップであって負けの経験を知らない人というのが多い気がします。しかし、ほとんどの人は、負けを経験し、絶望を味わいながらも生きていきます。そういう人の方が、実は人生というものを強く経験しているように思えてしまいます。今の森下さんの生き方というのは、素直にお手本にしたいと思える、素晴らしいものと思っています。
関連記事

コメント

お礼 

初めてコメントするものです(古い記事へのコメントですみません..)。
将棋は子供の時祖父とさしたくらいの初心者ですが、少し将棋に興味をもつ機会があり、ここ3ヶ月くらいネット将棋を楽しんでいます。このブログをいつも参考にさせていただいています。

ここ1年ほど人生の難局にあり、(過去ログをたどっていく中で)たまたま目にしたこの記事で、
「失意泰然」のくだりを読んで、何か救われる思いがいたしました。
失意のなかでも、なんとか最善手を探ろうとする、そういう姿勢を失っちゃいけないですよね。

三浦九段の一連の件に対するコメントも真摯で、とても温かいブログだと思います。いつまでも続けていただけること、願っております。
本当にありがとうございました。
  • じょしゅあ 
  • URL 
  • 2016年12月23日 21時47分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: お礼 

じょしゅあ様、はじめまして、書き込みありがとうございます!

ネット将棋3カ月ですか、僕はそれぐらいの時は負けばかり、対4間飛車の定跡とかを一生懸命学んでいました(^^)。

人生、色々ありますよね。羽生さんや渡辺さんのようなトップランナーから学ぶ事も多いですが、森下さんや行方さんのような方に学ぶ事、勇気づけられる事もいっぱいありますよね。

じょしゅあ様がどのような状況であるかは分かりませんが、どのような状況であれ、投了せず、心を動かさずに最善手を探し、淡々と指し続けてください。きっと、ひっくり返りますよ(^^)。


  • ShougiX 
  • URL 
  • 2016年12月24日 22時53分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR