がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

『3手詰めハンドブックⅡ』 浦野真彦・著

3tezumehandbook2.jpg 仕事で調べものがありまして、図書館に行ってきました。そしていつもの如く将棋コーナーに釘付けになってしまう私(^^;)。羽生さんの『終盤術』の1巻とか『戦いの絶対感覚』とか、いつも夢中で読んでしまって、すぐに1~2時間経っちゃいます。おまけに、仕事の本を借りてくるのを忘れてるし(゚∀゚*)エヘヘ。

 そんな中、詰め将棋の本が置いてありました。おお~、名著『3手詰めハンドブック』には2巻があるのか!!最近、2桁の詰め将棋にトライして脳みそが爆発しているので(^^;)、これはいい気分転換になると思い、ついつい借りてきてしまいました。…おおお~、面白いほどスラスラ解けるぞ!!たかだか1年半程度で、人間って上達するものだなあ。

 さて、『3手詰めハンドブックⅡ』をやった理由は、やり残しが無いようにしたかったからです。ほら、基礎を飛ばしてしまって、あとで苦労するって嫌じゃないですか。羽生さんが「終盤力を鍛えるには、3手詰めを何度もやると上達が速い」と言っていたのが、ずっと心に残ってるんです。だから、詰め将棋の名著といわれている浦野さんの「ハンドブック」シリーズは全部解きたいと思っているのです。そうしたら、「俺は少なくともハンドブックを全問解けるだけの棋力がある」って思えるじゃないですか(^^)。そしてこの本…いやあ、1巻より良く出来てるような気がします。で、これも制覇出来たので、コンプリートできた気分になって気持ちがいいです。

 さて、この本の何が良いかというと、構成と解答、このふたつが素晴らしい。まず、構成。最初の方の問題は、同じ基本手筋を連続して出題して、詰めの形を覚えさせてくれるようにしてあるように思えます。例えば、一間龍だったら一間龍の寄せを何問も連続して出題。で、そういう基礎編が終わったら、次第に色々な寄せ筋をシャッフルして出題、問題がだんだん難しくなります。いやあ、これは上達の近道なんじゃなかろうか。ただ作ってあるだけじゃなくって、読んでいる人が強くなるようにという配慮をビシビシ感じます。ありがとう、浦野さん。
 次に、解答。詰め将棋の本って、変化の説明を省いているものがあります。あれをやられると、「え、2手目で玉を躱されたらどうなるの?」みたいな事態になったりして、ずうっとモンヤリした状態に(^^;)。しかし浦野さんのハンドブックシリーズは、変化の筋も丁寧に書いてあるから嬉しいです。そして、解答欄で更に嬉しいのが、寄せで使った手筋を言葉で書いてくれています。「逃げ道に捨てる」、「利きをそらす」、「邪魔駒を捨てる」、みたいな感じです。これが身につくのが、本当に素晴らしい(^^)。。人間って、言語的思考が優先する生き物なので、将棋に慣れるまではやっぱり言葉で思考のガイドを作るのは効率の良い方法だと思います。最初の頃、生意気にも「将棋の論理は言葉ではなくて、あの盤面そのものだろう」なんて考えて上達の遅れた僕はしみじみとそう思います。。で、これらの作りが、なんとなく1集より良く出来てる気がする。

 詰め将棋って、プロでもずっと練習しているそうですね。そして、初心者も絶対にやる将棋の勉強だと思います。僕は、詰め将棋よりも、寄せの手筋と囲い崩しの勉強を先にやった方が効率が良いと思っていますが、でも詰め将棋をやらないで強くなるなんてあり得ない。で、これから将棋の勉強を始めようという人には、間違っても5手詰めからなんて止めて、絶対に3手詰めから始めた方が良いと思います。勉強し始めの頃、「もしかして俺ってまあまあ強いんじゃないか」と思っていたのですが、それが3手詰めが半分も解けず、ショックを覚えたことがあります(T_T)。で、この『3手詰めハンドブック』の第2集は、第1集をやってから読まないといけない内容かというとそういう事は全然無くて、どちらからやっても、あるいはどちらかだけをやるのでも特に問題はないと感じました。スラスラ解けるならどちらか1冊で十分、けっこう手間取るようなら5手詰めに行かずに3手詰めを2冊ともやる、みたいな。僕の実感だと、3手詰めが即答で解けるようになったら、詰め将棋的な終盤力はもう4級ぐらいまでは来ていると思います。終盤力強化の近道の1冊、これから将棋を勉強しようという人のマストアイテムと思います!



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR