がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第64回NHK杯 渡辺大夢 vs 藤井猛 (四間飛車)

 ネット将棋で居飛車を指していると、とにかく多い対四間飛車戦。しかし、最近のプロ将棋だとなかなか見る事が出来ないので、藤井さん登場の今回は楽しみにしていました!そして…藤井さん、ファンサービスでしょうか、角道を止めての藤井システムです(よね?)!

 僕は藤井システム対策をきちんと勉強していないので(システムっぽくなったらいつも急戦に誘導してます^^;)何とも言えませんが、居飛車の角捌きなんかは見た事ある形だったので、途中まではほぼ定跡通りだったんじゃないかと思います(適当)。これがどこで後手指しやすい展開になってしまったのか、これが分かりませんでした。しかし、大駒をいじめられて飛車を捌かれる展開になってからは確実に後手十分の展開だったと思うので、問題はその前だったのかも。

20140525_40手 もしかしたらもっと前で先手は失敗しているのかも知れませんが、明らかな分岐は後手藤井さんの指した40手目△35歩に対する先手の応手。本譜はどうなったかというと…

▲35同歩△36歩▲26角△46飛

 これで後手に綺麗に飛車を捌かれてしまいました。というわけで、中盤は完全に振り飛車側がうまく指し回した感じ。藤井さんは四間飛車スペシャリストなので、もしかしてこの順は研究ストックにあったのかもしれませんね。じゃ、先手が取らない順というのはあったのでしょうか。

 受けるとしたら?
・手筋の▲26飛
 …これなら受かりますが、先手の飛車が捌けずに暫く受けに回る事が確定。
  出来れば指したくないという感じなんでしょうね。
・ゴメンナサイの▲57銀
 …銀を引くのは悔しいし、角はやっぱりいじめられますが、飛車は捌かせないで済みそう。
  なるほど、これはあり得るな。

 でも、出来れば受け将棋にならない手を探したいです。攻めでありそうなのは?
・▲64歩…いやいや、なんでもないわ。
・53の傷を狙って▲65桂と▲26角を進出させる順は?
 …ダメだ、角のラインがあるから▲65桂を成立させること自体が難しいのか。
  米長玉にするには早すぎるし、そもそも間に合わないし。。
・攻め合いの▲24歩は?
 …角損した上、特に先手が手番を握るわけでも駒の働きに上回るわけでもないわ。。

 だとしたら、攻め合うならやっぱり▲35同歩が正着なんでしょうか。いやあ、さすがは序盤巧者の一流棋士。もうこの段階で後手十分なのか。ということは、先手はここで謝って▲57銀と受けた方が良かったかもしれません。しかしそれは、大御所に立ち向かう新進気鋭の棋士にはあまりに選びにくい順だったんでしょうね。そこが謝り慣れている僕との差だな( ̄ー ̄)。。

 しかししかし、ここからの渡辺大夢さんの巻き返しが素晴らしかった!!状況は悪いんですが、細い攻めを繋げる繋げる!いやあ、すごく勉強になる指し回しが幾つもあったなあ。
 それを凌ぐ藤井さんも見事。早指しなので、大妙手かもしれないけど悪手かも知れないという順には決して飛び込まず、手筋の連続の分かり易い順で、確実に優勢を広げていきます。リードしている時の、絶対に負けないという理想的な指し回しでした。結果、160手にて後手藤井さんの勝ち!!

 ネット将棋だと、四間飛車党はものすごく沢山いるんですが、藤井システムを使う人というのは滅多に出会いません。しかし、プロ将棋でも今でも通用する優秀戦型だという事が改めて分かった気がしました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR