第64回NHK杯 佐々木勇気 vs 阿部隆 (相掛かり)

 ついにここ数年を費やしての大仕事が本決まりとなり(v'ー^)マジデウレシイ、最終的な仕上げをしようと思っていたので、今日のNHK杯は見ないつもりでした。しかし、テレビをつけながら仕事しようと思ったのが運の尽き。今日のNHK杯はメチャメチャ面白かった!!名解説に凄い踏み込み、そしてグダグダの大混戦( ̄ー ̄)。この前の名人戦とはまた違った意味で、将棋の楽しさが色々と詰まった対局でした!

 出だしは相掛かり。それにしても、先崎さんの解説、分かり易いし面白い!説明が明快で分かり易くて、説明してくれた筋もいきなり使えそうなものばかり。説明がウーマンラッシュアワー並みに速いので、覚えるのに必死になってしまい、はやくもテレビから目が離せなくなってしまいました。また、くだを巻いたような喋り方が、品がなくって大好きです(^m^*)。。で、ですね…始まって早々、いきなり終盤戦みたいになってしまいました。こんな将棋があるのか。。縁台将棋みたいで面白えええ~~~!!

20140511_36手 図は36手目、後手が△24歩と打ったところ。あら?これ、飛車でタダじゃないの?と思ったら…そうか、蓋歩をされるとオシマイなので、取れないのか。しかし「その前に▲35歩△同歩の交換を入れれば蓋歩は利かない」という先崎さんの解説。すると…

▲35歩△同歩▲同飛
 おお!解説通りじゃないですか!!で、先崎さん「ここで△25歩の蓋じゃなくって△25角と打つ手があるんですが、それは▲66角という返し技があって後手まずい」。すると…

△25角▲66角
 後手、踏み込んだ!そして…先崎さんの解説通りだ~~~!!!「いや、これはまずいですよ。△47角成に▲84角で飛車を抜かれて後手は大きく駒損しますが…」

△47角成▲84角
 おおおおおおお~~~~!!!!先ちゃん、すげえええ~~~!!!

△23銀▲28飛△46馬▲26飛
 「いやあ、▲26飛のところでは、▲26飛打とするかと思ったんですけどね。それなら△28馬に▲同飛で…」おおおおお~~~!!!すげえええ~~~!!!これはどう考えても先崎さんが一番強いわ(^^)。。

20140511_55手 さらに進んで55手目。紛れる事もなく、将棋は一直線に進んでいます。後手はいよいよヤバい所で…

△19馬
 先崎「いやあ、これはいい手ではありませんでしたね。ここ、△57馬▲45飛△84馬とすれば…」な、なるほど~!!!先崎さん、マジですげええ~~~!!また、それを優等生的に話すんじゃなくって、酔っぱらってるんじゃないかと見紛うばかりにくだを巻いて話すから、楽しすぎる。。

 以降も、先崎さんの予言はズバズバ的中。読み筋もメチャクチャ的確。局面の考え方もすごく分かり易くて、先崎将棋講座みたいになっていました(^^)。将棋は相変わらず先手圧勝ペースで進んだんですが、ここから大混戦!!さすがに早指し戦なので、先手もそう簡単に最善手を選ぶことが出来ず、また優勢なものだから安全勝ちを狙ったのが裏目に出ちゃったり、ベテラン阿部さんの老獪な受けもあったりで、もつれまくりのグダグダな終盤が続きます。俺の指している将棋みたいだな、これ(^^;)。その間も、先崎さんは何度となく詰み筋をズバズバと指摘しちゃってます。

 結果は…あれ?どっちが勝ったんだっけな??やべえ、最後だけ見逃してしまった。。まあいいや、今日は、僕の中では先崎さんの勝ちです。いやあ、実に楽しい日曜日のひと時でした。…さて、仕事するか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド