角換わり腰掛け銀、実戦投入!!

 ずう~~~っと角換わりの勉強をしている気がします。ブログを見ると、どうも2月ごろから角換わりにかかりっきりみたいです(^^;)。初めて対四間飛車急戦の勉強をした時も、2~3ヶ月かかったなあ。なんか懐かしい。最初はサクサク進んだ角換わりの勉強ですが、『これからの角換わり腰掛け銀』を教科書にした腰掛け銀の勉強に入ってから大失速。こんなに難しい定跡に出くわしたのは初めてです。歩や金の位置の僅かな違いで、使える筋がガラッと変わってしまうのが、腰掛け銀の難しさの根本にあると感じています。しかし…やっと、何となく分かってきた気がします。この本、もの凄い本だわ。。これを全部身につけたら、角換わりでは無敵になれるんじゃなかろうか。。
 何とか覚えたつもりなんですが、実際に指してみると「あ、あれ?どうだっけ…」となってしまうのが僕のキャラなので┐(´ー`)┌、負けてもいいので、そろそろ実践で指してみる事にしました。覚えるまでは、とにかく定跡から外れないように指して覚えようという考えです。今までも、この作戦で定跡を身につけてきたのでした。

 角換わり、本当は先手番で使いたいのですが、後手番で角換わりに誘導してくる人はとっても少ないです。しかし、自分が後手番なら▲76歩△84歩▲26歩△85歩で角換わりに誘導しやすいので、思い切って後手番で誘導してみる事にしました。間違えないように、アドリブにしてしまわないように、序盤からゆっくりゆっくり。相手の方は「こいつ、何やってんだ」と思われたんじゃないかと。

20140425_35.gif 本当は△73歩保留▲67歩保留48飛という形に誘導したかったのですが、相手の方が▲66歩と突いて来たので、ちょっと違う形になりました。でも、これも第2候補ぐらいであり得る戦型なので、けっこう気合を入れて覚えた形ではあります。

△42金右
 へっへっへ、▲67歩保留ならここで△43金右、▲66歩型の時は△42金右なのさ。本当に僅かな差なんですが、これで優劣がひっくり返っちゃうのが腰掛け銀みたいです。

▲48飛
 うああ!!先手の方、間違えた!!これは…か、勝ったかもしれない。。
こんなの良くある形なんですが、しかし4筋攻めには金の位置を直せば後手よしなんですよ( ̄ー ̄)。この形になると既に後手が良いって、知ってました?にわかには信じがたい話ですよね。でも、本によるとそうらしいのです。高段でも、この形に普通に飛びこんで来る人をけっこう見かけるので、これは覚えておくといいですよ(v^ー゚)。
 せっかく良くなったのに、ウッカリしてしまったら元も子もないので、何度も確認しながら、慎重に指しました。

△22玉▲88玉
 2筋玉頭攻めが消えたので、玉を入城して…

△43金直
 これで先手は手詰まりのハズ。△73歩待機の何がイイって、後手は的にされやすい右桂も飛車も狙われないという所。ここで、勉強してない人なら、絶対に攻めてくると思うんですよね。▲25歩とか▲45歩とかして来たら後手優勢ですよ(^m^*)ウッシッシ

▲45歩
 キタ―――(゚∀゚)―――― !!これは後手にとって最高の展開です!!慎重に慎重に…

81Dojo-2014-04-25-21-4548手△同歩▲同銀△同銀▲同桂△44銀▲53桂成△同金(48手目盤面図)

 最後の△53同金を思い出せなくって、例によって「あ、あれ?どうするんだっけ…」状態に。しかし、次の先手の攻撃筋が▲71角ぐらいしかないという事で、以降の進行を思い出し、何とか指せました。これで先手は▲71角しか手がないのですが、そうなると定跡では△47歩と一発叩いてから、以下▲同飛△72飛▲53角成△同銀▲63金のあとに、△55桂で飛車の捌き合いになって、後手優勢になるんですよ( ̄ー+ ̄)。。ついに、華々しく角換わり腰掛け銀デビューだああ!!!と思ったら…

▲44飛
 え?飛車を切ってきた??やばい、定跡から外れてしまった(>。<≠)。しかし、先手は何を考えてるんだ?▲71角から龍を作る順より、単なる飛車切りが良いという判断の根拠が分からん。ソフトみたいな手だな…。△同金で金が浮く形がヤバそうだけど、それでも飛車を抜いたら後手の方が良いんでないかい??それとも、なんかすごい順とかあるのか?

 というわけで、定跡を外れてしまってからは手将棋。後手優勢のハズなんですが、そしてそんなに悪い手も指さなかったと思うんですが、あれよあれよという間に追い上げられ、気づいた時には飛車まで抜かれ、後手敗勢に(;;)。。またまた終盤力の弱さが出てしまった。で、僕には自玉の詰み形まで見えていたんですが、最後の最後で相手の方が大チョンボ。それでも必至を掛けられているので、手を空けずに大逆襲で寄せ返すしかないんですが…う~ん、寄るのか、これ?

81Dojo-2014-04-25-103手 ちなみに、これがその終盤の盤面図です。後手玉はもう受からないので(必至ですよね?)、多分攻めるしかないんじゃないかと思います。寄るかどうか分かりませんが、持ち駒は揃っているので、強い人なら寄せられるんじゃないかなあ。これ、寄せられますか?ちなみに、僕の寄せは…

△78銀成▲97玉△79角
 いや、▲97玉と逃げてくれた時点で「寄った!」と思ったんですよ。△79角なんて、手筋中の手筋じゃないですか。

▲88銀打△86角
 しかし、▲88銀打ちで意外と粘れる。でもそれに対する△86角打ちの角捨てはナイスアイデアと自分では思っていました。▲同歩△87金で即詰み、と思っていたんですが…

▲同歩△87金▲同玉
 (゚ロ゚ノ)ノ。。
▲87同玉を読みぬけていた。。やっちゃったよ…どうしよう…。しかし、そんなのが相手にバレたらいっぺんに負けなので、「それは読み筋ですよ」というフリをして、寄せを続けます。しかし…どうすりゃいいんだ、これ。

△88成銀▲同銀△78銀
 王手を続けてるだけだわ。1分将棋になっちゃったし、アタマも回らなくなってきたぞ、と思ったら…

▲投了
 投了してくれました!ヒ~~、助かった!!ぜんぜん読めていなかったのですが。。


 というわけで、角換わり腰掛け銀の実戦投入のデビュー戦は、定跡から離れて以降はグダグダになりながらも、何とか勝つ事が出来ました!!定跡をキチンと身につけるのが当面の目的なので、仮に負けていたとしても、今日の将棋は合格だったという事にしておこう。角換わりは、これで棒銀と腰掛け銀がなんとか使える目算がついてきました!一手損は…5月は一手損角換わりの月になりそうだなあ。勉強が全然計画通りに進んでないぞ(;;)。

 そうそう、吉田さんの『これからの角換わり腰掛け銀』ですが、死ぬほど難しいです。3月中に終わると思っていたのが、理解できないわ覚えられないわで、もう4月末。でも、これをもし本当に身につけたら、3段ぐらいを相手にしても勝ちまくれるんじゃないかという気がします。ただし、マジで難しいですよ…。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

終盤の局面ですが(^ ^)

先手玉に詰みがありますね。4七に「と金」がいますので。

△78銀成に▲97玉は△86金 ▲同歩 △79角 ▲88銀打 △87飛 ▲同玉 △88成銀 ▲同銀 △78銀 ▲同玉 △69角 ▲67玉 △57と ▲77玉 △67金までですね^ ^

最初の△78銀成に▲98玉は△88金から、▲同玉は△69角から詰みます。手数は長いですが・・・。

角換わりは難しいですよね〜(^^;; 私も矢倉の勉強にメドがついたら、着手する予定です。

Re: 終盤の局面ですが(^ ^)

ZEROさん、書き込み有難うございます。


> △78銀成に▲97玉は△86金 ▲同歩 △79角 ▲88銀打 △87飛 ▲同玉 △88成銀 ▲同銀 △78銀 ▲同玉 △69角 ▲67玉 △57と ▲77玉 △67金までですね^ ^

おお、17手詰めでしたか!3手目は△86金が正着なのですね。△69角の為に取っておく、と。見えなかった(-_-*)。。
ただいま、終盤の勉強は、おススメいただいた詰め将棋の本を中心に勉強中です。なんとか終盤力をアップしたいです。


ありがとうございます

そういえば、以前の記事で『これからの角換わり腰掛け銀』の訂正点を教えて頂き、ありがとうございます。プリントアウトして保管して、読むときに注意しながら読もうと思います♪
お仕事上手くいってそうで何よりです♪
プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド