第72期名人戦 第3局 森内俊之 vs 羽生善治 (急戦矢倉5筋交換型)

 羽生さんの連勝でスタートした名人戦。森内さんは今日負けてしまうと後がなくなってしまうので、是が非でも勝ちたいところだと思います。相掛かりで往復ビンタされてしまったので、もう相掛かりは無いと思うのですが…おお!!森内さん、伝家の宝刀の矢倉を投入です!!

 序盤はサクサク進みます。矢倉は確定ですが、羽生さんは急戦にするか本組みに入るか…おお~!急戦だあああ!!実は昨日偶然にも、ネット将棋で久々に急戦矢倉を指したんです。得意戦型の筈が、角換わりの勉強ばかりしていたら色々と忘れていてボロボロでした(^^;ゞ。。この前の竜王戦で覚えたつもりだったんですが…まあいいや、これは絶好のタイミング、覚え直そう!

20140509_24手 盤面図は24手目、後手が角を繰り出したところです。阿久津流急戦ですね。ここまでは大丈夫。ここから▲25歩と進むとと、互いにわが道を進む攻め合い将棋。この前の△羽生▲渡辺の王将戦の何局目かに登場していた、後手が8筋の歩の交換から△85飛と引いて、グッチャグチャの将棋になったあのデンジャラスなやつです(^^)。しかしよく見かけるのは…

▲79角△73角▲46角△64銀

 このコースが一番よく見る気がします。玉形がいいので、先手はそれを活かす展開に引きずり込んだ方がいいんでしょうね。で、この前の△渡辺▲森内の竜王戦第1局では、ここで先手が▲68角と戻し、以下△55銀▲57銀△52飛で後手の矢倉中飛車。しかし同じ竜王戦で、先手の渡辺さんが踏み込み込んだ順がありまして…

20140509_29手▲75歩(29手目盤面図)

 そうそう、これです!この踏み込みの何が良いかというと、先手が香得確定のコースに入るんですよね。しかし、自分で先手を持って指すと、矢倉城の囲いの歩を自分から捨てに行くというのが、けっこう怖くて指せない。。そんなのも原因になっているのか、この辺りからがどうもうろ覚えでして…。

△84飛▲74歩△同飛

 後手は飛車を浮いて角頭を守り、以降の精算は必然。ここから▲76銀という手も昔はあったようなんですが、後手十分になると結論されたようで、今はあんまり指されないみたいです(しかし、その順を知らない…)。で、現在いちばんよく指されるのが…

▲56歩

 先手は一回受けておく、と。くっそ~、指されると思い出せるのになあ。。後手は急戦で一気に行きたいでしょうが、先手はじっくり行けば角交換から▲88角の打ち込みで香得は見えているので急戦に付き合いにいかない、という理屈なのかな?で、ここから△55歩と合わせるとどうなるのか?というのをいつも見てみたいと思っているのですが…乱戦になって楽しそうなんだけど(^m^*)ウシシ。で、本局は、見た事のある進行に。

△31玉▲25歩△51金▲76歩

 一番よくみる展開なんですが、この辺りは後手が辛そうにも見えます。急戦を仕掛けたのに仕掛けが封じられて駒組みに入っているという所で、いつも先手ペースに見えちゃうんですよね。急戦に行くんだったら、去年のNHK杯で郷田さんが指していたような「あくまで急戦!」という急戦矢倉の方がリクツに合っている気がするんですが、本当は、1手進んだら構想よりも実利、というのが正しいのかもしれません。また、ここで囲い合いに行ってどうなるのかというのが、今のプロの将棋界での課題局面なのかも。

△33銀

 ここも、渡辺さんが△33桂とあくまで急戦で突っ張ったのを見たことがあります(この前の竜王戦第2局)。行方新手なんだそうで。しかし本局の羽生さんは△33銀と守りました。これも、この前の渡辺-森内の竜王戦で登場してましたね(竜王戦第3局)。ああ、そう考えると、この前の竜王戦は、急戦矢倉の最新定跡の宝庫だったんだなあ。その時は先手森内さんが負けた気がするぞ。。という事は、今日はその筋の研究合戦という訳ですね。いやあ、これは面白い。。

▲65歩△同銀▲73角成△同桂▲82角

 来ました、先手香得確定の狙い筋です!この筋は絶対に覚えておこう…。

20140509_46手△42金上▲91角成△22玉(46手目盤全図)

 …いやあ、先手駒得の上に馬が出来、先手の言い分が全部通った局面だというのに、この課題局面って、後手の方が勝率が良いんじゃなかったっけ?アマチュアなら全く逆の結論になると思うんですが、プロってすげえな…。しかしこの順で渡辺さんに負けた森内さんなので、ちゃんと研究はしてきているんじゃないかと。

▲58香(47手目)

 おお~、捕獲した香を5筋の補強に使うのか。。なるほど、これで後手の右銀はこれ以上進出できなくなっちゃうわけですね。いやあ、これは後手手詰まりじゃないのか…羽生さん、ここで2時間を超える大長考に入り…羽生さんの放った手が凄かった!!

△84角

 …手の意味が、サッパリ分からないんですが。。で、プロの解説を見て、初めて納得。狙いは次の△64飛ではないかとの事。な、なるほど~~!!47手目▲58香は森内さんの研究手順だと思いますが、この△84角って、その場で思いついたんでしょうか?2時間考えたって事は、そうなんだろうなあ。それでも先手の方が良いんじゃないかという気がしますが、放っておいたら潰れなので、森内さんのここからの構想が勝負を分けるんじゃないかと。

▲79玉△64飛▲88玉

 ▲79玉~▲88玉は森内さんらしい構想。いや、そんな普通の手で受かるのか…。羽生さんは△64飛と攻撃準備を整えました。これはアマの僕でも分かります(^^)。8筋を叩いて銀を8筋に引っ張り出して、そこで一気に6筋突破でしょう!これは後手良しじゃないか、と思ったら…

△12香
 穴熊だ~~~~!!!
しかし…なぜ?先手が新しい戦場を作るのは難しそうに見えるので、さっきの攻防戦にまずい順があるのでしょうか?ちょっと嫌らしいのは馬、なのかな?う~ん、羽生さん、森内さん、渡辺さんの3人は異次元すぎる…。
 ここから両者の構想が予想外でした。後手羽生さんは襲い掛からずにカッチカチに穴熊を固め、先手森内さんは…9筋の歩を伸ばして手待ちです。なるほど、羽生さんは森内さんが香を受けに使った事を咎めているわけか。馬もソッポに行っているし、攻撃する気のない森内さんのカウンター狙いを逆用して、自分の方が堅くしてしまうと。いやあ、これは勝敗ではないところで、受け一辺倒の棋風自体を咎めに来ているんじゃなかろうか。棋風自体を咎められてしまうと、森内さんは今後もヤバいぞ。。

20140509_65手 で、羽生玉がカッチカチになった65手目。これ以上良い駒組みに出来そうもないので、そろそろ開戦という局面。攻撃の狙い筋は羽生さんの方にいっぱいあるように見えます。例えば桂跳ねの両取り。でもそうすると馬で飛車を抜かれるので、成立するかどうかは読まないといけない。…みたいに、成立するかどうかがかなり難解。でも、2手空く程度なら、穴熊の暴力で一気に潰せそうな気もするぞ。それにしてもこの盤面図、メチャクチャ面白い。。先手の82の馬のポジショニングが絶妙で、それを受ける後手の74の銀がこれまた見事。で、どちらかが動いた途端にこの均衡が崩れるわけですよね。森内さんは馬を攻撃に使いたいけど、動いた途端に自陣が潰れるというジレンマ。羽生さんは攻撃に行った瞬間に飛車を抜かれ、手が空けば一気に反撃される…だから穴熊に組んだという訳ですね。ようやく理解できました。。この盤面図だけでも、3時間ぐらい眺めていたいなあ。
 で、ここからの後手の仕掛けが驚異!!

△45歩▲同歩△46歩▲27飛

 おお~、いきなり行くんじゃなくって、嫌味をつけておくのか!!先手は手抜けないので後手の言いなりですが、しかし▲27飛というのはいかにも強い人の受けですね。さすが竜王名人、穴熊の急所から飛車先をどかしてくれません。

△65桂▲64馬△同歩▲82飛
 ついに跳ねました!!両取りですが、しかし飛車角交換もセットの踏み込みです!しかし、▲82飛は嫌な手だな。後手、正着を選ぶのが大変そう…。

△49角
 ええええ~~~w(゚д゚* )w!!!
いやあ、こういう時って、駒を取りつつの王手をかけてから次の手を指すのが絶対に良いと思っているので、△77銀成で金を取りつつの王手は確定、次にどうするかを考えるものだとばかり思っていたのですが、王手もかけず、角も逃げずに攻め合い!!すげえ、こんなんで後手が本当に良くなるのか?

▲28飛
 うああああ~~w(゚д゚* )w!!!
先手も先手で、タダで抜ける角を抜きに行かずに、飛車を躱しました!!もう、ついていけません。。いやあ、第一局からとんでもない次元の対局が続いている今回の名人戦ですが、今日もすごい事になったな。。

△47歩成▲84飛成△57と▲同金△同桂成▲同香

 いやあ、この辺の駒の捌き順は本当にスゴい。森内さんの飛車を躱してから角を抜く順も素晴らしければ、羽生さんの先にと金を作ってからの清算も指されてみればなるほどの順。で、次に待っていたのが…

△83金
 うああ!!なんと、これで龍が詰んでるのか!!いやあ、これだけ激しい局地戦を展開しながら、最後に龍を詰ましていたとは…。。先手陣に切り込んだとはいえ、後手の駒損が大きすぎて、実は森内さんの方が良いんじゃないか思えていたんですが…羽生さん、すげえ。。しかし…ここからの森内さんの反撃も凄かった!!

20140509_85手▲44桂(85手目盤面図)

 いやあ、龍を抜かれても手番は自分で駒得でもある竜王名人、桂の打ち込み一発であっという間に反撃です!いやあ、すごい将棋になったな、どっちが良いんだ、これ…。

△67銀

 羽生さん、これを受けずにまたしても攻め合い!!いや、これは攻め合いというよりも、既に寄せ合いなんじゃないか?シロウト目には、後手の穴熊は、何手か手が空いてしまうけれど確実に寄せる順があるのに対し、先手玉を寄せる順なんて、飛車の横利きが強烈すぎて、まったく見えません(^^;)。もしこれが本当に寄るなら、その順を見てみたい…

▲32桂成△78銀成▲同飛△32金▲41銀△31金▲32金△41金▲同金

 うわ、完全に攻め合いになったぞ。。しかし、この攻めは森内さんが先手。後手の穴熊は金駒をバラバラにされてしまった。。もう受け切るのは無理だろうけどZだから、ここから連続詰めろで迫れば後手勝てそうだけど…そんな順、あるんだろうか。。なければ森内さんの勝ちか。すげえ終盤になったな。

△67銀▲68金△86歩▲同歩△87歩▲同玉△59飛

 いやあ、ここもすげえ。。矢倉崩しの玉頭の叩きから△87歩は手筋ですが、しかし△67銀▲68金の交換を入れてからやるのか。で、玉を浮かしたところで、ケツからの飛車を狙う、と。しかし、底歩で合駒されたらどうすんだ?

▲69歩
ですよねえ。

△78銀不成▲同金△57飛成

いやあ、△57飛成のところで後手の攻めが切れ。いやあ、まずいですよ、これは。。そして、先手森内さんの反撃!

▲54角

うああ、次に▲31金か▲32金が入れば詰めろか。羽生さん、詰めろを掛けられるのか?

20140509_108手△85歩(108手目盤面図)

 あら?羽生さん、こんな流暢な事をしていていいのか?これは先手の大逆転じゃないかしら??

▲32金
先手からの詰めろ、 キタ━━(゚∀゚)━━!!! う~ん、もう△22金で受け切れるかどうかという感じですが、それも先に△86歩で王手してから考えるべきだよな…と思ったら…

△86歩▲96玉△84桂▲86玉△85歩▲97玉
 いやあ、羽生さん、これは王手してるだけで、寄らないんじゃ?ニコニコ動画の一二三さんも寄らないって言ってるぞ。。と思ったら…

△77龍
 うおおお~~!!龍を切ったああ!!!!
いやあ、これ、▲同金の一択かと思いますが、それで寄っているのか??▲同金△96金▲88玉△87飛で、①▲79玉なら△88銀▲78玉△77銀成△88銀▲同桂以下の詰み。②▲同金なら△同金▲同玉△86香▲78玉△67金以下の詰み。…なんと、寄ってました。。という事は、108手目の遅そうな△85歩は、なんと詰めろだったのか(@_@;)。えっと、逆算すると…29手詰め?!!いやあ、先手は受けずに詰めろをかけに行ったという事は、森内さんも見えていなかった可能性があります。108手目の△85歩が詰めろになっている事が見える人が、一体どれぐらいいるんだろうか。。結果、120手にて後手羽生さんの勝ち、3連勝です!!

 いや~、この将棋はすごかった!!序盤は定跡の勉強になるし、中盤は▲58香に△84角という新定跡を見ることが出来たわ、以降ももの凄い構想力に踏み込みの綾、終盤はとんでもなく見事な攻防を見る事が出来ました。
 今期の名人戦は羽生さんが3連勝ですが、しかし森内さんも強い強い!ちょっと異次元の戦い、まさにこれぞプロという見事な名人戦だと思います!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド