角換わり棒銀は やっぱりキビシイか

 僕は、定跡を覚えるのがとっても苦手です。学生の頃も、国語とか数学みたいな演算的な科目の成績は良かったんですが、社会とかの暗記モノは全然ダメ。これは将棋にも当てはまるようで、読むとか寄せるとか捻じり合いとかは少しは良くなってきた気がするんですが、序盤定跡がとにかくボロボロです(--*)。あまりにダメすぎて、クソみたいな序盤にアイデンティティを覚え始めてさえいる状況。。勉強して一生懸命覚えたつもりでも、その直後に指してみると「あれ?ここ、どうだったっけな??」という事の連続( ̄ii ̄)ハナジ…なので、定跡を覚えたばかりの戦型は、その直後に何度も何度も指すようにしています。

 で、0手損角換わりの勉強は、腰掛け銀も早繰り銀もいちおう終わったのですが、ちゃんと覚えるまでは、角換わりになったら▲棒銀を指す事にしていました。角換わり棒銀という定跡というのは、恐ろしく良く出来ていて、プロは誰も指さないけど結構いけるじゃん!!と思っていました。高段の人にも通じちゃった事がありましたしね(^^)。。しかし…問題は、先手が棒銀を明示したところで、後手が先受けで△14歩と突いてくるパターン。いや、1筋の歩を後手が先受けするという順は教科書に無かったのですが、こうされると端歩を突き合った棒銀という事になって、定跡通りに進んだら後手が良くなる。定跡を外すとしても、先手が棒銀をいったん保留して玉を囲う、な~んて手ぐらいしか思いつかないんですが、それって1~2筋の攻防の問題解決になってません。

 そして昨日、端歩を先に突き、以降はまったく定跡を外れる事無く指し回す人に遭遇。級位の頃は、角換わり使いの人ってほとんど遭遇しなかったんですが、段位になると角換わりを得手にする人が増えてきました。特に、高段になるほど角換わりで勝ち星を稼ぎまくっている人が多い気がします。で、こういう方々は、さすがに角換わり棒銀はマスターしているみたいで、定跡通りにきれいに指してきます。それでも、後手が途中で1手でも間違えれば先手十分になるハズで、まったく間違えずに指しこなす人には、3段以下ではひとりも出会わなかったのですが…とうとう現れました!!今回、完璧に指し回されました。完璧に、1手も間違わず。で、そうなると…だ、ダメだこれは( ̄ii ̄)フタタビハナジ。。
 いやあ、定跡書では、「後手よし」ではなく「後手十分」という結論だったので、定跡通りに進んだとしても、もう少しイケると思っていたんです。しかし、定跡が打ち切られた先に進んでみると…僕の感じだと「後手よし」といっても過言でないかも。プロならここからでも指し回せるのかもしれませんが、僕程度の棋力では、粘る事すら出来ずに惨敗。。負けた後も、他の変化をウンウンと唸りながら考えたんですが…いやあ、これは思ったよりも厳しいぞ。。

 しかし、角換わり棒銀は面白かった!!勉強している最中、こんなに面白いと思った定跡もありません。なんといっても狙いがはっきりしているのがいいです。また、無駄な手がひとつもなく、すべての手が言葉で説明できるほどの意味を持っていて、しかも結論まで繋がり、手数も長くないので、まるで推理小説を読んでいるような面白さ。そういう意味でいうと、横歩△45角戦法に似ています。勝ち負けではなく、将棋の面白さを味わおうと思ったら、こんなに面白い戦型もないんじゃないかと。
 指さなくなったらまた忘れてしまうかもしれませんが、いちおう棒銀は覚えられた気がしますので、次からは角換わりになったら相腰掛け銀に挑もうと思っています。しかし、これがまた難しいんだなあ。金の位置とか歩の位置がひとつ違うだけで、全然違ってきちゃうんだもんなあ…。。でも、△73歩保留の場合は羽生さん作戦で、また△42金右の場合はがんばって▲18香とあがる形を得意形にしようと目論んでいます( ̄ー ̄)。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド