第72期順位戦 A級8回戦

 名人挑戦は、7戦全勝の羽生さんと、5勝2敗の渡辺さんに絞られたA級順位戦。昨日はオフだったのに、羽生さんが負けたところあたりで寝てしまった。。しかし、羽生さんが負けたという事は?!

●羽生善治 vs 深浦康市○
 う~ん、羽生さん、先手番の矢倉で負けるか。もし名人戦挑戦が羽生さんになるとしたら、矢倉は完璧になっておかないと、森内さん相手にはきついんじゃないかなあ。それとも、名人戦の為に研究手は取っておいているとか?いや、きっとそれはないな。。一方の深浦さん、ここの所は羽生さんにやられっぱなしでしたが、遂に一矢報いました!これはオメデトウございます(^^)。

○久保利明 vs 郷田真隆●
 おお、これで久保さんは4勝目、すばらしい!居飛車vs振り飛車のプロの将棋をたくさん見たいので、久保さんにはなんとか残留して欲しいです。しかし、郷田さんが3勝5敗か…。あれだけ棋戦の挑戦者決定まで上がってくる人が、よもや降級なんてことはないだろうな。郷田さんの最終戦は…ゲゲッ、羽生さんじゃないかw(゚д゚* )w

●渡辺明 vs 三浦弘行○
 渡辺2冠、まけたあああああ!!!せっかく羽生さんが星を落としてくれたというのに、これで羽生さんの名人戦挑戦が決定です!!よし、また羽生さんの揮毫入りの免状を貰うという意欲がわいてきたぞ(^^)。。
 また、この1局は三浦さんにとっても大きな意味が。久保さんが勝った以上、三浦さんは負ければ降級決定だったわけです。しかしここで踏ん張り、3勝目。降級争いの最後の1枠は、最終戦までもつれました!!
 さらにこのカード、いま棋王戦を争っている両者でもあります。三浦さん、ここで負けたら渡辺さんへの苦手意識を植え付けられてしまいそうなところだったんじゃないかと思いますが、勝てたので精神的にも楽になったんじゃないかなあ。この1勝は、三浦さんにとっては棋王戦での1勝より大きいんじゃなかろうか。

●谷川浩司 vs 行方尚史○
 光速流、A級陥落が決定して緊張の糸が切れたか…。僕が子供の頃、プロ棋士といえば谷川さんしか知らないというぐらい、谷川さんは圧倒的な存在でした。矢倉の組み方も、テレビゲームの谷川さんの将棋講座を見て覚えました。僕が子供時分に谷川さんを知った頃、谷川さんはもうA級だったと思うんですよね。それが1勝7敗か。。子供の頃、大好きなプロ野球選手が衰えていって引退した時、僕は放心状態で、とてもショックだったのを覚えています。それと同じで、昔からの将棋ファンの方には、谷川さんのA級陥落はショックなニュースなんじゃないかなあ。時代の英雄の没落を見る感じ。しかし、現役のA級棋士が会長職をやるというのは、何とかならないんでしょうか。引退した重鎮とか、探せばいくらでもいるだろうに。
 一方の行方さんは5勝目ですか。順位が低いので、B級から上がりたての棋士の残留って相当厳しいんじゃないかと思っていましたが、これで残留は決定的。2期連続でのA級が決まりです!

●屋敷伸之 vs 佐藤康光○
 屋敷さん、4勝目ならず。。これで屋敷さんも最終戦まで降級の可能性を残したままという状況に追い込まれました。こんな際どい展開の中、電王戦なんて戦っていて大丈夫なのかな。。少し時間が開くから大丈夫なのか。しかし、屋敷さんってべらぼうに強いイメージがあるのに、A級の中に混じると勝てないんですね。やっぱりA級棋士って、すごいわ。
 一方の佐藤さんはこれで4勝目ですが、残留は決定なのかな?後で考えてみよう。


 なにより、羽生さん、名人戦挑戦おめでとうございます!そして、僕が将棋の勉強をコツコツ頑張っている動機のひとつは、羽生さんと谷川さんの揮毫の入った免状を貰う事ですので、お願いだから名人になってください┌(_ _)┐。
 しかし、降級争いが大混戦ですね。なんだか良く分からないぞ。。ちょっと整理してみると…

(01)羽生 7-1 残るは郷田戦 ◎名人挑戦決定!
--------------------------------
(04)渡辺 5-3 残るは佐藤戦
(07)深浦 5-3 残るは谷川戦
(09)行方 5-3 残るは屋敷戦
(06)佐藤 4-4 残るは渡辺戦 ここまで、残留決定!
--------------------------------
(10)久保 4-4 残るは三浦戦
(02)三浦 3-5 残るは久保戦
(03)郷田 3-5 残るは羽生戦
(05)屋敷 3-5 残るは行方戦 一番長い日で残留争い
--------------------------------
(08)谷川 1-7 残るは深浦戦 降級決定(;_;)

 5位の佐藤さんは4勝4敗ですが、順位が6位という所がミソ。第9局に三浦vs久保の直接対決があるので、絶対にどちらかが負ける事になって、どちらかが絶対に佐藤さん以下になります。三浦さんが負ければ3勝どまりの三浦さんは、佐藤さんを上回ることが出来ません。逆に久保さんが負けた場合、もし佐藤さんが負けてどちらも4勝4敗となったとしても、佐藤さんは順位が上なのでセーフ、というわけですね。というわけで、5位の佐藤さんまでが生き残り決定!

 難しいのは、降級争いですね。。ええっと、単純に勝ち負けだけで考えると?

・まず、3勝5敗組の中で最も順位の低い屋敷さんが一番危険。屋敷さんは、負けたら他の結果関係なしに降級決定です。

・という事は、紛れが生じるのは屋敷さんが勝つのが絶対条件ですね。すると、次にまずいのが屋敷さんに次いで3勝5敗組で順位の低い郷田さん。屋敷さんが勝って郷田さんが負けると、郷田さんの降級決定です。

・更なる紛れは、屋敷さんと郷田さんの両者が勝った場合。もしそうなると、残る三浦さんと久保さんは…うわあ、直接対決だわ。。つまり、屋敷さんと郷田さんが勝った場合、三浦vs久保戦の敗者が降級です。

・もうひとつ、三浦vs久保の直接対決が更なる綾を作り出しています。どちらかが絶対に負けるという事は…屋敷さんにせよ郷田さんにせよ、勝ったのに他の結果待ちという事態が起きません。絶対に三浦さんか久保さんのどちらかが自分の下になるから。という事は、生き残り争いをしている4者は、自分が勝てば必然的に生き残り決定というわけです。自力で運命を切り開け、というわけですね。


 う~ん、もし全員の勝敗確立を単純に50%で計算すると…降級確率は、屋敷50%、郷田25%、三浦&久保12.5%という事になりますね。しかし、最終戦の相手を考慮に入れると?屋敷さんの最終戦の相手は行方さんか。なんかいい勝負な気がします。郷田さんの相手は?…うあああ、羽生さんだよ。。たしか郷田さんって、羽生さんにはダブルスコアぐらいで負け越していなかったっけ?これはヤバいでしょう。羽生さんが王将戦と名人戦に研究手を残して、この戦いを軽視してくれることを願う、という感じでしょうか。名人挑戦決定が最終戦までもつれずに一番得をしたのは、実は郷田さんかも。三浦さんと久保さんの戦いは五分な感じがするけど、棋王戦を戦っている三浦さんの方に負担が大きい気がするなあ。
 とうわけで、これらを考慮に入れた個人的主観による降級確率は…屋敷50%、郷田30%、三浦12%、久保8%という感じでしょうか。さて、最終戦が行われる将棋界の一番長い日は…3/7ですか。これは見ないわけにはいかないぞ!!しかし…仕事が入らないといいなあ。。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド