がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

角換わりの勉強プラン

 ようやく、角換わりの勉強までたどり着きました!!居飛車党を決心してからずっと将棋を指してきて、とにかく生きた心地のしなかったのが角換わり。勉強できていないので、角換わりはなるべく避けてきたのですが、一手損角換わりだけはどうしても拒否することが出来ないで苦しんでいたのです。。
 ネット将棋での戦型選択を見ると、いまの僕は「矢倉マニア」。でも、将棋を指してきて、今はこんなふうに感じています。相居飛車になったら、先手番なら角換わり、後手番なら横歩取りに誘導出来たら、最も勝率が稼げるような気がする、と。そんなわけで、僕の角換わりでの最優先事項は、先手番での、後手からの一手損角換わりの受けです。なんといっても、これを拒否する方法がないのですから。。そしてその先に、角換わりを得意戦法にして、先手番では角換わりに誘導しようという大きな目標があるのです(^^)。。

 さて、角換わりの勉強のテキスト候補は、以下の通りです。

(角換わりのメインテキスト)
よくわかる角換わり
現代将棋の思想 一手損角換わり編
長岡研究ノート 相居飛車編

(角換わりのサブテキスト)
羽生の頭脳4 角換わり・ヒネリ飛車
最新棒銀戦法

 本当に手をつけたいのは、糸谷さんの書いた『現代将棋の思想 一手損角換わり編』です。この本、ダイレクト向かい飛車対策の為に昔買ったので持ってますし、一手損対策が急務という今の僕の状況を考えれば、本当はこれを最初にやるべきかも。しかし、どう見ても初心者向けではなさそうなので、角換わりの基本を知ってないととても読みこなせないとかだとマズイなあ…。というわけで、いつもの作戦通り、まずは角換わりという将棋の全体マップを自分の中に作り上げるのが先かな。
 で、ノーマルな角換わりも一手損角換わりも全部出ている本という事で、『よくわかる角換わり』を最初にやろうかと。『羽生の頭脳』でもよかったんですが、目次を見る限り、羽生の頭脳には一手損は出ていない(これは、書かれた当時にまだ一手損がなかったのかも)し、早繰り銀も出てないみたいなので、全体マップを把握するにはどうかな…と。ただ、『羽生の頭脳』の細かさと分かり易さは異常なので、ノーマル角換わりのサブテキストとしていい気がしてます。少なくとも、棒銀と腰掛け銀に関しては、『よくわかる~』より詳しそう。
 『長岡研究ノート 相居飛車編』は、最近のプロ将棋にやたらと出てくる、後手が△74歩と突かない形とか、金矢倉に組まずに△42金右とする形なんかの、最新形の勉強をするときに使おうかと。こうした角換わりの研究部分は30ページほどみたいだし、横歩の△52玉型を勉強する時にどうせこの本は必要になりそうなので、いずれ買う事になりそうだし。
 あと、青野さんの書いた『最新棒銀戦法』は、角換わり棒銀だけでなく、矢倉の後手急戦棒銀とか、相掛かりの原始棒銀とか、角換わり早繰り銀とかが出てます。昔、僕がネット将棋の4~6級ぐらいでウロウロしている頃、同じぐらいの級位で親しくなった方がいました。その方よりも僕の方が弱かったんですが、その人の強さの秘訣は、銀の使い方がメチャクチャうまかった事。何とか段位になった今でも、あれほど銀をうまく使う人には出会いません。銀捌きがうまいという事は、あらゆる戦型の中盤の攻防戦で常に優位に立てるという事でもありますよね。そんなわけで、その方に負けると、悔しさよりも尊敬が先に来てしまう感じでした。で、「どうやったらそんなに銀捌きがうまくなれるのですか?」と尋ねたところ、その人が教えてくれたのがこの青野さんの本だった、というわけです。で、この本はアマゾンで安かった時に買っておいたんですが、未だに未読状態。というわけで、角換わりといえば銀捌きがキーだと思うので、今回の角換わりの勉強では、この本もサブテキストにしようかと。
 で、これらの本を駆使して、以下の順で角換わりの勉強をしようかと。

(角換わりの勉強プラン)
①『よくわかる角換わり』をメインテキストに勉強!
 ただ、これだけだと変化の説明が足りなそうなので、『羽生の頭脳4 角換わり・ヒネリ飛車』と『最新棒銀戦法』の2冊をサブテキストにして、穴のないようにする。
ここが本番。現代将棋の思想 一手損角換わり編』の2~4章を勉強!
 ここは、後手から一手損角換わりをされたらご馳走さま状態になるぐらいの気合で勉強する!
③『長岡研究ノート 相居飛車編』の6章の勉強とプロ将棋の観戦!
 これで、角換わりの最新形に対応できるようにする!


 さて、勉強しなくちゃいけないページ数から逆算すると…う~ん、2~3ヶ月はかかりそうだぞ。。でも、目標だった1年で初段は達成できたわけだし、ここは焦らずにじっくり取り組む事にしよう。もしこの勉強が終わった時に、角換わりに来られても怖くなくなっていたとしたら…う~ん、そんな日が来るといいなあ(^^)。角換わりがうまい人ってあんまり出会ったことが無いから、角換わりの強い人になれたらカッコいいかもしれない。。





関連記事

コメント

まだまだ僕なんぞのレベルでは… 

ロプさん、書き込み有難うございます!

誰々の棋士のように…というイメージはなかったのですが、そうですか、中村さんに近いですか。だったら、もし実現出来たら、強くなれそうですね(^^)。

吉田さんの『これからの角換わり腰掛銀』は、吉田さん自身が納得のいかないまま出版されてしまったようです。重大な誤植あり、編集から悪意ある修正が入り、一方で吉田さんが修正したと思う所は一切修正して貰えなかったそうです。吉田さんのツイッターには「意見が違う時は私の正しい意見は絶対に通らず、間違った内容が載る事になった」「間違った内容が載ったら、当然修正するけど、時間がまだあるはずのところで打ち切られてしまった。私の本と言える内容ではない」などなど、かなりの恨みつらみがかかれています(^^;)。

吉田さん本人が書きたかった内容は、以下ページにアップされているみたいです。
http://masakazu930.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E8%A7%92%E6%8F%9B%E3%82%8F%E3%82%8A%E8%85%B0%E6%8E%9B%E9%8A%80%E3%80%82

プロの正調角換わりは、手損なしの腰掛け銀以外は、実は結論が出ているという事らしいですよね。本当かどうかは分かりませんが。というわけで、吉田さんの本は腰掛け銀の最前線について書いてあるのだという気がしますが…僕のレベルでは、その本を読みこなせるようになるまでまだまだ時間がかかりそうです。その時までに、修正2版が出てるといいなあ。。

  • ShougiX 
  • URL 
  • 2014年02月06日 13時29分 
  • [編集]
  • [返信]

 

返信ありがとうございます。
実はその記事を見て購入を見送っていたのですが見なかったことにして購入しました。

修正2版は既に出ているようですが将棋連盟道場でもなければまだ初版のみでしょうね。
  • ロプ 
  • URL 
  • 2014年02月06日 18時25分 
  • [編集]
  • [返信]

 

同じ戦法を目指している初心者です^^
最近は先手番の横歩取り拒否してくる方も多いので長岡研究ノートは本当役に立ちますよね。
  • 無記名さん 
  • URL 
  • 2014年03月20日 09時45分 
  • [編集]
  • [返信]

書き込み有難うございます 

はじめまして、書き込み有難うございます。
長岡研究ノートですが、角換わりの章だけは読み終わりました。分かり易いし、最新形に言及しているし、とてもいい本ですよね。しかしそれだけでは満足できず、とうとう『これからの角換わり腰掛け銀』まで読み始めてしまいました(^^)。というわけで、正調角換わりの勉強が面白すぎてハマってしまい、本格的な一手損の勉強は、まだまだ先になりそうです。
  • ShougiX 
  • URL 
  • 2014年03月20日 11時54分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR