がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第39期棋王戦 第2局 渡辺明 vs 三浦弘行 (ゴキゲン中飛車 ▲58金右急戦)

 渡辺棋王の先勝で始まった棋王戦ですが、棋王戦は5番勝負なのであっという間に決着がついてしまいます。今日は三浦さんの先手番、これを落とすと三浦さんは相当にヤバいんじゃないかと。で、第1局は三浦さん得意の横歩を受けて立った渡辺さんがそれを撃破するという強さを発揮。その後に行われたA級順位戦もやはり横歩で今度は三浦さんが勝利!これは、渡辺vs三浦の横歩シリーズになるんじゃないかと思っていたんですが…

 渡辺さん、ゴキゲン中飛車だあああ!!!渡辺さん、王位リーグの佐藤戦、王将戦の羽生戦に続いてのゴキゲン中飛車の採用です!研究手を隠す為とか、相手の予想を外す為なんて理由で採用していたのかと思っていたんですが、これはキッチリ研究しているみたいですね。後手番での主力戦法にしようとしているのかも。しかし、後手番でゴキゲン中飛車を主力戦法に採用してズルズルと落ちていった例を知っているぞ。遂にB1への降級が決まった光速流の谷(以下略)。
 しかし、それを受ける三浦さんがカッコ良かった。後手の△52飛に対し、▲48銀ではなく▲58金。おっと、超速▲37銀でも穴熊でもないのか?!こ、これはもしかして…

20140222_13手△55歩▲24歩△同歩▲同飛△56歩▲同歩(13手目盤面図)

▲58金右超急戦だあああ!!!これは定跡書で読んだ事があるだけで、実際の対局では見た事も指した事もないぞ。やばい、ワクワクしてきた(^^)。

△88角成▲同銀△33角

ああ、だんだん思い出してきた。村山さんの書いた『ゴキゲン中飛車の急所』だと、この▲58金右からの急戦がかなり細かく書いてあったから、印象に残ってるんだな。なんか、▲55桂とか打つんですよ。

▲21飛成△88角成▲55桂

打ったああ!!これは完全に定跡通りじゃないですか!この桂打ちを最初に編み出した人は凄いと思います。相手の飛車と馬のラインを同時に消し、玉の逃げ道&飛車のコビンに直撃し、更に△33角から相手の馬を素抜く狙いまであるという。

△62玉▲11龍△72玉

というわけで、△62玉の早逃げですが、次の△72玉がちょっと知らない手でした。僕がおぼえているのは、△72玉に代えて△99馬▲33角△44銀▲同角成△同歩▲66香△72銀…みたいな感じ。でも、たしかに△62玉の方が自然には見えますよね。で、定跡書を引っ張り出してみると…出てない(;_;)。ここで僕の読んだ定跡本とはお別れなのか?そして…次の三浦さんの一着がもの凄かった!!

20140222_23手▲63桂成(23手目盤面図)

うおおおお!!!踏み込んだ!!三浦さんのこの速い踏み込みで思い出すのは、序盤からの飛車切りで阿久津さんを瞬殺してしまった、今期のNHK杯です。いやあ、僕みたいなアホだったらハッタリの可能性もあるけど、A級棋士の、しかもタイトル戦での踏み込みだからなあ。これは勝算があっての事では?まだ23手目ですが、もしかして三浦さんにはもう寄せが見えているのか?!

△同玉▲18角△54歩▲66香△72玉

 後手は歩が1枚しかないのがキツいです。歩があれば角も香も合駒でなんという事もなさそうなんですが、歩が足りないので、合駒するとしたら高い駒で受けないといけない(・_・、)。しかし玉を躱すと、先手は金香交換の駒得が確定ですが、それでも渡辺棋王は玉を躱しました。これで三浦さん、手番を渡しても受かりそうなら▲61香成の駒得、攻めを繋ぐなら▲13龍で後手にまた受けさせるという感じで手が繋がりそう、と思ったんですが…

▲22歩

?!これは…三浦さん、決めにいった?いやあ、もしこれで寄るんだとしたら、三浦さんの中盤力は半端ではないという事になります。それこそ、中盤かと思っていたらいきなり決めに来る光速流の再来か?!

△51金右▲21歩成△42銀▲23歩

 う~~ん、渡辺棋王は普通に受けているだけなんですが、どうにも受かっているように見えるなあ。で、三浦さんはと金を作った後にまた▲23歩からと金作りですか。これは…いくらなんでも遅くないかい?1~2筋方面からの金駒の攻めになってしまうと、中飛車側の玉を寄せるのって、難しいんですよね。。
 以降は、中飛車側が指しやすい状態で、それを必死に三浦さんが指し手の順番に工夫を施して紛れを作ろうとする感じ。しかし、渡辺さんの強さって、絶対に間違えない驚異の終盤力にあるんですよねえ。。結果、78手にて後手渡辺棋王の勝ち!渡辺さんはこれで2連勝!!早くも防衛にリーチをかけました。

 う~ん、三浦さん、中盤でいきなり仕掛けた所は度胸があるというか、未知の領域に踏み込むという男気を感じたんですが、その後の攻めが繋がりませんでした。これは、ヘタすると先に始まった王将戦よりも早く終わっちゃう可能性も。三浦さん、第3局は頑張ってほしいです。
関連記事

コメント

はじめまして 

素晴らしいブログですね(^ ^) 昨日発見し夢中で読ませて頂きました。私は居飛車党でアマ初段までもう少しです。使っている棋書や考えていることが貴方と酷似していてびっくりです!! これからもいろいろと参考にさせて頂きたいと思っておりますのでどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m 私は現在は横歩取りと相掛かりの後手番の定跡を勉強中です。
  • ZERO 
  • URL 
  • 2014年02月23日 12時39分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: はじめまして 

ZERO さん、初めまして。書き込み、ありがとうございます!

おお、居飛車党ですか!!お仲間ですね。
相掛かりを勉強中なのですか。実は、相掛かりの勉強もそろそろ始めたいと思っているのですが、棋書は何をお使いでしょうか。お教えいただければ、幸いです。

  • ShougiX 
  • URL 
  • 2014年02月23日 14時41分 
  • [編集]
  • [返信]

相掛かり 

私は野月先生の「最新の相掛かり戦法」と「羽生の頭脳4 文庫本」で基礎を固めようと思っています。あとは「大山康晴 名局集 全182局」の前半部分を使いひたすら棋譜並べをしています(^ ^)
  • ZERO 
  • URL 
  • 2014年02月23日 15時55分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: 相掛かり 

ZEROさん、早速のレス、ありがとうございます!

> 私は野月先生の「最新の相掛かり戦法」と「羽生の頭脳4 文庫本」で基礎を固めようと思っています。

おお、そうでしたか。
僕は角交換の勉強のために『羽生の頭脳4』は持っているので、もう1冊を何にしようか悩んでいました。
野月さんと山崎さんの本というのと、ZEROさんのお持ちの本と、どちらが良いのか悩んでいました。

良いアドバイス、ありがとうございました!!参考にさせていただきます。
  • ShougiX 
  • URL 
  • 2014年02月23日 17時42分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR