がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第63期王将戦 第4局 渡辺明 vs 羽生善治 (ゴキゲン中飛車)

 渡辺王将の2勝1敗で迎えた王将戦第4局です!羽生さんは負ければ後がなくなるので、ここはどうしても勝ちたいでしょうし、渡辺さんは渡辺さんで棋王戦との掛け持ちになっているので、はやく勝負をつけて楽になりたいんじゃないかと。ところで、今日の立会人は藤井猛さん、副立会人は行方さん。う~ん、好きな棋士ばかりだ。。

 先手羽生さんの初手は…▲26歩!うおお、これは何を狙ってるんでしょうか?!そして後手の渡辺さん…なんと、ゴキゲン中飛車です!!いやあ、渡辺さんが中飛車を指すのは初めて見ました。それどころか、振り飛車を指すのですら初めて見たかも。羽生さん、これは完全に裏をかかれたのではないでしょうか。羽生さんの受けは…おお、穴熊ではなく超速37銀です!羽生さんって、対中飛車は超速37銀ですよね。羽生さんと久保さんの指したいくつかの名局が、今の超速37銀の定跡のベースになっている気がします。

20140219_18手 18手目は、超速37銀の基本図のひとつだと思います。そして19手目、羽生さんは▲58金ではなく…

▲68銀

ん?▲68銀はネット将棋で教えて貰った事のある指し手ですが、▲58金も指さないまま銀をあがるのか?形が悪いようですが。。…これは、▲58金を先に指すと「△7二玉と寄って、▲6八銀に△5六歩と突かれて後手が指しやすくなる」からだそうな(by 永瀬六段)。えええ!!そうだったのか!!いやあ、超速37銀は勉強したのに、穴熊ばかり指しているものだから、全然覚えてないぞ(^^;)。と思って、前に勉強した定跡本をひっくり返してみると…おお、▲58金の指し手しか書いてない(;;)。そりゃ覚えていないわけです。しかし、これはまたひとつ勉強になったぞ。でも▲68銀と指すと、普通の穴熊に囲う筋はもう消えて、先手の戦法は2枚銀しか残らないという事でしょうか??…ああ!だから対中飛車の穴熊はああいう特殊な形なのか!!高段の方に薦めて貰った『中飛車破り一直線穴熊徹底ガイド』はまだ読めていないのですが、またひとつ謎が解けたぞ(^^)。。

 で、ここは先手は穴熊の持久戦を志向するか、2枚銀などの急戦を志向するかという岐路だと思うのですが、羽生さんは2枚銀の急戦を志向。うわ、これも持久戦志向の僕が全然覚えていないパターンだ。。よし、この機会に覚えてしまおう。

△72玉▲77銀△82玉▲66銀
 これで先手は2枚銀。後手は玉を潜りましたね。しかし、ここからの後手玉の囲いが…

△72金
 美濃にしないのか。。これも僕が去年勉強した定跡書には書いてない形で、しかし解説を読むかぎりでは定跡中の定跡みたい。う~ん、タイトル戦にもう少し振り飛車が登場してくれないと、対抗型の最新定跡は覚えられないなあ。。

20140219_33手▲58金右△51飛▲37桂△32金▲16歩△62銀▲96歩△94歩▲15歩(33手目盤面図)

 端歩を突くタイミングとか、いろいろと駈け引きはあったようですが、たどり着いたここも居飛車2枚銀vsゴキゲン中飛車の基本図みたいです。ここは、今度は後手の作戦の岐路で、△6四歩か△1二香が有力との事。後手はもう陣形に進展性がないみたいなんですね。で、渡辺さんは…

△12香

 う~ん、角当たりを避けたとか、角の引き場所を作ったとかいう意味もあるんでしょうが、きっとこれは手待ちなんでしょうね。で…

▲29飛△22角▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲25飛

 これもほとんど手待ち合戦に見えます。でも先手は飛車先の歩を交換できたので、これは先手がちょっと得なのかな?あと、飛車の引き場所を5段目にしたのは、いずれ55が戦場になるのは見え見えなので、そこへの利きをひとつ増やした、という感じかな?しかし、飛車の引き場所って、迷いますよね。。僕は、分からない時は28飛と決めています( ̄ー ̄)。

20140219_44手 △64歩▲68金上△63銀(44手目盤面図)
 
 こ、これは…さっきから10手以上進んだというのに、ほとんど変わってない(´・ω・`)。。飛車先の歩が切れた事と、後手玉の囲いが若干弱くなったことぐらいかな?もうこれは、55から開戦でしょう!でも、どちらが勝ってるんでしょうね。利き駒の数では先手が制圧しているように見えるけど、互いの攻めの筋は、どのあたりなんでしょうか。。
 後手は?スッカスカな先手玉の右辺狙い、あと角筋も思いっきり急所に食い込みそうですね。中央を制圧できれば、飛車を中央から玉の逆サイドに振ってから成り込む。でも、これは中央を制圧できそうにないので、非現実的か。もっと現実的なのは、3筋の桂頭攻め?中央がすっきりして、利きが外れたところで△35歩が厳しい攻めになりそう。これで仮に桂を逃がしたとしても、と金で寄せていく感じでしょうか。
 じゃ、先手は?対中飛車戦って、突破した後の寄せがけっこう難しいと感じています。この形の場合、後手の51の飛車が21の桂に紐をつけているのが厄介なんだよなあ(ι゚ー゚))。。2枚銀にした以上、抑え込みの方針は貫くべきなんだろうなあ。そうなると、少なくとも銀1枚は相手陣に押し込みたいところ。でも、そこからがまた難しそう。いつもそうなるんですが、先手は2筋の飛車を捌き切れるんだろうか??もう分からないので、羽生さんが2枚銀をどう指しこなすかを勉強しよう。で、ここからの互いの構想がちょっと勉強になりました。
 
 最初は、渡辺さんの構想。

▲55銀左△同銀▲同銀△74歩▲56歩△65銀
 銀を1枚ずつ交換したところで、渡辺王将は持ち駒となった銀を玉頭攻めに使いました。なるほど、中央での戦いを決着つくまで指してしまうと後手が足りないので、途中で戦場を増やして紛れを作るんだな。しかし、この玉頭攻めは…

▲57金直△76銀▲77歩△85銀▲79角
 羽生さんがいなして事なきを得たんですが…なんか角を79に引きました!!ええええ!11~99の角のラインは最重要だと思っていたんですが、なんだこれ?!もう、この角を攻撃に使う事は捨てて、左辺からの攻撃に対する守りに使おうという事でしょうか??いやあ、これは受けバージョンの羽生マジックが出たんでしょうか?

20140219_56手 次は、羽生さんの構想。羽生さんがなぜ中央の戦場の争いよりも2筋の攻防を先にしたのかは、きっとこちらを後にしてしまうと間に合わなくなるからなのかも。いやあ、構想のお手本のような将棋だ。この超人ふたりの戦いは、中盤戦がとにかく熱い!!どうやって2筋の飛車を捌きに行くのかと思ったんですが、まずは22に潜った角を…

▲24歩△同歩▲同飛△33角▲29飛
 これで33まで引っ張り出して、あとは▲35歩以下の角頭攻め。おおお~なるほど!!これはメチャクチャ実践的な手筋だ!!これは覚えておこう!で、以下どうなったかというと…

△23歩▲35歩△同歩
 やっぱり角頭攻めですね。しかし…これは先手の桂頭攻めにも逆用されるので、けっこう先まで読んでからでないと指しにくいかも知れないな。

▲45桂
 おお!▲34歩じゃなくって、的になっている桂で行くのか!なるほど、そりゃそうか。。

△42角▲34銀
 これは見事!!後手はもう23が受かりそうにありません。というわけで、ここで渡辺王将は攻め合いを選択!!

20140219_70手△54歩▲46銀△44歩(70手目)

 こうなるともう、速度計算の問題ですね。しかし、この盤面図は均衡が取れていて美しいな。桂取り、そして銀取りに繋がっていく後手の△44歩がどれぐらい速いか。以下は、壮絶な捻じり合いと速度計算がミックスしたような状況となり、ものすごい将棋!!解説をしていた藤井さんや行方さんや深浦さんといったプロ棋士は全員やや先手持ちの解説をしていたので、きっと先手が良かったんでしょうが、いやあ、この状況から先手を持って勝ちきれるアマチュアがどれぐらいいるんだろうかと思ってしまいました。最後は111手にて、羽生さんの勝ち!!これで星取りは2勝2敗の5分に戻り、王将戦が面白くなってきました!もし羽生さんが王将を奪取すると4冠、渡辺さんが1冠になるのか。そうなると、将棋界の勢力図が一気に動くような気がします。

 それにしても、面白い将棋でした!!やっぱり、居飛車対振り飛車も見ていて面白いな。しかし、去年いっしょうけんめい勉強したゴキゲン中飛車対策の定跡が、もうすごく進化してしまっていた事に驚き。自分がなぜ対中飛車戦の成績が良くないのか、よく分かった気がします(^^)。でも、定跡書が書かれた後に定跡が進化しちゃうと、これはもうどうしようもないよなあ。。タイトル戦はかろうじて解説つきで見れているけど、それ以外のプロ将棋は解説もないし、そもそも見ている暇がない。これは、振り飛車党の棋士がもっとタイトル戦に出てきてくれる事を願うばかりです。

関連記事

コメント

 

王将戦63期では?
  • 無記名さん 
  • URL 
  • 2014年02月19日 17時42分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: タイトルなし 

あっ!本当だ…失礼しました。

ご指摘、ありがとうございます。修正させていただきました。
  • ShougiX 
  • URL 
  • 2014年02月19日 21時08分 
  • [編集]
  • [返信]

 

渡辺さんの振り飛車には驚きましたよね。
  • 無記名さん 
  • URL 
  • 2014年02月23日 12時48分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR