がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

横歩取り 16手目△88角成 またまた再戦!!

 ひとつ前の記事で書いた4段の方と、またもや対戦する事になりました!どういう巡り合わせか、3局続けて僕が先手。そして…3局続けて、16手目△88角成からの横歩取り角交換に。この方、中終盤の棋力がハンパでないので、メチャクチャ集中してないといっぺんにやられるんだよなあ。

20131230_43.gif さすがは4段、避けずに同じ戦型で受けてきました!!うわ、また緊張してきた…。43手目、例の▲45桂打ちのところまで、まったく同じ順。けっこう序盤から色々と手を間違えてしまう僕にとって、ここまで正確に指せるのは初めてかも。勉強したばかりだからですね。この局面、先手からは▲31飛などの一段飛車があって、後手はかなり忙しいハズ…というのが、この前の感想戦での結論でした。というわけで、桂打ちを受けての44手目で遂に変化。

(44手目の候補②:△65金)
 前回の2局では、ここで△54香でした。それに代えた手が

△65金▲67銀

 △65金か!!いやいや、さすがは4段。うっかり攻めに行って△56金打で頓死するところでした(^^;)。まあでもこれは▲67銀で受かりますよね。しかし後手の攻めが繋がって…

△54香▲46玉△34歩▲36歩

 う~~ん、強い。。確実に寄せられ、しかも間違えたら即死の連続。△34歩も詰めろだし、これは研究してきたんじゃなかろうか。。狭い場所になりますが、右辺に逃げ込む脱出口を作るしか道はなく、一直線で▲36歩まで来て…

2013123_49.gif これが今日問題になった局面。ここで後手が放った手が…

(50手目の候補手①:△56金打)
△56金打

 ▲45桂以降は一直線なので、読みなんて入れている暇もありませんでした。そんな事もあり、最初この手を指された瞬間、負けたと思いました。というのは▲37玉△47龍がメチャクチャ厳しく見えたから。じゃ、代えて▲同銀だと?う~ん、これはかなり難しい将棋、さすがに後手優勢の気が。ここでまたまた長考に入ってしまったんですが…
 考えてみれば、▲31飛が入れば間駒はほとんど利かずに先手よしのハズ。だとしたら、仮に危なくても詰まないのであれば、精算ではなく逃げるのが正解では?で、最初に読みを打ち切った▲37玉△47龍という逃げを選択するとどうなるかというと…

▲37玉△47龍▲26玉△45龍

 なんと、捕まりそうで捕まらないのでした。。弱くて受けばかりやってきた成果がこんなところで発揮されるとは(^^;)。で、先手は待望の

▲31飛△41銀▲33馬△62玉▲41飛成

 これは先手勝勢でしょう!!先手は次に手が空いたら▲61龍△同玉▲51金△72玉▲61角で勝ちなので、後手は攻めるか攻防手を探すしかないのですが、最善手と思われた△25龍からでも先手玉は捉まりませんでした。で、本局は先手の勝ち。で、感想戦でとんでもない結論が。なんと、好手に見えた△56金打が実は悪手だったのでは??という事に。いやあ、将棋って難しいです。。この感想戦がメチャクチャ面白くって、それに代えた手を4段の方がひねり出してきました。それが…

(50手目の候補手②:△38龍)
△38龍

 これもまた素晴らしい手!!よくもまあこんなにポンポンと候補手を出せるものだなあ。。僕は長考型なので、ひと目で有力手が見える人って、本当に凄いと思います。これも寄せられた…と思ったんですが、死ぬほど考えると手が見つかったりするのが将棋の面白いところ。考えてみれば、先手玉は45に逃げられれば△56金打の即詰みが消えるので、実は王手の入る▲31飛から入って、当初の狙いである▲53桂まで持ち込めれば、それが玉の逃げ道まで用意する攻防手になるんじゃないかと。どのみち既に詰む詰まないの局面なので、その順を検討してみると…

▲31飛△41金▲53桂

 ▲53桂を成らずとしたのが工夫で、これで後手は苦しいという結論になりました。打ち込んだばかりの飛車を取らせるのが重要な所で、以下、感想戦で検討した手順としては…

①△31金▲61桂成△同玉▲63角打
 この順は、最後の▲63角打ちが王手金取りとなり、先手玉が一気に安全になって、先手良さそう。以下も、先手は受けやすく攻めやすいが、後手は受けにくい形。すぐには決まらなそうですが、先手よし、という事で。

②△31金▲61桂成△52玉
 52に玉を逃げると次の▲51金打が滅茶苦茶キビシイ。詰みまでは検討しませんでしたが、どうやらこれは先手優勢っぽいです。

 というわけで、16手目△88角成の横歩取りは、やっぱり先手優勢なんじゃないかと。さすがに『羽生の頭脳』に書いてある事にウソはありませんでした。しかし…定跡書で検討が打ち切られた31手目▲33香成以降、本番で間違える事なく指すのは相当に難しいんじゃないかと。その方の持っている定跡書にも、この変化は書いていないという事でした(本の名前を聞いておけばよかった;;)。というわけで、この順も横歩の定跡として覚えておこうと思います。詰みまで研究したのは初めてかも。。それから…4段の方、連日で感想戦に付き合っていただき、ありがとうございました!!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR