第26期竜王戦 第4局 渡辺明竜王 vs 森内俊之名人 (相矢倉)

 3局続けて5筋交換型の急戦矢倉を更に仕掛けるというとんでもない展開になった竜王戦。連敗だった竜王は、それでも同じ戦型を仕掛けて一本取り返してしまうのだからすごいです。あれで負けていれば、ほとんど終戦という感じだったのに、最後に勝ったのが竜王なものだから、最終的な研究は竜王の方が上のように思えてしまって、1勝2敗の筈がまるで5分のように感じてしまいます。
 そして迎えた第4局、初日の駒組みが速い速い!定跡手順までは超速で進めるのが渡辺流、終盤に時間を残しておくという事らしいですが、森内名人もそれに付き合って、まるで早指し戦のようです。そして…うわ、4たび矢倉か!!これは、矢倉シリーズの様相を呈してきましたね。それにしても竜王、矢倉を指させたら最強なんじゃないかという森内名人相手に、よくもまあ4局連続で矢倉戦を仕掛けられるものです。ここまで来ると傲岸不遜というか自信過剰というか、ちょっと不気味なものを感じます。
 しかし森内名人、もう急戦矢倉にはしないだろうな、と思っていた所で…ついにきました、矢倉の本組みです!!最強の呼び声高い森内さんの本格矢倉が見たかったんです。矢倉がとってもうろ覚えなので、これは有難いです。この竜王戦で本筋を覚えてしまおう(=`ー´=)。

 そして竜王は…▲46銀37桂型へ。やった!僕がいつも使っている戦法だ、これは勉強になるぞ。。で、後手の森内さんは△24銀と銀の先受け、そして竜王は▲25桂と跳ねました。うん、これも僕が良くやる順です…って、これは最近指されないのか!!▲25桂に対しては△45歩で後手指せるという結論だそうで。し、知らなかった、どうりでいつも△45歩とされるわけだ…己の無知を晒すばかりのブログを書き続ける気力がなくなってきました。…いいや、今日覚えて、前から知っていたような顔をしておこう(´・ω・`)。でも、研究バッチリの竜王が跳ねたという事は、なにか良い順があるという事なのでは?

2013112246手 そして46手目、森内名人もやっぱり△45歩と歩を突き出してきました。ただいま森内さんの『矢倉の急所』をパラパラ見てみたら、出ていますね、この順。。僕はいつも香車をあがらない状態で、ここから▲37銀~▲46歩△同歩▲同角と指していたのですが、竜王は間髪おかずに…

▲45同銀

え、同銀で行けるのか…知らなかった。。行けるんだったら、行っちゃった方が良いですよね。いやあ、自分の無知さ加減に呆れます(x_x)。。で、以下は矢倉の使い手なら誰でも知っているほど有名な定跡手順だそうで。

△19角成▲4六角△同馬▲同歩△5九角▲3七角△同角成▲同飛△1九角▲3八飛△4六角成▲44歩

 もし▲37同飛の後に、再度△59角と打ち込まれた時には、▲2七飛△4八角成~△3八馬▲1七飛となるそうで。う~ん、たしかに18に香をあがっておいた方が全然いいなあ。僕は香をあがる時に、すずめ刺しへの変化を残して17香としていたんですが、18の方がいい理由というのを今日初めて知りました。なるほど、馬に追われた時に飛車を17に逃げ込めるのか。で、最後の▲44歩が見事。いやあ、定跡って偉大ですね。これ、考えていたらこの1手だけで大量に時間を使っちゃいそうです。。
 で、ここはひとつの分岐点ですね。△同銀でも△同金でも△45馬でも良さそう。名人の選択は…

△45馬▲43歩成△同金

 なぜ△45馬なのかは、私なんぞでは分かりません(- -*)。こうなってみると、後手は玉型がちょっと悪く、先手は歩切れと馬を作られている。う~ん、形勢判断が難しいですが、後手の森内名人の方が指しやすいんじゃないだろうか。ちなみに、ここまで進んで、まだ1日目の午前中です(^^;)。。


2013112282手 前の局面から、竜王は自陣角を放って後手の飛車を狙い、しかし名人は手抜いてその角を狙って歩を伸ばし、先手が角を躱している1手を使って後手も飛車を6筋に振って躱し、先手が後手玉の真横に△32歩と放った(なんだこりゃ!!)あたりです。まず、この歩の意味が全然分からず、ビックリだったのですが、この後も竜王の物凄い手が飛び出しました。
 名人は△65銀と放ち、竜王はこれを取ることが出来ない。で、竜王がどうしたかというと…

▲55銀

なんじゃこれw(゚д゚* )w。。…ああ、なるほど、後手の馬を潰しに行くのか。一瞬タダ捨てかと思ってしまいました。将棋って、こういう目の錯覚みたいな手が見えなくなっちゃうときがありますよね。いやしかし、これは好手じゃないでしょうか。さすがはトップ棋士、凄いなあ。。ここからの攻防がまた手に汗握る展開に。竜王は、相手に迫りながら、自玉に当たってきている馬のラインを外したいんでしょうね。これは高度な指し回しを要求されそう。

△同歩▲同角△32玉

…いやあ、これは▲55銀は成功だったのでは?竜王、恐るべし。よくあんな手を思いつくなあ。。

▲63金△42飛▲53金△同馬

うわ、ついに馬のラインを外した!竜王、すげえ…。。で、ここからの竜王の歩の使い方が驚愕

▲33歩△同桂▲63歩成△同馬▲34歩△同金▲35歩

う~~~ん、プロはやっぱりすごい。。捨て歩の連続でここまで崩せるのか。。歩の手筋をもう一度勉強し直した方がいいなあ。
 しかし森内名人、間違えれば即死という局面の連続に見えるのですが、全然間違えないというか、受かるものと思って指しているかのようです。

 で、最終的に森内名人はこの猛攻を受け切り、とんでもないところから攻め合いを選択、最後は綺麗に寄せてしまいました。しかも最後は21手詰めだそうで。。この21手詰め、竜王も名人も、そして解説をしていた羽生3冠も見えていました。…やっぱりプロってすげえなあ。

 いやあ、この将棋は面白かったです!中盤以降は、森内名人が受け切れるか、渡辺竜王が攻めきれるか、という、たった一つの争点となった将棋。それだけに、大局観ではなく、竜王がひねり出す手のレベルの高さと、それを受ける名人の読みの深さがフォーカスされる事となり、これがもの凄かったです。何度ため息をつかされたことか。
 もうひとつ凄かったことが。2日目のニコニコ生放送の解説の羽生さんです。1日目終了時点で、ほとんどのプロが先手持ちだったのですが、2日目はじまってすぐに羽生さんが後手持ち発言。で、これが正しかった。以降の解説も神憑り。ちょっと羽生さんと渡辺さんと森内さんの3人は、プロの中でも別次元に生きている人なんじゃないかと思わされました。

 再び先手番を落とした竜王は痛いです。これで1勝3敗、徳俵に足がかかりました。森内名人は、あと3番のうち1本取ればいいので、さすがに名人の竜王奪取が濃厚なんじゃないかと。去年の今ごろは、もう羽生さんも森内さんも渡辺竜王には勝てないんじゃないだろうかと思っていたのですが、森内さんに追い込まれ、残る2冠でも羽生さんが勝ちあがってきています。これは、とうとう渡辺黄金時代が幕を閉じるのか…。第5局は11/28~29だそうです。おお、すぐじゃないか!!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

今までで

昨日の竜王戦、自分が見た中で一番面白い将棋でした!
自分も森内名人が最初から押してるとは思ってたのですが
渡辺竜王の相手の駒を取りながらの攻めは凄かった。
特に最後の最後は物凄い攻めだったですね。感動!
森内名人が竜王も取って早く免状取りたい!
その前に、初段にならないと(苦笑)

Re: 今までで

> 昨日の竜王戦、自分が見た中で一番面白い将棋でした!
> 自分も森内名人が最初から押してるとは思ってたのですが
> 渡辺竜王の相手の駒を取りながらの攻めは凄かった。

いやあ、竜王戦第4局は凄かったですね!
どちらも持ち味を発揮した、素晴らしい名局だったと思います!
竜王の攻めも凄かったですが、あとから見返すと名人の受けがもの凄いですね。
終盤の角打ちの受けは鳥肌モノでした。。あんなの、よく思いつくなあ、と。
しかし、今回の竜王戦はどの局も森内名人の方が1枚上に見えます。


> 森内名人が竜王も取って早く免状取りたい!
> その前に、初段にならないと(苦笑)

このペースで行くと、免状は森内竜王名人になりそうですね。これは森内ファンの方にとってチャンスかも!
僕は、谷川会長・羽生名人・森内(または渡辺)竜王の並びになったら、免状を貰おうと狙っています( ̄ー ̄)。
プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド