初段までの過程をまとめておこうかと

 僕は2013年の1月から将棋の勉強をはじめて、同年の10月後半ぐらいで段位に達する事が出来ました。いちおう、何十番か段位を保ち続けることが出来たので、初段という事でいいかな、と。段位の基準は、81dojoというネット将棋での成績です。『将棋世界』という雑誌の段位認定では2段ですが、これは自己申告ではないという価値はあると思いますが、評価としては相当な眉唾と思います。持ち時間とかあってのテストなら良さそうですが、僕は1問解くのに20分ぐらい考える事もあったので(笑)。僕はやっていないのですが、将棋倶楽部24という所だと、ネットの情報をもとに計算すると3~4級ぐらいなんじゃないかと。道場には行った事が無いので不明(時間と金がないx_x)。大会にも出た事がないので不明(怖くて出れない)。こんな感じです。

 で、僕の場合の、初段までの道のりを、簡単にまとめておきたいと思います。これは、僕と同じように、10級から将棋を始めたい人の目安になるんじゃないかと。そもそも、このブログを始めた目的のひとつがそれでしたしね。

 僕は、将棋部であったわけでもないし、道場に行った事もないので、未だに駒の持ち方も分かっていないし、チェスクロックの使い方も知りません。最初に駒を並べる順番もあるらしいですが、それも分かりません。そんな状態なので、ネット将棋にデビューするだけでも結構勇気が必要でした。また、勉強を始めてからも、「本当に段位になれるんだろうか」と、不安になった事も何度かありました。初心者からすると、あまりに一寸先は闇状態で、段位になるための目安もなければ、段位になれる保証もないんですよね。目標がなければ初段になるのは難しいと思いますが、目標があると不安との戦いにもなる。
 初段への道は、合理的なプラン作りとの戦いだった気がします。仮に目安や方法論が正しかったのに初段になれないのであれば、僕の能力不足だったと諦める事が出来ます。でも、初段になれる力があるのに、勉強の仕方が間違っているために初段になれないのだとしたら、それは悔しい。作戦負け、これだけは防ぎたかったです。

 初心者が知りたいのは、この「目安」とか「方法論」というものなんじゃないかと。これさえ分かれば、あとはやるかどうかだけの問題。あ、そうそう、そういう意味でいうと、僕は「プロ野球選手になる方法」とか「医者になる方法」とか「ミュージシャンになる方法」とかにも、興味があるなあ。実際になりたいわけじゃないけど、少年野球からプロ野球選手になるまでの過程がリアルタイムで綴られたブログとか、高校受験から医者になるまでの過程が綴られたブログがあったら、ぜひ読んでみたい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

凄いですね!

一年弱で初段なんて凄いですね!
自分は、道場に通って早2年半。いまだ一級。
初段の壁は厚いです。
今度、この記事で紹介されていたネット将棋、挑戦してみます。

Re: 凄いですね!

> 一年弱で初段なんて凄いですね!

有難うございますp(^^)q
でも、どのぐらいでアマ初段になるのが平均的なスピードなんでしょうね。
僕は中級になってから全然昇級できなくなってしまったので、一時は焦りました。。

> 自分は、道場に通って早2年半。いまだ一級。
> 初段の壁は厚いです。

ネット将棋で出会った方に聴いた事があるのですが、
雑誌、道場、ネット将棋では、級段位の認定にかなりの差があるらしいです。
道場でも、道場によってかなり差があるらしいです。
ですので、僕の方がコールセンターさんより全然弱かったりして(^^;)。

> 今度、この記事で紹介されていたネット将棋、挑戦してみます。

お、だいたいどのぐらいの級段位になるか、結果を教えていただけませんか?
ネット将棋と道場でどのぐらい差があるものなのか、ぜひ知りたいです。
プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド