がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第26期竜王戦 第3局 渡辺明竜王 vs 森内俊之名人 (急戦矢倉 5筋交換型)

 挑戦者の森内名人がなんと2連勝。しかも急戦矢倉5筋交換型での往復ビンタという事で、星的にも精神的にも追い込まれた感じのある渡辺竜王。しかも悪い事に、負けるとカド番に追い込まれる事になるこの第3局が後手番。。いや、これは正念場です。
 という大事な一局で…なんと三たび急戦矢倉5筋交換型!!うわ、これは森内名人は大歓迎でしょうが、竜王は片意地を張っているようにも見えます。負けっぱなしで終われないという事でしょうか。羽生さん相手に3連敗から4連勝した伝説の竜王戦の原動力がこの戦型だったらしいので、散る時も同じ戦型で、という事?…いやいや、そんな浪花節のハズはありませんね。なにか用意の策があるのでしょう。いや、これで勝ったら竜王格好いいな。。

2013110828手 28手目、5筋交換型の指定局面といった場面です。第1局で名人は▲68角と出た角を引いていました。第2局では竜王が▲75歩とえらい強気の手を選んでいましたが、まさか…

▲75歩

 キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!名人、第2局の竜王と同じ手!「お前はこれで負けたけど、俺が指すと負けないんだよ」というプレッシャーのかけ方でしょうか。もしこれで勝ったら、森内さんカッコいいんですけど。。で、以下しばらくは第2局とまったく同じ進行。

△84飛▲74歩△同飛▲56歩△31玉▲25歩△51金▲76歩△33銀

 お、最後の△33銀で第2局と分かれましたね。ここから森内さんがどうしたかというと…

2013110838手▲65歩△同銀▲73角成△同桂▲82角

 この順は丸暗記したいです。なんでも、去年の名人戦で羽生さんを破った手順だそうで、その時はこれで先手よしの結論となったそうです。でも、さすがに去年の名人戦で指された順を渡辺さんが知らないとは思えないので、これは竜王の想定の範囲内じゃないかと。そうは思うんですが、でも実際にここからどうすればいいのかは全然わからない(゚∀゚)。「おい、一体ここからどうするんだよ」という局面を見るのも、プロ将棋の観戦の醍醐味ですよね~。難解な局面をプロならどう指すか。僕はこういう所になるとドキドキしちゃいます。で、竜王は…

△22玉

 え、攻めるでも受けるでもなく、囲いを優先する放置策なのか…信じられん、それじゃ香損のうえ馬まで作られそうなんですけど。

▲91角成△42金上

 …香損のうえ、馬まで作られました。しかし、竜王はなおも玉を固めにいきます。ちなみに、去年の名人戦で、羽生さんはここで攻め合いに出たみたいです。この辺りに棋風が出ますね。竜王って、玉をカッチカチにしてから攻めまくるというイメージがあるので、指されてみれば竜王らしい構想かも。
 この時点で、後手相当に悪いと思ってました。このまま終局かとすら思ったんですが…よくよく見てみると後手の主張は駒損でも玉形の差があって、先手は玉がまるで囲えていないのに、後手玉はカッチカチ。攻撃の速度も自分の方が速いぞ、という感じで、意外と釣り合っているのかも知れません。う~ん、さすがにトップ棋士、構想も研究も凄いなあ。ここからは細い攻めを繋げてしまうスペシャリストの渡辺竜王の攻撃と、受けてからのカウンターのスペシャリストである森内名人の受けという展開になりそうな予感。。

 で、竜王の狙いが功を奏したか、名人は角の打ち込みがあるので玉を矢倉城に入城出来ず。ここで竜王は攻めに出ますが、名人は受けながら、駒得を拡大しながらといったじっくりした指し回し。この森内さんの指し回しが実に厭らしくて、竜王は飛車角交換され、更に自分から角まで切って、遂にはほぼ丸々飛車損という状況に。こうなると後手は攻めを繋ぐしかないように見えるのですが、その攻めが如何にも細い…。これはさすがに竜王まずいだろう。。

2013110873手 …と思ったのですが、さすがは9期連続で竜王位を守ってきたトップ棋士です。なんと攻めを繋げてしまいます。図は72手目 、△88角成を防ぐために名人が▲79角と受けたところ。竜王はここからどう手を繋いだかというと…

△86歩▲65龍

△86歩は先手にとって痛いですね。▲同歩なら△87歩でいっぺんですか。で、▲65龍と引いて角取りに合わせます。
 寄せ切れるかどうかは分かりませんが、この角取りを受けずに△88角成▲同角△87歩成としてしまえば先手陣の左辺を突破できますが、竜王はそうは指しませんでした。控室も違う手を検討していたので、この順は突破した直後に反撃の筋があって先手良しなんでしょうね。

△64金▲76龍△87歩成▲同龍

 …いやあ、反撃の筋があったからこの順になったんでしょうが、後手は攻撃の拠点としていた歩を2枚とも払われて、ここから一体どうするんでしょうか。大丈夫なのか、これ…。

△66歩

 …これは攻めが切れたように思うんですが。。金を躱されたらどうするのかなあ。

▲77金△67銀

 やっぱり躱されたよ。。と思ったら、△67銀?ベタな手ですが、これも玉を引いてしまえば何でもないと深く考えていなかったんですが、もし▲59玉と引いてしまうと、△7八歩▲同金△8六歩で潰れだそうで。。…いやあ、△78歩は思いつかなかったなあ。基本的な歩の手筋が身についていない事を改めて痛感しました。この歩の使い方は覚えておこう。でも、先手は玉が躱せないとなると、これは一気に寄っちゃうんじゃないか??竜王、恐るべし…。

2013110894手 そして94手目、竜王はあの細い攻め筋を繋ぎ切って、ついに先手の左辺を攻略。しかし、森内名人は見事に玉を躱して、どうやら右辺に逃げ込む事に成功しそう。これを寄せるのは難しそうだなあと思っていました。が…

▲25歩

名人、なんとここで攻め合いに行きました!けっこう持ち駒があるので、これは読み切ったか?!

△77金打▲同桂△同歩成▲24歩

うわ、名人、竜取りを手抜いたよ。。これは寄せが見えたのでしょうか?でも、寄せられるとは到底思えないんですが。。

△同銀

え?同銀としたら、名人の角も飛車も働いちゃう気がするんですが。。う~ん、僕が手筋の本で一生懸命勉強した順が、ことごとく覆されていきます。覆されるという事は、なんかまずい順があるんでしょうね。双方とも激しい寄せ合いになりました。

▲77銀△同金▲23歩△同金▲25歩△27歩

▲23歩?手筋は▲23角っぽい気がしますが、それでは間に合わないんでしょうか。でも▲23歩だと△同金の一手で、後手の玉頭が盤石になってしまう気もします。そうなると、単に駒勘定をする限りは足りない気が。で、竜王の放った最後の△27歩が凄かったです。これ、何も利きがないところに打ち込んだので、飛車道を止めたんじゃなくって、玉の退路封鎖ですよね?ということは…読み切ったのは実は名人ではなく竜王??

▲同飛△78金▲24歩△79金▲23歩成△31玉▲65桂

森内名人、果敢に攻めますが、竜王は全部手抜き!金で龍と角をボロボロと取っていきます。その間に名人はついに玉まで届きましたが、△31玉と引かれ…これは切れでしょう。名人、終わった…と思ったら、▲65桂?!僕にはこの形の意味がサッパリ分からず。しかしこれがなんと詰めろ逃れの詰めろになっているそうで。解説によると、「△6七角▲同玉△6六飛▲5八玉△6九飛成▲5七玉△5六歩▲同玉△6六竜▲4五玉と進む変化で、6五の桂が陰になって5四へのルートが出来ている」んだそうです。寄せられた後の11手先を読んだ攻防手なのか、すげええ。。しかし、ここからの竜王の寄せがまたすごかったです。

△69角▲49玉△58銀▲38玉△47銀成▲同銀△同角成▲同玉△46飛

 △69角の時点で必至なんだそうです。解説されるまで、まったく分かりませんでした(・ω・)。やっぱりプロは凄いわ。受かる順があったのかどうかは分かりませんが、結果的には攻めの竜王の読みが受けの名人の読みを上回る格好になり、122手で後手竜王の勝ち。投了以下は、▲5八玉△5七歩▲同玉△4五桂▲6七玉△6六飛みたいです。

 いやあ、今期の竜王戦は、2局まではちょっと面白くないなと思っていたんですが、この第3局は面白かったです。まず、序盤で香損して馬作られて、飛車角交換されて角切ってという将棋で、後手がいいなんてビックリ。玉の堅さというのがどれだけ大事かというのを思い知らされました。
 また、竜王の攻めのつなぎ方が見事。見ていて感嘆してしまいました。あと、負けはしましたが、森内名人は序中盤が実にうまいですね。駒が当たり始める段階では既に名人有利という将棋ばかりの気がします。

 これで対戦成績は竜王の1勝2敗。しかし竜王は往復ビンタされた戦型を取り返すという力技に成功!気分的には5分なんじゃないでしょうか。しかも第4局は竜王の先手です。竜王戦、実は4勝1敗とかであっという間に終わるんじゃないかと思っていたのですが、一気に面白くなってきました!!
関連記事

コメント

Re: 81Dojo 

え、数日でもう200番も指したのですか?!すごい…。
僕は10か月以上も指して、まだ500戦ぐらいです。

最近は指していなかったので、まだ対戦していないと思います。
お見かけしたらお声掛けさせていただきますね。
対局を楽しみにしています!

  • ShougiX 
  • URL 
  • 2013年11月08日 21時31分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR