がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第26期竜王戦 第2局 渡辺明竜王 vs 森内俊之名人 (急戦矢倉 5筋交換型)

 森内さんの先勝で始まった竜王戦、第2局です!第1局は森内さんの勝利、最近の竜王の調子の悪さと、竜王戦で絶対的な強さだった竜王が先に負けた事が重なって、怪しい気配になってます。第2局を竜王が取れば、先手番を互いに取ったというだけで済みますが、もしブレイクされると…ちょっとヤバくなりそう。ガンバレ竜王!


2013102901.gif そして第2局の1日目、いきなり森内さんがかましてくれました!1戦目に続いて、急戦矢倉の5筋交換型です!うわ、これで森内さんが勝つと、5筋交換型は先手でも後手でも森内さんの方が上という事になってしまう…こういうプレッシャーのかけ方って、巧いですね。竜王、これにもし負けると、もう精神的に参っちゃうんじゃないかなあ。

 で、1日目はここから▲68角と引いていましたが、今回先手の竜王は…

▲75歩

 うわ、守り駒の歩を突いちゃうのか?!いやあ、これは怖くて真似できないなあ。。でもこれが定跡なら、一度エイって指して、恐怖心を克服しないといけないのかも。で、定跡の受けは△84飛との事。ああ、こういう受けの飛車浮きは、対四間飛車でも対石田流でも出てきた記憶があるので、よく覚えておこう。それ以外の応じ手だと…

・△同銀…▲7三角成△同桂▲5五角で桂香両取り、先手よし
 両取りは常に狙う、駒の交換は仮に駒損でもその後にすぐ取り返せるとかいい手が続くならちゃんと読む、という感じの考え方をすれば、こういう手が考えられるようになるんだろうか?…なるという事にして、思考の様式を作ってみることにしよう。

・△同歩…▲7四歩△8四角▲6五歩で先手よし
 こっちは読めてました( ̄∀+ ̄)。角頭とか桂頭とかへの歩の突き捨ては、それを取ると歩の打ち込みが痛い、という事ですね。おさらい、おさらい。

 で、ここからの中盤戦がものすごく複雑。竜王も名人も防御しながら戦場を移して攻撃態勢を作っていく感じ。ねじりあいです。正直、このあたりはレベルが高すぎて訳が分かりませんでした(p゚ω゚*)。で、竜王は最終的に1筋に飛車を振っての端攻め体勢を作ったんですが…なんか、第1局に似ていて、耐え切れなくなって、無理攻めかも知れないけど突っ込まざるを得ない、みたいな感じの気がする。

2013102902.gif 中終盤ですごく勉強になったのが、森内さんの受けです。図は75手目、渡辺さんが無理攻めっぽい端攻めを突破口として、▲36香と攻めを繋いだところ。いやいやどうして、これで攻めが繋がっちゃうんじゃないかと思ったら…

△34歩

 え、△33歩じゃないのか…。どうも、中合いの歩というのが、僕は苦手です。だって▲同香とされたら、結局△33歩と打つ事になるんじゃないのかなあ。。と思ったら、解説の鈴木大介さんによると、△33歩の場合は…△3三歩▲1二飛△3一玉▲1一飛成△2一角▲1二香成で、手が続くとの事。確かに。しかし△34歩なら…

▲同香△33銀

なるほど、これで42の銀を受けに使うと、飛車の打ち込みに対しても玉の脱出ルートが開ける、という事ですね。でも、だったら最初から△33銀だと?…やっぱり僕には段位の実力はなさそうです(T-T)。で、更に竜王は踏み込みます!

▲13香成△同玉

あら、これも玉を逃げずに同玉と切り取るのか?だってそうしたら、▲11飛で両取りじゃないのか?そうなると…△22玉は絶対、次に▲51龍△34銀か。あるいは▲33香成△同玉(△11玉?)でしょうか。いや、けっこう危ない気がするけどなあ。それより、後手の方が速いという事でしょうか。そして…

▲33香成△同角▲14歩△22玉▲34銀

…竜王の攻めが切れました。いや、飛車角香を駒台に置いて手番となれば、これは森内さんの勝ちでしょう。以下、森内さんは△58飛と一気に決めに行くのではなく△18飛と攻防の飛車の打ち込みをして(この慎重さが森内さんらしい…)、あとは一気に玉を寄せるのではなく、寄せながら自玉の詰みを完全に消し、竜王に投了させました。なんか、真綿で首を絞めるような嫌な寄せ方だな。。102手まで、森内さんの勝ちです。

 う~ん、今年の名人戦と言い、竜王戦の挑戦者決定トーナメントでの対羽生戦と言い、そしてこの竜王戦と言い、森内名人って、戦いになる以前の駒組みの段階で、既に優勢を作ってしまっている感じがします。今日も、仕掛けたのは竜王でしたが、あれはもう仕掛けに行かないとそのまま潰されるのが見えていたから、無理攻めっぽかったけどいかざるを得なかったようにしか見えませんでした。凄いな…。
 でも、こういう森内さんみたいな将棋って、相手に先行を許すのだから、受けが相当に強くないと出来ませんよね。それから、駒の当たる前の序中盤で優勢を築くというのは、凄く手の広いところでの指し回しなので、相当に読みとか大局観に優れていないと出来ない芸当としか思えません。僕には高度すぎて、手本にし辛い棋風です。

 今年の竜王戦、これで森内さんの2勝0敗です。勝ち星だけでなく、急戦矢倉の5筋交換型で、先手後手の両方で敗れたというのは、竜王は精神的にもキツいんじゃないでしょうか。なんだか、これは森内竜王名人誕生の気配がしてきたぞ。。第3局は…11/7~8か。竜王、もうこの戦型の研究をしている暇はなさそうですね。これは流れを変えるべく、別の戦型で勝負した方がいいんじゃないでしょうか。竜王、ガンバレ!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR