第61期王座戦 第3局 羽生善治王座三冠 vs 中村太地 (角換わり)

 羽生さんvs中村さんのこの王座戦は、第1局、第2局とも壮絶な終盤戦にまでもつれ込んだ激闘で、ただいま1勝1敗、メチャクチャ面白いです。。やっぱり、1日制がダレなくて好きだなあ。王座戦は7番勝負ではなく5番勝負なので、3勝で勝ち。というわけで、この第3局は勝った方がリーチとなる大事な1局です!

 今日は中村さんの先手、角換わりになりました。序盤はサクサクと駒組みが進み、角換わり相腰掛け銀に。と思ったら、僕が見た事のない展開に。。太地さん、飛車を4筋に振った?!おお、角換わり相腰掛け銀から右四間飛車なんて指し方があるのか?!…プロでは前例がそれなりにあるそうです。将棋は奥が深い。。右四間飛車の受けがヘタクソなので、ここは羽生さんがどう受けるのかを見ておこう!…とはいっても、先手に角のラインがなく、またライン上に打ち込める場所もなかったので、それほどの攻撃力はなさそう。

 で、駒組みが続き、先手の駒組みは手待ちに出るという飽和状態。後手の羽生さんは…▲12香とあげました。これは第2局に続いて穴熊か?!手待ちを続けると、どうやら後手がどんどん良くなりそうなところまで来ました。そこで中村さんは…

2013100201.gif 43手目、でました、右四間飛車の攻撃でおなじみの桂跳ね。しかし、角交換しているこの場合、角の打ち込みは大丈夫なんでしょうか??級位者の僕だと、角を打ち込んで馬を作るのと、銀桂交換の駒損プラス囲いが若干崩れるの、どちらが良いかの判断がつきません。。でも、桂を入手できれば矢倉崩しの△86桂とかの筋が出てくるかもしれないし、馬を作れば先手の飛車も抑え込めそうだし、打ち込んだ方がいいのかなあ。

△37角

打ち込みました!でも、羽生さんって、強い手を選びたがるイメージがあるので、分かって指しているのかどうかは疑問です(^^;)。竜王や森内さんレベルになると、無理攻めを誘って受けちゃうような所がある気がするんですが、太地さんは何を狙っているのでしょうか?…太地さん、長考に入りました(^^;)。もしかして、予想外の手だったとか??まだ中盤に入ったばかりですが、なんか羽生さんが勝つ気がしてきたぞ。

▲33桂成△同金直▲38飛△26角成

う~ん、こうなってみると、馬を作ってる後手が良くも見えるし、駒得をして角銀を駒台に乗せている先手が良くも見えるなあ。まだまだ互角といった感じですね。しかし、ここから中村さんの逆襲!自陣角を放って右辺を防御しつつ、後手の飛車を的にして一気に攻め込みます!

2013100202.gif 図は59手目、羽生さんは先手角の侵入を許さない手も色々とあったのですが、それをせずに銀打ちを許し、一気にこの状況。羽生さん、受けようよ。。級位者の僕には、なんで受けないでこんな窮地に立たされる状況を作るのか、まったく訳が分かりません。桂香を取られ、飛車を抑え込まれるのは確実、下手したら飛車まで取られるんじゃ?それを許してでも右辺で得になる手でもあるんでしょうか?で、羽生さんはどうしたかというと…

△63歩▲19角△64桂▲81銀成

なるほど、角を引かせて間駒で、とりあえず角の侵入は防げるのか。…こんなのが浮かばないようでは、僕の級位者生活はまだまだ続きそうです。。しかし、恐るべきはその先。

△75歩▲67銀△76歩▲68銀△26馬▲28飛△44馬

うわ、マジか、間駒に放った桂馬をそのまま先手の玉頭攻めの拠点にした!で、先手の飛車をいじめていた馬を引いて玉頭に攻撃を集中させつつ、この馬が守りにも利いているという!!…う~ん、後手陣、先手陣右辺の戦場、後手陣右辺の戦場という風に見ていたのですが、羽生さんはこれを1本の線につないでしまいました。右辺の防御よりも他の手を優先していたのは、こういう事だったのか!!いったい、どの段階からこういう構想をしていたのでしょうか?信じられん。。
 ただし…後手玉が薄いのと、玉頭を飛車が睨んでいるので、攻めは中村さんの方が速そう。つまり、勝つか負けるかはさておいて、羽生さんはこの芸術的な構想に踏み込んでみたかっただけだったりして(^^;)。

2013100203.gif  そして75手目。中村さん、ついに端攻めに着手。これはもう破れただろう。。一体、どうやって受けるんでしょうか?それとも受けずに攻め合いに行く?でも、先手陣は堅牢。まったく手がかりがないように見えるんですが…

△86歩

羽生さん、攻め合いを選択。でも、これで手が繋がるのか??援軍があるわけでもないし、連打の歩は面白そうだけど、手抜かれたらそれまでの気もするし…まったく分からない。。

▲14歩△36歩▲27飛△24歩▲26金

…なんという手順、攻撃の拠点の金を後ろに下げさせたw(゚д゚* )w。。あの状態から受かっちゃったよ。。神業としか思えない。。う~ん、今日は、ひとつの戦場でいかにすごい手を指すかというより、幾つかの戦場で、どの順でポイントをあげていけば全体として成果が上がるかという、えらく高度な将棋に見えます。もう、私の頭では全くついていけない。。
 ここからは互いが互いの玉頭を潰しにかかるという壮絶な潰し合い。この最終盤の攻防も面白かった。。玉の堅さに圧倒的な差があるにもかかわらず、羽生さん、あと金を打てば勝ちという局面まで追い詰めます。しかし、その金がない。中村さんは金を渡さないように寄せる必要がありますが、中村さんの攻め駒の最前衛にいるのが金(^^;)。そして羽生さん、ついに金を手に入れますが、中村さんはその最後の手番を渡さない…129手、先手中村さんの勝ちです。

 今日は戦場の選択という大局観を勉強させられたような、貴重な観戦になりました。負けはしたものの、将棋全体の方向性をコントロールしていたのは羽生さんだったように思います。そろそろ大局観というヤツを勉強をしないと、強くなるどころか、観戦にすらついていけません。。羽生さんの書いた大局観の本とか、ないものでしょうか。

 それにしても、この王座戦はどれもこれも面白いです。。羽生さんも中村さんも、序盤から新しい手を繰り出し、中終盤でも安全そうな手よりも誰も指したことのない手に踏み込み、そこには自分の勝ち負けだけでなく、プロとして将棋を一歩前に進めようという意識があるんじゃないかという気がします。これが、今回の王座戦に惹きつけられる理由のひとつなのかもしれません。1勝2敗で羽生王座は後がなくなり、中村さんは悲願のタイトル奪取にリーチ!運命の第4局は…10/8?!すぐじゃないですか!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

いつも楽しく読ませて頂いています。
羽生さんの大局観の本でしたら上達するヒントは読まれたでしょうか?
私は今2段ですが、2級の頃に何度も読んだら初段になれました。
おすすめです。

コメントありがとうございます!

koh様、コメントありがとうございます!
級位者の拙い落書きに目を通していただいて恐縮です。。
2段でいらっしゃるのですか!!うらやましいです。

将棋を始めて10ヶ月目に突入しましたが、序盤と終盤と手筋の勉強をしてきて、どうもそれがうまくつながっていないように思えて、どうしたらよいものかと思っていました。
昨日の羽生さんの将棋を見ていたら、各戦場に手をつける順番とか、それをリンクさせる構想とかがもの凄くて、ああこれが大局観というヤツなのかなあ…と思ってました。違うのかもしれませんが(^^)。

貴重な情報有難うございます。『上達するヒント』ですね?!さっそく、探してみようと思います!

実は私もブログをやっていまして、もしよろしければごらんになってください。
http://ribaudy.blog.fc2.com/

最近更新してないですが ShougiXさんを見習って続けていきたいと思います。

矢倉系なのですね!!

拝見させていただきました!!反省メモをつけていらっしゃるんですね!素晴らしい。。

矢倉が得意戦法なのですね!!ひとつ、質問があるのですが…

先手番の矢倉で得意戦法を作ろうと思っています。森内さんの「矢倉の急所」を参考にしようと思っているのですが、▲46銀37桂戦法と加藤流、どちらがおススメでしょうか?

これからも、ブログにちょくちょくお邪魔させていただきますね。

矢倉のおすすめ

私のおすすめは
先手では加藤流よりも46銀37桂戦法ですね。
森内名人の矢倉の急所1巻の1章だけでも理解しておけば指せると思います。

あと、37銀に64角としてこない人が結構いるのでそのときは35歩から角で歩を交換して
36銀46角37桂の理想系に組む形も覚えておく必要があります。


Re: 矢倉のおすすめ

> 私のおすすめは
> 先手では加藤流よりも46銀37桂戦法ですね。

おおっ!ありがとうございます!
どちらを勉強しようか、すごく迷っていたのです。。

> あと、37銀に64角としてこない人が結構いるのでそのときは35歩から角で歩を交換して
> 36銀46角37桂の理想系に組む形も覚えておく必要があります。

あ、もしかしたら▲35歩戦法というヤツですね?
それは『羽生の頭脳』でちょっと勉強した覚えがあります。
ちょっと、おさらいしておこうと思います。

あぶない、もう少しで加藤流に手をつけるところでした。
有難うございました!多謝!!

中村大地6段

中村大地6段は二回目のタイトル挑戦。初回はなにもできずに敗退(笑)

中村6段2-1羽生3冠

いいじゃあないですか?押し切りましょう。

早稲田でハンカチと同級生の中村大地頑張ってくれ
プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド