がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第63回NHK杯 久保利明 vs 金井恒太 (四間飛車 vs 玉頭位取り)

 NHK杯も2回戦に入って、シードのA級棋士が続々と登場!これが、1回戦を勝ち上がってきた若手の実力者と指すので、面白いです(^^)。タイトル戦やA級順位戦だと、トップ棋士と若手実力者の対戦はなかなか見られませんからね。特に、序盤の指し回しなんかは、若手の方が研究が進んでいて面白い時なんかもあって、それがトップ棋士に通じるのかどうかという所を見てしまいます。今日は、解説が藤井さん。藤井さんの解説って、本当に素晴らしいと思います。僕の中では、渡辺竜王、藤井さん、木村さん、青野さんあたりの解説が、恐ろしく分かり易くて大好きです。今日は、1回戦で井上さんを撃破し、また今期の竜王戦でも決勝トーナメントにあがってきた若手強豪の金井さんと、A級唯一の振り飛車党の久保さんの対局。う~ん、これはどっちも応援したいところです。

 先手金井さんとなり、居飛車vs四間飛車の戦いに。久保さん、解説が藤井さんだから四間飛車にしたな。。こういうサービス精神、大好きです。後手番の振り飛車は角道を開けたまま。これが角交換四間飛車というやつか?ちょうどNHK杯直前にやっている将棋フォーカスで説明していたので、タイムリーな展開!角交換になる可能性を見越してか、先手は5筋の歩をあげない。これだと、いま自分が勉強中の対四間飛車の穴熊の手筋に進めない。。ちょっと、角交換四間飛車の勉強は年内にはどう考えても無理なので、この1局は集中してみておこう。
 更に後手は3筋の歩を伸ばして、升田式石田流のような形に。違いは飛車が4筋にいるか3筋にいるかだけ。これで飛車を3筋に振ればそのまま石田流ですね。これは43戦法というものだそうです。…う~ん、将棋は覚える事が多い。。で、先手陣はこれをみて角道を止めました。この順は覚えておこう。

2013091601.gif これは、25手目に居飛車側が7筋の位を取った1手。…でも、位取りって、玉頭の歩がいなくなるので、恐くって指せません。玉頭位取りって、一度ちゃんと勉強してみたいなあ。対中飛車に有効な戦術だそうで。
 相手の玉頭を攻めるのと引き換えに、自分の玉頭をがら空きにして、どうやってまとめるのでしょう。で、金井さんが囲いにいった手順は以下の通り。

▲65歩~▲66角~▲76銀~▲67金~▲88玉~▲78金~▲77桂

 なるほど~、玉を88に入れてしまうんですね。これは覚えておこう。最初の▲65歩で、藤井さんの解説に金言が。「位は並んで2つ取ると大きい」「玉頭戦のコツは、玉の周りの駒を剥がす事を考えて、行けるようなら角でも銀でも切る!」そうで。ああ、確かに、中飛車でも右4間飛車でも、玉頭で大駒と金駒を交換され、直後に金駒を打ち込まれて毎度泣かされてます。。これも覚えておこう!

 ところで、この囲いの手順、1手1手の意味は明確ではあるんですが、おっかない感じがしました。囲うまでの過程で、駒の連結が悪すぎる。これはプロだから指せるのであって、級位者が真似すると危険な気がします(x_x)。玉頭位取りは、ちゃんと勉強するまではなるべく控えよう。

2013091602.gif これはいよいよ銀冠に出来そうになり、後手がうまく立ち回ったかに見えた中盤戦。長い将棋になりそうだと思った矢先、先手金井さんが仕掛けました!

▲74歩

 おお、行った!…でもこれ、どういう狙いなんでしょうか??△同歩だと?▲85歩△同歩▲同銀△84歩▲同銀…なるほど、これぞ玉頭戦、銀を捨てて玉頭突破というわけですね!今日は何としても、玉頭戦のコツだけを身につけよう。。でも、さすがはA級棋士の久保さん、そう簡単に玉頭を破られませんでした。

△同歩▲85歩△73金

 数の攻めには数の受けですね。これがいつも受け損なうんだよなあ。これも覚えておこう。で、先手はここからどうやって繋げるのだろう。
 で、先手が目をつけたのが、後手陣の急所のひとつの43。ここに角や銀を打ち込めれば先手が良くなりそうです。う~ん、この急所も気づけませんでした。こういうところが中級でくすぶっている原因だな。。常に急所を探すという事も覚えておこう。ここに気づければ、たった今急所への打ち込みがなくても、銀交換を狙いに行くとか、以降の戦略を立てられるわけですね。で、ここから激しかった!!

▲24歩△同歩▲64歩△同歩▲84歩△同銀▲85銀△75銀▲同角△同歩▲43銀

ここの攻防戦がものすごかったです!▲85銀に△同銀▲同桂の銀交換は、先ほどの43の急所への銀の打ち込みがあるから出来ない。そこで△75銀と躱したんですが、なんとここで先手は▲同角と角切り!!…これは、角銀交換の駒損になって、△69角とかいかにも怖い打ち込みのありそうな角を渡してでも▲43銀の打ち込みが厳しいという形勢判断なんでしょうね。こういう形勢判断が大事という事ですね。う~ん、今日の将棋は面白いだけでなく、すごく勉強になります。。

 で、ここからの寄せ合いが壮絶。久保さんの攻めも鋭く、僕が考えた受けは頓死筋ばかり、4回は詰まされてました(^^;ゞイヤァ。。しかし、金井さんはこれを実に巧みに受け流し、さらに一気に踏み込む寄せが鋭い!プロ将棋では、こういうものすごい寄せが見られるから楽しいです。。ここで石橋を叩く某名人とは大違(以下自粛)。というわけで、117手で先手金井さんの勝ち。これは金星でしょう!

 う~ん、今日の将棋は面白かった。玉頭戦の手筋は分かりませんでしたが、勘所をいくつか学ぶことが出来ました。あと、角交換四間飛車の交換の拒否も、穴だらけとは思いますがひとつは覚えられました。今日は、収穫ある1日でした!

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR