プランニング:目標をどこに置くのか

 さて、次は目標の設定です。目標がないと、私は頑張れないのです。うまくいっている時はいいんですが、うまくいかなくなった時が問題で、この時に頑張れるかどうかは、頑張り屋かどうかという人間的気質以上に、モチベーションが大事だと思うんです。

 社会人で、将棋を趣味の領域からはみ出すものに出来ない身としては、自分の生活という枠から目標を割り出すのが正しい方法だと思いました。友人によると、初段なら勉強すれば大体とれるものらしいので、初段目標というのは良い塩梅かな、と思いました。無理もなさそうだし、かといって今までの経験から言うとハードルが低いわけではないようなので。

しかも、この前、谷川さんが会長になったので、うまくいくと免状には谷川会長、渡辺竜王、羽生名人となるのが実にいいな、と。特に羽生さん大好きですしね。でも一番の問題は、どんなに私が頑張っても、羽生さんが森内さんに勝って名人になってくれないと、羽生さんの揮毫が入らないというところですね。。こればかりは、私の頑張りではどうにもなりましぇん。

そういえば、昔の竜王戦で、渡辺明竜王が扇子に書いた字はすごかったですね。きっと、他の事には目もくれず、将棋一筋の人だったのではないかと。

images.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド