がんばって将棋初段を目指すページ!

Archive [2017年04月 ] 記事一覧

お気に入りサイトの更新情報

第88期棋聖戦 挑戦者決定戦 糸谷哲郎 vs 斎藤慎太郎 (横歩 佐々木流)

 棋聖戦の挑戦者決定戦は、若手同士の対局になりました。斎藤慎太郎さんは若手強豪と言われつつ、僕的にはNHK杯の対康光戦で、勝勢から攻めあぐねてひっくり返された将棋の印象が強くて、終盤はプロの中では若干弱いのかな、という印象。もちろんそれはプロの中の話であって、僕が3分ぐらいウンウンうなってようやく解いた詰め将棋を、20秒ぐらいで半笑いでいとも簡単に解いてました(^^;)。う~ん、プロって凄いな。。...

藤井聡太炎の七番勝負 第7局 藤井聡太 vs 羽生善治 (角換わり▲45桂速攻)

 藤井聡太さんの炎の7番勝負、ラストは最強棋士・羽生さんとの戦いです!振り駒の結果は藤井さん先手、7局中6局で先手か、持ってるな(^^)。 将棋は角換わり▲45桂ポン、波紋を呼んだ去年のA級順位戦▲三浦-△渡辺戦で飛び出して以降、流行している手です。31手目盤面図はその将棋とまったく同一局面、この前やっていた棋聖戦の決勝トーナメントの▲糸谷-△佐藤康戦も同じだった気がします(あれ?1筋の歩を突きあってい...

第75期名人戦 第2局 稲葉陽 vs 佐藤天彦 (急戦矢倉)

 これを急戦矢倉と言っていいのか分かりませんが、矢倉模様の出だしから互いに居玉のまま仕掛けはじめるという力戦調の将棋でした。結果、72手という短手数で佐藤天彦名人の勝利、1勝1敗のイーブンになりました。 竜王戦ランキング戦といい、他棋戦の本戦といい、最近のプロ将棋は単手数の将棋が増えているように思います。これってどういう事なんでしょうね。プロでは、後手が序盤でいきなり綾をつけに行って、その是非を問...

藤井聡太炎の七番勝負 第6局 藤井聡太 vs 佐藤康光 (後手ダイレクト向かい飛車)

 記憶違いなら申し訳ないですが、佐藤康光さんって、いま公式戦10連勝ぐらいしてなかったでしたっけ?まだ序盤の段階でものすごい構想からいきなり踏み込んで中盤になだれ込み、それが無理攻めでなくちゃんと成立していて、相手の研究を外して以降は棋力の差を見せつけて優勢を広げ、終盤は抑え込みなどせず鬼のような切れ味で相手を斬りにいく感じ。その絶好調佐藤康光さんが完膚なきまでに粉砕されました。藤井聡太さん、めっ...

第30期竜王戦 1組ランキング戦準決勝 糸谷哲郎 vs 羽生善治 (角換わり)

 羽生さんの永世竜王&永世7冠のかかった竜王戦。1組ランキング戦は準決勝まで来ました。羽生さんの相手は、糸谷さん!いやあ、強豪ばかりで心臓に悪いです。この将棋、糸谷さんの先手で角換わりになったんですが、怪物じみた名局。両者ともにスゴイ指し手の続いた鳥肌ものの棋譜で、これは角換わりの定跡になるんじゃないかと思います。 角換わり相腰掛け銀は、すっかり▲48金29飛/△62金81飛型の同型が席巻する事にな...

藤井聡太炎の七番勝負 第5局 深浦康市 vs 藤井聡太 (矢倉)

 A級棋士まで餌食になってしまいました。後手矢倉で、しかもベテラン棋士の得意戦型にひきずりこまれて、現役A級棋士を葬るのか、これはマジでスゴイ。。深浦さん、矢倉の歴史を知りぬいている感があって、若手よりも研究も経験も深そうな森下システムを採用しましたが、藤井さんの終盤がヤバすぎました。あと、感想戦がさらにヤバかったです。深浦さんだけじゃなくって、解説もあぜんと言った感じ。少し前の記事で「終盤まで互...

第75期名人戦 第1局 佐藤天彦 vs 稲葉陽 (横歩△33角85飛)

 20代棋士同士による名人戦は、1996年の羽生名人vs森内8段以来21期ぶりとの事。ついに世代交代が現実になったという感じですね。逆にいうと、羽生世代は続く世代を20年以上抑え込んできた事になるので、ここが崩れると30代前後の世代を中心に乱世となりそう。30代前後の棋士では渡辺2冠と天彦名人がアタマひとつ抜けている気がしますし、この辺の棋士を中心に名人争いが起きる事になるんでしょうが、しかし天彦さんは...

第67期王将戦 予選 小林裕士 vs 藤井聡太 (角換わり)

藤井聡太さんの連勝記録が止まりません。これで11連勝?!そして勝ち負けだけでなく、またしても終盤が凄い。なんだこの終盤力は…。これは、プロと言えどもタイトル戦クラスの棋士じゃないと、終盤まで互角でいってしまったら勝てないんじゃないでしょうか。82手目盤面図は、後手の聡太さんが銀を打ち込んだところ。ここまでは先手の小林裕さんが手数をかけていい駒組みを作り上げたと思っていたんですが、この銀の打ち込みで...

藤井聡太炎の七番勝負 第4局 藤井聡太 vs 中村太一 (角換わり)

 昨日の藤井聡太新4段の将棋は驚きました。史上5人目の中学生棋士、いままでの中学生棋士はその後全員すごい結果を残しているので、藤井さんも活躍する事になるとはなんとなく思ってはいたのですが、実際にすごいと思わされたのは初めてでした。 88手目に太一さんが手抜いて△77歩成と王手を入れて踏み込んだところでは後手の太一さんの攻めが切れそうにないので良いと思ったのですが、それを▲同金ではなく▲同玉としたとこ...

森内vs羽生 最後の名人戦

 森内さんのフリークラス宣言、僕にとってはショックでした。でも、過去の記事を振り返ると、予感はあったみたい。2003年から2016年までの13年間は、名人は羽生さんか森内さんのどちらかでしたが、両者の対決となった最後の名人戦は2014年の72期。羽生さんがストレートで森内さんを破って名人位を奪い返した時でしたが、その時のブログで、僕は「羽生さんvs森内さんの名人戦は今回で最後だったのかも知れない」なんて書いてまし...

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR