「対局者の意向もあって金属探知機の検査は見送られた」

 今日から始まった王将戦のスポンサーは毎日新聞さん。棋譜中継を見ようと毎日新聞さんのサイトに行くと、こんな記事が。

「今回の王将戦では、対局者の意向もあって金属探知機の検査は見送られた。両対局者は7日夜までに電子機器を預けた。」
http://mainichi.jp/articles/20170108/k00/00m/040/056000c

 う~~~ん、こいつら真正の○鹿なんだろうか…。ああいう事態があった直後に、金属探知機の検査をしない意向を示す対局者も対局者なら、それを通す運営も運営と思ってしまう…。オリンピックなどの競技スポーツで計量やボディチェックをするのは、当人同士のためだけじゃなくて、観客を含めたそれに立ち合う人すべてに公正を示す為でもあると思うんですが。

 この前の事件、悪意があるわけではないので、誰かに悪人のレッテルを張るのは違うと思っていますが、しかし社会人&社会的団体としてお粗末だとは思いました。一事が万事というか、こんな定跡の範囲内の出来事ですら正着を指せない未熟さだから防げるトラブルも防げず、毎度毎度不幸な出来事が起きているのではないかと思えてしまいます。こんな事では、同じようなトラブルは何度でも起きるでしょうね。大トラブルの直後に何故こんな事すら出来ない、個人も組織もなぜ変わろうとしないんでしょう。誰をトップにしようが、運営を外部から持って来ようが来まいが、構成員自体の社会教育からやらないと、どうにもならないんじゃないでしょうか。大事件の直後に、組織も当人たちもこれですから。

 僕にとっての将棋は、人と対局して楽しめれば、それだけでもじゅうぶん満足。プロ将棋は色々と学ばせてもらえるし、なにより達人同士のゲームを見るのはそれだけで楽しいので、見たいという欲求があります。でも、プロ将棋の観戦はどうもそれだけでは済まなくて、何度も何度もこういう話題で嫌な気にさせられます。僕はスポーツも音楽も好きですが、どちらもこんなにしょっちゅう嫌な思いをさせられる事はないです。義務があるわけじゃなし、楽しみと引きかえにこれだけ頻繁に嫌なハナシも耳に入ってきてしまわざるを得ないんだったら、もう見るの止めようかな…


第66回NHK杯 橋本崇載 vs 深浦康市 (先手中飛車)

 NHK杯の橋本さんは、いつもいい所まで勝ち進むんですが、いつもこのあたりで負けるイメージがあります。今期はどうでしょうか…うああああああ、深浦さん、最後の最後でやってしまいました(^^;)。プロ将棋って、終盤で敢えて怖い方に逃げたり、難しい方の寄せを選ぶ時がありますが、あれってなんでなんでしょうね。勝ちが決まっているので少しでも練習しておこうという事なのかなあ。でも、プロでもこういう事があるから、真似しないようにしよう…。
 それにしても、序盤から互いに馬を作りあってのメッチャクチャ面白い将棋でした!これ、流行されるといやだな…。王将戦も始まりましたし、いよいよ2017年が始まった実感がわいてきました!!



新春お好み対局

明けましておめでとうございます!

さて、今年初のNHKは、昭和55年にプロになった高橋九段・塚田九段・中村九段の「花の55年組」3人とそのお弟子さんたちによる一門対抗戦。5手ごとに指し手を交代するというルールでした。これが思いのほか面白かったです(^^)。優勝は中村一門、これチーム編成が光瑠さんに香川女流だったので、実力的に順当かも。光瑠さんが、最後の勝利者インタビューで、ニコニコしながら「チームワークは悪かったんですけど…」なんて言っていた所は笑えました。光瑠さん、いつもニコニコしていていいですね、笑う門には福来たるを地でいっているような感じ、けっこうブラックなギャグも言う人ですが、それが嫌みにならないのはこの笑顔と人柄によるところが多いのかも(^^)。いい新年を迎えさせてもらえました。


プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド