今日のNHK杯戦の記事に追記を加えました

 私用があったもので、NHK杯を見た感想はほとんど結論しか書きませんでした(^^;ゞイヤァ。しかし、プロ将棋の間で研究課題ともいえる相腰掛け銀の指定局面から、後手がとんでもない強さを見せた将棋だったもので気になって仕方がない。というわけで、帰ってきてから少しだけ見直して、日記に追記を加えました。とはいえ、これからまた仕事で、ちょっとだけなんですが(^^;)。

 ああ、この棋譜、ちゃんと時間を取ってじっくりと検討してみたいなあ。。

第64回NHK杯 羽生善治名人 vs 森内俊之竜王 (角換わり相腰掛け銀)

 3回戦で名人vs竜王ですか、ちょっともったいない気がしますが、今期NHK杯最高カードである事は間違いないでしょう!!

 実は寝坊してしまいまして(p゚ω゚*)、中盤辺りから見始めたのですが、森内さんが凄すぎ。森内さんが勝ったんですが、じゃ羽生さんが悪手を放ったかというと…僕には何が敗着かすら分かりませんでした(^^;)。そうそう、名人位だった時の名人戦での森内さんがこんな感じで、中盤で駒が当たり始める時には、既に相手は悪い手を指すしか選択肢がなくなってしまっていて、以降は鉄板流で潰してしまう…みたいな。

20141130NHK64_羽生vs森内_角換42手 (追記)私用を済ませ、帰ってきました!!さて、ちょっと気になったところだけ検討しようかな(^^)。。
 この対局の個人的な見どころは、角換わり相腰掛け銀の現在の課題局面と思われる所からの変化でした。盤面図は42手目、相腰掛け銀で先手▲48飛型に対して後手は△42金74歩型。相腰掛け銀先手▲48飛型を課題局面と見ているプロは結構多いような気がしまして、最近で言えば木村さんと羽生さんもタイトル戦でこの戦型を戦っていた記憶があります。で、ここから…

▲45歩△同歩▲同形△44銀▲37角
 ここまでは王位戦での▲羽生-△木村戦と同じ。ここで木村さんは△75歩と仕掛けていきましたが、森内さんは…

△92飛
 おお~、飛車を先逃げしました!王位戦の棋譜を見返したところ、木村さんの指した△75歩と、守るとしての△62飛は解説してくれていたのですが、△92飛は検討されていませんでした。いかにもありそうな手なので、さすがに指された事がないという事はなさそうですが、タイトル戦で指されたことはないとか、そういう感じなのかな?

▲64角△63角▲67金右
 角を打ち込んだ以上は▲64角は必然、対する△63角は…いやあ、指されて見ればなるほどですね。これは勉強になる。しかし、その次の森内さんの指し手が凄くて…

△43金直
 こ、これって…ほとんど一手パスじゃないかい?いやあ、さすがは鉄板流、攻めを急がないとワンサイドゲームになっちゃいそうなこの局面で、こういう手をさせちゃうのか…。

▲15歩
 しかし手番を渡されて見ると、たしかに先手も手を作るのが難しいですね…。角換わりの同型戦で、羽生さんが端攻めから打開を試みる将棋は何度も見た事があるのですが、矢倉城に対する端攻めって、ある程度成功してもその後が続かない事が多い気がする…。。
 名人戦は4年連続で森内-羽生戦でしたが、今期こそ羽生さんが取ったものの、それまでは森内さんがずっと羽生さんを返り討ち。ここ数年の名人戦の棋譜を全部見返した事があるのですが、印象としては[森内さんが序中盤で凄い差し回し→羽生さんが暴れるしかなくなって仕掛けを急がされる→森内さん受け潰し]というパターンが多かった。もちろん、森内さんがこの将棋に勝った事を知っている上での感想なので結果論でしかないんですが(^^;)、この▲15歩も羽生さんが仕掛けさせられちゃっているような気がしました。(追記終わり)


 今期の森内さんはスランプ気味。最初はタイトル戦での羽生さんの連敗があったので、「まあ相手が羽生さんじゃ仕方がないな…」と思っていたのですが、その後も調子が上がらず、棋譜を見ても終盤で一手バッタリに近い手を指してしまう事もあったり、現在進行形の竜王戦も1勝3敗で崖っぷち状態だったり。しかし、早指し戦でこれだけ素晴らしい棋譜を残せるのだから、もしかしたら徐々に復調してきているのかも知れません。来週に行われる竜王戦第5局はぜひ頑張ってほしい。ガンバレ、森内竜王!! 

第73期 B級1組順位戦 9回戦

 B1ももう9回戦、1年が経つのははやいなあ…。ただいま1敗2名、2敗2名、3敗3名という事で、A級昇級はこの7名の中からという所まで絞られてきた気がします。で、負けの多い人ほど、負けたところで脱落…という生き残り戦!そしてこの9回戦は巡りあわせが凄く、この上位棋士同士による潰し合いのカード満載となりました!

橋本崇載 〇-● 佐藤天彦
 3敗の橋本さんは厳しい状況ではありますが、天彦さん、山崎さん、木村さんという上位棋士との対局を残しています。下があがっていくには、上が負けてくれないとどうにもならないので、自力で上位を引きずり落とすチャンスがあるのは大きいですよね。そして…うおおお、橋本さん、大逆転勝ちです!!!自力で天彦さんを引きずり落とし、天彦さんは痛恨の2敗目。これは、山崎さんの単独トップとなるのか…

山崎隆之 ●-〇 屋敷伸之
 その山崎さんと2敗の屋敷さんの対局、これが今日最大のビッグマッチではないかと。屋敷さんがこの対局に勝つと1敗棋士を引きずりおろし、しかも2敗勢の中では自分が一番順位がいい事になる。そして…うああああ、山崎さん、負けたああ!!山崎さん、痛恨の2敗目となると同時に、屋敷さんトップ集団に食い込んだあああ!!いやあ、屋敷さんは昨期から今期前半にかけての大スランプが嘘のよう、連勝しまくってます!!しかも屋敷さん、自力でのA級カムバックがありうるじゃないですか?!これは大きな勝利です!!

木村一基 〇-● 丸山忠久
 これも2敗vs3敗という好カード。どちらもA級にいないことがおかしいと思うほどの強豪棋士ですが、ここでまた潰し合いか、どちらにも勝ってほしいなあ。。おお、木村さん、勝ったあああ!!木村さんにとってこの1勝はものすごく大きい!!これで木村さんも昇級レースに踏みとどまり、トップ集団の一員です。今期の羽生さんとのタイトル戦もフルセットまでもつれ込む大混戦でしたし、やっぱりA級にいない方がおかしいぐらいの棋士ですよね。一方の丸山さんは痛恨の4敗目。これは昇級は消えてしまったんじゃないかと。凄く派手でカッコいい手で決める時がある棋士さんなので応援してるんだけどなあ。。

豊島将之 〇-● 村山慈明
 村山さんは、3敗でギリギリ昇級チャンスが残っている気がしますが、ここで豊島戦というのがキツイ。ここさえ超えれば、上位との直接対決を結構残しているので、ここで踏ん張りたいところですが…千日手指し直し局を挟んで、豊島さんの勝ち!!村山さん、消えたああ!!僕は、今期A級に上がるのは丸山さんと豊島さんだと思ってました。しかし、フタを開けると両者とも大苦戦。豊島さんに関しては、王座戦挑戦のタイミングで順位戦で木村さんと天彦さんという強豪との対局を迎えてしまったという不運もあったと思います。

松尾歩 〇-● 谷川浩司
 上位対決がたくさんあるという事は、下位対決がたくさんあるという事でもあります。というわけで、調子が悪かった棋士の方は、ここから降級回避の生き残りゲームとなるわけですが…松尾さん、勝ったああ!!これで松尾さんは4勝目、降級レースからは何とかのがれた感じでしょうか。一方の谷川会長は泥沼の7敗目。これは降級待ったなしか…「光速の寄せ」が愛読書の僕としては、何とか頑張ってほしいです。。

藤井猛 〇-● 畠山鎮
 振り飛車党の超人気棋士であり、元竜王であり、序盤定跡の開拓者でもある藤井さん。全盛を過ぎてB2まで堕ちていましたが、なんと43歳にしてB1復帰を果たしての今期順位戦。ただいま2勝6敗と厳しい戦いが続いていますが…おおお、藤井さん、勝ちました!!これで待望の3勝目、まだまだ安全とは言い難いですが、降級レースのライバルとなっている畠山さんを自力で蹴落としたのは大きいです!!一方の畠山さんはこれで2勝6敗。これは雲行きが怪しくなってきたか…。

******
 B1は1敗棋士が全員消え、2敗が4人に3敗がひとり。しかも、このトップ集団の中での星の潰し合いとなる対局が結構残っていて、昇級ラインが3敗まで引き下がってもまったく不思議ではない感じです。これからの展望を考えてみると…

(7勝2敗)
山崎隆之:トップですが、橋本戦と豊島戦を残していて、この両方に勝つのは簡単ではなさそう
佐藤天彦:屋敷戦と丸山戦を残してます。特に屋敷戦が山となるか?
(6勝2敗)
屋敷伸之:残りの当たりが厳しい!しかし…天彦戦と木村戦を残しているという事は、逆にいうと…
 自力でライバルを蹴落とせるという意味でもあって、その2局は今期のB1の行方を左右する事になりそう
木村一基:橋本戦と屋敷戦が残っていて、特に屋敷戦は超重要な対局となりそう
(5勝3敗)
橋本崇載:山崎戦と木村戦が残っています。特に山崎戦は、自分だけでなく山崎さんの運命も左右しそう

 これは星の潰し合いになりそうですね。今の7勝2敗の両名とも残り全勝で切り抜けられる気がしません(^^;)。というか、順位と残りの直接対局を鑑みると、6勝2敗の棋士はどちらも自力での昇級がある。しかし6勝2敗の両名は直接対決がありまして、どちらかが3敗まで堕ちる事は確定。橋本さんは残り全勝で行かなくてはなりませんが、もしそうなると自分より上の棋士を二人引きずりおろす事が出来る計算になって、レース展開がさらに混沌としてきそう。いやあ、A級昇級がかかっているだけに、順位戦は毎年B1が一番面白いと感じてしまいます(o^ー^o)。

角換わり同形腰掛け銀と、プロの水面下の研究

 ある定跡本によると、角換わり相腰掛け銀同形というのは、「富岡流」という強烈な定跡が完成してからは先手優勢がひとまずの結論という事になり、何年も指されなくなったんだそうで。同形腰掛け銀は、同形になったところから先手から歩の連続突き捨てが始まるのですが、僕はこの歩の突き捨て順を丸覚えしているだけでして(^^;ゞ、この歩の突き捨てのそれぞれの意味がえらく曖昧。というわけで、普通に△同歩としてくれていれば先手で良く出来るのですが、変化されると結構ヤバい(^^;)。しかし、この歩の突き捨ての意味を言葉で綺麗に表現してくれたブロクがありまして…相互リンクを貼らせていただいている、おナンシー様の「無謀流将棋の真髄」というブログです。いやあ、おナンシー様のこの解説は永久保存版です!プリントアウトして持っておきたいぐらいだ!!その素晴らしすぎる解説は、以下のページで読む事が出来ます。
http://onancy.blog.fc2.com/blog-entry-115.html

 ところが、先手優勢のハズの同形腰掛け銀が、今年になってから結構登場してます。竜王戦第3局、羽生さん通算1300勝となった対三浦戦などなど、僕が見たものだけでも6~7局はあるんじゃなかろうか。しかし…不思議な事に、そのほとんどの対局で、先手必勝のハズの定跡から外れるのが、なんと先手の方からなのです。簡単にいうと、「42173」の順で歩を突き捨てればいい筈なのに、プロの方は皆先手の方からこの順を外れてしまう。僕が見た中で、「42173」の順で歩を突き捨てたのは、王位戦の挑戦者決定リーグ戦での▲渡辺-△森下戦だけの気がします。これはやはり後手が変化して富岡流を回避し、後手からの「富岡流破り」とはなりませんでした。

20140512_王位戦55挑決リーグ_渡辺vs森下_角換同型腰掛銀47手 盤面図はその時の途中図で、先手が「42173」の突き捨ての、最後の「3」を入れた瞬間です。後手森下さんはこれに対して…

△86歩▲同銀
 ここで△44銀を避けて富岡流を回避。△86歩から反発しました。そして次の▲同銀までは「これからの角換わり腰掛け銀」(あれ?ちがう本だったかな?)記載の筋ではあったのですが、次が△35歩ではなく…

△63金
 ここで後手が桂頭を守って、僕にとっては未知の領域へ。次の渡辺さんの指し手がビックリで…

▲74歩
 なんと守られたはずの桂頭に歩の打ち込み!!この後は△85桂▲73歩成△同金▲71角△52飛▲85銀…という感じで進み、最終的には先手渡辺さんが99手で勝ちました。

 富岡流回避の△86歩の反発は、定跡書にも有力手だと書いてあったと思うのですが、まず△63金という森下さんの研究に「うわあ、なるほど…」と思い、またそれに対する渡辺さんの▲74歩の打ち返しなんて、さらに驚愕。恐らくこれはお互いに研究していた手であって、その研究が渡辺さんの方が半歩だけ先を行っていたという感じなんじゃないかと。

 この将棋のように、角換わりを指す全てのプロ棋士の方は、同形腰掛け銀からの変化は、ありそうな有力手は思いつく限り調べているんだろうな、という気がします。渡辺さんは「42173」が先手有力と見ているからそう指したんでしょうが、他の方々は、先手番で「42173」としない何かの理由を持っている。同形腰掛け銀のプロの研究で、水面下で一体何が起きているのか。これはとっても興味があります(^^)。

縁台将棋

141123_1419~001 住んでいる所から歩いて30分ぐらいの所に大きな公園がありまして、休日はそこで妻と散歩するのが僕の楽しみのひとつだったりします。本当に大きな公園なのですが、その中に1本、僕が気に入っているもみじがあります。先々週はまだ青々としていたのですが、今日は…おおお~、見事に紅葉してました!!

 キャッチボールしている親子、寝っころがって読書している外人さん、犬に振り回されているお姉さん(^^;)などなど、公園はのんびりしながらもワイワイ賑わっていたのですが…その一角にあるベンチ群は、いつもおじさんたちに占拠されているのです。いつも大体10名ぐらい、そしておじさんたちが何をしているかというと、縁台将棋です(^^)。。紅葉を愛で、日光浴しながらの将棋か、いいなあ。。

 そういうオッちゃん達の中に入って行くのは、僕はヘッチャラなんですが、 妻はちょっと嫌みたい。というわけで、いつも遠目からチラッと見るだけ。先々週は石田流を指している将棋を見たし、その前は矢倉を指している将棋を見ました。でも、最新形みたいな戦型を見た事がないので、勝ち負け云々というよりも、昔覚えた将棋をのんびりと楽しんでいるという感じなんでしょうね。

141123_1450~001 今日の対局のひとつは、60前後に見える方と80超に見える方。そのぐらいの年齢になると、将棋は脳の老化防止のためにもメチャクチャいいかも。しかも、日光浴しながら、公園に散歩に来ながらとなると、一石三鳥ぐらいでいい事だらけですね。このお二人、お互いに口が悪くて、待ったが入った後に「やり方がきったねえんだよ、このくそじじい」「うるせえ、お前だっていつもしてるじゃねえか」とか罵り合ってます(^^)。で、待ったして相手の駒を戻す時も、相手の駒だったはずが向きを逆にして置いたりして(^m^*)。でも、なんというのかなあ…口は汚いんですが、仲いいんだろうな、という感じなんですよね。見ていて微笑ましい。

 そして本日、「指してみるかい?」と誘われ、ついに縁台将棋デビュー!!妻に悪いので、「じゃ、一手10秒で…」ということで、サクサクっと。僕が後手で角換わりとなり、途中で「あ、僕の方がちょっとだけ強いかな」と感じました。しかし…ここで勝っていいんだろうか?結局、途中から緩め、終盤でも7手詰めを見送って負け将棋にしました。こういうのって、場合によっては失礼にあたる事になってしまうのかも知れませんが、しかし縁台将棋で休日を楽しんでいるご年配の方の気持ちを考えると、ね…。

 僕的には、縁台将棋はムード的に馴染めない所もあるんですが、一方で憧れる所もあります。ネット将棋や将棋会館では、こういう将棋の楽しみ方は出来なさそう。海外のチェスで、ちょっと小奇麗な所で小奇麗な格好をして指している姿を見ると、「ああ、いいな」と思ったりもする。自分が齢をとったら、公園のベンチじゃない所で将棋でも指してのんびり過ごしたいとも思うのですが…それまでに、お仲間を作っておく必要があるな(^^)。

第64回NHK杯 畠山鎮 vs 熊坂学 (後手角交換四間飛車)

 今期の成績次第では引退に追い込まれてしまう熊坂さんですが、トーナメント戦であるNHK杯で連勝を続ければ生き残りの可能性もある!!しかも、今年は結構調子が良くって、ここまで11勝6敗!!人柄は良さそう、しかももっといてほしい振り飛車党、というわけで、応援しちゃいました(^^)。

20141123NHK_畠山vs熊坂_角交換四間32手 将棋は後手角交換四間飛車。振り飛車は向かい飛車&逆棒銀、先手居飛車は銀冠&腰掛け銀。双方とも文句なしの駒組みです。さて、ここからは1筋の歩を突くか、▲66歩とさらに万全の形を作るか、と思っていたところで…

▲75歩
 おお~畠山さん、7筋の位を取ったああ!!この前の竜王戦でも、森内竜王が75まで歩を進めて後手の美濃囲いの△74歩を指させないように押さえてましたが、自陣が乱れる事にもなるので、僕はなかなか怖くて指せない(^^;)。そんな事もあってか、こういう手は無意識のうちに候補から外してしまうのですが…今回の場合は美濃崩しの常套手段である角のラインを利かせてからの73の歩を浮かせる手が綺麗に見える。これは良さそうな手に思えます(^^)。

△33桂▲74歩△同歩▲55角
 うおお、畠山さん、いきなり行ったああ!!しかし…角が狭いなあ。角換わり系の将棋では、どうしても敵陣に角を打ち込まなくては気がおさまらない僕としては、もしかしたら捌けなくなってしまうかもしれない所に角を打ち込むのはとっても不安なのです(^^;)。この角、逆に後手から的にされないかしらん?

△64歩
 え?△77桂でも△77銀でもないのか?!…なるほど~、これは歩損してでも角を呼びこんで、手順に銀をあがって角に当てようというんですね。

▲同角△73銀▲55角△63金▲44角△32飛
 この時点で先手は一歩得ですが、やっぱり角が狭い(^^;)。というわけで、差し引きでまずまずバランスのとれた中盤の入り口なのかな?竜王戦といい、ここのところ後手美濃の△74歩を突かせない▲75歩をよく見るので、今度指してみよう(^^)。

20141123NHK_畠山vs熊坂_角交換四間50手 この絶妙のバランスのまま局面が進んで50手目。先手も後手も飛車が動いたらいきなりヤバいという、どちらも非常に仕掛けにくい状況。こういう時、早差し戦で自分の手番だと焦りますよね(^^;)。将棋の勉強を始めたばかりの頃は、もう何を指していいのか分からないという状況に追い込まれ、悪い手と分かっていながらもその手を指さざるをえないという事が良くありました(^^;)。いまならまだ1筋の端歩を突く余裕があるので、一回は手渡しできますが、それも突き返されたらもう手渡しできない。というところで…

▲48飛
 うわ、先手動きました!!しかしこれは27に角の打ち込みスペースが出来てしまいますが、大丈夫なのか?

△55歩▲同角△27角
 やっぱり打ち込まれちゃったよ…。これは相居飛車の角換わりで、級位の時によく食らった筋なのですが、しかしプロがこんなの見落とす筈が無いので、これで指せるという形勢判断という事ですよね。しかし…先手はここからどうするんだ?

▲45歩△同角成▲同飛△同銀
 飛車角交換で先手駒損、ここまでは後手が得。ここで終わったら後手が得した上に、自分で仕掛けておいて自分で暴れるしかなくなっている状況なので、あまり良くない気がします。しかし手番は先手なので、ここで何かあるのか?あ、▲43角みたいな手で、△42飛なら▲33角成、△31飛なら▲52角成で馬を作るとか?

▲85桂
 ぜんぜん違った(^^;)。しかしこれは…後手付き合ってくれないのでは?右金が離れている状況で飛車を渡しているので、これは先手まずくないかい?

△28飛
 やっぱり来たか…。手抜いてどうなるかは誰でも考えると思うんですが、しかし実際の形勢はどうなんだろうか。…先手は▲73桂成の王手で銀桂交換の駒得ですが、攻めが繋がりそうにない。一方の後手は龍を作る事が確定、桂香も確実に拾えそうなので駒損もすぐに挽回できそう。という事は、後手の方が良いんじゃないかなあ。
 やっぱり居飛車はあの飛車を動かしてはまずかったんじゃないかと思うのですが、では代えて何があったかというと…分かりません(*´・ω・) 。あそこ、手待ちしたとしたら、振り飛車から何か速い手があって、急いだという事なのかな?しかしこの中盤戦は見ごたえがありました!一回戦の時も思いましたが、熊坂さんは、中盤で相手の手を消してしまう重厚な差し回しがうまいですねえ。

 これで終盤戦にいい形でなだれ込んだかに見えた熊坂さんですが…暴れるしかなくなった先手の攻めに対し、受けずに攻め合いを構想してしまい、93手にて逆転負け(・_・;)。いやあ、受けの金を攻めに繰り出して玉を薄くしたのはさすがに指しすぎだったようです(^^;)。生き残りに向けて応援していただけに、これはちょっと残念。

 この前の竜王戦の佐藤康光さんの解説や今日の感想戦をきいていると、森内竜王にしても熊坂さんにしても、終盤戦で、アマの級位者ですら見えるような手を回避して、更に良くしようと複雑な手を指してマズくしちゃったような気がします。きっと、プロだから色々と見えすぎちゃうんでしょうね。今年のNHK杯でも、山崎さんが「こうすればいいと分かっているのに違う手を指してしまうというのは病気ですかね」みたいなことを言ってましたが(^^;)、「あれ?こうしたら良くないか?」とか、色々と思いついちゃうんでしょうね。「寄せは俗手で」、というのを肝に銘じておこうとも思ったんですが…よく考えたら、僕は俗手しか指せないので、いらぬ心配でした<(* ̄ー ̄)>ふふ…

第64期王将戦 挑戦者決定リーグ 羽生善治vs三浦弘行 (角換わり相腰掛け銀同形)

 さて、竜王戦の裏では、羽生さんの通算1300勝のかかった一戦が行われていました。王将戦の挑戦者決定リーグで、つまり羽生さんには5冠へのステップでもあるわけですね(^^)。で、これがシロウトの僕にとっては驚愕の将棋で、特に終盤は鳥肌モノ。やっぱり羽生さんの終盤は剛腕すぎる…。

 とはいえ、定跡部分の掘り下げとなった中盤もすごかった!将棋は角換わり相腰掛け銀同形という、先手がいいんではないかという戦型に。ここに踏み込むという事は、後手の三浦さんにも研究があるんでしょうね。同形腰掛け銀と言えば、竜王戦の第3局でも森内さんが後手で同形に持ち込んでいたので、プロの間では、富岡流をはじめとする先手よしの定跡に対抗する手が水面下で進んでいるのではないかと。それとも、僕が無知なだけで、プロの若手の対局か何かで、有力な対策が既に出た、とかいう事があるのかなあ。

20141120王将リーグ64_羽生vs三浦_角換同形腰掛銀38手 盤面図は38手目、同形腰掛け銀になった瞬間です。ここから先手は「42173」と指して行けば富岡流まで一直線、それは先手よしのハズ。昔は「43172」の順での歩の突き捨てが本筋だったそうなのですが、しかしこれは途中で後手が6筋から反発できる機会を与える事になるので、そうなったそうで。しかし…後手から同形腰掛け銀にした将棋は、この半年ぐらいの間にも結構見てきたのですが、「42173」と普通に踏みこんだ将棋は、僕は渡辺さんぐらいしか見た事が無いのです(^^)。で、それはたしか▲渡辺さんが勝ったハズ。その時は、「定跡部分は考えずにどんどん指す」という渡辺さんらしいなと思い、しかも研究を用意してあるはずの後手を負かしてしまうのだからやっぱりすごい。でも、渡辺さん以外の先手は…「42173」を避けるんですよね。これはどういう理由があるんだろうか、やっぱり後手が何かを用意しているのは確実なので、それを避けているという事なんだろうか。で、本局は…

5歩△同歩▲5歩
 おお、羽生さんもやっぱり「42…」ではなくて「43…」と行きましたね。やっぱり42の順を避けるんだよなあ。ちなみに、竜王戦第3局での糸谷さんは、「41…」という、かなり変わった順で突き捨てに行ってましたね。あれは、歩の突き捨て順の理屈の勉強になりました(^^)。

△65歩▲同歩
 やっぱりか…。「43…」の順で突き捨てを入れてしまうと、ここでこの6筋からの反発があるんですよね。これは『これからの角換わり腰掛け銀』で勉強しました(^^)。本では、この反撃があるので、たしか2010年(あれ?2011年だったか?)以降はプロでは指されなくなった順だと解説してくれていたのですが、今年に入ってこの順に踏み込む先手を何回か見た気がします。しかし、こんなの羽生さんが分かってない筈が無いので、ここからの研究なり課題なりが羽生さんにも三浦さんにもあるんでしょうね。これは注目(^^)。

△86歩▲同歩△87歩▲同金
 おっと、△44銀じゃなくって△86歩なのか?!△86歩は、『羽生の頭脳4 角換わり』でしか見た事が無いぞ…。いやあ、羽生さんの1300勝の掛かった対局で、羽生さんの本の順で来るとは、三浦さんも粋ですね(^^)。

△75歩
 いやあ、この辺から記憶がボンヤリしていて覚えてないぞ。おかしいなあ、この変化は『羽生の頭脳』でかなり真面目に勉強したはずなんだけど…(^^;)。というわけで、ただ今カンニングしたところ、『羽生の頭脳』では△75歩に代えて△35歩でした。そりゃ覚えてるはずないな(^^;)。

▲66角
 つまり、僕が知っている範囲の定跡で言えば、先手持ちで言えばここから未知の領域という事になるわけですが…もうこの手からしてプロはすごいと思っちゃいます。だってこれ、後手が6筋から反発してきたわけですから、次は△65銀▲同銀△同桂、みたいな順を普通に想像しますよね。で、その時に銀を避けると角換わりの弱点である右桂に向かって自陣角を打ち込まれたら、先手潰れにしか思えません。そうではなく、仮に△65桂から入ったとしても、けっこう怖くないかい?というわけで、その瞬間に銀を見捨てて反撃するという事になると思うんですが…いやあ、駒がぶつかってまだ数手だというのに、こんな所からもう危険な所に踏みこんで勝ちに行っちゃうのかと思うと、やっぱりプロは凄いな、と(^^;)。

△44角
 うわあ、三浦さんもすごい…。先手の角のラインがやばい事になっちゃう順というのでも見つけちゃったんじゃないかと思うのですが(僕にはわからん(゚∀゚*))、すごい所に角を合わせました!いやあ、これもさっきと同じ理屈で、▲45桂と飛び込まれたらどうするつもりなんだろうか…

▲45桂△66角▲同銀△44銀
 あ、なるほど、角を消してから銀上がりでいいのか、アホだな俺…。要するに、場を収めようという手だったんですね。これでけっこう通常の角換わり腰掛け銀的な局面に落ち着いたように見えます。ただし手番が先手なので、今度は先手が後手の右桂を狙う自陣角とか、木村定跡に近い形での崩し方とか、ちょっと先手が先制しそうな気はします。というところで、…

▲24歩△同歩▲22歩△同玉
 歩を使って歩を吊りあげ、玉を引っ張り込んで…

20141120王将リーグ64_羽生vs三浦_角換同形腰掛銀59手▲46角(59手目盤面図)
 うわあ、弱点の右桂と吊り上げた2筋の割り打ちかあ…。構想は素晴らしいと思うんですが、角の位置がおっかなすぎ(^^;)。もう少し安全に▲34歩みたいな手だと…今度は後手から飛車取りの角の打ち込みが速いのか。一手遅いとすべてひっくり返るのか、ギリギリだな…。危なく見えて実はこの一手なのかも。で、ここからが凄い!

△51角
 三浦さんは、△62金みたいな手でまずは桂を守って…みたいなまどろっこしい事をせず、角打ち一発で73と24を同時に受けました。いやあ、指されてみれば手筋中の手筋、綺麗に受かったようにも感じたのですが、以降の羽生さんの攻めは全て手抜く事が出来ないので一直線。

▲25歩△同歩▲34歩△43金右▲33歩成△同桂▲同桂成△同金寄▲36桂
 う~~ん、ここで手番が後手に渡ったとはいえ、これはすでに先手がかなり良いんじゃなかろうか。よくあるのは△85歩からの反撃ですが、自陣角を打たされた分だけ、後手の攻めが細すぎる気がします。いやあ、ここまで三浦さんが何か悪い手を指したようにはまったく見えないんですが、わずかな先手の利を生かされ、それをぐいぐいと拡げられてしまったような…。これは素晴らしい中盤術だと思いました。すげえ…

20141120王将リーグ64_羽生vs三浦_角換同形腰掛銀78手 盤面図は78手目、先ほどの渡った手番で綺麗な反撃をした三浦さんですが、やっぱり少し足りない感じ。桂の打ち込みで金取りと玉頭への利きを作られたこの盤面図、僕的な常識では▲59金なり▲68金なりと金をかわす一手!他の選択肢なんてありえねえ!!しかし羽生さんの指し手は…

▲36桂
 うおおお~~、攻め合いが正着なのか!!!で、ここから芸術的な棋譜が…

△45歩▲64角△78銀▲68玉△34金▲53角成△65銀▲43銀(金取りの割り打ち)△同金▲同馬△69銀打(詰めろ?)

 いやあ、これはどちらも最善手を指し続けているんじゃないかと思うほどに綺麗すぎる…。しかし、△69銀打ちは次に△58銀成▲同飛△67金以下詰みそうなので、多分詰めろですよね?で、普通なら▲59金と下がって詰めろ逃れにしそうなものですが、羽生さんは…

▲65銀△同桂▲同馬△
 うおお、銀を渡してでも根元から刈るのか?!!いやあ、玉を銀でグルっと囲まれ、さらに金が質駒の状態で銀を渡す順を選ぶか?信じられん…

20141120王将リーグ64_羽生vs三浦_角換同形腰掛銀100手 そして、クライマックスです。盤面図は100手目、三浦さんは(僕の計算が正しければ、ですが^^;)詰めろを連発して追い込み、また銀を寄せる事で先手玉の右辺脱出を塞ぎはしたのですが、先手の馬が攻防に利きすぎていて、これは先手が良さそう。とはいえ、▲24歩の詰めろみたいな手だと、△76銀打で先に王手をされて馬を抜かれて紛れるし、いきなり勝つのは難しそう。こういう所こそ森内さんのように▲77金と盤石にしておいて安全勝ちがベスト、と思えるのですが…

▲23銀

 うそでしょ゜Д゜ヾ、王手から入ったああああ!!これ、もしかして必至なのか?

△同玉▲35桂△同金▲24歩△同角▲32銀△同飛▲同馬
 やべえ、マジで連続王手が入ってるぞ…

△34玉
 なぜ自然に見える△同玉でないのかというと…考えてみたんですが、▲24桂以下、手数こそ長いものの詰んでしまいます…

▲43馬△23玉▲22金

ここで三浦さんが投了。113手にて、先手羽生さんの勝ち!!

 以下、どうなるかというと、△同玉▲21飛と入って、(1)△13玉なら▲24飛成△12玉▲21馬、(2)△12玉なら▲24桂△13玉▲31角△22合駒▲22同飛成、までです。というわけで、本譜の寄せは19手詰めだったんですね、すげえ。でも、▲23銀は本当に必至だったのか、三浦さんに逃れるすべはなかったのか…いろいろ考えてみたんですが、一番粘ると31手ぐらい粘れる気がするんですが、自玉が詰む詰まないの状況、先に詰めろををかければ馬を抜かれるという所の先まで考えなければいけないという状況から、これが簡単な直線的な31手詰にはとても思えず、ムチャクチャ難解に思えます。だいたい、初手23銀自体が全く思いつかない…。時間がたっぷりあって、しかも相手の寄せだけを考えられる詰め将棋ですらこれを解くのは難しいと思うのですが、攻防一体の寄せ合いとなった本将棋の終盤で、しかも強引に寄せに行かなければならない状況でもない所からのこの踏み込みは恐ろしすぎる。
 アマチュアとはいえ、将棋をやってなかったらこれだけ凄いものを楽しむ事が出来なかったと考えると、将棋を趣味にしてよかったと思ってしまいました(^^)。しかし、羽生さんはちょっと神がかってるな、1300勝のかかった対局でこんな事やっちゃうんだから…。

竜王戦のその裏で

 あ、あと…昨日、竜王戦の裏で、王将戦の挑戦者決定リーグの▲羽生-△三浦戦が行われていたんですが、これが凄まじかった!!角換わり腰掛け銀同形で、鬼神と見紛うばかりの凄まじい将棋を羽生さんが指しています。「なんだこの将棋は?!」という鳥肌モノの棋譜で、意味不明の指し手連続の中盤から、いつの間にか「これ、詰めろだったのか?!」というとんでもない寄せに入っていたという…。僕は、将棋の駒では桂が好きなんですが(拠点が無い所からでもいきなり寄せに入れるので^^)、こんな凄い桂使い連発の将棋は見た事が無い。

 去年だったか、▲屋敷-△羽生戦(あれ?先後逆だったかな?)で、ものすごくフワっとした狙いのわかりにくい指し手の連続から、いつの間にか屋敷玉が全方位から囲まれて身動き取れなくなってしまったというオソロシイ将棋を見た事があるのですが、それ以来の衝撃。まだパッと見ただけの段階ですが、その段階での感想としては「あまりに凄すぎて戦慄モノ」。これは週末にでも時間を取ってじっくり検討してみたいなあ…でも、竜王戦の為に今日はオフにしてしまった(>_<)。ああいう将棋になると知っていたら、昨日をオフにして、王将リーグの方を見たのになあ(^^;)。

第27期竜王戦 第4局 森内俊之 vs 糸谷哲郎 (後手中飛車)

 第3局で息を吹き返した森内竜王ではありますが、しかし勝ち星はまだ1勝2敗。今日負ければカド番に追い込まれて絶体絶命の大ピンチとなるので、先手番の今日は意地でもタイに追いつきたいのではないかと。しかし後手番の糸谷さんには一手損角換わりという必殺技があるからなあ。羽生さんや渡辺さんなら、若手の一手損の研究筋に対してでも切り返してしまいそうな気がするのですが、森内さんはそういうのが苦手な印象があります。個人的には、糸谷さんの得意戦型を正面から受けるのではなく、多少マズい形になっても得意形を外しに行った方がいいと思うのですが…

20141120竜王27-4_森内vs糸谷3手 というわけで、3手目にして森内さんは角道を止め、糸谷さんの一手損角換わりの特徴でもある4手目角交換を拒否しました!これは当然ある手だと思うのですが、問題はこう指すとノーマル四間飛車とか、古い戦法に誘導していく事になるのかな?ああ、古い戦法に誘導出来たら森内さんの方が経験が豊富で有利と言えるかも、ですね(^^)。しかし森内さんは振り飛車も指すとはいえ、大事な棋戦ではあまり振り飛車を指さないという印象があるのですが…ここからどう組むのか、序盤の駆け引きがメチャメチャ面白そう(^^)。。

△54歩▲78銀△33角▲48銀
 おっと、▲48銀?!これで森内さんの振り飛車は消えたかな?

△42銀
 いやあ、今度は後手が△42銀です!これは、糸谷さんの居飛車も消えたか?!ちょっと面白い事になったというか、まだ8手目ですが、糸谷さんの一手損角換わりと横歩を拒否した上に、糸谷さんに振り飛車を指させることが出来れば、森内さんの作戦はひとまず成功かも。

▲36歩△52飛
 うおお、糸谷さん、ゴキゲン中飛車だああ!!
いやあ、糸谷さんってゴキ中も指すのか…。しかし、プロだったらゴキ中の研究をしていない人なんていないだろうから、自分が振り飛車を持って指すかどうかは兎も角、研究はバッチリなんでしょうね。

▲68玉
 これで対抗形が決定!しかし先手は…66に歩を持ち上げたので2枚銀は難しそう、ではその66歩を活かして居飛車穴熊を狙うかというと、36に突き上げた歩が速すぎるので、これは超速▲37銀系統にするのか?穴熊と▲37銀のミックスは、実は昔ボクが好んでよく指していた形なんですが、イマイチ勝率があがらずにやめた事があります。森内さんはどうするんだろうか、これは見てみたい(^^)。

20141120竜王27-4_森内vs糸谷27手 な~んていいつつ、、27手まで進んでみればゴキ中美濃△44銀型vs居飛車左美濃▲46銀型という、ありがちな光景に(^^;)。後手としては角のラインを活かすために6筋の歩を伸ばしに行くのか、そうするなら飛車を右四間に振り直すのか、左金はどうするのか、飛車は振り直さずに浮く手もあるか…みたいなところを考える所でしょうか。先手は、振り飛車が次の一手で対策しないでいてくれるなら普通に3筋から仕掛けて制圧できそうですが、守ってくるだろうな…。そうなると、とにかく角の活用を図りたいところですが、▲77桂まで跳ね出す前に仕掛けられるのが恐いので、それを警戒しながら将棋を作りに行く必要がありそう。いやいや、場合によっては穴熊への組み替えもあるか?8筋の歩を突きだす手を省いているだけに、振り飛車の左金が美濃についていないのを逆用して、銀冠への組み替えから玉頭位取りもあるか?角のラインが玉に直撃している上に戦場も居飛車寄りの中央になりそうなので、本当は居飛車はもう少し駒組みに手を使いたい気もします。居飛車としては、ここから数手での構想が見せ場となりそうです(^^)。

△54飛▲67金
 先手の▲67金は相手が何を指そうとも絶対の一手なので理解ですが…おお~、糸谷さん、飛車を浮きました!これで飛車を2~4筋方面に振る選択は消え、戦場は5筋かそれより玉寄りになりそう。そして、52を開けたという事は、左金を63にくっつけようという事かな?

△64歩▲75歩
 ええええ(゚д゚ノ)ノ、森内さん、7筋の歩を伸ばしたああ!!
いやあ、このタイミングで仕掛けたら後手の方が良いと思うので陣形に手を入れるのが自然だとは思うのですが…アマチュアの僕としては、玉型を良くしつつ角の活用を図る手というものを探しに行きたい。少し前の流行なら穴熊、自然に行くなら角をどかして桂を跳ねる銀冠をまずは目指して、そこから相手次第で銀冠穴熊か玉頭位取り、相手が遅ければ普通に右辺を戦場にしても間に合いそう、なんて思っていたのですが…先に▲75歩かあ、これはすごい、プロは仕掛けが速いわ、ついていけない…。ええと、これは銀冠からの位取りの狙いではあるけれども、手順を変えて後手に△74歩を指させないという狙いでしょうか。いやあ、ちょっと鳥肌が立った…

△52金左▲86歩△63金▲87銀
 ここは互いに駒組みですね。糸谷さんはこれで万全、ここから組み替えようにも▲75歩を決められているので組み替えにくい。それでも行くなら△74歩とぶつけて反発という感じですが…あら?何となくですが、反発したら振り飛車の方が良さそうでないかい?

20141120竜王27-4_森内vs糸谷_中飛車36手△74歩(36手目盤面図)
 糸谷さん、行ったあああ!!いやあ、こうなると後戻りは無理、一気に動いちゃうんじゃないかい?

▲同歩△同金▲78飛
 うおおおお~~、森内さん、飛車を7筋に振ったああああ!!森内さんの狙いはこれだったか、なんという構想、また鳥肌が立ってしまった…。アマチュアの僕にとって中飛車される時の怖さのひとつは玉に近い所を戦場にされる点にあります。森内さん、中飛車より内側を戦場にしてしまう構想。いやあ、僕は玉頭位取りというのが鬼のようにヘタクソなんですが(´・ω・`)、ある意味それは玉頭位取り流行の時代に将棋を指していなかったという事もあると思うんですよね(忍法時代のせい( ̄ー ̄))。糸谷さんはプロだから当然勉強はしているとは思うんですが、しかし森内さんほどの経験はない気がするので、これは面食らったんじゃなかろうか。玉頭位取り全盛期を生きてきた森内さん、第4局は「どこまで相手の舞台にあがらず、自分の舞台に引きずり込む事が出来るか」という戦い方をしているように思えます。しかしこれ…4~5筋と7筋の戦場での順を考えなくてはならないのでちょっと複雑なうえに、玉頭の攻防が勝敗に直結しちゃいそうなので、かなり怖い構想だなあ。森内さん、ここを勝負どころと見て踏み込みましたが、これは本局だけでなく、今回の竜王の行方を左右する事になる山場なんじゃなかろうか。

△75歩▲76歩
 糸谷さん、とりあえずは7筋の位を確保し、次の狙いは…とかいう前に、森内さん、反発だああ!!いやあ、もうこの戦場で勝ちに行くつもりだわ。踏み込んだ以上、ここで穏やかにしているようではダメという事でしょうか。

△65歩
 いやあ…これもすごい手だな、糸谷さんもスゴイ。△76同歩じゃダメだったのか?…なるほど、△同歩だと引き角で飛車の道を通してから銀で潰しに来られるわけで、それを避けたのか。とんでもない中盤戦になったなあ。

▲75歩△同金▲65歩△同金▲68飛
 うあああああ、すげええええ!!!!!▲68飛か?!!いやあ、全然見えませんでしたが、指されてみるとなるほどの狙い、意地でもこの場を収めさせずに飛車と金駒でこの戦場をものにしようとしてます(^^)。ちょっと凄い迫力、森内さんって冷静沈着な人だと思ってたのですが、これはかなり勝負師的な指し方に見えます。だけど…これ、どっちがいいんだ?もう、わけが分かりません(^^;)。これは大名局になりそうな予感が。

△74飛
 うおお、糸谷さんも引かずに行ったああああ!!!
大喧嘩になってますねえ(^^;)。

▲76歩△73桂▲78金(51手目)△54飛
 封じ手が51手目の▲78金。この78金は絶対の一手なので、そう考えると森内さんの▲68飛は玉型の整備も考慮に入れた一石二鳥の手だったのかな?森内さん、ここにきてかなりきれいに玉型をまとめました。一方の糸谷さんは飛車をまた5筋に戻しました。シロウト的には、△54飛→△74飛→△54飛なので、ちょっと手損したのかとも思ったのですが、飛車まわりで玉頭位取りを防いだことに満足、と考えれば一応理屈は合う、という事でしょうか。しかし、糸谷さんは金を浮かされた上に位を取れたわけでもないので、ちょっとまとめるのが大変そうな形になったような気もします。

 で、この2日目が、1日目の夕刻の激しさとは打って変わって思わぬ展開。あれほど苛烈に玉頭戦を制しに行っていた森内さん、なんといきなり銀冠穴熊狙いにスイッチ。…と思いきや、体勢を立て直したい糸谷さんの先に回ってやっぱり後手陣の玉頭を圧迫しつつ、すごい所に角をあがって、相手にまとめさせない。な~んてやっているうちに、糸谷さん、歩の成り込みを見せたのに、それを手抜かれて角を抜かれちゃいました(゚ω゚*)。う~ん、終盤なので駒の損得なんてあまり関係が無いとは思うんですが、それにしても森内さんの手番で美濃崩しの手筋が思いっきり入っちゃいそうな状況、飛車を素抜かれるか、角と守りの金銀の2枚替えをされた上にそれが王手になるか、という絶対に食らいたくないオソロシイ筋の2択にしか見えない。この踏み込みは糸谷さんやりすぎたような気もしますが…しかし糸谷さんの終盤力は凄いからなあ。たしかに先手の銀冠穴熊は飛車が浮かされて横利きが無くなっているし、飛車を取らせれば先手の攻めは足が遅くなるのか…あ、でも金駒2枚が手に入るなら穴熊はバッチリ守りきれる気もする、やっぱり先手が良い気がするなあ。これで本当に後手のほうが速いんだとしたら、糸谷さんは強すぎる。
 …というところで、森内さんがシロウトならまず思い浮かばないような非常に凝った鉄板流で迫り、これが裏目( ̄ii ̄)。それでも先手が良かったと思うのですが…森内さん、時間を使い切って秒読み将棋に突入してしまい、2時間半以上残していた糸谷さんの時間攻めを食らって受け潰され、134手にて糸谷さんの勝ち!!な、なんという幕切れ、こんなの想像して無かったよ。。将棋の終盤って、一手で勝敗が入れ替わるからオソロシイ。。

 この第4局は、初日が面白すぎました!!序盤の色々な駆け引きと、中盤の構想がメチャクチャしびれた!!また、終盤で時間を残すというのがどれほど大きいかを思い知らされた将棋でもありました。森内さん、時間さえあれば受け潰したのは森内さんの方だった気がします。序中盤の凝った構想は見事でしたが、終盤の複雑な指し回しに失敗してしまったのを見ると、「寄せは俗手で」というのは本当かも、と思ってしまいました。これで糸谷さんの1勝3敗、竜王は渡辺さんの長期政権の後は、糸谷時代に突入するかもしれません!!

待ち時間には、プラン整理と詰め将棋こそ至高

 今日は仕事のミーティング。今年、自分なりに目標に掲げた大きな仕事が3つありまして、そのうちのひとつは5~6年がかりで完成させたもの。で、完成してから発表までに更に数年を費やした計算になるのですが、その仕事が本決まりになり(o`∀')y、今日が初の打ち合わせ。そして…嬉しさのあまり、早く行きすぎました(^^;)。時間つぶしにバーガーショップで軽いランチを取りながら、ミーティングで話す事の整理をし、そして日課の詰め将棋を解いていました。それにしても、みんなスマホいじってるな…本を読んでいるのは俺だけか(^^;)。そして…

20141119.gif これが今日一番手を焼いた問題です。いや~、これはなかなか良い問題ではないかと感心してしまいました…。飛車角の位置からして大雑把な狙い筋は大体わかると思うんですが、そこに気づくまでにちょいと時間がかかってしまった(p゚ω゚*)。あと、歩の手筋の連発、打ち歩詰め回避、それ以降の仕上げの寄せにも手間取ってしまいましたが、なんとかミーティング前までに解く事が出来ました(^^)。そして、いざ本番の打ち合わせ…なかなか良い話が出来ました!!

 若い頃に、遅刻して痛い目を見た事が何度もあるもので、なるべく現地には30分以上前に着くようにしています。で、この時間に軽食を取りながらプランを整理し、最後に詰め将棋…というのが、先方に出向いての打ち合わせ前の習慣になっています。この待ちの時間の詰め将棋がきれいに解けると、その後のミーティングもうまく行く、な~んていうジンクスもあったりして(^^)。
 最近思うのですが、将棋って、実際にはロジックが全てのゲームであるハズなのに、詰め将棋を解く時も本将棋を指す時も、心が落ち着いていないとうまく行かない気がします。そんなもので、将棋に取り組む時には心を落ち着かせるという習慣がついているようで、それがいいのかも。最近は寝る前の1時間を将棋タイムに充てるようにスケジュールを変更してみたのですが、心も落ち着くし、程よく疲れるしで、快適な睡眠が取れるようにもなりました(^^)。

 この詰め将棋、有名な古典詰め将棋だそうです。17手詰めと手数は長いですが、けっこう一直線なので、大まかな狙い筋と最初の連続捨て駒さえ見当がつけば意外と簡単かも。これが解けたら、どれぐらいの棋力でしょうね…初段ぐらい?正解は…
▲91桂成△同玉▲92歩△同玉▲82銀成△同玉▲83飛不成△91玉▲92歩△同玉▲84桂△91玉▲93飛成△同角▲92歩△82玉▲72角成まで。です!!
 手筋や格言だけを頼りに解く事の出来る、「棋力アップ」向きのとても良く出来た詰め将棋と思うので、暇な人はトライしてみてくださいね(v^ー゚)。。


対抗型振り飛車から勉強を始める、というのは実は合理的なのでは?というハナシ

 前回、いかに序盤定跡の勉強量を減らしていくか…みたいな日記を書きました。社会人である僕にとっては、勉強に費やす事の出来る時間との戦いが、将棋に関わる際の最大のネック。だから、「いかに勉強しなくてはならないものの量を減らすか」というのは、怠けるとかそういう事ではなく、けっこう切実な問題だったりして…。で、思ったのが、「勉強量を減らす」という観点から言えば、振り飛車から始めるのはアリなのでは?という事です。大事なのは、あくまで「いずれ居飛車に転向する」事を狙っておく点なのですが…。

 私は居飛車党なのですが、それを選んだ理由は、プロで強い人が片っ端から居飛車だったから。僕が将棋の勉強を始めた頃は、A級棋士が全員居飛車でした。振り飛車党のトップ3である鈴木大介さんまでが、自分の門下生に振り飛車禁止令を出したなんて話まであったほど。だから、勉強量よりも勝ち負けを優先するのであれば、居飛車を選ぶべきと思いました。で、これは多分当たっている。
 もうひとつ振り飛車を避けた理由は…もし強くなる事があったとして、その時に居飛車に転向したら、相振り飛車の定跡勉強が全部無駄になるんじゃないかと思ったのです。これって、今問題にしている「時間が無いなら振り飛車もアリなんじゃないか」という疑問に、真っ向から対立している気がしたわけですよね。で、先日、振り飛車から勉強を始めた方より「相振りの勉強にすごく時間がかかった」というコメントをいただきまして、僕の想像はあながち外れでもなかったんじゃないかと。しかし…「勉強に使える時間が限定されている状態」という付帯条件がついた場合、相振りを避けるという条件つきで振り飛車持ちでの対抗形から勉強を始めるのは実は有利なのかも知れないのでは?

 僕は、相振り飛車というものをまったく知りません。女流棋士の相振りの棋譜を見たときは、あまりの違和感に「これは俺の知っている将棋というゲームじゃない」と思ったほど(^^;)。だから、相振り飛車の勉強量の見当がつかないのですが…もし、自分が先手でも後手でも中飛車で行くと決めた場合、どう考えたって居飛車で行くよりも勉強量は圧倒的に少なくて済むんだろうな、という気がします。また、序盤定跡の勉強で節約できた時間を中終盤にの学習に当てる事が出来たら…もしかしたら、最初は振り飛車を選択した方が、昇級の速度が速いんじゃなかろうか。少なくとも、初段ぐらいまでなら、そうなんじゃないかしら??

 あら?という事は、将来居飛車に転向する前提で振り飛車から入り、しかし相振り飛車だけは避けるという選択もあり得る?例えば、先手でも後手でも中飛車選択を基本にしておいて、相手が振ってきた時だけ居飛車を指す、みたいにすると…ゴキ中、対抗型四間、対抗型三間、ダイレクト向かい飛車を含む対抗型向かい飛車、ぐらいで定跡勉強は済んでしまう?いやあ、全然深く考えずに思いつつまま書いているのですが、時間がないのなら、こういう戦型遍歴を辿るというのもあり得るのかも知れませんね。

第73期順位戦 A級 5回戦 最後の対局は…

 A級5回戦の最後の対局、森内さんvs久保さんは…久保さんの勝ち!久保さんこれで3勝目、降級の目がかなり少なくなり、名人挑戦の可能性もギリギリで残った感じ?残ったどころか…トップ集団の広瀬さんと深浦さんとの直接対局が残っているので、自力で優勝ラインを引きずり落とせるチャンスがある(^^)。

 この前のB2といい、現在竜王戦を戦っている森内さんと糸谷さんのご両名は、この時期だけは順位戦で星を落とすのは仕方ないような気がします。竜王取れば4000万円超のお金が入るのですから、俺ならすべてを犠牲にしてでも竜王戦に専念するな( ̄ー ̄)。。
 それにしても森内さんは、これで順位戦2勝3敗、2敗までがトップ通過ラインだとすると、名人返り咲きはちょっと難しくなったか?いやいや、今期A級は荒れそうな気もするので、3敗がトップ通過ラインという事もあり得るか?!でも、1敗の深浦さんが今期恐ろしいほどに絶好調、同じく一敗の広瀬さんは棋譜を見るだけでも戦慄してしまうほどの絶好調。彼らがここから2敗するというのが想像しにくいんですよね(^^;)。…となると、久保さんがキーマンになってきたりして。。

第73期順位戦 B級2組 7回戦

 B2ももう7回戦、そろそろ昇級候補がある程度絞られてきた感じです!気にしていた対局だけ、かいつまんで!!

鈴木大介 ●-○ 阿部隆
 オーバー40の一敗同士、負けた方が2敗となって昇級レースから一歩後退となる生き残りマッチでしたが…鈴木さん、負けたか…いやあ、ズルズルとB2まで来てしまいましたが、B2では糸谷さんや飯島さんといった強豪を倒して、さすがに貫禄が違うと思ってたんだけどなあ。。これで鈴木さんは痛い2敗目、しかし順位が1位なのでまだチャンスはありそう。しかし…この後は野月さんに戸辺さんに青野さんに…という感じか。いやな相手を残してしまったという感じですね。一方の阿部さんはお見事!!このまま一敗のままいって、ラス2の高道戦とラストの先崎戦が大一番ですね!がんばってほしい!!

野月浩貴 ●-○ 佐々木慎
 僕はどうも自分が勉強した棋書の著者は好きになってしまう傾向があるようでして、野月さんは横歩の本でお世話になって応援していたのですが、負けてしまいました(T-T)。これで3敗目、2敗勢が結構な人数残りそうなので、これで昇級は消えてしまった気がします。若く見えるのですが実はひそかに40を超えているので、1年1年が大切な頃、これは悔しいのではないかと。一方の佐々木さんは2敗でふんばり、昇級レースに首の皮一枚残したという感じ、ですが…残りの相手が微妙な感じ、なんかあと1~2敗はしておかしくない感じもするので、ここからは超気合いを入れて向こう半年山籠もり修業生活ぐらいの気合いで乗り切ってほしいです!

先崎学 ○-● 安用寺孝功
 先崎さん、勝ったあああああ(ノ´▽`)ノ♪これで一敗をキープしての首位、マジで昇級あるんじゃないでしょうか?!昨期も昇級チャンスだったのですが後半で崩れてしまったので、何とか今期はこのまま行ってほしい!山は…9節の糸谷戦ですね。

稲葉陽 ○-● 畠山成幸
 稲葉さんも勝ったあああ!!!これで稲葉さんも一敗をキープ、首位集団にくっついています。稲葉さん、この後の当たりが結構緩いな、実は昇級第一候補なんじゃなかろうか。山は高道戦の気がしますが、シロウト目には今の稲葉さんは高道さんより強い気がするなあ、序盤も終盤も。なんか、今期タイトル戦を見ていると、関西の若手の方々の序盤研究って凄いんじゃないかと思ってしまうんですよね。もしかしたら序盤研究の深さはA級よりもすごいんじゃないかと思わされてしまいます。

糸谷哲郎 ●-○ 中田宏樹
 糸谷さん、負けたあああ!!!これは激痛となる2敗目、2敗ならまだ昇級の目がありそう、と言いたいところですが、C1から昇級してきたばかりだから順位が低すぎて、仮に2敗勢にチャンスが回ってきたとしても頭ハネを食らっちゃいそう。竜王戦を戦っている最中ですし、マジで竜王を取れそうな所まで来ているので、今回に限っては順位戦よりも竜王戦に専念すべきか?竜王になったら人生変わるでしょうしね(^^)。一方の中田さんは、「若造にまだ道を譲るわけにはいかん」という感じだったのかな?ベテランが今期一番の大仕事をした、といった感じではないでしょうか。素晴らしい!いやあ、これは7回戦で最大の見せ場となった対局だと思いました!

 B2の昇級レースは結構大混戦!2敗までに8名ですか、これは2敗が昇級のギリギリのラインになりそう、ラインが3敗まで下がる事は無い気がします。その8名とは…

(6勝1敗) 先崎学
(5種1敗) 稲葉陽、北浜健介、阿部隆
(5勝2敗) 糸谷哲郎
(4勝2敗) 鈴木大介、中村修、佐々木慎

今期の順位と以降の対戦相手を考えると、稲葉さんは昇級しちゃう気がします。もしそうなら、残り一枠は…あら、実は北浜さんもあたりが緩いみたいですね、これはさりげなく北浜さんが昇級しちゃう?!北浜さん、性格がメチャクチャ良さそうで、すごい好きなんですよね(^^)。貼りついたら離れない感じも好き。鈴木さんは残り全勝で行く事自体がかなり難しい気がするのですが、もし全勝で行けたとしたら、順位がいいのでチャンスあり。あとは…9回戦の先崎-糸谷戦が今期B2の命運を分ける一戦になりそうです。しかし、先崎さんは角換わりを苦手としていないイメージがあるんだよな…先崎さんの一手損角換わり講座を見たからそう思うだけかな(^^)。。

「相掛かり後手番と角換わり後手番は…勉強すべき?」という疑問から派生した脱線話

 いつもコメ欄から気さくに書き込みいただき、色々な事をお教えいただいている方より、こんな書き込みをいただきました。

 「ところで角換わりの後手番や相掛かりの後手番って勉強すべきでしょうか?僕は先手矢倉(横歩取り)、後手横歩取りという感じで指してきましたがちょっと同じものばかりでどうなのかと悩んでいます。どうしたらいいでしょうかね?」

 いやいや、自分より詳しく、しかも強いであろう方にアドバイスできるハズもないんですが…僕の気持ちだけを言うと、「願望としては何でも指したい、しかし現実としては絞らざるを得ない」というところなのでした。

 それで問題が起きないのであれば、戦型を絞るのは非常に効率的と思います。今の僕なら絶対に戦型を絞る!僕もそうしたいのです。後手番角換わりは、効率から言えばたしかにカットしてしかるべしですよね。相掛かりに至っては、横歩からの変化以外は全部拒否という視点からすれば同じ理屈ですが、そもそもそれ以前に相掛かりは無勉強に限りなく近い状態なので、とても偉そうなことを言える立場にはない…。僕の場合は、あとでまた同じ定跡書を調べ直すのが面倒なので、相居飛車に限っては先後関係なく勉強してしまっているだけだったりして(o^_^o)>゛

 やっぱり勉強に費やせる時間しだいで、正解は変わるんだろうなあ。。ただ…僕が今のペースを保ったまま将棋に関わる事が出来たとしたら(それも怪しくなってきましたが)、4~5年後には、居飛車であればなんでも指せるようなタイプになりたいと思うようになる気はします。許されるのであれば、振り飛車ですら指したくなるかも。

 道場で知り合って、親しくさせていただいている高段の方がおられまして、その方は何でも指すんです。そして、いつも楽しそう。勝っても負けても楽しそうに感想戦をつけてくれるんです。帰りに、一緒に焼き鳥食べながら、色々な将棋の面白エピソードを話してくれたり、消え去った戦型の話をしてくれたり(符号だけ言われるのでついていくのが大変なんですが^^;)。この前、飲み屋でその方と駒を並べてたら(駒しかなかったので、升は無しでテーブルに直接並べた)、人だかりが出来ました(^^)。そういうのと接していると、出来るなら何でも指せた方が、将棋というゲームを更に広く楽しむ事が出来るようになるんだろうな…なんて感じたりはします。

序盤定跡、最低量で済む勉強方法とその最良手順を考えてみる

 「序盤定跡の勉強法」をキチンと整理しようと構想しておきながら、着手できずに早100日(^^;ゞイヤァ。。しかし、ゴキゲン中飛車対策がひと区切りの所まで来た今こそ、序盤定跡の勉強手順を再考する良い機会かも知れない。そうに違いない。

 もうすぐ将棋歴2年になる僕ですが、序盤定跡の勉強が全然終わらない(=_=)。終わらないんですが…それでも何も知らなかった頃よりは少しだけ分かってきた事もありまして、「あれを先にやるべきだったな」とか「これはぜんぜん後回しでよかったな」とかいう事が大量にある。う~ん、最短に効率化したら、僕は23か月の定跡勉強のうち、7~8か月はショートカット出来たんじゃなかろうか。

 で、今後のスケジューリングも含めて、理想はこうだったのかも。あ、あくまで完全居飛車党目線でのハナシです。振り飛車は、相振り飛車が全然未知の領域で、まったく分かりません…。

(基本的な構想)
・序盤定跡はとにかく大量!ザックリひと通り回るだけで半年ぐらいは余裕でかかる、ちょっとでも丁寧にやろうとすると3年はかかる事が判明。というわけで、とにかく避ける事の出来る戦型は全部避け、自分の指す戦型を最小限に限定する!!
 →これ、最初からこのように構想していたつもりだったんですが、なにせ将棋をまったく分かっていない所から始めたので、何を省く事が出来るかすら分かりませんでした(;_;)。1年半前の自分に教えてあげたい事がいっぱいある…。。

・居飛車を指すなら、相居飛車と居飛車vs振り飛車の対抗形を考える必要がある。「避ける事の出来る戦型は全部避ける!」という観点からすると…

(序盤定跡の手抜きリスト)

矢倉:全部避ける!
   →急戦、本組みとも、けっこうそれなりに時間を費やして勉強してしまった…。これ、後回しでもよかったなあ。
    特に急戦定跡を避けられるとしたら、これは大きい。というわけで、ここで方針転換。
    新手チェックはお休みして、その時間を他に回す( ̄ー ̄)。
相掛かり:全部避ける!
   →これは計画通り、ほとんど勉強せずに来れました( ̄ー ̄)。
    でも…矢倉と違って、横歩を指すなら本当は避けられない気が…。
角換わり先手番:やる!
角換わり後手番:やる!
後手番一手損角換わり:やる! →しかし、ザックリとしかできてない…。
横歩取り:やる!
    △33角戦法での先手番は出来れば青野流に限定したいが、詳しい棋書が見つからない…。
対ノーマル四間飛車:急戦は手抜き、持久戦限定で勉強!
   →急戦の勉強に結構な時間を費やしてしまった(^^;)。
    でも、対藤井システムで役に立ってる気もするから、まあいいか。
対四間飛車藤井システム:やる!でも、遭遇機会が少ないから優先順位は低めか。
対角交換四間飛車:やる!
対後手番ゴキゲン中飛車:やる!でも一直線穴熊以外を手抜き
対先手番ゴキゲン中飛車:やる!でも一直線穴熊以外を手抜き、しかも後手ゴキ中対策を応用して間に合わせ( ̄ー ̄)
対石田流急戦:これは本気でやる!やらないと即死!
対石田流本組み:やる!けど、深くやってないのにまずまず対応できているので、後回しか。
対ダイレクト向かい飛車:やる!けど、これも遭遇しなくなってきたから、優先順位低め。

 う~ん、この手抜きリストを、序盤定跡を始める前の俺が作る事が出来ていたら、もっと楽出来たのに…。いやいや、それは不可能ですね。「居飛車党で行く!」と心に決めておきながら、よもや居飛車の代名詞ともいえる矢倉を手抜くなんて、初心者に構想できるわけがないよなあ…。というわけで、現時点で考えた最良の勉強手順を考えてみると…

(序盤定跡の勉強手順:ベーシック編)

①対ノーマル四間飛車:持久戦に限定、対四間飛車(持久戦):『四間飛車破り 居飛車穴熊編
②対ゴキゲン中飛車:先手後手とも一直線穴熊に限定、『中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド
③対石田流:特に対早石田対策は速い段階で対策しないとダメ。
   というわけで、急戦も持久戦も一冊で学べる『佐藤康光の石田流破り
④角換わり:棒銀、早繰り銀、腰掛け銀、後手一手損まで一冊で学べる『よくわかる角換わり
   しかしこれで勝てるようになると思ってはいけない…。
⑤横歩取り:これが大変。マジで大変。
   多分、『よくわかる横歩取り』と『羽生の頭脳5 横歩取り』の△33角戦法の所以外は最低限必要。
   特に横歩△45角戦法は、定跡を知っていないと即死級。詰みまで研究して覚える!!
   でも、それでもまだ入り口に立っていないぐらいの所なのかも…。
⑥ダイレクト向かい飛車:本格的な対策は大変。でも、知らないと瞬殺。
   というわけで、基礎的な対策だけ『現代将棋の思想 一手損角換わり編』の5~6章で押さえておく

 経験から言うと、序盤勉強に1日1時間ペースで行くと、棋書1冊を読むのにほぼひと月。つまり、ここまでで半年ぐらいで来るわけですね。それは素晴らしいペースだな。ああ、「この順で勉強しろ」と、2年前の俺に言ってやりたい…。
 将棋の勉強を始めたいというのであれば、序盤定跡に関しては、とにかく半年はガンバって、ここまで身につける!そうすれば、中級相手でも何とか勝負になる!…気がします(^^;ゞ

(序盤定跡の勉強手順:セカンドステップ編)
 ベーシック編まで終われば、石田流本組みの本格的な使い手を除いては、対振り飛車戦はそんなに怖くないんじゃないかと。問題は、まだ手をつけていない戦型と、相居飛車。特に相居飛車戦は、矢倉を使わないとなると、自分だったら大きく負け越していたんじゃないかという気がします。この辺が、セカンドステップでの課題…になるでしょうか。

⑦角換わり先手棒銀:とにかく、居飛車戦での角換わりは、定跡を知っていれば先後ともドル箱戦法に出来る!もし矢倉を基本拒否するのであれば、相居飛車は横歩か角換わりのどちらかは得意にしないといけなくなりますが、序盤定跡で勝とうと思うのであれば、横歩よりも角換わりの方がやりやすいんじゃないかと思います(ただし、中終盤力に自信がある方は、角換わりではなく横歩の方が性に合うかも)。というわけで、勉強してもきりがない横歩取りは中終盤力に頼って後まわし(^^;)、角換わりを磨く!で、角換わり棒銀の定跡、これは原始棒銀に並ぶ「これぞ定跡!」という感じのものなので、絶対に極める!!既にやったはずの『よくわかる角換わり』を片手に、『最新棒銀戦法』の角換わりの章だけ読む!これだけで完璧( ̄ー ̄)
⑧角換わり相腰掛け銀:矢倉を指さないなら、相腰掛け銀をドル箱戦法にする必要があります。
   『これからの角換わり腰掛け銀』、これが大名著!しかしかなり難しいので、2~3か月はこの本と悪戦苦闘する覚悟で。
⑨角交換四間飛車対策:角交換四間飛車破り 必勝ガイド
   僕が勉強した頃はまだこの本が出ていなくて、『角交換四間飛車 徹底ガイド』で勉強しました。
   どっちでもいい気がします。とにかく、角交換四間を指す人が最近多いので、▲66角や▲47銀といった主要筋を覚えておく。
⑩横歩取り△33角戦法:横歩は進化が速い!1~2年でどんどん主力筋が変わっていく!
   しかし横歩で勝つには、やっぱり△33角84飛型で勝たない事には始まらないのでは、というわけで…
   『現代横歩取りのすべて』という本が出ていて、なんか良さそう。
   でも、僕がお世話になったのは『長岡研究ノート 相居飛車編』。
   あくまで勘ですが(^^;)、まずは『長岡~』を読むべきである気がします。

 角換わりを主力戦法に据えると言っておきながら、矢倉を避けるための命綱となる一手損角換わりをマジメに勉強して無い(^^)。それは、『よくわかる角換わり』のわずかな知識を頼りに、正調角換わりと、先手番から一手損して後手番角換わりと同じ状況にするという強引な方法で乗り切る…というのは、強引な発想でしょうか(^^)。
 あと、もし『羽生の頭脳』を読んでも横歩急戦に苦しんでいる場合は、『横歩取り超急戦のすべて』という本があって、すごく評判がいいです。△44角戦法なんかは『羽生の頭脳』には出てないですからね…でも、中終盤力があれば、定跡というよりも中終盤力で勝てる気も(^^;)。
 ここまでで、1年~1年数か月、という感じでしょうか、いやあ、これは素晴らしい勉強プランの気がする(^^)。

(序盤定跡の勉強手順:サードステップ編)
 ドル箱戦法を作るべきか、穴を埋めに行くべきか。…将棋って、勝った時のうれしさは素晴らしいのですが、負けた時の悔しさがとにかくキツい。「なんで趣味で嫌な思いをしなきゃならないんだよ…」という思いを何度も味わった僕としては、穴埋めが先…かな。となると…

⑪石田流対策:『よくわかる石田流』、『石田流破り 左美濃徹底ガイド
   ショートカットするなら、『よくわかる~』を手抜く手もありそうです。
   逆に丁寧にいくなら『石田流の基本 早石田と角交換型』と『石田流の基本 本組みと7七角型』、
   あたりを追加する手もあるかも。というか、追加で書いたこの2冊、かなり素晴らしい本です。
⑫藤井システム対策:『杉本昌隆の振り飛車破り
   タイトルからは想像しにくいですが、半分ぐらいが藤井システム破り。
   持ってるんですが、ザックリとしか読んでいなくて、藤井システム対策最良本であるかどうかは分かりません。
   もっと良い本があれば、それでもいいかも。東大将棋のアレに手を出すか、あるいは本家藤井さんの本から学ぶか…。
⑬一手損角換わり:『後手番一手損角換わり戦法
   角換わりをドル箱戦法にするためには、一手損をものにしなくてはなりませんが、棋書が少ない(>_<)。
   糸谷さんの書いた『現代将棋の~』は、最も新しい一手損角換わりの本なのですが、ちょっと書き方が変わっていて、普通に初手から並べていって分岐して…というような学び方をしにくいです。というわけで、説明が素晴らしすぎる青野さんの本から入った方がいいんじゃないか、という判断です。

 いやあ、矢倉拒否の居飛車党になると、これだけ省略できるのか、すごいな…。あとは、ノーマル四間飛車にまだ手こずるようなら『四間飛車激減の理由』を追加する、みたいな感じでしょうか。

(その後の勉強)
 居飛車党でありながら矢倉拒否…なんていう計画に賛同してくれる方がそんなにいるとも思えませんし、自分自身は矢倉を思いっきり指すので、本当に矢倉を全面拒否して指す事が出来るのかどうかも分かりませんが(^^;)、しかし「いち早く強くなる!」為に、序盤定跡の勉強を少しでも減らすなら、こんな感じかも。で、ここまで来たら、あとは弱い所を補強する、矢倉に着手、相掛かりに着手、いい加減で終わっている横歩△85飛型対策をする、中飛車破りを超速▲37銀に入れ替える、ダイレクト向かい飛車対策に本気で取りかかる…などなど、上積みしていく勉強に切り替えられるんじゃないかと。それこそ糸谷さんみたいに、矢倉を指さない居飛車、なんてやり方で最後まで行ったっていいわけですしね。僕は矢倉が好きなので、一生矢倉を指さないというのは避けたいですが、場合によってはそれもありかも。

 最低の序盤定跡の勉強量で…というのであれば、こんな感じのプランが最良に近い気がします。今の僕は…おお、色々と寄り道をしまくったけど、ザックリいえばサードステップ入口ぐらいか、悪いペースではないな( ̄ー ̄)。。

第73期A級順位戦 5回戦

 妻の誕生日に、お祝いにスパに行きました。が、湯当たりしてしまったか、丸二日ほど体調が悪い(^^;)。少しだけ進めておきたい仕事もあったのdすが、なんだかんだでこれも手つかず、来週の自分を自分で苦しくしてしまった。…な~んてやっているうちに、いつの間にかA級順位戦が終わっていた模様。やっべえ、竜王戦の終盤に魅せられすぎてノーマークだった。。あの終盤もマジで研究しようと思ったのですが、気分的に無理です…。で、A級はこの5回戦でいよいよ模様がはっきりしてきた感じがします(^^)。

行方尚史 ○-● 郷田真隆
 行方さん、勝ったあああ!3連勝のあとで久保さんに土をつけられ、これはズルズルいってしまう展開かと思いきや、4勝目で首位キープ!そして、ここから先は…うああ、佐藤康、渡辺、深浦、森内さんか、メチャメチャに強い人ばかりじゃないか、A級って怖いな。。一方の郷田さんは2勝3敗か、順位も8位と低いし、ちょっとまずそう。次に4敗目を喫すると、マジでヤバい事になっちゃうかも。
 
深浦康市 ○-● 三浦弘行
深浦さんも順位戦絶好調!これで4勝1敗で、ゲーム差なしの2位。残す相手は…久保、郷田、行方、佐藤康さんか。あれ?という事は、行方さんよりもいい相手を残した感じかな?さすがに森内さんと渡辺さんを撃破したというのは大きいですね。一方の三浦さんは1勝4敗。どんなに調子が悪くてもA級残留を決めてきた三浦さんではありますが、さすがに今期はまずい展開かも…

佐藤康光 ●-○ 渡辺明
 ああ~、佐藤さん、負けてしまったか。今期順位戦はスタートダッシュに成功、そうなると佐藤さんの名人戦挑戦を見てみたかった僕としては応援の一手だったのですが、ここにきて2連敗。でも、相手が渡辺さんなら仕方がないか。一方の渡辺さんは佐藤さんとは正反対で、3連敗からの2連勝、復調してきました!なにげに怖いと思うのが、今後の渡辺さん、対戦相手などを考えると残り全勝もありそうな気がしてしまうんですよね。そうなると、マジで大混戦になりそう。ああでも、渡辺さんの名人挑戦というのも見てみたいなあ。名人挑戦がないのが不思議なほどの実力者ですしね(^^)。

広瀬章人 ○-● 阿久津主税
 この対局だけ1日前の11/6の対戦で、これは見ていました。そして…広瀬さんの終盤に戦慄。マジで強え…この終盤力は恐ろしすぎる。これで4勝1敗、もしかしたら、今期A級最強の終盤力なんじゃなかろうか。たまたま好調という感じじゃなくて、去年の順位戦からずっとそうなんだよなあ。渡辺さんと森内さんという難敵との対局も終わらせているし、順位の都合で3位ではありますが、現状では名人挑戦第一候補なんじゃないでしょうか。一方の阿久津さんはこれで5連敗、順位的にも勝ち星的にも最下位ではあるのですが、ちょっと今回の負けは不運。あんなの指されたら誰だって勝てないんじゃなかろうか。。

 森内-久保戦は、竜王戦との日程調整の都合からか、今週の木曜に対局のようです。この対局は勝った方が3勝2敗になるという、明暗がはっきり出る対局になりそう。もし今期A級の名人挑戦権のボーダーラインが2敗までだとすると、負けた方は名人挑戦が消えるという対局となる可能性も。仮に3敗までだとしても、5回戦の時点ですでに3敗というのは結構キツい気が…。

 5回戦まで進み、かなり模様がはっきりしてきた気がします。明らかにまずそうなのは、全敗の阿久津さんと、1勝4敗の三浦さん。逆にトップグループを見ると、行方さん、深浦さん、広瀬さんか…もしかしたら、次の名人戦は面白いカードになるかも知れませんね(^^)。

第27期竜王戦 第3局 糸谷哲郎 vs 森内俊之 (角換わり)

20141107竜王27-3_糸谷vs森内_角換9手 うわ、角換わりの序盤駒組みにこんな手順があるのか、知らなかった…。序盤10手目にして、見て良かったという局面が。盤面図はいかにも正調角換わりという出だし、この形になったら当然後手から角換わり、と思っていたら…

△42銀
 エエエエ~~(゚ロ゚ノ)ノ、こんな指し方があるのか…。これ、先手から角交換されると▲22角成△同金となるわけで、悪形になっちゃうんじゃないかい?

▲22角成△同金
 ですよねえ…。金銀がばらけた上にしかも壁形。しかし…先手から一手損させて角交換に誘導したから、仮にここから金を32に戻しても手数は帳尻が合う、ということ?で、棋譜中継にはこんな解説が。「10手目△4二銀の角換わりは佐藤康光九段がタイトル戦などで多用していた指し方。後で△3二金と戻ることになるが、△2二金型で端を固めており、棒銀の端攻めに強い意味がある。」な、なるほど~、当たり前の手順だったのか、またしてもブログで無知を晒してしまった(゚ω゚*)。やっぱり定跡書だけじゃなくって、プロ将棋も観戦しておいた方がいいな。。

▲77銀△72銀▲38銀△64歩▲68玉△63銀▲96歩△94歩▲46歩△32金
 以降は駒組みが粛々と進み、先手糸谷さんが▲46歩と腰掛け銀を見せたところで、森内さんは棒銀への警戒を解く△32金。これで通常の相腰掛け銀の駒組みに合流、こういう手順もあるんですね。勉強になりました。森内さんは、相居飛車では横歩と角換わりしか指さない糸谷さんに対し、「矢倉で来いよ」と挑発しつつ、矢倉への変化を残して駒組みしたという事、なのかな?

20141107竜王27-3_糸谷vs森内_角換40手 そして今日の駒組み第2の驚きが。後手の森内さん、角換わり相腰掛け銀を、先手有利と言われている同形腰掛け銀に組んでいきます。数か月前、森内さんが誰か(豊島さんだったか?)と指した将棋で、同じように同形腰掛け銀に組んでいった事がありました。しかしそれを研究手順と感じたか先手が変化、森内さんの研究手は封印されたまま。あの時封印された森内さんの研究手が、いよいよ見れるかもしれません(^^)。。

で、この先後同形からの歩の連続突き捨てが始まるのですが、ここでの糸谷さんの歩の突き捨て順が面白かった!僕が定跡書で学んだ順は、「42173」で、これは先手必勝の富岡流へ繋がります。少し古めの定跡書では「43172」という順が載っていたこともありました。しかし、糸谷さんの歩の突き捨て順は…

▲45歩△同歩▲15歩△同歩
 おおっと、4の次に1です!これは、森内さんに富岡流を切り返す研究があると見て避けた、という事かな?しかし、よく考えてみたら、僕は「42173」や「43172」という順を定跡としてベタ覚えしているだけで、4~1と指されるとどうなるのかを考えた事がありません(^^;)。

▲75歩△同歩▲35歩
 既についていけなくなってきた(^^;)。4173になってるのか、ええっと…ここで△44銀の受けなら次の▲24歩で「43172」の定跡と合流できるので先手よしですね。ただ、43172は3筋を受けずに▲65歩の反発で紛れてしまうから、42173となったと勉強した事があります。というわけで、後手が変化するなら、手抜いての反撃を指せるここのような気がしますが…

△86歩▲同歩
 おお~、森内さん、なんと8筋から反撃しました!!長考したようなので、その場で考えた手なんでしょうが、確かにこれは手抜けないので突き捨てるタイミングとしては絶妙かも。

△76歩
 な、なるほど…。先手は2筋の歩の突き捨てを入れる前に7筋の歩を突き捨ててしまうと、逆に後手の7筋からの反撃が来てしまって2筋の歩を突き捨てられなくなるのか…。今さらですが、同形腰掛け銀の歩の連続突き捨てのからくりが少しだけ分かってきた気がします。いやあ、これを見る事が出来たのは大きな収穫です(^^)。

▲同銀△86飛▲87銀△81飛
 76歩以降は一直線。最後の飛車の引きどころは、なんで82じゃなくて81なのかな…と考えてみたんですが、将来の▲41銀の割り打ちをケアした…という以上に、次にいかにも飛んで来そうな▲74歩~▲73歩成の時に飛車に当たってこないようにしておけば、手の交換をせずに済む、という事なんじゃないかと。いやあ、次に先手からの▲34歩~▲24歩の反撃が残っているので何とも言えませんが、歩の連続突き捨ての開戦以降は後手がうまくやったような気がしました。

 そして、ここからがさすが竜王戦という名勝負!去年から破竹の勢いで勝ちまくる糸谷さんが素晴らしい攻めを見せれば、竜王は、なんというか…中央にいる玉を左右とも守りながら攻め筋を残すという、ちょっと素人では真似のできないようなとんでもない差し回し。それでも、糸谷さんがいいのかと思っていたのですが、終盤でウッカリがあったか、竜王が大逆転!!一気に寄せてしまいました。結果、132手にて後手森内さんの勝ち!対戦成績を1勝2敗まで戻しました!

 第3局は、とにかく序盤定跡の部分が見ていて大収穫!!有名な角換わり同形腰掛け銀での歩の突き捨て順にするとどうなるかを知る事が出来、また「なぜその順なのか」というからくりが少しだけ分かった気がしました。
 糸谷さんは、終盤で惜しい事をしたような気がします。まだ時間はあったし、バババッと指してしまわないで、ちゃんと考えて指せば勝ちだったんだろうに…。実は、ストレートで糸谷さんが竜王位を奪取しちゃうと思っていたのですが、この第3局を落とすと、第4局が森内さんが先手ですから、一気にわからなくなってきました。もし糸谷さんが竜王位奪取に失敗する事があるとしたら、この第3局の終盤が悔やまれることになっちゃいそうです。それでも、負けたとはいえ、糸谷さんの将棋はいいですね。個人差があるかも知れませんが、今日の森内さんみたいな将棋は、ちょっと僕では真似できないというか、どうしたらああいう構想を立てられるのかすら分からない(^^;)、僕には真似できないし、胃が痛くなりそうなのでしたくない。しかし、糸谷さんの将棋は「向こう3手~5手で具体的に良い手と良い順」みたいなものの積み重ねのような感じで、早指し的というか、僕みたいなアマチュアにはお手本にしやすい感じがします。
 一方の森内さんは…僕の中での森内さんというのは、「中盤に差し掛かったあたりでは既に森内さん有利」みたいな感じで、序中盤がやけにうまい人、みたいな印象なのです。しかし今回の竜王戦に関していうと、序中盤というか、3局のすべてが作戦負けしているように見えます。すべてが角換わりという糸谷さんの得意戦型で戦わされ、またそれを拒否しにくいというのが結構大きいんでしょうね。第4局は糸谷さんが後手になりますが、あの4手目角交換が防ぎにくいというか、厄介…。いずれにしても、今日で竜王が息を吹き返し、次の第4局が大きな山となりそうです!!

◆◆◆◆◆◆

 本譜とは別に…
 1日目の昼食休憩5分前、糸谷さんが席を外し、そのまま昼食休憩に突入という場面がありました。この竜王戦、糸谷さんは多動性障害なんじゃないかというぐらいに離席しまくってますが、5分前に席を外すというさすがの事態に、森内竜王は「マジかこいつ」と睨みつけるように彼の姿を目で追い、頭を横に振る状態。で、結局昼食休憩にまで戻らず、遅れて戻ってきた糸谷さんを無視して竜王離席。よほどアタマに来たんだろうな…。解説の中村太地さんも苦言を呈し、女流も…
 糸谷さんって無神経に感じます。多少の無神経はいいですが、相手に失礼になるような無神経さというのは、ね。以前も、糸谷さんに対するあまりの不快感をこのブログに書きなぐってしまった事があります。で、「あんまりこういう事は言わない方がいいよな」と思い、書かずに来たんですが…。

 今回に限らず、糸谷さんの対局マナーに関しては今までも色々と言われてきています。僕も、何回も見てきて、正直言って不快に思わなかったことがありません。僕は糸谷さんを本気で発達障害の方だと思ってますが、マジで病院通いした方がいいんじゃなかろうか。本人に自覚が無いのなら、師匠なり連盟なりが精神科に通院させるべきだと本気で思います。で、病気なら仕方がないのだから、そう公表した方がいいんじゃないかと。そうすれば、「失礼な奴だな」とはならず、「病気だから仕方がないな」となるんじゃないかと思うのですが…。例えば、「相手の気持ちを理解する事」が難しいというアスペルガー症候群などは、好きなものに関しては天才的な才能を発揮する事があるらしいし、それで竜王を取るという事になれば、アスペルガーに悩む方を勇気づけるすごくいい事じゃないかと思うし。咳き込んだというなら、咳をしながら対局場まで来てしかし相手に近づかないとするなどの振る舞いをするのと、「咳だから相手に近づかないようにしよう」と判断して既定の時間に戻らないのと、どちらが良いかを判断するというのも、大人ならできないといけないと思うんですよね。中学生棋士とか高校生とかならまだ理解できますが。いずれにしても、毎度毎度随所に出てきているああいう態度を「個性」とか「理由があった」で放置しておくのはどうかと思います。直すなり、病気だから仕方ないとはっきりさせるなりして欲しいと思ってしまう…。


『中飛車破り 一直線穴熊 徹底ガイド』 高見泰地

NakabishaYaburiAnaguma.jpg 角道オープンの中飛車「ゴキゲン中飛車」対策の本です。定跡化されているゴキゲン中飛車対策というのは、現在主流となっている超速▲3七銀、最初の対抗策だった▲5八金右超急戦などがあるようですが、この本は居飛車の戦法を穴熊に特化しています。それだけに、内容を濃く出来ている感じです。本の構成は…

 序章:居飛車穴熊の簡単な講座
 1章:先手番でのゴキゲン中飛車対策
 2章:後手番でのゴキゲン中飛車対策
 3章:実践編

 という形です。で、私はまだ第1章しか読んでいないので、今回は第1章だけのレビューです(^^)。

 第1章の後手ゴキゲン中飛車対策の章は、大きく振り飛車側が美濃囲いで戦う場合と、振り飛車穴熊で戦う場合のふたつに分けて書かれています。ここで一直線に穴熊を目指す居飛車の指し方として、本書はふたつの点に注目して書かれているのではないかと思いました。ひとつは、どういう順で穴熊に囲いに行くのかという事。もうひとつは、いくつかある振り飛車からの仕掛け筋に、居飛車はどう対応するのかという事、です。で、この振り飛車からの仕掛け筋が丁寧に書かれていて素晴らしい!!振り飛車が銀を54に上げてくる指し方、64に据える指し方、飛車を7筋に振り直してくる指し方、飛車を54に浮いてくる指し方、51の定位置に構える指し方…振り飛車の構想は様々ですが、僕はネット将棋や道場で指していて、この本に出ていない振り飛車の狙い筋を食らった事は無い気がします。というわけで、対ゴキゲン中飛車戦では何を研究/対策しておけば良いのかが分かる、という点がとにかく素晴らしすぎると思いました。これさえ分かれば、後は自分次第で何とかなる気がする(^^)。

 そんなわけで、本全体のおすすめポイントから。まず単純に、「そもそも、ゴキゲン中飛車対策に穴熊が最良の選択なのか?」という所から。僕は現在、千駄ヶ谷で道場3段ぐらいのレベルの人間なので、この自問に明確な解答を出せる棋力がありません。しかし、羽生さんやA級棋士といったトッププロの人たちは、(少なくとも先手番では)居飛車穴熊ではなくて超速▲37銀で戦っている(という事は、トッププロは穴熊よりも急戦の方が中飛車を潰しやすいと考えているのではないかと思われる)、という事を知っておく必要があるかと思います。級位の頃、ゴキゲン中飛車に手こずってきた僕は、▲58金右超急戦→超速▲37銀→一直線穴熊、というように戦型を変化させてきました。「▲58金右急戦や超速▲37銀は、ある程度の棋力が無いととても指しこなせない!」と強く感じたのです。僕が対ゴキ中戦で一直線穴熊のようなものを使い始めたのは、37銀も58金右もあまりにやられまくるので、『羽生の頭脳2 振り飛車破り』に載っていた、角道を閉じるタイプの中飛車戦に対する居飛車穴熊をアレンジして使ってみたのが初。村山慈明さんの名著『ゴキゲン中飛車の急所』に出会ったのはその後です。そして、ネット将棋の81道場で、観戦者の方も含めて、ゴキゲン中飛車対策を色々と教えて貰った時に、一直線穴熊とこの本を推薦してくれた四段の方がいまして、それがこの本との出会い…となりました。きっと、中飛車に苦戦しておられる級位者の方は多いのではないかと思うのですが、そういう方には、僕も一直線穴熊をおススメしたいです。級位ぐらいだと、中終盤でどうしてももたついてしまうと思うのですが、超速▲37銀とかだと、攻めあぐねると損してしまうのは居飛車側のような気がします。しかし居飛車穴熊だと、もたつくほど得するのは居飛車…そんな感触があります。
 次に、振り飛車が先手番でも角道オープンの中飛車を指してきたら、居飛車はどう受けるべきか…という問題があります。この前の王座戦で、豊島さんが先手中飛車を採用、急戦で対応しようとした羽生さんを倒した一局がありました。振り飛車退治のエキスパートの羽生さんですら、先手中飛車を急戦で倒すのは難しいのかも、と思わされる一局でした。実際、現在のプロでは、角道オープンの先手中飛車に対しては、居飛車は穴熊で対応する事が多いそうです。というわけで、対中飛車用の穴熊は、どのみちいつかは勉強しなくてはいけない。だったら、色々な序盤定跡の勉強が間に合わないうちは、先後関係なく中飛車には穴熊だけで対応しておく、というのが最も効率的に思えるのです。そして、対ゴキ中で一直線穴熊を特化して扱った本はこれしかないと思うので、穴熊を指すなら選択の余地なくこの本を読むべし!…となった訳です(^^)。読みやすいし、振り飛車からの主な攻撃筋にはひと通り触れてあるし、ココセみたいな書き方はしていないし、説明は丁寧だし…というわけで、僕はこの本に対して、不満はありません。

 とはいいつつ、注意点も(^^;)。これはページ数の都合でどうにもならない事だと思うのですが…説明されている変化に関し、「ここ、振り飛車が4筋突破を狙ってきた場合はどうなるんだ?」とか、「あら?手順を入れ替えたら、振り飛車有利になるんじゃないか?」とか、「ここで桂を跳ね出されたら?」…みたいに、疑問に感じてしまう局面がそれなりにありました。思うに、この本はあくまで基本的な定跡筋の分岐を押さえていく感じの、ゴキ中vs居飛車穴熊戦の基礎を作り上げる本であって、『これからの角換わり腰掛け銀』みたいな、アマ低段レベルでは突っ込みどころすら見つけるのが困難なほどの重箱の隅まで配慮の行き届いた本、というものではないと思います。初段以上になった方でも、一直線穴熊を学ぼうと思ったらこの本以外に選択肢はないと思うのですが、しかし実践レベルで使える定跡を構築するには、この本に頼るだけではちょっと危険で、ある程度自分で研究する必要が出てくる気がします。僕はその研究に3~4か月を費やしてしまいました(^^;)。また、僕みたいに、プロ棋戦はタイトル戦とNHK杯とA級順位戦ぐらいしか見ない…みたいなライトユーザーだと、なかなかプロの一直線穴熊の棋譜を見る事が出来ないので、自分で研究するしかない…というのも、一直線穴熊を選択する場合のマイナス面かも知れません。超速▲37銀であれば、けっこうプロの指し回しを参考に出来るんですよね。そこは、マイナス面と言えばマイナス面かも知れません。
 もうひとつ。この本、振り飛車からの攻め筋が、流れで分岐していく感じに書かれていて、「△5三銀型」「振り穴△7二飛型」みたいな感じで名前が付けてあるわけではありません。僕は序盤定跡の勉強の時に、とにかく分岐図を頭の中に作り上げるのに苦労するタイプの人間でして(^^;)、綺麗にインデックスをつけて頭の中に分岐図を描いていかないと、うまく覚えられないのです…。というわけで、もうすこし覚えやすいように工夫して書いてくれたらより助かったな…とは思ったのですが、それぐらい自分でやれって話ですよね(._.〃)ゝ。

 色々書きましたが、対居飛車戦よりも対振り飛車戦に苦戦している居飛車党の僕ですが、この本を読み、またそこに少しだけ研究を加える事で、後手番ゴキ中戦に対してはメチャクチャ自信が出ました。対ノーマル四間飛車戦よりも自信があるかも。角道オープンの中飛車対策に苦慮していた自分には、救いの一冊でした!!大おススメ!



プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド