がんばって将棋初段を目指すページ!

Archive [2014年09月 ] 記事一覧

お気に入りサイトの更新情報

第62期王座戦 第3局 羽生善治 vs 豊島将之 (横歩取り)

 羽生さん2連勝ではやくもリーチ状態の王座戦ですが、豊島さんがこのまま3連敗するとも思えない。ただ…王位戦・王座戦とも、羽生さんの終盤力がヤバすぎる。多少のリードなんて全部ひっくり返してしまいます(^^;)。豊島さん、正念場の後手番第3局で採用したのは…おお~、横歩取りです!豊島さんが羽生さんに勝った2局はいずれも横歩、さらに豊島さんがコンピュータを破ったのも横歩でした。最近、横歩を見ていなかったの...

第64回NHK杯 橋本崇載 vs 郷田真隆 (向かい飛車)

 仕事をもう少し頑張りたかったもので、最近はNHK杯を見るのを控え目にしていたんですが、今日は郷田さんvs橋本さんとう好カードの上に、解説が佐藤康光さん。これは見ちゃおうかな。そして…マジで見て良かった内容でした(^^)。 何が良かったかというと、向かい飛車という、僕があまり遭遇した事のない戦型であった事。遭遇機会の多い戦型から順に潰して行っているのですが、向かい飛車や相掛かりという遭遇機会の少ない...

第55期 王位戦 第7局 羽生善治 vs 木村一基 (矢倉▲46銀37桂戦)

 もつれてきた王位戦、矢倉に角換わりと本格居飛車同士のガチ勝負が続いているのでメチャメチャ面白い。序盤勉強が最優先課題の僕にとってはものすごく勉強になります。一度やった勉強でも、忘れてたりしますしね(- -;*)ゞ イヤァ。。木村さんは負ければ終了の局面で後手番、ここが最大の試練となりそうです。そして戦型は…おおお~、矢倉だあああ!!!この王位戦に限って言えば、後手矢倉が全勝なんだよなあ。 盤面図は44手。矢...

四間飛車破り急戦棒銀を初めて指した、というハナシ

 将棋を指せる人って意外と多い…そんな話なのかな(^^)? かれこれ10年以上の付き合いである、仕事仲間がいます。最近はご無沙汰だったのですが、今年の春ぐらいからまた一緒に色々とやり始めた感じ。そして、なんと彼が将棋を嗜んでいる人間だった!そんなわけで、仕事が終わった後に、お酒を飲みながらちょっと指したのです。彼、将棋に凝った時期があるらしいんですが、最近はご無沙汰らしい。生粋の振り飛車党で、特に...

谷川流寄せの法則 基礎編

 この本、将棋の勉強を始めた頃に、一度読んだことがあります。ものすごく良い本だと思ったのですが、買いませんでした。理由は…その頃、谷川さんの書いた「光速の寄せ」という玉形別の寄せの本をまとめて買ったのですが、その「総集編」という1冊と内容が被っているところがあったから。しかし今回、この本を改めて読む機会に恵まれたという次第。 タイトル通り、この本は寄せの本です。個人的な感想を先に言うと、これから将...

第62期王座戦 第2局 豊島将之 vs 羽生善治 (角換わり相腰掛け銀)

 糸谷さんとの竜王戦の挑戦者決定戦に敗れ、木村さんとの王位戦の第6局に敗れた羽生さん。長く続いた絶好調状態がついに終わったか…と思ったら、その翌日にチェスで日本チャンピオン級の方を破るというとんでもない事をやって復調してしまった模様(^ ^;)。。う~ん、色んなジャンルに「天才」と呼ばれる人がいますが、羽生さんみたいな超絶的な天才というのは、ちょっと見た事が無いな。。 というわけで、ちょっと嫌な予感の...

4枚穴熊への挑戦

 序盤定跡の勉強方法をマイナーチェンジして以来、かれこれ2か月ぐらいゴキゲン中飛車破りを勉強(研究?)し続けている気がします。で、僕が採用しているのは、『中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド』をメインテキストにした居飛車穴熊。で、序中盤どころか、終盤間際まで掘り下げているものだから、中飛車の対策というよりも、穴熊の研究みたいになっている(^^;)。僕が穴熊を採用するのは、主に対四間飛車や中飛車戦。で、...

自分のゴール

 若い頃に立てた人生の目標がありまして、昔はこれに向けて突き進んでました。しかし、齢を重ねると自分に出来る事と出来ない事がだんだん分かってきて、「やっても目標に達する事は出来そうにない」と思える部分に関しては、既に心が折れかけていたりする。それでも何とか頑張るんですが…満足するところまで行けない。たどり着けないから億劫になる。でもこれじゃいけないと思ってまた頑張るのだが…この連鎖です。 それでも、ト...

第55期 王位戦 第6局 木村一基 vs 羽生善治 (角換わり相腰掛け銀)

 3勝1敗1分けで、羽生王位が先にリーチをかけた今回の王位戦。それにしても今回の王位戦は、矢倉に角換わりと、本格居飛車同士のガチ勝負が続いてメチャメチャ面白い!こんな将棋を指せるようになりたいなあ。 さて、この第6局は角換わり相腰掛け銀に進行しました。後手の羽生さんは△73歩を保留せずに早めに突き出し、右桂の跳ね出しよりも△33銀を優先し、先手の木村さんは▲48飛を決め、後手は△42金右型で構え…あ、...

第27期竜王戦 挑戦者決定第3局  羽生善治 vs 糸谷哲郎 (横歩取り)

 森内竜王への挑戦を賭けた3番勝負、泣いても笑ってもこの第3局で決着です!羽生さんにとっては永世竜王/永世7冠へのラストチャンスかもしれないので、ぜひガンバって欲しい。今年最大の大一番と思っていたので、仕事を休んででも観たい!と思っていたのですが…今月は忙しすぎて、とてもそんな事の出来る状態ではありませんでした(T_T)。。 そして、急いで帰ってきたのですが、間に合わず。既に終局していました。結果は…...

『佐藤康光の戦いの絶対感覚』

 今期の佐藤さんは絶好調!今期に限っていえば、羽生さんに次いで強いのは、森内さんでも渡辺さんでもなく、あるいは若手昇り竜の豊島さんや糸谷さんでもなく、佐藤康光さんなんじゃないかというぐらい。特に中終盤力が尋常でないというか、今期はものすごい棋譜を量産しています。羽生世代の異常な強さの秘密は、大局観からくる異常な中終盤力に集約されているんじゃないかと思える棋譜が満載なのです。例えば、この前の▲佐藤康...

第62期王座戦 第1局 羽生善治 vs 豊島将之 (矢倉)

  羽生さんのスケジュールの過密っぷりにはいつも驚かされますが、それにしても…竜王戦挑戦者決定3番勝負、王位戦7番勝負に加えて、王座戦5番勝負も始まっちゃいました。番勝負の3つ掛け持ちは、いくらなんでもキツいだろうな…。しかも、ついに始まった王座戦の相手は、20代棋士ナンバーワンの呼び声高い豊島さん。僕みたいな凡人なら「王座戦は落としてもいいから、永世位のかかった竜王戦をガンバろう」とか考えちゃいま...

第27期竜王戦 挑戦者決定第2局  羽生善治 vs 糸谷哲郎 (一手損角換わり)

 ほとんどの記録を達成してしまった羽生さんにとって、棋士人生で残った目標はといえば、永世竜王だけなんじゃないかと思います。しかも、永世竜王を取ると必然的に永世7冠になるというオマケつき(^^)。しかし…羽生さんはもう40代半ばに差し掛かっていて、普通ならとっくに全盛期を過ぎ、勝てなくなって当たり前の年齢。羽生さん自身も「いつでもタイトル戦に出れるという年齢じゃないし、これが最後という気持ちで対局し...

第73期 A級順位戦 森内俊之 vs 深浦康市 (矢倉)

 うあああああ~~~、森内さん負けたああ!!いやあ、深浦さんって、羽生さんや森内さんや渡辺さん相手に平然と一発入れちゃうから怖い。じゃ、メチャクチャ強いのかというと、若手や女流にコロッと負けたりするので、つかみどころがありません。 渡辺さんの3連敗に、森内さんが早くも土。う~ん、今期のA級は大混戦になるかもしれません。...

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR