あしたが楽しみ

 今期の竜王戦決勝トーナメントが面白すぎます。▲屋敷-△糸谷戦の一手損角換わりなんて、僕がこれまで見たこともなかった衝撃の将棋だったし、▲行方-△阿久津戦の横歩も、電王戦以来チラホラ見るようになった、後手が美濃に組むという新次元の横歩取り。しかし、阿久津さんって、後手横歩取りで独特の構想をチラホラ披露しますが、いつも返り討ちにあっている気がする(^^;)。とどめは▲中村-△深浦戦で、角換わり腰掛け銀で深浦さんに新手が登場!これ、指されたらヤバいと思い、自分なりに研究してみたんですが、どうも後手が指せる気がする。はやくこれを破るプロの対局が登場しないかなあ。そうしないと、怖くて先手角換わりが指せやしない(>.<)。しかしその深浦さんも、次の郷田戦で撃沈。この将棋の郷田さんの終盤が素晴らしすぎ、金井さんじゃないけど惚れてしまいました(^^)。少し先手がいいかなぐらいの将棋だったのに、終盤力だけで手合い違いじゃないかというぐらいのワンサイドゲームにしてしまうんだからすごい。僕の中では、郷田さんは「終盤力の異常な人」にランキングされています(^^)。そして明日は…

 その郷田さんが、ついに登場の羽生さんと対局です!
 http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/27/ryuou201408010101.html
 今期の羽生さんの強さは誰がどう見ても異常、僕的な「終盤力の異常な人」ランキングでも、郷田さんや丸山さんを抑えてのトップ。というか、ぶっちぎりのトップ。プロ将棋を見始めて2年も経っていませんが、たったこれだけの期間に何度信じられないマジックを見せつけられた事か。。名人戦ではコンピュータですら読めなかったとんでもない打ち込みを見せ、去年の中村戦では入玉を押し返して詰ませるという信じられない曲芸まで披露。ついこの前の王位戦第2局の終盤術でも、王手すらかける事が難しいぐらいの劣勢から、いったいどこで逆転が起きたのか分からないほどの大マジックで逆転勝ち。というわけで、羽生-郷田戦が事実上の挑戦者決定戦なんじゃないかなあ。

 そして裏では行方vs糸谷戦もやるんですが、これもすごく興味深い。
 http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/27/ryuou201408010201.html
 行方さんの将棋って、中盤は積極的に勝ちに行くというより、絶対に間違えないで淡々と指し続け、行けると思ったらいきなり踏みこんでキッチリ勝つ感じ。行方さんのイメージって、A級棋士でも攻め潰す事が出来ない最強の盾という感じがします。これが、森内さんみたいな受け将棋とはちょっと違って、正統という感じ。
 一方の糸谷さんは、行方さんとは実に対照的。正統というよりは異端、そして攻撃力が凄い!20代以下の棋士だと、豊島さん、糸谷さん、中村太一さんがトップ3だと思うのですが、中でも構想力、終盤力、手の見える力なんていう潜在的な将棋力は糸谷さんが一番の気がします。それはこの竜王戦トーナメントでも存分に発揮されていて、横歩を得意にしているA級棋士の三浦さんを横歩で撃沈、屋敷戦での見事な構想力と豪腕ぶりはさっき書いた通り。この攻撃力は最強の矛という感じ。一手損角換わりから右玉なんていう、けっこうディフェンシブに見える将棋を得意戦法に据えながら、将棋自体はかなり攻撃的というアンバランスさも、この人らしい気がします。で、この矛と盾、正統と異端が持ち時間の十分にある棋戦でぶつかるのだから、すごく興味があります。一手損角交換の勉強がいい加減なもので、一手損になってくれたら嬉しいなあ。糸谷さんの一手損って、角交換のタイミングとか、右玉とか、すごく独創的で面白いんだよなあ。

 いずれにしても、明日の竜王戦トーナメント、実に楽しみ(^^)。夏休みを取っていないので、明日は休むというのもありかも。行方-糸谷戦が一手損角換わりになるようならマジで休むかもしれん。。

http://live.shogi.or.jp/ryuou/

別の意味で面白かった

 昨日は羽生王座への挑戦をかけた王座戦の挑戦者決定戦、▲豊島さん-△丸山さんをやってました。しかし長い将棋になりそうなので途中で見るのをやめ、今チェックしたところ、なんと急転直下の幕切れだった模様。これが変な意味で大熱戦でした。

 序盤、丸山さんがとんでもない角度から筋違い角を打ち込んでリード!これを豊島さんが1時間以上の長考からの角捨てで逆転!今度は丸山さんが2時間弱という長考の倍返しからなんと玉頭の角を取らずに手抜いて攻め合い!そしてこの中盤は豊島さんがうまく攻めて先手優勢!!これは決まったわ、研究手とか派手な角捨てとかあって、シロウトにはとても真似できないような凄い将棋だったわ。さすがプロ、お二人ともお見事、いいもの見させてもらいました!!と思ったら…

 なんとここで豊島さんが攻めあぐね、チグハグな攻めを繰り返しているうちに、後手の丸山さんに指し手を逆用されながら万全の玉形を築きあげられ、あっという間に追い上げられます。あ~あ、やっちゃったよ。。さらに悪い事に、寄せられない事態に焦ったか、優勢のハズの先手豊島さんがまさかの入玉狙いに方針転換!いや、勝ち将棋でその方針はおかしいだろ、豊島さんもプロならカッコよく寄せ切ってほしかったな、と思ったら…なんと丸山さんも負けじと入玉狙い。これはグダグダだわ(^^;)。両者とも方針がぶれまくり、迷走しまくっております。しかし両者の迷走はまだまだ終わらず…
 豊島さん、入玉しきらないうちにまたもやいきなり方針転換、後手玉を寄せにかかり、しかも寄せられずに頓死筋を生み出すという最悪の事態に発展(T。T)。いやあ、未来の名人候補が大一番で頓死かあ、と思ったら…元名人の丸山さんもここでまさかの方針転換、、受ければ何でもない所で先手玉を逆に詰ましにいき、相手が頓死するはずが自分が頓死してしまいました(*゚∀゚*)。。結果は135手にて先手豊島さんの勝ち、羽生王座への挑戦権を獲得しました。

 変な気分です、えらく高度な縁台将棋を見てしまったような。…でも、ある意味面白かった(^^;)。しかし、今期絶好調で神の域に達している羽生さんへの挑戦を決める頂上対決が、こんなんでいいんでしょうか。何かが間違ってる気がする。。いずれにしても、羽生vs豊島のタイトル戦か、これは楽しみです!!

定跡と勝敗の因果関係

 先日、「たまに24で観戦しても定跡通り進んでいるものはほぼなく、定跡の有用性についても疑問を持っている状態」との書き込みをいただきました。たしかに、定跡と勝敗の因果関係って、どれぐらいあるんだろうか。という訳で、自分の直近の対局をサンプルに、この因果関係を調べてみました。作為的な抽出はしておらず、棋譜を新しい順にかたっぱしから調査。感覚的には、序盤定跡の精通度はかなり勝敗に結びついている気がするのですが、具体的にはどれぐらい結果に結びついているんですかね~。

 ちなみに、指し手が定跡手だったかどうかを僕が認識できないものなんてゴマンとあるので、定跡手かどうかの判断は、あくまで僕が指し手を定跡手と認識していたかどうかが基準。つまり、僕が判断できなくなった場合は、その時点で僕が定跡を外れたとほぼ同じ意味になるという計算。自力で指した指し手が定跡手と一致する可能性はありますが。どの対局も、指し手の棋力は先手/後手とも81dojoで3段以上です。

[戦型 | どこまで定跡手順だったのか | 勝敗との因果関係]
①矢倉▲46銀37桂戦法 | 70手弱まで定跡 | どっちが定跡を先に離れたのか不明
②ゴキゲン中飛車 | 21手目まで定跡 | 後手が定跡を外れ、結果後手負け
③先手中飛車 | 26手目まで定跡 | 先手が定跡を外れ、結果先手負け
④先手右四間飛車 | 48手目まで | 先手が定跡を外れ、結果先手負け
⑤△角道オープン三間飛車 | 不明? | 後手勝ち(僕が負けた)
⑥先手一手損角換わり(つまり、先後の逆転した正調角換わりと同じ)
 | 35手目で先手が後手有利とされている手を指す | 先手が定跡を外れ、結果先手負け
⑦先手三間飛車 | 概ねずっと定跡形(60手ぐらい?)
 | 定跡が不明になったあたりで先手がいきなり投了
⑧横歩△33角84飛 | 42手目まで概ね定跡手順 | 先手が定跡を外れ、結果先手負け
⑨横歩△33角84飛 | 30手半ばまで | 要研究の指定局面に突入
⑩急戦矢倉 | 50手前後? | たぶん後手が定跡を外れ、結果後手負け

 …いやあ、正確な集計を取るために、もっとたくさん調べるつもりだったんですが、あまりに歴然としているので10番で調査をやめました。3番が不明、7番は定跡を外れた方が咎められて負け。定跡を外れた方が勝った将棋は0です。つまり、不明を除くと、100%の確率で定跡を外れた方が負けです。更に不明というもの中には…例えば⑤ですが、僕が不明と判断したという事は、僕が定跡を知らなかったという意味なので、僕が定跡を外れ、結果僕が負けたという可能性が高いような気が…。これって、少なくとも3段以上になってくると、定跡を外れると全員が確実に咎めるという事を示しているんじゃないかなあ。露骨なのは②と③で、振り飛車が定跡を外したまさにその瞬間、居飛車は互角から大優勢に持ち込んでいます。⑥なんて教科書に書いてある定跡手だけで最後まで行ってしまった感じで、咎めた順も教科書そのまま(^^)。ヒーヒー言いながら『これからの角換わり腰掛け銀』を身につけた成果が報われた瞬間でした(^^)。あ、そうそう、⑦の対局は、たぶん相手の方は将棋ソフトを使用。指し手の脈絡がメチャクチャ(そう指すんだったら直前の歩の突き捨ての意味はなんだったんだ?みたいな手が頻発。これって、ソフトの候補手を適当に選んでいるからそうなるんじゃないかと疑ってしまった…)ので、強くそう感じました。で、感想戦で、僕が不思議に感じた何か所かの指し手の意味を質問すると、説明がもうデタラメ、最後には感想戦を15分以上やっていたのに、「トイレが我慢できなくなって投了した」とか言ってましたw。だったら感想戦なんてしてないでトイレに行けよ(^^;)。というわけで、⑦はデータとしては不適切かも。

 こうなると、早い段階で定跡を外れる力戦系ではどういう結果になるんだ?と思って、力戦になった将棋も調べてみました。僕は自分から力戦に誘導することはほとんどないので、あんまりサンプルがない…。でも、相手から力戦に誘導された将棋が少しだけありました。その結果は…

⑪初手▲94歩からの力戦 | 先手が力戦に誘導、結果先手負け
⑫相掛かりと横歩取りのミックスのような力戦 | 後手が力戦に誘導、結果後手負け
⑬角換わりの未開拓局面みたいな力戦 | 先手が誘導、結果先手負け
⑭5筋交換型の急戦矢倉の変形みたいな力戦 | 先手が力戦に誘導、結果先手負け

 マジか、これも力戦に誘導した方が100%負けています。⑪は30手目あたりで石田流にほぼ合流、しかしその時点で後手は攻撃形も玉形も不満なしでした。でも、これってどこかで見たことあるような気もするので、もしかしたらこういう指し方もあって、指し手の方にとっては定跡形だったのかも。⑫は、結果は力戦に誘導した方が負けになりましたが、序中盤はむしろ力戦に誘導した方が少し良かったようにも思えます。で、勝敗を分けたのは終盤力だったと思うので、これはデータとしてはふさわしくない対局かも。

 それにしても…まさかここまで極端な結果が出るとは思いませんでしたが、今回の調査では、3段以上になると、定跡を外れた側が勝つ確率は0%でした。

 まあこれは、アマチュアならではの結果なんでしょうね。プロなら既に指された順を調べているなんて当然、問題は優劣不明で結論の出ていない指定局面を打開する研究だと思うので、すべての対局は全部定跡から外れたところからが勝負になっているはず。僕みたいなナンチャッテ将棋指しとは戦っている次元が違いすぎます。僕程度のアマチュアだと、プロが何十年も、そして何百人もで調べて分かった結論をいっしょうけんめい追いかけるので精いっぱい。自分なりに課題局面と思っているところまで達する事の出来た将棋なんて、今回の調査では①と⑨だけ。しかも、実際に指した本人の感触としては、そこにたどりつく前にどちらかが「定跡を外した」んじゃなくって、「うろ覚えで定跡を間違えた」または「そこまで定跡の勉強が出来ていなかった」という感じ。

 いずれにしても、「定跡の有用性」については、データ的には疑う余地がないんじゃないかと。100%ですよ、100%。なんか勇気が湧いてきました。よ~し、今週も気合を入れて序盤勉強に勤しむぞ~!!何とか今年中には、羽生さんや森内さんのような、振り飛車キラーの居飛車党になりたいです(^^)。

序盤定跡の勉強、の前に…

 暑いです。夜だというのに、部屋の温度が30度を超えています。こんな日は、カルピスソーダでも飲みながら将棋を指して気分を紛らわすしかありません。というわけで、カルピスソーダを飲んでいる中、Lexis様から書き込みをいただきました。

「将棋の本(特に定跡書)を読むのに苦労された経験はございませんか?私は法律をやっているので情報の体系化や論理力には自信があったのですが、将棋の本の内容がさっぱり頭に入ってこず、10冊弱ある定跡書で読破できたものがありません…。いつも適当な右四間飛車をやっては指す手に困って負けています。そんな初心者ですが、ShougiXさんのブログからかなりの量の書籍を読みこまれた軌跡が窺えたので、アドバイスを頂きたく、書きこませていただきました。」
「将棋は観戦はしていたので、将棋を指すこと自体はできる、という程度でした。たまに24で観戦しても定跡通り進んでいるものはほぼなく、定跡の有用性についても疑問を持っている状態です。 」

(量について)

 スポーツでも音楽でも将棋でも、熟練を要する類のものは、正しく物事を考えることが出来るなんて言うのは当たり前であって、量をやらなければ絶対に身につかないと、個人的には思っています。熟練を要する類のものは、どんなに質が良くても、量をこなさなければ身につかない気がします。論理だけならば経路完全性さえ担保出来ていれば問題ナシですが、熟練には経路完全性に加えて反復学習が必要。若い頃、どうしても演奏できない楽器がありまして、あるプロの人に教えを乞うた事があります。で、一日一緒にいたのですが、そこでビックリしたのは圧倒的な練習量!もう「ここが弾けない」「あれが出来ない」と理屈ばかりこねていた自分が恥ずかしくなってしまいました。リクツ以前に、練習の絶対量が足りていなかったのです。将棋でもこういう事はあるんじゃないかと思っています。例えば、将棋を始めたばかりの頃は、脳内で将棋盤の視覚イメージを作ることが出来ずに定跡書を読めないという事はよくあるみたいです。この場合も、解決策は「どうやれば将棋盤が頭でイメージできるか」というリクツや質をいくら追及したところでほとんど無意味で、とにかく量。まずは、勉強量を疑ってみては如何でしょうか。

(質について)

 何かを学習している時って、学習する側に「習う技術」「学ぶ技術」が要求されると思っています。例えば、先生と生徒だったら、先生よりも生徒の方に習う技術が必要。同じ先生に習っているのに、成績の差が出るなんて言うのは、その典型例なんじゃないかと。
 学習がうまくいかない際は、先生やテキストに問題があるのか、学習している自分の側に問題がるあるのかを正しく見極める必要があると思います。学習できる出来ないの差は、半分は学習する人の側に問題があるハズですからね。そして、テキストが悪いのであればテキストを取り換えるし、自分の側に問題があるのであれば躊躇なく自分を変えると良いと思います。先ほどのプロの音楽家先生に教わったことは量ばかりではなく、質もそうでした。僕は、とある曲を演奏できるはずのない指使いで練習し続けていたのです。その指使いでは、日本一の演奏家ですら演奏困難だったわけです。この場合の問題は、量ではなく質でした。質を疑う。それが正しい学習法であるかどうかを最初に見極める。量の勉強をするのは、正しい学習法を見極めてから。この時、最良の学習法を導くことが出来るのは、自分しかいない。何が困難になっているのかを知ることが出来るのは本人だけですからね。

(序盤定跡を理解するには基本的な棋力が必要というハナシ)

 10級ぐらいの頃、序盤定跡の勉強が捗らないのは、序盤定跡ではない所の棋力にあるのかも知れないと思った事があります。
 将棋って、序/中/終盤は別物だが、このバランスが取れていないと勝ちに結びつかないゲームなんじゃないかと思います。これを将棋勉強に置き換えて表現すると、終盤のレベル10の人が、序盤のレベル20を理解しようとしても難しい、みたいなイメージ。序盤定跡の本を読んでいて理解できないというのは、それ以前の基礎的な将棋力がまだ完成していないのかもしれません。例えば、5手詰が解けるぐらいの棋力があれば、序盤定跡書で検討を打ち切られた局面の先がどうなるかの想像がつくが、その棋力がないと検討打ち切りのところでチンプンカンプン、なんていう現象は、級位者の頃はよくありました(^^;)。最低限の棋力がないと、序盤定跡の本の指し手の意味を理解するのに大変に苦労する事も多いんじゃないかと思います。

(定跡は、定跡手以外を咎められて初めて有用になるというハナシ)

 定跡の有用性について。「ここにパズルゲームがあって、まったく同じ思考能力を持った人がこれを解く競争をする。この条件下で、もし一方が既に解法を知っており、もう一方が一から解法を考えなければならないという状況になったら、解法を知っている人が圧倒的に有利。」これが定跡の有用性であると思います。本将棋でいきなり考えるのと、既に正解を知っていて指すのでは、思考に費やさなければならない対象を大幅に狭めることが出来ます。で、もし全100手の将棋で、詰みまで研究されている将棋の場合、「この場合は指し手Aが最善だろ」という解答が100手に渡って蓄積されたものが定跡だと考えれば良いのではないでしょうか。これを20手まで指せれば、20手までは絶対に間違わないし、50手まで指せれば50手までは絶対に間違わない。もし定跡を知らない戦型になった場合は、自分に指し手が回る度に何十手も読みを入れて最善手を探し出さなければならない。これがどれほど有利であるかは、次回にでもデータで検証してみようと思います。
 そしてこれがそのまま、「定跡通り進んでいるものはほぼなく、定跡の有用性についても疑問」への回答になります。将棋はまだ完全解に至ったゲームではないので、たしかにまだ解析されていない手がゴマンとあります。しかしこういった未解析の手のうち、9割以上は間違いなく悪手であるので、これを除外すると…研究の範囲にある指し手の場合、定跡を外れた手は、明らかにマイナスの指し手であるわけです。だから、定跡通りに進んでいないというマイナスの指し手を咎められないのは、咎められない人間の棋力の問題であって、それは定跡の有用性を否定するものではないんじゃないかと。言い換えれば、定跡を活用できなかったのは、定跡の勉強段階で問題があったか、棋力自体に問題があるのかのどちらか(あくまで有効手となりうる新手を除いたハナシです)。基本的に、定跡勉強は、自分の最善手を覚えるだけでは半分で、相手の悪手を咎める順も覚えて、はじめて役立つものになります。

(序盤定跡を覚える前に知っておくこと)

 序盤定跡が覚えきれねえ!!これは誰でもそうだと思います。僕の計算だと、居飛車を選択した場合、1日1~2時間を序盤定跡の勉強に充てるとして(=ひと月で1冊ぐらいのペースで進むとして)、戦型を極限まで絞り込んだとしても、最低限の定跡を覚えきるのに3年ちょっとかかる計算です。僕も、その道半ばです。対ゴキゲン中飛車なんて、超速▲37銀が良いと分かり切っているのに、それを勉強する時間が無くって後回し(T_T)。次善手の一直線穴熊で何とか凌いでいる状態です。
 4つほど、序盤定跡に関する命題を作ってみようかと。真偽のほどはまた別として。

 1.本を読むだけで定跡を覚えるなんて無理。

 2.定跡書を丸覚えしても、それぞれの手がなぜ最善手であるかを理解していなければ無価値。
  これは、次善手以下が指されたら咎める順をを知っているかどうかと同じ意味。

 3.一冊の定跡書に書かれている順なんて定跡の一部でしかない。
  一部しか定跡を知らない場合、その一部にし進行しない限り、定跡は使い物にならない

 4.定跡は新手が出れば簡単に覆る。
  定跡が更新されるという事を頭に入れた勉強方法を採用する必要がある


 は、根本です。羽生さんですら「指さないと覚えられない」と言っています。将棋の勉強で昔から言われているのは、実際に駒盤に並べる事みたいです。多分これは意味記憶ではなく体験的記憶などとしても記銘できるからだと思います。僕の場合は、「Kifu for Windows」というソフトに入力して並べています。こうすればついでにデータベース化できますしね。このソフトについても過去に記事にしましたので、ブログをひっくり返して探してみてください。実践で何度も指さないと覚えられないという根拠は、記憶というものの「記銘」と「思いだし」が、別のプロセスであるからだと思います。定跡の勉強を、リアル将棋盤であるにしても棋譜ソフト上であるにしても毎日しているとですね…、毎日、昨日の勉強の終了地点に戻るために、初手からバババッと並べる事になるので、最初の指し手になればなるほど、100回じゃきかないぐらいに並べ直す事になります。これを繰り返していると、調べている段階で本筋の手順は嫌でも身についてしまうと思います(^^)。で、定跡を覚えたら、すぐに実践で使いまくる!
 は、先ほど述べたので説明を割愛。これは定跡手を覚える事の意味それそのものを示していると思います。
 は、2から引き出される命題でもあります。たかだか200~300ページ程度の本に、ある戦型の変化の全てが書けるわけがありません。だとしたら、定跡書というものは、そのエッセンシャルな部分だけを取り扱うか、限定した局面だけを深く掘り下げているかのどちらかの傾向に傾くはずです。同時にについても気づいておくと良いと思います。3と4を重ねて考えると、どういう事態が生じるかというと…定跡書の定跡手順が、実はすでに使い物にならないものである可能性があります。言葉を変えると、1冊の定跡書を丸覚えしても、それは無意味である可能性がある。ということはですね…序盤定跡の本を読むときには、最善の定跡手順を調べる段階と、それを覚える段階の2段階に分ける必要がある、という事になります。序盤定跡の本は、いきなり覚える為のものじゃなくて、自分なりの序盤定跡システムを作り上げるためのツールのひとつ、と思った方が良いと思います。

 序盤定跡の勉強という観点からすれば、定跡書を使っての学習というのは、方法のひとつでしかなくって、決して目的ではないと思います。序盤定跡学習の目的は、序盤の効率的な指し手のシステムを作り上げ、それを記憶する事です。
 で、具体的にどう勉強するかというと…最近、僕自身が序盤定跡の勉強法をマイナーチェンジしたので、近いうちに別記事でまとめようと思います!

(しょっちゅう負かされる戦型への対策が定跡勉強の第一歩、の気がする)

 これだけ長文を書いておいてナンですが、「レート1000前後」という事は…個人的な見解ですが、超初心者の頃は、手筋と寄せの勉強だけはキッチリしておいて、あとは同じぐらいの手合いの人と本将棋をガンガン指しまくった方が将棋の勘所が掴める気がします。そうそう、駒の手筋の勉強は『羽生の法則1 歩・金銀の手筋』と『羽生の法則2 玉桂香・飛角の手筋』がおススメ。他を選択するなら、高橋道雄さんの駒の手筋本も評判がいいです。寄せの勉強は『寄せの手筋200』がおススメです。序盤の定跡勉強は、実は果てしなく時間がかかるので、取り急ぎは『将棋 絶対手筋180』で間に合わせてしまう。で、中飛車でも矢倉でも石田流でも右四間飛車でもガンガン指しまくる!自分の中終盤力を頼りに、プロの指し手なり定跡書の手順なりを見よう見まねで指しまくる!もし変化されたら、あとは中終盤力を頼りに考えまくって勝ちを見出す。で、10連敗も20連敗もする。すべてはそれからなんじゃないかと。そうすると、たぶん50番ぐらい指した頃には、「終盤力をどうにかしなくちゃ」とか、「あの戦型に対する対策を立てないとマズいな」みたいなものが見えてくると思います。僕の場合、10~7級ぐらいの頃は、対戦相手に四間飛車使いの人がやたらと多くて、自分の勉強したい戦型以前に、四間飛車の定跡勉強に手をつけないわけにはいかない事に気づきました。四間飛車破り、これが序盤定跡の勉強の第一歩だった気がします。で、さすがに何百人もの棋士が、何十年にもわたって作り上げた定跡というものの効果は絶大で、定跡手順で指せるようになると相手を負かせるようになる。指す前から答えを知っているという事は、指す前から優勢みたいなもので、こうなると面白くて仕方がなくなるんじゃないかと。例えば横歩△45角戦法なんていう詰みまで研究されている定跡はゴチソウサマ状態で、終盤力さえ伴えば無敵状態になります( ̄ー ̄)。こういう得意戦型をひとつずつ増やしていくというのは快感の極み。こうなったらしめたもので、序盤定跡の本というのは、アタマに入らないとかそういう問題ではなくなって、毎日読みたくて読みたくてたまらなくなるぐらいの面白い本になると思います。僕の場合、最近は本将棋を指すよりも、序盤研究をしたり定跡書を読んだりすることの方が楽しいぐらいの状態です。毎日、「おお~、そんな手があるのか、すげえ~」みたいな発見の連続になるので(^^)。


若手女性棋士のレベルがものすごくあがってる?

 ただいま、女流王座戦の挑戦者決定トーナメントが絶賛開催中。とはいえ、僕は女流の将棋をまったく見ないので、完全にノーマーク。知っている人と言えば…

清水市代中井広恵:どちらも女流最高段位、全盛は過ぎたものの相変わらず強い
甲斐智美 里見香奈:恐らく現在最強、しかし今は病気で不調
矢内理絵子加藤桃子香川愛生:男性でいうところのA級棋士的な感じ?
室谷由紀:超絶カワイイがあまり強くない
竹部さゆり:アマを相手に本気で負かしにくる
石橋幸緒:政争に巻き込まれて頓死

 いや、完全に僕の脳内イメージなんですが(^^)。。しかし、まったく将棋を見ていない割には意外と知ってるなあ。これはタイトル戦なんかで女流棋士さんが司会進行を務めるからかもしれません。
(*追記:さっそくコメント欄よりご指摘をいただきました。「恐らく現在最強、しかし今は病気で不調」というのは、甲斐さんではなくって里見さんではないかと。その通りでございました。お詫びして訂正させていただきます。ご指摘いただき、ありがとうございましたm(_ _)m。)

 でもって、この女流王座戦のトーナメントで、清水・中井の両6段が、どちらも奨励会員に負かされてしまった模様。ひとりは奨励会初段の西山朋佳さん、もうひとりが奨励会1級の伊藤沙恵さんという方。全盛を過ぎたとはいえ、最高段位の40代前半の棋士が奨励会員に連続で負かされるという事がありうるのか。。これを男性棋士に置き換えて考えてみると…例えば藤井さんや屋敷さんや丸山さんや先崎さんあたりが、40代前半で、最高段位で、しかし羽生さんや森内さんみたいな全盛期ではない棋士という事になるのかな?彼らが奨励会1段以下の棋士に負ける事があるとは思えないぞ。。ちょっと、女流のレベルというものを疑ってしまいました。

 女流の実力を疑った事は、前にも2回あります。ひとつは、ついこの間、将棋会館でのこと。「金も暇もないのに道場に通ったりして将棋に夢中になって仕事をおろそかにする事はない」という妻との約束を破って、ついに道場に行ってしまったのですが(^^;ゞ、その時に「もしかすると女流って…」という疑問が。道場に行った理由はいくつかあったのですが、ひとつは指導対局を受けるため。で、僕が行った時は、奨励会の人ではなくって、女流棋士が相手してくれました。で…2枚落ちとはいえ、なんと将棋歴1年半程度の僕が勝ってしまった(ちなみに僕は、駒落ち定跡というものをまったく知らない…)。指導対局というのは、上手は相当に加減して指すと聞いたことがあるので、緩めてくれたとも思ったのですが、どこかで「あれ、女流って…」という気持ちになったのもたしか。あれ、飛車落ちで指したらどうなっていたんだろうか。

 飛車落ちと言えば、お笑い芸人の方と女流棋士の竹部さゆりさんが飛車落ちで指した将棋もありました。

 で、この将棋を見た時が、女流の棋力を疑った2回目の出来事。この飛車落ち将棋、僕は見ていて「あら、飛車落ちだったら女流棋士さん相手でも何とか粘れるかもしれん」と思ってしまいました。今見ると、緩めて指されていたのは見え見えなんですが(^^)。序盤で一手パスみたいな手を指してあげてましたし、終盤もチャンスを見送って、芸人さんに何度もチャンスを与えています。芸人さんの▲92金なんていう悪手に△66角で寄せに行かないなんて、やっぱり緩めてるんでしょうね。しかし、東京の将棋会館で段持ちの人なら、中盤の竹部さんの△55角に対して▲66金上なんていう緩手はまず指さないだろうし、終盤の一間龍に対する金合いなんていう緩めた受けも▲62歩なり▲53桂打あたりでキッチリ咎めて勝ちきると思うので、「万一これが緩めたんじゃないとすれば…」と、見た当時は思っちゃったのでした。。それにしても、竹部さん面白すぎる(^^)。この人、たまに暴言を吐いて自滅しますが、個人的にはメチャクチャ好きです(^^)。

 そんでもって、今回女流王座戦を勝ちあがっている奨励会員のおふたりは、6段に一発入れただけでなくって、どちらも1~2回戦を勝ち上がっています。しかも緩い当たりではなくって、けっこう強い人を倒してる。で、清水市代さんを倒した将棋の棋譜を見てみると…いやあ、さすがは奨励会初段、これは強いわ。。こうなると、この先でふたりの奨励会員に太刀打ちできそうなのは…タイトルホルダーの加藤桃子さんと香川さんだけかも。

 いま、ネットでも対局が出来るようになったので、「友達と将棋を指す機会がない」という機会損失による棋力の男女差というものが縮まっているんじゃないかという気がします。もしかすると、今は女流棋士の棋力が一気にステップアップする時期なのかも知れませんね。女性初のプロ棋士が登場するのも、そう遠くないかも。

第55期 王位戦 第2局 木村一基 vs 羽生善治 (矢倉▲46銀37桂戦法) 

20140725_habuvsKimura.jpg 後手番の初戦を取り、羽生さんに今季初の黒星をつけた木村さん。第2局は先手番、これを取ると一気に王位奪取に近づきます!ここは18番の矢倉に誘導したいだろうな。…矢倉だああ!!いやあ、これは羽生さん、嫌な流れなんじゃないでしょうか。

 しかし仕事が忙しく、1日目からチラチラ見るので精いっぱい。ようやく2日目の夕方に何とか時間が来て、様子を見ると…木村さん、優勢っぽい。更に木村さんが踏み込み、羽生玉を寄せに行きます。羽生玉は追い詰められ、紛れを作ろうにも駒が足りなすぎる。攻め合いに持ち込むどころか、木村さんの攻めを凌ぐので精いっぱい。いやあ、木村さんは時の名人相手に矢倉で往復ビンタか、これはムチャクチャ強い、ただの解説の面白いおじさんという訳ではないぞ…というところで、東京に雷が落ちて停電。あらあ、将棋どころか、仕事の続きも出来ないわ(T_T)。で、1時間ほどでようやくネットが回復、どうなったのかを見てみると…なんだこりゃ、羽生さんの勝ちになってるじゃないか?!マジか、あそこから受けの達人の玉を詰ましたのか?!…う~ん、信じられん、ちょと夜にでも棋譜を見てみよう。そうそう、竜王戦の挑戦者決定トーナメントの屋敷vs糸谷戦も、一手損角換わりで凄い将棋になってたんだよな。よ~し、仕事を早く終わらせて、はやくうちに帰るぞ!!

◆◆◆◆◆

 とか言って、帰宅が日付を跨いでしまった(T_T)。もう夜中の1時半を回ってるじゃねえか。…今年の夏はずっとこうだろうな、あきらめよう。

20140724王位55-2_木村一vs羽生_矢倉45手 さて、将棋はガッチガチの矢倉戦。先手から眺めれば▲46銀37桂戦法で、僕が一番好きな矢倉の戦型です。しかし、この戦型に対する後手の対応策が、実はよく分かっていないので、これはよい勉強機会かも(^^)。盤面図は45手目、先手の羽生さんが▲65歩と宮田新手に行った所。これ、僕はいつも先の見通しもないまま△64歩とぶつけちゃうんですが(^^;)、実際はどう指すのが良いんだろうか。

△85歩▲25桂△42銀
 8筋の歩を伸ばしちゃうのか!いやあ、矢倉戦で玉頭の歩を伸ばしちゃうと、桂を跳ね出すことが出来なくなってうまく指しこなせないんだよなあ。…でもそんなことを言っていたら一向に上達しないので、宮田新手には△85歩と覚える事にしよう。。次いで、右銀も守りに回すのかあ。これは攻めさせておいてのカウンター狙いの構想に見えるけど…先手は桂も跳ね出して絶好の駒組み、これ以上進展性がないので、次に仕掛けると思うのですが、さてどこから開戦するのか。

▲35歩△同銀▲同銀△同歩
 まずは攻めの銀と守りの銀を交換!矢倉の王道ですね。北島6段曰く「▲3五歩の仕掛けに対しては△同銀が定跡です。▲3五歩に△同歩と取るのは▲1五歩△同歩に▲5五歩と突かれて後手が損」との事。なるほど、勉強になります(^^)。

▲15歩△同歩▲64歩
 でもって、調子に乗って▲35同飛としてしまうと、△34歩と守られて攻めが切れちゃう。まあそれでも銀交換は成立したので悪くはないんでしょうが、ここで1筋突き捨て~6筋突き捨てと行くのが最近の流行だそうで。手番を渡さないまま攻めきっちゃうんですね。やっぱり定跡手順で指してくれる将棋が一番勉強になるなあ(^^)。6筋突き捨ての歩を、後手は歩で取るべきなのか角で取るべきなのか。大駒の利きを優先してしまう僕は絶対に角なんですが、そうすると「△64同角には▲3五飛△2四銀▲6五飛△7三桂▲6六飛と飛車を6筋に転回して捌きを目指す順」があるんだそうで。いやあ、棋譜中継の解説はマジでありがたい、恐ろしく勉強になる。。

△64同歩▲35角△34歩▲57角
 しかし、羽生さんの選択は歩で取る順でした。これだと後手は馬を作れるのが先延ばしになっちゃうけど、守る構想で行ったのだから徹底的に守る、という事かなあ。これは真似したくないというか、受けに自信がある人じゃないと指せない順の気がする。。後手の角道が止まったので、先手は悠々と3筋の歩を外して、そのまま角を引きあげ。角の引き場所は▲68角もあったと思いますが、宮田新手に行った以上は57~66のルートは狙いたいところなんでしょうね。5筋の角頭が恐い気もするけど…ああそうか、△52飛と回して来れば▲63銀で勝負ありですね、なるほど。

20140724王位55-2_木村一vs羽生_矢倉60手△24歩(60手目盤面図)▲12歩△同香▲24角△23銀▲46角△24歩

 後手陣は次に▲14歩と打ち込まれたらどう見ても崩壊。どう受けるのかなと思ったのですが、ここの受けの定跡は見事!これは丸覚えだな( ̄ー ̄)。「大駒はひきつけて受けよ」というやつですね。△24歩で角を呼び込んででおいてから△23銀、先手は角を逃げるのに一手使わざるをえないので、そこで改めて△24歩。いやあ、このリペア術は素晴らしい。
 先手も素晴らしい工夫。いきなり取るのではなく、一度▲12歩△同香の交換を入れてから切り取りました。こうして香を吊り上げておけば…

▲13歩△同桂▲15香△14歩(70手目)
 ▲13歩が香に当たるので、桂をタダで抜かれなくて済むという訳ですね(^^)。で、後手もこれを△13同香で抜くと、▲同桂成△同桂▲17香打で決まっちゃいそう。で、最後の△14歩で70手ですが、これもまだ定跡の範囲なんだそうで(^^)。う~ん、矢倉はマジで奥が深いなあ。。しかしまだまだ定跡順は続いて…

▲33歩△31金▲32銀△15歩▲43銀成△同銀▲63金△25歩▲同歩△42銀▲24歩△14銀(82手)

 ▲33歩以下の攻撃は、矢倉戦でいかにもありそうな攻撃手順。駒損覚悟で攻め潰す事になるおで、後手はここを凌げば勝ち、先手はここで攻めきれれば勝ち、という感じだと思います。僕程度のレベルのアマだと、この手の攻撃を受け切るというのは容易ではなくって、だから駒の交換が入った後の矢倉崩しを先着できる先手が勝つことが多い気がします。ちなみに、この82手目でもまだ定跡順なんだそうで。す、すげえ…。いつも思うんですが、プロはこれを平然と指しこなしていますが(今回の羽生さんもパンパン指していた)、アマってどれぐらいまで定跡順を覚えているものなんだろうか。この定跡は素晴らしすぎるので頑張って丸覚えしちゃおうと思いますが、1か月後に覚えている自信がないぞ。。

20140724王位55-2_木村一vs羽生_矢倉92手 ちょっと進んで92手目。ここで木村さんと羽生さんの双方に凄い指し手が出ました!まずは木村さん。羽生さんに受け切られ、ついに後手の反撃という状況に見えたんですが…

▲75歩
 うああ、ここで手を変えて桂頭攻めか!!う~ん、もう良くても悪くても▲71角あたりから一気に決戦に行っちゃいそうですが、ここでこんなゆっくりした手を指すとは。しかも数少ない守り駒の歩を伸ばすのは、怖すぎるだろ。しかしこれを後手の立場から見てみると…受からないんじゃないか?じゃ、受けずに攻め合いといくなら…アホな俺には▲25香しか見えない。速度的には行けそうですが、駒が足りるかどうか分からんなあ。…足りなそうだなあ。。これは羽生さん参ったか。ここで羽生さんが何を指したかというと…

△26歩
 うああああああああ~~~!!!!なんだこれはw(゚д゚* )w。。いやあ、まったく意味が分からないぞ、いきなり何もないところに歩を打ち込みやがった。…窪田6段曰く、「上部開拓しつつ▲7四歩を誘い好条件で△8四飛と浮く意図」との事。いやあ、こんな部分的な手筋があるのか、知らなかった。。

 以降の攻防戦は、素人目にはもう圧倒的な先手よし。後手の羽生さんは飛車を9筋に追いやられて動きを封じられ、急所のラインに角を打ち込まれ、もう入玉して逃げるしか可能性は残されていないような状況。プロの解説コメントも、後手玉の寄り筋が書き込まれているほどですが…もう、どこで逆転が起きたのかさっぱりわからないうちに、羽生さんが逆転!!なんと、最後の最後で遊ばされた9筋の飛車が決め手になるという合理性。あれ、どこまで分かって指していたんだろうか、信じられん。。木村さんに悪手があったようには全く見えなかったんですが、162手にて羽生さんの勝ち!

 とにかく、記事で書かなかった終盤が凄すぎる。僕には全く理解できなかったから、書けなかったのですが(^^;)、すごいの一言、夜中にパソコンの前で感動しております。。大名局だったんじゃないでしょうか。もし、未来に「羽生名局集」みたいなのが出版されるとしたら、この一戦は大逆転劇として間違いなく採用してほしい。

 これで王位戦は1勝1敗の5分、しかし優勢のこの将棋を落とした木村さんのショックは大きいんじゃないでしょうか。一方の羽生さんは負け将棋を拾ったのが大きい。でも、このまま矢倉シリーズになったら、まだまだ分からない気がします。分かったのは、今の木村さんが、もしかすると森内さんや渡辺さんよりも強いかもしれないほどの絶好調である事。この王位戦の木村さんの将棋を見て、『木村の矢倉』を読みたくなったのは僕だけではないはず(^^)。しかし…今の羽生さんの終盤は凄すぎる。なんか、竜王戦の挑戦者も羽生さんで決まってしまう気がするなあ。7冠とはいかないまでも、5冠ぐらい行っちゃうんじゃなかろうか。


第27期竜王戦決勝トーナメント 郷田真隆 vs 深浦康市 (横歩取り)

 竜王戦の挑戦者って、名人戦と違って、ランク下位の棋士にもチャンスがあります。あるのですが…竜王戦1組の棋士の壁が厚すぎる。この前も、若手3強豪(私基準)の中村太地さんが、得意の先手番角換わりとなったのに、深浦さんにものの見事に粉砕されてしまいました。さて、その時に新手を出して勝ち上がった深浦さん、今度は郷田さんとの対局です!これ、郷田さんが後手になって角換わりに進行したら面白い事になっちゃうんじゃなかろうか( ̄ー ̄)。。

 おお、またしても深浦さんが後手だ!角換わりに誘導するか?!…と思ったのですが、2手目は△34歩、将棋は横歩取りに進行しました。でもって、後手の深浦さんは最近はやりの△23銀の構え。いいか悪いかは別として、後手で横歩を指すと、△23銀の形って手を作りやすくて、指しやすく感じます。飛車をぶつけたり、△25歩の筋が生じたり、端から攻めて行って角を打ち込んだりね。うまくハマると、先手の飛車を封印出来ちゃいますし(^^)。というわけで、この将棋も後手の深浦さんから仕掛けたのですが…今日の深浦さんは、ちょっと指しすぎだったかも。ど素人から見ても「え、それって香で取り返されたらどうするの?」みたいな強引な端攻め。前回の中村戦で、端攻めの新手に快感を覚えてしまったか( ̄ー ̄)。しかし、郷田さんに、エレガントに切り返されてしまいました(^^;)。というわけで、序盤早々にして深浦さん大ピンチ。

20140722_68手 で、そのまま着実に優勢を広げていった先手の郷田さん。盤面図は終盤の68手目ですが、ここでの郷田さんの指し回しがメチャクチャ勉強になりました!深浦さんがと金をうまく使って反撃、先手の龍の攻めにも、中原囲いをうまく活用して香の合駒で凌いでいます。先手は金銀桂と攻め駒が揃っていますが…いやあ、これ、どうやって崩せばいいんだ?▲72金なんてやっていたら、△48とから結構ヤバい事になっちゃうんじゃないか?ここで郷田さんの放った手は…

▲27銀
 うおお、守りが正着か!!
いやあ、こういう所で急に手を戻すのって、本当に苦手なんですよね。攻めて攻めて、もう少しで寄りというところで、いきなり守りに行くというのって、どういう思考回路を持っていれば指せるんだろうか。しかしこれ、指されてみると…素晴らしすぎる。もし▲72金みたいな手だと速度計算の将棋になっちゃって、読み抜けがあったらアウト。しかしここで守れば安全勝ちという訳ですね。いやあ、これは見事だわ。。相手の角を詰ませた上に、自玉もかなり安全になっちゃった気がします。

△27同角成▲同龍△28角成▲21龍(73手目)
 深浦さんは先手陣の金銀を剥がしましたが、角を1枚抜かれました。2枚替えではありますが、この終盤に限っては既に寄る寄らないの話なので、そういうのはあまり関係ない気がします。むしろ、懐の深い玉を追わなくてはならないので、後手は1枚でもいいので金駒よりも足の長い駒が欲しい。
 もうひとつ、郷田さんの指し手で凄すぎると思ったのが、73手目の龍の逃げ場所。あら、普通は玉のラインに入れる▲22龍とするもんだと思ったんですが、なんで▲21龍と1段目に入ったのかな、と思ったんですが…そうか、今の戦場で後手の角を抜いたから、一段龍にしておくと、▲72金が▲61角までの詰めろになるのか!いや、それも見越して守りに手を戻したんだとしたら、やっぱりプロは凄い、凄すぎる。
 しかし、郷田さんだけが凄いわけではありませんでした。深浦さんの深謀も見事。

△48と▲同玉△39銀▲58玉
 そうそう、飛車がない状態で横から追うとこうなっちゃうんだよ。かといって、待ち駒を張る場所も、駒の余裕もないしなあ。

△38馬
 まあ、金を貼っているようでは明らかに足りないし、攻めるといってもこれぐらいしか手がないのは分かるんですが、これでは王手は追う手で、先手玉は捕まらないだろう。捕まらないよな。捕まら…うおおお、これ、次の△47馬が必至じゃねえか!!!という事は、実は詰めろだったんだ!!…いやあ、僕が先手だったら、確実に頓死してました(^^;)。しかし、これが詰めろであることにさえ気づいていれば、▲65角みたいな手で飛車取りと47への利きを同時に作る手あたりでカッコよく凌げそう。こういう攻防手が思いつくようになったとは、俺も成長したな( ̄ー ̄)、と思ったら…

▲45桂(79手目)
 全然違った、俺もまだまだだわ(- -*)。しかし郷田さん…悠長に桂なんて跳ねていて大丈夫なのか?これで受かっているかどうか、全然わからん。しかし、ここでこんな手を指せるなんて、トップ棋士は凄すぎるな…。

△48銀成▲68玉△47馬
 銀と馬を使おうと思ったら、やっぱりこの順ですよね。しかし、これで明らかに足りなくなったように見えます。▲79玉で先手陣には届かずだしな、もう▲79玉で先手勝勢でしょ。

▲66銀△46馬
 全然違う(´;ω;`)。。大体、ど素人の俺なんぞが郷田さんや深浦さんの手を当てようなんて言うのが100年早いんだよな。。しかし、次の手を見て納得。なるほど、後手の次の手が△46馬と銀を外す手と見て、53を受けに行き、同時に玉の脱出口を増やしたわけですね。たしかに▲79玉よりも得な気がする。△46馬は桂取りにもなっていて、後手は駒がボロボロ取れて相当に追い上げているように思えますが…

20140722竜王TN_郷田vs深浦_横歩85手▲33桂成(85手盤面図)
 いやあ…これはカッコいい。この成り込みを見越して、79手目は安全そうな▲65角ではなく、わざわざ際どそうな▲45桂を選んだのか。さっきから、指し手の意味が10手ぐらい後に分かるという指し手のオンパレードですが、読みの深さに圧倒されてしまう…

△58成銀▲同玉
 うおお、深浦さん、銀のただ捨てだああ!!!いやあ、これは玉を危険地帯に誘うという以外の意味はないと思うのですが…いったいそこからどうやって手を作るつもりだ?

△24飛車
 飛車をぶつけたあああ!!!
…いやあ、これは構想が面白い。もし先手が▲32龍と躱すようなら△28飛成で後手が先に王手、手番が渡ります。合駒も同じ。▲同龍△同馬の飛車の清算は、どう考えたって後手の得。ここは▲42成桂と一度王手しそうですが、先手はそこからどうやって切り返せば良いんだろうか…

▲42成桂△同玉▲33銀△同玉▲25桂
 ▲33銀~▲25桂?!か、かっこいい…華麗すぎるだろ。。金井さんが郷田さんに惚れ込むのも分かるような指し手です。郷田さん、深浦さんの銀のただ捨てからの勝負手を、信じられないような順で消してしまいました。

 以下、郷田さんは危なげなく後手玉を詰まし、101手にて先手郷田さんの勝ち!!いやあ、この将棋は終盤が面白すぎました(^^)。しかし…負けた深浦さんですが、序盤であまりに踏み込み過ぎたものの、悪くしてからの粘りが見事!大差負けかと思いきや、何度も相手の頓死筋を作り出し、トラップを仕掛けまくるんだからトッププロは怖い。。

 これで竜王戦挑戦者決定トーナメントの左の山の頂上決戦は、羽生さんvs郷田さんになりました。羽生さんとしては、一番やりにくい相手が勝ち上がってきた感じじゃないかなあ。というわけで、羽生vs郷田戦は、事実上の決勝戦という事になるんじゃないかと思います。よく考えたら、中村太地さんは、もしこの前深浦さんに勝っていたとしても、郷田さんと羽生さんを倒して、更に挑戦者決定戦に勝たなきゃいけなかったのか。それは無理だわ。それにしても、竜王戦挑戦者決定トーナメント、面白い!!

序盤の研究が楽しすぎる

 最近、対局がめっきり減っています。仕事が忙しくなってしまったというのが一番の理由なのですが、それ以上に大きな理由がありまして。

 去年の末から今年の初めにかけて、僕はレーティングを上げることに成功!最大の要因は、中盤力であった気がします。しかし、しばらくするとすぐに問題に直面。要するに、中盤力で勝ちを拾っているのであって、序盤で相手にリードを喫する事が多すぎる(^^;)。特に、定跡をばっちり身につけている人に対しては、たかだかキャリア1年程度の人間の中終盤力なんかでは覆すことが出来ないぐらいの差をつけられてしまいます(T_T)。それでも初段ぐらいだったら結構ひっくり返せるのですが、3段以上の人が相手になってくると、逆転なんて簡単にさせてくれません。同じ負け方ばかりを繰り返すものだから自分に腹が立ってきますヽ(`Д´)ノ。序盤の定跡力というのは、対局で上達するものではないので、今は対局を控え、序盤定跡に力を入れるべき時期なんじゃないか、と思ったわけです。

 数か月前までの序盤定跡の勉強というのは、定跡書に載っている順をガンバって記憶するというものだったんですが、これがネット将棋でのある対局を境に変わりました。最新の定跡書に出ている順で、自分が優勢になると結論づけられている変化に入って、これを簡単に破られてしまったのです。それが、定跡を外れてからの自分の棋力が原因であったなら気に留めることもなかったのですが、あとから何度考えても、調べても、どうもその変化自体が後手よしだったんじゃないかと。で、相手の方の指した変化というのが、思いつきにくい指し手という訳でもなんでもなくて、いかにもありそうな順。プロ将棋で指された順だったのか、あるいはその方の研究だったのか、対局中にアドリブで出た手なのかは分かりませんが、いかにもありそうな手を予め調べもせずに対局に臨むというのは、あまりに準備不足だったんじゃないかと。これがきっかけで、序盤勉強というのが、「定跡書を覚える」から、「実際の対局で指されそうな変化を予め潰しておく」という方向に変化しました。

 この前の角換わり相腰掛け銀の深浦新手みたいな奇抜な指し手は、僕には思いつかないので、ああいうのは研究しない(というか、思いついていないのだから研究しようがない)のですが、横歩取り青野流での角交換とかって、いかにもありそうじゃないですか。ああいうのは調べておかないと、対局中に考えていたんでは間に合わない。もし相手が研究済であったら、まず勝てない。というわけで、定跡勉強の時に、「あら、ここで手を戻されたらどうなるんだ?」みたいに、疑問に思った変化は全部調べるようになってきました。

 そして…この事前研究が面白すぎるのです!なんか、本将棋を指しているときよりも面白い気がします。僕は将棋の勉強を、仕事が終わった夜中にやることが多いのですが、面白すぎて朝までやっちゃうこともしばしば(゚ω゚*)。。詰め将棋のように、解けなくてイライラという事がなく、順に調べていくだけなので、「この変化は潰した」という達成感があって、ものすごく楽しい。

 現在は、振り飛車破りに取り組み中。ゴキゲン中飛車破りは、本当は超速37銀が最有力だと思うのですが、あれはちょっと変化が多すぎるので、とりあえず今までの自分のゴキ中対策だった一直線穴熊の変化を潰しているところです。これで、ゴキ中相手に勝率6割ぐらいまで持っていけるといいなあ。

濃密な週末

 濃密な週末です。なかなか片の付かなかった仕事で、ようやく良いアイデアが浮かんで、深夜まで頑張って一気に仕上げ、この日曜を完全フリーにすることに成功!!そんな夜中に、ずっとコンピューターvs菅井さんの将棋をやってたし、夜が明ければNHK杯の渡辺2冠の解説はキレッキレで素晴らしすぎるし、楽しすぎる週末になるはずだったんですが…。

 電王戦は、菅井さんの指し回しが本当に素晴らしかった。中盤の指し回しも完璧、マジで勝ち筋もあったんじゃなかろうか?しかし、コンピューターの早逃げ米長玉には唖然とさせられました。あれを最善手と判断するんだから、人間とは判断基準そのものが違うのかも知れません。プロでもアマでも、あそこで玉寄りを最善と判断する人って、どれぐらいいるのでしょうか。それから、終盤で1分将棋になってしまうと、さすがに人間は不利すぎますね。思うに、切れ5分みたいにしたらもう少しいいのかも。定跡から外れた中盤戦の入り口では、プロ棋士の皆さんは負けてないように思えるんですよね。

 NHK杯は、とにかく渡辺さんの解説が凄すぎる。まず、早見えすぎてビビります。僕の中では、解説ナンバーワンは間違いなく渡辺2冠です。それから、対局中にどういう指し手を考えて、何を読んでいたのかを話してくれていた木村一基さんの感想戦もすごく面白かった。意外と考えている事はアマと同じなんだなあ、と。しかし、木村さんの受けは本当にすごい。よくあんなのを凌げるなあ。しかも切らせて逆に詰ましてしまうんだから…。

 しかし、へヴィーな週末のメインディッシュは高校野球。甲子園に何回か出たことのある野球部出身で、しかも主将でピッチャーだったものだから、母校への思い入れが強すぎちゃって、この季節はしんどいのです。ここまで順当に勝ちあがってきて、ここに勝てば甲子園ほぼ確実、という相手に逆転負け。菅井さんの将棋じゃないけど、勝ち筋があっただけに悔しくて悔しくて、これで抜け殻になってしまいました…。というわけで、NHK杯も電王戦も、棋譜を検討する気には全くなれません。ふて寝ふて寝、おやすみなさいzzz

第73期順位戦 A級2回戦

 昨日はA級順位戦が2局ありました。これでA級2回戦はすべて終了!さて、結果は…

広瀬章人●-○行方尚史
 白熱の攻防戦、互いに終盤力が鋭くって、メチャメチャ面白い将棋でした!途中まで広瀬さんの方が良かったような気がしたのですが、一体どこで逆転したんだろうか?行方さんって、「間違えない」感じがします。それって見た目の派手さはないのですが、もしそれが出来たら実は一番強い人なんじゃないかと。しかし…今回は最後に派手な手で決めましたね(~ ~)、カッコよかった!!いやあ、ちょっと失礼ですが、去年の順位戦2位は出来すぎかと思ったんですが(^^;)、今期もこれで2勝負けなし!行方さん、強いわ。。一方の広瀬さんですが、負けはしたものの、順位戦を2戦戦って、A級と5分に渡りあっています!何となくですが、A級にあがってきても1期で蹴落とされる棋士には思えません。ついにA級に居座り続ける若手棋士の登場か?!

三浦弘行●-○久保利明
 うおお、角交換四間飛車だ!これだよ、これが嫌なんだよなあ。。一応、先手振り飛車の対策は立てたんですが、プロはもう定跡書の手順とは全然違う指し方をし始めちゃってるし、とにかく厄介な戦型です。そして…久保さん、勝ったあ!!久保さんは、純粋振り飛車党唯一のA級棋士ですが、強い強い!A級棋士って、B級以下の棋士とは終盤力が段違いな気がします。一方の三浦さんは、痛い連敗。順位もよくないので、次の行方戦を落とすと、降級候補になっちゃいそうです。

森内俊之○-●阿久津主税
 羽生さんと森内さんって、順位戦での強さがハンパないそうですね。その情報に偽りなしのようで、A級あがってきた昇り竜を返り討ち、2連勝です!森内さんは既に最難関の渡辺さんを倒しちゃったし、次の名人戦も羽生-森内になりそう?一方の阿久津さんは2連敗です。A級って、やっぱりレベルが段違いなのかなあ。圧倒的な強さでA級にあがってきた橋本さんも全敗で一期落ちしてたしなあ。

渡辺明●-○深浦康市
 これは少し前の記事で取り上げた、横歩取らずになった将棋です。しかし渡辺さんのチャレンジは実らず、深浦さんの勝利!それにしても、渡辺さんの、自分の将棋改革への取り組みは本気みたいですね。後手番だけじゃなく、なんと先手番でもこんなチャレンジをするとは。しかし、名人挑戦は森内さんか渡辺さんだろうと思っていたのに、渡辺さんは早くも2敗、名人挑戦からは一歩後退か?

佐藤康光○-●郷田真隆
 この将棋もめちゃめちゃ面白かった!!先手の佐藤さんが藤井矢倉に組んでの、急戦調の矢倉戦。後手の郷田さんが早繰り銀から先手玉頭を強襲、一気に優勢に!!…と思ったんですが、早囲いの藤井矢倉に対して後手は玉を囲い切れておらず、一度手番を先手に渡しただけで、あとは剛腕佐藤さんの驚異のまくりに粉砕されてしまいました。それにしてもこの将棋、佐藤さんも郷田さんも、指し手が凄すぎる。。とにかく、歩の使い方が段違いなんだな、メモメモ。。見ていてため息が出てしまうほどの素晴らしい将棋、まさにプロという芸術的な一局でした。

 さて、2回戦が終わって、全勝は森内さん、行方さん、佐藤さんの3人のみ。難敵の渡辺さんを退け、順位も高い森内さんが良いように思いますが、最難関は天敵の佐藤戦でしょうか。苦手というだけでなく、佐藤さんには序盤研究がしにくいし、その佐藤さんが全勝というのも怖い。一方の佐藤さんは、森内さんや渡辺さん相手でも平然と勝っちゃいそうな気もするですが、行方さんとか深浦さんとか三浦さんとかにコロッと負けちゃいそうな気がするのはなぜなんでしょうか(^^;)。佐藤さんは大好きなので、1度でいいので名人を取ってほしいなあ。行方さんは全勝ではありますが、9位と10位を退けただけという見方もできるので、これからが勝負の気がします。運があると思えるのは、渡辺戦を先手で指せる事と、最難関の森内戦が最終戦になるので、うまくすれば全勝で最終戦まで行くことも夢ではない、そういう意味でモチベーションをキープしやすいかも。
 一方の降級戦線で厳しいのは、2連敗のうえに順位も低い阿久津さん。A級順位戦は対局数が少ないので、同率になりやすく、そうなると順位の低い人が割を食うんですよね。というわけで、A級にあがってきた1年目が正念場だと思うのですが、出鼻を挫かれた感じです。あとは、どうも調子の上がってこない三浦さんがやばそう。順位戦だけは無類の強さを発揮していたと思うのですが、今期は2連敗。しかも、森内さんや渡辺さんという難敵を残しているというのがキツい。全体としては、とにかく早いうちに誰かが森内さんに土をつけないと、どうにもならない気がします。個人的には、4回戦の▲森内-△広瀬戦が、今期の順位戦の行方を左右する一番になるんじゃないかと(^^)。

第73期順位戦 B級1組 3回戦

 仕事が忙しくなっているのに、将棋熱が止まらないのはなぜか考えてみたところ、仕事が忙しいほどストレスが増える→将棋で解消!という図式のようです(^^;)。な~んてわけで、順位戦も見ないようにしようと思っていたのですが、B1も3回戦に突入、そろそろ序盤のレース展開が見えてくる頃合いなので、チェックしてしまいました。

村山慈明○-●谷川浩司
 谷川さん、2連敗か…。A級から陥落し、今度はB1も陥落してしまうんでしょうか。去年の高橋道雄さんの例もあるしなあ。しかし、谷川会長は後手になるとゴキゲン中飛車ばかり指していますが、それで勝ったのを見たことがないぞ。相手にゴキ中に来ると読まれていて、万全に対策されちゃってるんじゃないのかなあ。。一方の村山さんは、B1昇級してから初の白星!嬉しい初日がつきました。

豊島将之●-○丸山忠久
 3回戦で一番注目していたのが、このカード。そして…豊島さん、負けたああ!!!豊島さんがA級昇級の第1候補であることは間違いないけど、問題は今回の丸山戦と次戦の木村戦だと思ってました。その最初の関門に敗れるとは…。これで、今季B1の昇級レースが一気に混沌としてくるんじゃないかと。それにしても、丸山さんの終盤の破壊力がすげえ。。プロの終盤術で鳥肌が立ってしまった事って何回もあるけど、もしかすると羽生さんより丸山さんの終盤術で鳥肌が立ったことの方が多いかもしれません(^^)。丸山さん相手だと、ちょっとリードしているぐらいでは、終盤でまくられてしまいますね。。この人がA級にいないことが不思議でなりません。

木村一基●-○山崎隆之
 木村さん、負けたあああ!!!…王位戦で羽生さんに一発入れておきながら、順位戦で取りこぼすのか。…いや、相手が山崎さんだから、取りこぼしとは言えませんね。山崎さんはこれで無敗の3連勝!しかし、強敵との戦いが後に控えているので、木村戦に勝ったのは「お、これはチャンスが出てきたかも」ぐらいな感じで、これからが勝負ですね。

松尾歩●-○藤井猛
 うおおお、なんだこれ、藤井さん、居玉のまま居飛車を潰したぞ?!!!また新システムを作り上げたのか?いやいや、これはもしかするとまたまた将棋の序盤に革命を起こしたか?僕は居飛車党ですが、藤井さんってマジでかっこいいと思います。一方の松尾さんはついてません。序盤戦型の新システムの最初の犠牲者では事前研究しようがない。。松尾さん、今期も悪くない位置につけていたと思っていたのに、これは痛い黒星です。

橋本崇載●-○畠山鎮
 ええええ~~、橋本さん負けたのか?!う~ん、畠山さんには悪いですが、これは手合い違いの対戦かと思ってたんですが…。僕の中では、橋本さん、阿久津さん、山崎さん、佐藤天さんあたりが、「もう少しで一流なのに」というギリギリ棋士と思えてしまっているんですが、きっとこういう所でそれを感じるんでしょうね。もしこれが郷田さんや森内さんだったら、絶対に負けないだろうな、と思えてしまうのです。

飯塚祐紀●-○佐藤天彦
 天彦さん強い!!3連勝です!!B2では無敵の強さでしたが、それがB1でどれぐらい通用するかと思っていたんですが、勢いが止まりません。次の谷川さん相手にも勝ちそうですし、順位戦序盤のスタートダッシュ成功という感じですね。問題はその次の豊島戦ですが、もしこれに勝つと…ひょっとしちゃうかもしれませんよ(^^)。。一方の飯塚さんは…マズイ、3連敗ですよ。

 というわけで、B1は早くも明暗分かれたといった感じの気がします。3戦全勝が山崎さんと佐藤天さん、2勝1敗が豊島さん、丸山さん、橋本さん、木村さん。しかし、全勝のお二人と、1敗の豊島さんと丸山さんが五分に見えてしまうのはなぜなんでしょうか。。一方、降級戦線でキツそうなのが、3戦全敗の飯塚さんと、2戦全敗の谷川さん、村山さんは1勝2敗ではありますが、順位が低いのがキツい。
 う~ん、今期はA級とB1が特に面白い事になりそうです。特にB1の昇級戦線は熾烈な潰し合いになりそう。

中村-深浦戦の記事をちょっと修正

 数日前、竜王戦挑戦者決定トーナメントの中村-深浦戦についての記事を書きました。深浦新手、やっぱりすごいなあ。。
 そこで、「『これからの角換わり腰掛け銀』にも、△73歩保留vs▲48飛の角交換相腰掛け銀から、後手が穴熊に潜る順が書いてあった気がする」みたいなことを書いたんですが、これをちょっと訂正。
 復習がてら、該当書を見てみると…後手が穴熊に潜る順はたしかに書いてあったんですが、なんと手番が先後逆!!どこでこんな手品みたいなことが起こったのかというと…これは先手が4筋に飛車を振るタイミングの違いによって生じたもので、これが故に後手の右金が43→42の順を踏むのか、42→43→42のの順を踏むのかが変わるため

 これって、角換わりの将棋でさえなければ、手損がそのまま手の遅れの損につながると思うので、そんなに気にする問題ではないと思うんですが、角換わりなので角の打ち込みに備えなくてはならず、手損が駒組みの損にならないことがあります。中村-深浦戦での、深浦新手が出る直前の指定局面の場合、先手は既に理想形でこれ以上の進展性はなく、むしろこれ以上手を入れると形が崩れてしまうという場面。すでに手待ちに突入している状況なんですよね(あるとしたら、右金の三角移動か?)。この先後の入れ換わりが、もしかすると致命傷になってしまうのかも知れない状況でした。。

 いつも、思った事をガンガン書いているだけの備忘録なもので、勘違いな記述が至る所に出てしまいます。該当記事に追記を入れて訂正しておきましたので、どうぞ許してくださいませm(_ _)m。。

横歩取りらずについて、アホなりの見解

 先週はA級順位戦が2局ありました。うち、因縁の▲渡辺-△深浦戦はびっくり!!渡辺さん、なんと先手番横歩で、横歩取らずを採用したのです!!しかし…横歩取らずは、いつか指されるだろうとは思ってました。それどころか、もし横歩△33角に先手がこれ以上手こずるようなら、ブームが来てもおかしくないんじゃないかとすら思っていたのです。横歩取らずって、横歩△33角を用意してきた人にとっては厄介な変化だし、たしかに今の結論に疑問も感じる戦型ではあるのです。しかし、名人挑戦のかかるA級順位戦の先手番で博打を打つとは…。

 まず、膨大な序盤定跡の勉強にてこずっている僕にとって、横歩取らずの「厄介」な点。後手番で横歩を指すと、自分が△33角戦法に引きずり込む権利があるので、それさえ選択すれば自分に戦型選択権があり(青野流とか、いくつかの例外はありますが)、以降は自分の得意型を使って戦う事が出来ます。しかし先手から横歩を取らずに▲28飛と引かれると、まったく定跡勉強の追いついていない相掛かりに変化してしまう恐れがあるのです(T_T)。僕は相掛かりの勉強をまったく出来ていないのですが、居飛車党で相掛かりの勉強が手つかずの人って、結構いると思うんですよね。とはいえ、相掛かりに進むかどうかの選択権は後手にあるので、相掛かりが嫌なら飛車を引かずに横歩を取ればよいのですが、横歩を取ると次の問題が発生してしまうのです。横歩を取ると、すぐにまったく定跡の整備されていない互角の状況にすぐに突入してしまうのです。しかも、定跡書に書かれている形勢判断もかなり信用できない事になるというのがかなりヤバい。今の定跡が結論づけている「後手よし」という変化も、納得がいかなかったりして(^^;)、30手ぐらいの段階ですぐに未知の領域に到達しちゃって、序盤研究でリードするというのはちょっと難しい。

横歩取り16手 盤面図は後手が横歩を取った16手目盤面図。横歩の本はけっこうたくさん読んだので、どの本に書いてあったのかがゴチャゴチャになっちゃってるんですが、たぶん『長岡研究ノート 相居飛車編』や『羽生の頭脳5 横歩取り』なんかだと、すぐに「以下、形勢不明」みたいなところに突入しちゃってた気がします。ここでの先手の指し手は、第一感だと▲22角成か▲77角の2択。で、それぞれがどう進行するかというと…

(17手目▲22角成の場合)

▲22角成△同銀▲77金△74飛▲88飛△82歩▲83歩△72金…
 みたいな展開になって、後手は受けつつ陣形をガシガシ整えることが出来、先手は攻めきれません。で、先手の攻めが一度切れてしまうと…

△87歩▲同飛△86歩▲同飛△75角
 という反撃が強烈で、先手玉は一気に寄せられてしまいます。というわけで、▲22角成の強襲は後手勝勢。これは納得なんです。問題は、▲77角の定跡。

(17手目▲77角の場合)
 ▲77角は正着と見られていて、良くて互角、間違えると後手よしと見ている定跡書が多かったような記憶があります。たぶん、だからプロの先手は横歩を取るんでしょうね。しかし…ホントにそうなのか?で、渡辺2冠が今回指したのも、この手。指したという事は、現在の棋界トップ3である渡辺さんも、これで後手よいとは思っていないんでしょうね。横歩取らずに持ち込んだのは渡辺さんの方なので、むしろ行けるとすら思っていた可能性もあります。良くはないけど△33角戦法を受けるよりは可能性があると見たのかもしれませんが…。
 で、定跡手順通りに進めるとどうなるかというと…

▲77角△23歩▲88銀
 ここまでは変化の余地がないというか、変化するとすぐにどちらかが優勢に傾く感じ。で、次の指し手が問題で…

(変化1)△72金▲69玉△52玉▲48銀△62銀▲59金△74飛…
 これは、先手中原囲いvs後手中住まいという、先後が入れ替わったような将棋。プロ的には手得とかいろいろ判断基準はあるんでしょうが、僕レベルのアマチュアからしたら互角かなあ。

(変化2)△74飛▲69玉△84飛▲48銀△33角▲59金△42銀
 というわけで、これも変化1と似たような形に合流して互角かなあ。長岡さんの判断だと、▲24歩の合わせを潰している分だけ、変化1の順よりは後手が得しているかも、という見解だったと思います。なるほど~。

(変化3)△74飛▲22角成△同銀▲83角△44飛▲48銀△74角▲61角成△同玉▲55金△47飛成(30手目盤面図)
 これは▲渡辺-△深浦戦で出た指し手と全く同じ順。この30手目の時点で、定跡書では後手優勢と結論、検討を打ち切っています。まあ、47の地点を食い破られたことは確かですからね。しかし、気になるのは後手陣も非常にデンジャラスな形で、飛車を渡すというのはけっこうリスキーに思えるという事。で、これが後手優勢とは到底思えなかったんですが、渡辺2冠が指したという事は、渡辺さんもそう思ってたんじゃなかろうか。実際に、4筋を食い破るとどうなるかというと…

横歩取り33手▲同銀△同角成▲68玉(33手目盤面図)

 渡辺vs深浦戦は最後の33手目が違っていて、先手の渡辺さんは玉の早逃げに替え、なんと▲72歩と打ち込む攻撃を選択!いやあ、これがきっと研究手だったんでしょうね…。それにしても33手盤面図での後手の有力手が、僕にはまったく分かりません(T_T)。なんか、指したらその手が敗着になっちゃいそうなぐらいムズカシイ。横歩の部分的な手筋の△87歩の叩きは?…▲87銀となって、むしろ玉の逃げ場所を作っちゃうことになるのか。。これ、本当に後手優勢?そうなら、誰か有効手を教えてください。。

◆◆◆◆◆

 結局、定跡書で勉強した範囲で言えば、横歩取らずは、相掛かりへの変化を除けば、まったくの互角にしか見えません。で、長々と何を話してきたかというと…今、横歩取りは△33角戦法が大流行していて、(先後どちらが良いのかは兎も角)後手に戦型選択権があり、研究は先手の方が大変という状態に見えますが、実は横歩取らずもまったくの互角、その変化への権利は先手が握っていて、戦型誘導の権利は後手△33角よりも優先している、という事が言いたかったのです。
 これが、僕みたいなアマチュアに対して何を示唆しているのかというとですね…序盤研究が自分より劣っていると思う相手に横歩で戦う事は避け、自分より研究が上と思う相手は横歩に引きずり込むと有利、とも言えると思うのです。なるほど~、序盤定跡に難のある僕が、いろんな戦型の中では横歩の勝率がマシだというのはそういう事だったのか。。

 あ!そういえば、あれほど苦手だった森内さんから今期いきなり7連勝した羽生さんが取った対応策って…なるほど、相手の手に乗って指すのをやめ、相手の研究手順を潰して終盤勝負にしたのかも( ̄ー ̄)。棋聖戦で、いかにも矢倉にしたい感じの指し手なのに、2局も横歩に引きずり込まれた森内さんはきつかっただろうなあ。。

第27期竜王戦決勝トーナメント 中村太地 vs 深浦康市 (角換わり相腰掛け銀)

 相掛かりを除いた居飛車の定跡勉強がひと段落したもので、振り飛車破りの研究にとりかかっています。なんか、振り飛車キラーみたいな人って、いるじゃないですか。もしそうなれたら、勝率が一気に跳ね上がるんじゃないかと思うのですよ( ̄ー ̄)。というわけで、竜王戦決勝トーナメントの中村-深浦戦は、絶対に相居飛車戦なので、仕事優先で見ないことにしようと思ってました。しかし…いつものクセで昼休みに覗き見。

20140715竜王TN_中村太vs深浦_角換腰掛銀53手 角換わり相腰掛け銀か、これは研究しまくった戦型だから見なくていいかな。…お、先手が飛車を4筋に振って、後手が穴熊狙いか。これって、▲羽生-△森内戦で見た順と全く同じだぞ。羽生さんが端を突破したんだけど、森内さんが受け切って攻めを切らせて、後手が勝ったんじゃなかったかなあ。たしか『これからの角換わり腰掛け銀』にも書いてあって、定跡化されてるハズ。(*7/17追記:復習がてら見てみたところ、後手が△73歩保留から穴熊に潜る順は確かに書いてあったのですが、なんと手番が先後逆になっていました。これは先手が4筋に飛車を振るタイミングの違いによるもので、これが故に後手の右金が43→42の順を踏むのか、42→43→42のの順を踏むのかが変わるため。)

△16歩
 これは午前中に指された手。僕が12時前に見た時には、もう指されていました。あら、深浦さんがなんか変な事やってるぞ?おおおおおお~、深浦新手だあああ!!!!

 しかし、ひと目これはデンジャラス。▲同香△27角を狙ってるんでしょうが、端とか中央の戦場とかは大丈夫なんでしょうか?いろんな手が考えられるので、うまく手を組み合わせれば先手が良く出来る順がひとつぐらいありそうな気がします。しかし…中村さんはその順が見つからないのか、長考に沈みます。14時40すぎにチェックした時には、まだ考えてました。昼休みを挟んでいるものの、この応手に3時間以上考え続けている計算。いやあ、1日制の将棋で、1手に3時間使ったのを見たのは、僕は初めてかも。

 これからまた仕事ですが、この後の互いの指し手はぜひとも見てみたいです。もしこれの応手に先手が困る展開になると、定跡が変わっちゃうことになりそう。しかし、深浦さんって、角換わりがものすごく強い印象があるなあ。いまいち目立たない存在と思ってましたが、さすがA級棋士で竜王戦1組だけのことはあるわ。。

◆◆◆◆◆◆

 帰ってきました!中村さん、大長考の末、ようやくひねり出した手は…

▲35歩(55手目)
 おお~、普通すぎる手だ(^^;)。いろんな順を考えまくった挙句、手がなかったんだろうなあ。しかし研究手相手に、こういう如何にもありそうな手だと、当然対策してある気がする…。中村さん、嵌められたか?

△45銀右▲同銀△同銀▲同飛
 これは先手まずいぞ、当初の後手の狙いの△27角が飛車に当たるわ。これは後手十分以上に傾いたんじゃないか?

△69銀
 おお!割打ちが先か!!という事は…深浦さん、まさか寄せに入った?!これと△86桂が入る展開になると、角換わりはメチャクチャ受けにくんだよなあ…。。

 で、ここからの深浦さんの迫り方が非常に複雑で、ものすごく難解。見ていて、何をされてるのかすら分からない感じなんですが、また信じられないような手順で最後に踏み込んで玉を引っ張り出してのきれいな詰み。130手にて、後手深浦さんの勝ちでした!!

 う~ん、やっぱり△16歩の深浦新手が強烈すぎました。中村さんをして3時間以上の大長考(食事休憩込みでね^^)でも応手が分からないんですから。勝負の分かれ目は新手に対する応手だったんじゃないかなあ。戦場もいくつかできていたし、手が広いところなので、これからプロの方々が研究しまくれば、何か良い順が見つかりそう。もしなかったら…最近は後手指しにくいという状況に陥っていた角換わり相腰掛け銀も、穴熊で新次元に突入ということになっちゃいます。

 しかし、白状するとですね…△16歩のあと、もし普通に▲同香と取ったとして、本当に後手よしになるかどうか、僕にはわかっていません。例えば、何のひねりもなく指し進めるとすると…△16歩▲同香△27角▲53桂成△同銀▲13歩成△同桂▲同香成△同香▲14歩△同香▲15歩△36角成▲53角成△同金▲14歩と、ものすご~く普通に指したとして、本当に後手が有利なんだろか?だ、駄目だ、今日の深浦新手の価値がまったく分かってないわ、俺(T_T)。。


第64回NHK杯 豊島将之 vs 北浜健介 (ゴキゲン中飛車▲58金右超急戦)

 プロの研究手、考えまくった最善手、最新の変化…最近は、プロ将棋の観戦にこういうものを求めるようになってきました。序盤定跡の最善手を知りたいという心理なんじゃないかと。というわけで、早指しのNHK杯は見るのを控えようと思い始めています。とか言いながら、毎週毎週見てしまっているので、今日こそそれを実践するぞという気合のもと、見ませんでした。見なかったんですが…気になる(^^;)。結果だけでも知りたいな、戦型はなんだったんだろか…ネットで調べちゃえ(じゃあ見ればいいじゃん^^;)。すると…おおお、豊島さん、ゴキゲン中飛車を▲58金右超急戦で受けたのか?!すげえ、さすがは未来の竜王名人最有力候補者。

 5~6級の頃、ゴキ中にあまりにやられまくるもので僕は他の勉強を全部中断、ゴキ中対策に走った事があります。そのメインテキストになったのは村山慈明さんの書いた『ゴキゲン中飛車の急所』。これが超絶に素晴らしい本だったのですが、その最初に書いてあったのが、この▲58金右超急戦という居飛車の反撃筋です。なんか、ほとんど▲羽生vs△久保のタイトル戦での指し手が定跡になっちゃった感じだったような。。最初に書いてあったものだから、最初の頃はゴキ中にはこれで対処していたんですが、あまりに激しすぎ、居飛車陣には龍や馬をガンガン作られ、一方の振り飛車陣はかなり崩しにくい。終盤力が相当ないと、居飛車で勝つなんて無理じゃん!一手でも間違えたら即死じゃん!というわけで、僕は▲58金の超急戦を指さなくなってしまったのでした。でも、最初に勉強した筋なので、思い出深いんですよね~。
 プロだと今はゴキ中対策というと超速▲37銀がほとんどなので、超急戦は先手不満なしの展開は見つかっていなかったハズと思ったんですが、最近は三浦さんが渡辺さんのゴキ中に超急戦を使っていたので、決して居飛車不利と結論された戦法ではないのかも。…ああそうか、可能性はあるけどリスキーな戦法だから、順位戦でもタイトル戦でもないところで試しているのか。

20140713NHK_豊島vs北浜_ゴキ中超急戦21手 盤面図は21手目、互いに大駒を成り込んだ、バリバリの定跡順です。この激しさって、横歩△45角戦法に似てるなあ。で、僕が勉強した定跡書だとここから△99馬▲33角△44銀…みたいな進行になって、優劣不明。この前の三浦-渡辺戦だと△72玉▲63桂成△同玉▲18角(!)…みたいになって、最後は振り飛車が勝ちましたが、かなりデンジャラスな将棋に。で、今日もここで変化したみたいなので、この21手目が超急戦の課題局面なのかもしれません。

△54銀(22手目)
 おおお!これ、定跡書には「これも有力」みたいには書いてあったけど、実際の説明はなかったやつだ!テレビだとどう解説してたんだろうか。う~ん、やっぱりテレビを見るべきだった、はやくも大後悔(T_T)。。大体、先手の▲55桂自体が、▲33角△62玉▲63桂成で相手の馬を素抜こうという嵌め手みたいな狙いもあるし、それに飛車のコビンを直撃しながら、飛車と馬の焦点に打ち込まれてどちらのラインも消してしまっている超強力手なので、これを消しに行こうという狙いなのかなあ。

▲75角△21歩
 ▲75角か!これはひと目いい手だなあ。これ、単純に数の攻めに持ち込んじゃえば、後手はヤバくないかい??そう考えると、22手目△54銀は、後手の反撃を消してしまう、受け一方の手になってしまって、まずかったのかも。

▲21同龍
 う~ん、これはこの前の▲三浦-△渡辺戦の時にも思ったんですが、▲55桂で中飛車側の飛車の抑え込みに成功した時って、急所は飛車のコビンの43なんじゃないかと思えて仕方ない。実際、そこを狙う定跡もありますし。だから、▲55桂を成立させた後は、アマの僕からしたら▲13龍がいちばん厳しい手に見えてしまいます。僕がゴキ中側で指すなら、この飛車を封殺されるのが一番イヤだと感じますし。しかし、三浦さんも豊島さんも▲13龍は選びません。…なんか、僕に見落としがあるんだろうなあ。ああ、中盤の形勢判断力がもう少し俺にあれば。。

20140713NHK_豊島vs北浜_ゴキ中超急戦30手△32銀▲11龍△55銀▲同歩△同飛(30手目盤面図)
 いやあ、後手は銀桂交換で若干の駒損ですが、これは最初から桂を外すために覚悟の上なので、そんなに悪くないんじゃないかと。それ以上に、抑え込まれていた飛車を捌けたのが大きすぎると思います。これ、後手が次に△58飛成とか△75飛と飛車を切る手が馬の道を開けての龍取りにもなるので、先手はマズいんじゃないかい?

▲66角
 おお~~なるほど!!馬の道を潰しつつ、飛車取りに当てたわけですね(^^)。指されてみればこの一手。そういえば、似たような順が他の変化でもあったなあ。…指さない戦型って、忘れてしまいます。あんなに一生懸命勉強したのに…。

 しかし、これで先手良いかというと、けっこう接戦のような気が。。で、ここからは互いに薄い玉形の上に龍と馬を作り合っての壮絶な寄せ合い。ここがまたものすごい攻防戦で、どっちが優勢なのかまったく分からないんですが、どっちも詰んでしまいそうなので、すでにどちらかが優勢なんだろうな、という感じ。お、おもしろい、やっぱり放送を見るべきだった(T_T)。。

 結果は豊島さんの勝ちでしたが、これはどちらがが勝ってもおかしくない、メチャクチャ面白い白熱した将棋でした。いつも思うのは、終盤は一手30秒になる超早指しで、どうしてあんなに凄い手をポンポン指せるんだろうか、ということ。考えて検討できる候補手なんて3~4手だろうに。はやくも、NHK杯は見ないという方針がぶれてしまうほどの大熱戦でした!!




『角交換四間飛車 徹底ガイド』

Kakukoukan4ken_tettei.jpg 将棋の序盤定跡の勉強が追いついていない段階なので、どの戦型を優先して勉強すべきかというのは、いつも難しいです。角交換四間飛車というのは、級位の頃は指してくる人も少なかったし、指されてもゴキゲン中飛車や早石田みたいにいきなり劣勢に陥るという事もなかったので、アドリブでなんとかなっていたのですが、これがレベルが上がるにしたがって指し手が激増、しかもスペシャリストみたいな方が多くて、定跡を勉強しないわけにはいかなくなってしまいました(T_T)。新しい戦型だし、まだ進化中という事もあり、四間飛車使いの方が、有力な指し手として採用しているのかもしれません。角交換四間に対し、居飛車の私は、角交換しないように苦心しながら駒組みをしたり、飛車のコビンをあけて銀や桂で受けたり、色々と苦心しながらやってきたんですが、プロの指し手を見ると、受け方も構想も全然違う(T_T)。というわけで、ようやく取り組んだ角交換四間飛車の定跡勉強の第一歩が本書、というわけです。普段はどの定跡書で学ぶか迷うんですが(ゴキゲン中飛車対策とか石田流対策はマジで大変だった…)、角交換四間飛車に関しては、居飛車側で指そうが振り飛車側で指そうが、この本一択としか思えませんでした(^^)。
 で、今回は全6章のうち、第4章までのレビューを。

 まず、この本のもくじは以下の通りです。

序章:角交換四間飛車の原理
第1章:飛車先交換への対応
第2章:先手角交換四間飛車 vs△85歩型
第3章:先手角交換四間飛車 vs△84歩型
第4章:先手角交換四間飛車 vs△83歩型
第5章:後手番での戦い方
第6章:自戦解説編


 ザックリいうと、先手番と後手番に分かれて書かれているという事ですね。

(序章&1章)
 本格的な説明に入る前の基礎知識編という感じなのが、序章と第1章です。序章は角交換四間飛車の目的と、具体的な狙い筋について書いてあります。目的というのは…対抗形の時って、居飛車は穴熊や左美濃や銀冠にくみたいと思うのですが、角交換振り飛車を指すと居飛車の銀の位置が△22銀となってしまい、そこから振り飛車に急戦を仕掛けられると穴熊には間に合わないし美濃系の囲いにもしにくく、すばやく構えると振り飛車を受けにくい矢倉になってしまう、という感じ。で、振り飛車が急戦に行く順は、四間飛車のままでの四筋突破狙いと、向かい飛車に振り直しての二筋突破のふたつに絞って書かれています。で、四間と二間の双方の典型的な攻め筋・狙い筋が書いてあって、この解説が素晴らしい!!そこまで高度な記述ではないので、段位の方なら読む必要はないかもしれませんが、これから角道オープンの振り飛車を指そう(あるいは受けよう)と思っていらっしゃる方は必読なんじゃないでしょうか!!
 続く1章は、対抗型の将棋で居飛車の仕掛けの典型である、飛車先の歩の交換に対する振り飛車の対応について。これは言われずとも居飛車無理だと分かりますが、具体的な手順が書かれているので、一読の価値ありです。居飛車側なら8筋から仕掛けないと決めてしまえば、読み飛ばしてもオッケー。

(2章~4章:振り飛車が先手番の場合)
 さて、ここが本書の肝だと思います。角交換四間飛車に対する後手居飛車の応接を△85歩・△84歩・△83歩に分け、それぞれに1章を割いて解説しています。さらに、居飛車の応接(主に銀を使っての守り)が△74歩・△64歩・△54歩となる場合に分けて書かれているので、すごく分かりやすい。整理して覚えやすいんじゃないかと思います。いやあ、プロ将棋を見ていると居飛車が向かい飛車を△64歩~△63銀と応接するのをよく見るんですが、よくあれで向かい飛車を受け切れるな…と思っていたんですが、こういう事だったのか。。角交換四間飛車を指すなら2~4章は必読、受けるなら△84歩型の説明である3章は最低でも読んでおくべきなんじゃないかと思いました!そうそう、△85歩に対しては向かい飛車での居飛車破りのみ、△83歩型に対しては向かい飛車と4間飛車両方での居飛車破りの筋が書いてあります。

(5章:振り飛車が後手番の場合)
 この章はまだ読んでいません(目は通したんですが、研究や記憶はしていない感じ)。もしかしたら今後も読まないかも知れませんし、仮に読む事になったとしても工夫が必要と思っています。以下、ちょっと居飛車視点での記述ですが…
 まず、もし居飛車を持って指すのだとしたら、先手番角交換四間飛車を破れるのであれば、後手角交換四間も、似たような応接で破ることが出来るような気がするんです(一手損角換わりの例もあるので違うかもしれませんが)。というわけで、居飛車を持って指す方は、4章までで応接できるようであれば、この章を読む事を省略できる可能性があります(ちょうど、今の僕がその状態)。とはいえ、この前の▲森内-△渡辺の順位戦での将棋を見ると、居飛車先手番ならもっと苦労の少ない方法で角交換四間飛車に応接する方法があるのかも知れませんが…。

 次に、振り飛車を持って指す方。これは後手番こそ何とかしなければいけない筈なので、読み飛ばすことはできないと思います。しかし、あくまで先手番の狙い筋が身についたうえでの事なので、この章だけ読むというのはダメみたい。もうひとつ気になるのが…この本には、続編にあたる『角交換四間飛車 最新ガイド』という本があるのですが、その目次をみると、後手番での角交換四間飛車についての記述が半冊分(残り半分は相振りでの記述)。ということは…後手番で角交換四間を指すのであれば、『最新ガイド』の方も併せて読むべきことになるかも知れません。これは、読んでもいない人間の勝手な想像でしかないのですが(゚∀゚*)エヘヘ。。あ、もしそちらの本に振り飛車の新たな狙い筋が出ているのだとしたら、居飛車も読まなきゃいけないのか。…やっぱり、読んでいないものをレビューする事は不可能でした。。

(6章:実践譜)
 先手番と後手番の各1局ずつの実践譜が、説明入りで記載されています。振り飛車が後手となる棋譜は読んでいないので、レビュー出来ず(ゴメンナサイ、もし読んだら改めて書きます!)。先手振り飛車の方は…これもざっと目を通しただけで研究も記憶もしていないのですが、居飛車は△84歩型で応接、そしてすごく興味深いのは…どうも、玉頭位取りで戦おうとしているようです(指し手は川上猛6段)。いやあ、向かい飛車に対して、別の戦場を作っての反撃をしようと思ったら、玉頭攻めはまず考えてみたいところ。しかも、その構想は本編には書かれていないので、いずれ読んでみたいと思います。

 さて、この本を通して思った事を。まず、振り飛車を持って角交換四間飛車を指すのであれば、これに代わる本はないので、恐らくこれが底本という事になり、必読なんじゃないかと。さっきも少し書きましたが、その場合はもしかすると続編『角交換四間飛車 最新ガイド』も読む必要があるかもしれません。他には、鈴木大介さんの書いた『角交換振り飛車 基礎編』という本にも、角交換四間に関する記述がありましたが(図書館でチラッと見ただけなので詳細は分かりません^^;)、本のなかの1部分だったので、たぶん門倉さんの本の方が詳しく書かれているような気がします。無論、併せて読むのがベストとは思いますが、底本を選ぶなら、という話です。

 次に、居飛車を持って角交換四間の対策をしたいという、僕みたいな人にとっては…この本、振り飛車がよくなる変化がほとんどで、僅かにある居飛車指せそうな変化も、最大で互角どまりとなってます(T_T)。というわけで、この本を読んで、その知識だけで角交換四間飛車を破るのは不可能。この本を読みながら、プロの棋譜を調べるなり、自分で研究なりする必要があります。で、これは僕の場合ですが…本書でサラッと流してある変化とか、いかにもありそうな角の打ち込みの反撃筋とか、結論が出たところからさらに先とか、こういうところをキチンと調べていくと…おおお、居飛車にも光明が!!これは『長岡研究ノート』を読んだ時にも感じたことですが、まだ進化途中の戦型の場合、定跡書に書かれている筋はあくまで一例であって、それをベースに自分で研究をしていく必要があるという事なのかもしれませんね。
 それから、居飛車を持って指す場合、屋敷さんの書いた『角交換四間飛車破り』という本があります。タイトルだけからすると、居飛車党なら屋敷本を読むべきなのかもしれませんが、そちらはこの本とは逆に、どうも居飛車よしの結論がドッサリなそうで(^^)、どちらが良いのかは屋敷本も読んでみないと分かりません。私は、なにより振り飛車の最善手を知りたかったので門倉本を選んだのですが、こちらを選ぶ場合には、自分で研究しながら読む必要があると思います。ちなみに、僕の浅はかな研究の場合(^^;)、居飛車が△84歩・64歩型を選択しさえすれば居飛車十分、振り飛車が普通に応接しているようだと居飛車がいきなり寄せに入れる順があるように思えるんですが(^^;)。ここひと月の間だけでも、プロ棋戦で角交換四間飛車が結構指されていますが(順位戦B1の▲佐藤天-△藤井戦は特に凄い!!両者とも凄すぎて、こんなの絶対に真似できないわ…)、そこでは全部振り飛車から先に変化しているので、実はプロ的にはとっくに研究済の順なのかもしれませんが。。
 いずれにしても、これで角交換四間をカモれるようになるといいなあ。。まとめ方がうまく、わかりやすくて、すごくいい定跡本だと思いました!!


第55期 王位戦 第1局 羽生善治 vs 木村一基 (矢倉)

 数日前に棋聖戦が終わったばかりだというのに、もう王位戦か!!今日からはしばらく続いた森内戦ではなく、相手が変わります。その相手は…普段の研究相手の木村さん。猪木vs藤原戦という感じですね(古っ!)。互いが同じ技を共有していて、しかも互いの弱点を知っている、と。相アキレス腱固め戦は師匠の猪木が一枚上でしたが、相居飛車ではどうなりますか。
 先手は羽生さん、将棋は…おお、相居飛車のさらに相矢倉になりました!!さらに…相端攻め、何もかも鏡映しです(^^)。これは面白いことになりそう、さてどうなりますか。。しかし、今日~明日は忙しいので、あんまり見れないかもしれないなあ。。

20140709王位55-1_34手 盤面図は34手目、後手の木村さんが△53銀とあがったところです。あら?これはこの前の▲羽生-△森内の棋聖戦第2局にそっくりでないかい?棋聖戦では「△53銀には▲46銀と上がりにくい」という事で、羽生さんはここから雀刺しを構想していましたが、本局はどうでしょうか。

▲15歩△22玉▲17香△85歩▲18飛
 おおお、雀刺し、キタ━━(*゚∀゚*)━━!!う~ん、雀刺しはしばらく指さなくなっていたのですが、タイトル戦で連採されるとは。。これは自分の将棋のバリエーションが増えるかもしれないので、今度からは△53銀には雀刺しを狙ってみよう。

 さて、羽生さんの構想は同じなんですが、受ける後手の指し手が、森内さんと木村さんでは違いました。森内さんは9筋の歩を伸ばしたのに対し、木村さんは8筋の歩を伸ばして矢倉城の玉頭を圧迫する形を選択。

△24銀▲96歩△73角

 さらに羽生さんがこれを▲96歩と受けた事で、この先手玉の攻防の形が変わった感じです。特に、先手が端歩を受けた方がいいのかどうか、これはいつも迷う所なんですが、本局を見ても…う~ん、やっぱりどちらが良かったかは僕なんぞでは判断がつきませんでした(^^;)。

▲26銀
 う~ん、この▲26銀という形、いつも使いにくそうに感じちゃいます。将棋の勉強を始めたばかりの頃、序盤の定跡勉強で挫折した事があります。で、結局、谷川さんの名著『光速の寄せ 矢倉編』を読んで、相手玉をタテから潰すとして、自分で指すとしたら一番使いやすい形を採用したという経緯があります。棋聖戦でもこの銀の進出で、その時はうまく捌けたんですが、森内さんとは別の意味での矢倉の達人である木村さんに通じるんだろうか?

△95歩▲同歩△同香▲97歩
 おっと、先に端攻めに着手したのは後手でした!ただ、桂を跳ね出しているわけでもなく、角も73に引いているのでラインが逸れていて、いきなり端を破ったわけではなく、香を利かせたという所に留まってます。しかし、手番は後手のままで…

△45歩
 木村さん、手番が先手に移る前に、好形を作り出します。後手の53の銀って、ネット将棋だと玉頭を目指しに行く人が多い気がしますが、プロは△45歩~△44銀を結構見る気がします。でもそれって、▲46銀37桂戦法の時だけなのかなあ。で、初日はここで終了。で、次の羽生さんの封じ手が、勝負の命運を分けることになったんじゃないかと。

▲37銀
 えええ?!
…いや、これは解説の人たちも驚いていましたが、思いっきり手損の上、攻めの銀を捌くことが出来なくなり、端攻めの迫力もなくなってしまう事になると思うんですが、どうなんでしょうか。普通に▲37桂~▲25桂からの端攻めでは駄目だったんでしょうか。う~ん、矢倉というのは攻め合いの手数計算戦になるので、異常に難しいんだよなあ。ネット将棋だと、自信満々に攻めまくると相手がビビッて受けに回ってくれたりして、ハッタリが結構効いたりするんですが、指しているのが最強棋士の羽生さんに、矢倉の達人の木村さんだから、キチンと読んだ上でマズい順があったのかも。

20140709王位55-1_73手 で、銀を引いた以上、先手は4筋を争点に戦いを展開しますが、どうしても食い破ることが出来ません。むしろ、ここでの戦いは木村さんの方がうまかった。先手の攻め筋を全部消して、焦らず、じっくりと…。これが、満を持していきなり先手を窮地に追い込む驚愕の手が飛び出しました。73手目盤面図では、後手からは攻め筋がいっぱいあるのに先手は手掛かりがないという状況。後手はじっくり押さえ込んでいくか、端攻めをどう絡めるか…みたいに思ってていたところで…

△58歩
 え?ただジャン。えっと…うおおお、この歩は取ると△69銀の割打ちが厳しすぎるから取れないのか?!いやあ、こういう手が指せるから、プロは恐ろしい。。
 
 この歩は先手玉を追い詰めると金攻めの筋となり、先手はこれを受けることが出来ず。かといって手抜いて攻め合いに行くにしても、その手がかりも持ち駒もナシ。終盤、羽生さんはアマチュアだったらほとんどの人が投げてしまうような局面からとんでもないからくりを作って玉を脱出させますが(これが凄かった^^;)、しかし木村さんは入玉を許さずに羽生玉の頭を押さえ、116手にて木村さんの勝利!

 これで今期無敗だった羽生さんに土がつき、更に木村さんは大事な初戦を勝利すると同時に、後手番をブレイクするというおまけつき。本格矢倉は先手有利だと思うので、この一勝は色々な意味で大きかったと思います!

 それにしても、雀刺しはやっぱり難しいなあ。自分で指すのなら、もうちょっと勉強しないと難しいかな。。

第85期 棋聖戦 第3局 羽生善治 vs 森内俊之 (横歩取り)

 今期の羽生さんって、いまだに無敗なのか?!もう7月だというのに、いくらなんでも強すぎるだろう。。一方の森内さんは?今期5勝8敗、勝率3割8分か、調子悪いなあ…と思ったら、うち6敗が羽生戦か、これは仕方ないわ。じゃ、5勝の内訳は?渡辺さん、広瀬さん、行方さん…おいおい、A級棋士を片っ端からメッタ斬りじゃねえか、メチャクチャ強いわ。というわけで、この棋聖戦も羽生棋聖4冠の2連勝でリーチがかかっていますが、今の羽生さんを倒せるとしたら、やっぱり森内さんしかいないんじゃないかと。

20140705_32手 先手の森内さん、矢倉に誘導したかったんじゃないかと思うのですが、初手▲76歩に対する羽生さんの応手は△34歩。羽生さんの後手横歩取りは反則レベルの強さなので、森内さんは避けたかったところじゃないかと思うのですが、避けることが出来ず。盤面図は32手目、後手は52玉型中原囲いに流行の△23銀の形に構えました。いやあ、昨日の中村-藤森戦と違って、こっちの方がアマチュアには真似しやすく思えるなあ。

 自分で指す場合、僕は横歩が一番好きです。でもそれって、すぐに力戦模様(というか、分岐形式の序盤定跡が勉強しにくい)になるからで、序盤定跡の勉強が間に合ってないからだという面もあるような気がします。例えば後手△33角・23銀という形は、最近のプロの将棋では当たり前のように出てくる形だと思うのですが、これに関して、僕が読んだ何冊かの定跡書だと(これが出ているというだけでも最近の本にしか書いてない)、後手の右辺は確実に△72銀。本局のように中原囲いに△73桂という形なんて、横歩では死ぬほどよくある形だと思うんですが、△23銀との組み合わせは書いてないんですよね。こうなると、自分が指す場合には部分的な手筋を色々と組み合わせてみて、それがうまくいくかという思考になっていくんですが、もしこの形で後手が良くなるなら、僕としては嬉しいぞ、と。。

▲33角成△同桂▲88銀△24歩
 森内さん、いきなり角交換!横歩△33角戦法って、互いに角が質駒になっているので、この角交換のタイミングも難しいですよね。自分から角交換すれば、相手は手順に桂を跳ね出せるわけですし。角交換後の△24歩は、「あら?△25歩じゃないのか?」と思ったら…△76歩を指していたので、ひねり飛車にできないんですね、なるほど。。そして…

▲75歩△42玉▲76飛
 来ました!森内さんって、横歩の先手番でこの▲75歩~▲76飛をよく指す気がします。で、羽生さんはこの歩を取らずに玉を寄りました。なんでかな。…△同飛▲74歩△65桂(△同飛なら▲82角が痛打でした^^;)▲66歩ですか。なるほど~、取っちゃまずそうだな。。しかし羽生さん、▲76飛を見た途端に…

△75歩
 取るんかい(笑)!

▲同飛△74歩▲76飛△64歩
 な、なるほど~、大駒を近づけて受け、それを引かせることで手番が入れ替わるのか!いやいや、細かい技ですが、これは実践でも使えそうだぞ。。メモメモ…。

 以降は一進一退を繰り返す見事な中盤戦。飛車をぶつけたのはなんと先手の森内さんの方で、たしかに飛車の打ち込みに対しては後手の方が分が悪そう。ところが、攻めは2枚の桂を跳ね出した後手の方が繋がっちゃいました。いやあ、先手は飛車を打ち込めば形成有利になりそうなのですが、その一手の手番が全然回ってこない。羽生さんの攻め、攻め、攻め!!途中で何とか駒を補充し合うところまでは盛り返したんですが、後手の攻めは全く切れませんでした。
 しかしさすがは森内さん、さすがに後手よしで、しかも横歩なので一気に詰んでしまう筋もありそうという所からの受けが凄い!!受けているだけじゃなくって、詰めろをかけちゃったりと、確実に反撃の筋を作りながらの見事な差し回しでした。後手が攻めあぐねる展開となった終盤で、またもや出たのが羽生マジック。マジでこの人は異常だ、神すぎる…。

20140705_棋聖85-3_森内vs羽生_横歩97手 盤面図は97手目、森内さんの強烈な反撃を受けて角を詰まされた羽生さん。角を渡してしまうと、次の▲31角を許してしまうと後手はオシマイです。しかし、シロウトな僕が最初に考えるのは、その前に先手を詰ます手はないかという事ですが、ひと目で思いつくのは△29飛打の鬼より怖い2枚飛車。で、▲45銀に対しては△59飛成でお疲れ様、という感じですが、羽生さんが飛車を貼った場所が異常でした。

△49飛(98手目)
 え?「大駒は離して打て」じゃないのか?これ、場合によっては飛車取りに当てられちゃうぞ。いやあ、2筋か3筋かで迷うなら分かるのですが、4筋に貼るデメリットはいっぱいあるけど、メリットが全く分からないんですが…。しかし、これが驚愕の羽生マジックの序章だったとは。。
 なんにしても、これは詰めろになっているので、先手は凌がなくてはいけません。

▲33香成△同桂▲58金打
 香で金を補充する手が王手になるので駒を補充しつつ一手を稼いで、補充した金を守りに利かせます。いやあ、ここで底歩の形が出来ちゃいました。これは先手玉が堅くなっちゃったぞ、どうすんだ、これ…。

△55香
な、なるほど!▲45銀と角を抜く手を指すと、△57香成から一気の寄せが決まっちゃうのか!少しでも緩手を指した途端に勝敗の入れ替わっちゃうようなすごい終盤になったぞ…

▲54桂△同角▲55銀
 ここの先手の差し回しもすごい!▲54桂で歩を抜いた手は王手になるので手抜くことが出来ませんが、△同角でタダ。しかし、歩を抜いたので次の▲55銀と立った手が銀取りにならず、逆に角取りになるという仕組みです。いやあ、こういう三手一組とか五手一組の手がバシバシ見える人になりたい…

△45角▲46歩△65桂▲45歩△57桂不成▲68玉
この角取りを逃げる△45角は▲23馬と銀を素抜かれる手も防いでいます。しかし▲46歩の追い討ちがキビシイ。角を渡すとやばいというのが後手の辛いところで、なんか先手が逆転しちゃったんじゃないかという気分でした。しかし角を見捨てての△65桂~△57桂不成が凄い継続手!▲同金は飛車が成り込んで詰みなので玉を躱すしかありませんが、ここで…

△32金▲21馬
いったん馬を追って角の打ち込みを消してから…

△45飛成(114手目)
 ウアアアアアアア~~~~(; ゚д゚))!!!マジか、この龍を作って後手の玉頭を抑え込んでいる銀の利きを外して、逆に先手玉の頭を抑える構想だったのか?!ウソだろ、これだけ変化の多い複雑な局面から何手先を読んでたんだよ…。

 こんな化け物じみた手を1日制の将棋の終盤で平然と指す棋士に勝てるわけがありません。この後も森内さんは素晴らしい手を指し続けるのですが、挽回することは不可能、152手にて無念の投了、羽生棋聖の防衛となりました!!

 しかし、恐ろしいのは、負けた森内さんが悪手や緩手を指したどころか、好手の連発にしか見えなかったところです。あんなに素晴らしい手を指して、素晴らしい逆襲の構想を立てて、それで勝てないのか。森内さんはこれで今季9敗目ですが、うち7敗が鬼神モードに入ってしまっ対羽生戦というのが不憫すぎる。。しかも、名人戦から棋聖戦までの7局全部がため息の出てしまうような見事な名勝負なんだよなあ。。

 更に悪いことに、今期竜王戦の挑戦者決定トーナメントで羽生さんは第1シードになってます(- -*)。森内さん、これは竜王を守るべく、対羽生対策に今年の全てをかけるべきかも。。ああ、順位戦で渡辺2冠を倒したので、名人戦リベンジマッチも濃厚なのか。このふたり、凄すぎます。。死ぬまでに1度でいいから、こんな棋譜を残してみたいなああああ。。

第27期竜王戦決勝トーナメント 中村太地 vs 藤森哲也 (横歩取り)

 順位戦も熱いですが、今期は竜王戦の決勝トーナメントも熱い!特に、羽生さん、郷田さん、深浦さん、中村太地さんが固まった左の山は強烈です。。
 そして、昨日は竜王戦4組優勝の中村太地さんと、6組優勝の藤森哲也さんの対局がありました。藤森さんという棋士を全然知らなかったのですが、これが強い強い…。竜王戦6組で順位戦C2の棋士でこれだけ強いのか…。やっぱり、プロの強さって尋常でないわ。

20140705竜王27TN_26手 盤面図は26手目、横歩取で序盤の駒組みは終了、ここから中盤戦という局面です。横歩△33角戦法は後手に戦型選択権があるので、どうしても後手に注目しちゃいます。で、△23銀から飛車のぶつけを狙う後手左辺の攻撃的布陣は、すごく合理的だし参考にしたいんですが…後手右辺の防衛ラインが、シロウトな僕には怖すぎます。中原囲いですら不安に感じるというのに、銀を立つだけのこの陣形は怖すぎるといつも思うのですが、これ、飛車の打ち込みには意外と強いんですよね。問題は歩や角の打ち込みですが…やっぱり怖いわ。でも、がっちり固めて戦いたいのなら、そもそも横歩を指してはいけないという事なのかもしれません。で、ここから後手が凄まじい勢いで斬りかかりました!

▲56飛
 うおお、なんと中村さん、飛車を玉頭に合わせました!これはレトロな…。そういえば中村さん、去年のNHK杯で高道さんに横歩から玉東攻めを食らって負けたような…。なるほど、それで勉強したのかもしれません。という事は、左右の桂を跳ね出して玉頭攻めか?

△62金
 藤森さん、金をあがって玉頭に利かしました。しかしこうなると金銀の位置が逆になって、はやくも少し乱された感じなのかな?中村さんの▲56飛が予想外だったのかも。

▲36歩△24飛▲28銀
 ここの手の交換も横歩ならではですね。先手はやっぱり桂の跳ねだしを準備、しかし後手は桂を跳ねられる前にはやくも飛車の成り込みを狙います。歩を貼るなり銀で受けるなりすれば受かるので受けさせる狙いなんでしょうが、これって、さらに後手が1筋の歩を伸ばすと、先手は受けきるのが大変なんだよなあ。

△34銀
 ?!なんと、藤森さんは左辺の銀を攻めに使う構想、玉形よりも攻撃優先、先手の飛車を狙いに行きます。いやあ、これは攻め将棋だわ、さすがは塚田門下。しかし銀の進出は▲37桂で止められるし、これは▲36歩と突いた時点で予定の指し手なので手順に指せる計算、桂跳ねで先手不満なしかと思ったんですが…

▲75歩
 うおお、中村さんも積極的だ!飛車の逃げ道を確保しつつ、7筋の攻めを見せました。いつぞや森内さんが7筋の歩の突出しからあっという間に中原囲いの後手陣を崩壊させた将棋を見たことがあります。次に▲74歩まで行くと、55の角の打ち込みが強烈、後手は厄介だぞ…

20140705竜王27TN_38手△45銀▲86飛△88角成▲同銀△85歩(38手目盤面図)

 後手は狙い通りに銀を進出させ、先手は飛車をかわしました。このタイミングで後手から角交換し、次の△85歩が素晴らしい構想!この叩き、ひもがついているわけでもないし、狙いがよく分かりませんでした。普通に考えると、取らせることで飛車の横利きが外れるので△36銀と進出できることになります。しかし、その後は?△26歩なんて悠長な手は、その前に▲86飛と戻られて銀取が先手だしなあ。また、角交換をした以上、後手はやっぱり▲74歩が痛打になっちゃうので、急がないといけないぞ。…おおお、なるほど!▲85同飛△36銀~△47銀成▲同玉△69角か!いや、これは後手の技が決まっちゃったんじゃないか?

 さすがにこれを食らうわけにはいかず、中村さんは飛車を96に躱しました。しかしこの展開になると先手は飛車が負担、ここから後手は先手の飛車を的にしながら攻撃態勢を築き、先手は受けながら反撃の機会を狙う展開。ここから長く続く攻防戦がメチャクチャ面白かった!!実際どうだったののところは分かりませんが、個人的には後手十分以上の状況だったんじゃないかと思ってました。

 そして、藤森さんの猛攻、猛攻!!藤森さんは銀を犠打して龍を作り、大駒を捌きまくります。この攻撃が強烈で、僕なら20回ぐらい詰まされていた感じ( ̄ii ̄)ハナヂ。しかし…中村さん、ほとんど裸玉の状態になりながら、反撃の筋を作りながら、これを受け切ってしまいます。藤森さんは詰ましに行っていたのですが、不運にも秒読み将棋。これ、本当に詰みはなかったんだろうか。藤森さん、序盤で長考してしまった場所があったのですが、あれがなくって終盤に時間を残していたら、勝っていたんじゃなかろうか。結果、なんと早期決着が常の横歩で175手という大激戦の末、先手中村さんの勝ち!

 いやあ、この将棋はメチャクチャ面白かった!藤森さんの攻撃は、目からうろこの構想や手筋のオンパレード、見ていてため息が出てしまうし、面白いし、なによりものすごく勉強になりました。でも、実際の勝負となると、強く攻めるだけじゃなくって、優勢と見たら手厚くいくように方針を変えるとか、大局観も重要になるという事なんでしょうね。でもこれは結果論で、攻めが決まったようにも見えたんですが…。しかし藤森さん、これだけの攻撃術を持っていたら、あっという間にのし上がっていくんじゃないでしょうか。今回は負けてしまいましたが、今後の活躍に期待のかかる棋士さんだと思いました。しかし、こんな凄い将棋を指す人が順位戦C2・竜王戦6組のプロ最下層なのか。プロは恐ろしい…。

社会人には定跡書を全部読んでいる時間などない、ではどうするか…という話

 伸び悩んでます。段位の上がり下がりだけ見ていると、上達どころか現状維持すらおぼつかない。これでも、1日12時間以上の労働でフラフラになってる現在でも、なんだかんだ一日2時間ぐらいは序盤定跡の勉強をしているんだけどなあ。ああ、これだけの情熱が受験勉強の時代にあったら、今頃俺は…。。

 弱点と思ってきた終盤力には少しだけ自信が出てきたのですが(同じぐらいの段位だと僕の方が少しだけうまい事が多い気がする)、それとは逆に自分では得意と思っていた中盤で悪くなることが多いです。中盤は手が広いから、強い人相手だと、強引な攻めの構想だとダメなんだろうなあ、な~んて思っていました。しかし…どうもそうじゃない気が。実は、中盤より前の段階で、すでに指しにくくなってるんじゃないかと。そうです、明らかにアバウトな序盤に問題があるんじゃないかと。

 将棋を勉強し始めたばかりの頃、プロの強豪は片っ端から居飛車党でした。名人とA級棋士というトップ11人は全員居飛車、B1を含めても振り飛車は2~3人でした。このデータからして居飛車有利は明白なので、大変でもいいから居飛車を指そうと思いました。しかし…その大変さは僕の予想を遥かに上回わるものでした。とにかく、振り飛車と比較して、序盤定跡の勉強量が違いすぎる。もし自分が振り飛車を選択していたら、どの棋書を読んでいただろうかと計算すると…半分どころか、1/5で済むじゃないか(T_T)。これが僕の「振り飛車なんて楽な選択をしやがってクソ野郎」という逆恨み感情につながっている事は内緒です。

 白状すると、ネット将棋で間違えて三段以上に来た今でも、序盤のアドリブ率は相当に高いです。例えば、対四間飛車穴熊戦では、定跡なんて全然知らないので普通の対四間の居飛穴をアレンジして対応しているだけ。相居飛車でも、一手損角換わりに来られるとかなりマズい(一手損の参考棋譜は大量に集め終わって準備万端、羽生さんと郷田さんが強すぎるという事だけ分かりました。あとは青野さんの本が値下がりするのを待つばかりです^^)。

 しかし、これだけ分かっていても間に合わないのが、居飛車党の序盤定跡の勉強です。ただいま『角交換四間飛車 徹底ガイド』で角交換四間飛車を返り討ちにする研究中なのですが、居飛車に選択権がある戦型選択で、棋書ではサラッと流している変化に「あら、ここは面倒見てないで香を打ち込んだら振り飛車はオシマイでないかい?」という手を発見してしまい、どうにも居飛車十分以上の結果になる気がしてきました(僕程度の棋力での形勢判断なのでアヤしいものですが( ̄ω ̄))。それを発見できたのはいいんですが、ここで新たな悩みが。せっかく読み進めてきた棋書だけど、居飛車十分が分かった時点で、残りのページを読むのは止めて、次の定跡書に移ていいものなのか、という事です。というわけで、今後、最低でも読んでおかないと話にならない序盤定跡の本の数を数えると…一日数時間しか将棋に時間を割くことのできないアマチュアの僕には、膨大な序盤定跡を片っ端から覚えている時間なんて無いことが判明。それをやってると、自分が納得のいくところまで追いつくのは3年先だぞ。ここは次に進むべきだわ。

 人間の気性としては、7割まで読んだ本があったら、残り3割も読んじゃいたくなるものじゃないかと。しかしこういう所で最善の勉強手順を見極めて、残りの3割を読むのを後回しにできる人になる。こういう選択をできる事自体が、すでに棋力の一部なんじゃないかと。よ~し、やり残した感があってちょっと気持ち悪いけど、次の棋書に進むぞ!!
プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド