がんばって将棋初段を目指すページ!

Archive [2013年10月 ] 記事一覧

お気に入りサイトの更新情報

『佐藤康光の石田流破り』

 過去に書いたこの本のレビューですが、後手番石田流破りの章しか読んでない段階でのレビューでした。ようやく全て読み終える事が出来たので、改めてレビューを書き直しました!(中級ぐらいの時に書いたレビュー) 石田流対策に使ったのが、この本です。石田流の指し方でなく、石田流の受け方を書いているというのが、居飛車党である僕の需要にピッタリでした。 本筋の矢倉の勉強がまだ途中で、ネット将棋で石田流に来られた時...

第72期順位戦 C級1組 5回戦

 おおっ、昨日は竜王戦の裏でC1順位戦をやってたんですね。5回戦という事で、ちょうど折り返し地点。昇級レースに絡む対戦だけをピックアップして、ダイジェストで!●真田圭一 vs 船江恒平○ランキング2位の真田さん、負けました…。これは痛すぎる2敗目、昇級レースから大きく後退です。一方の舟江さん、1敗のまま踏ん張り、昇級レースに踏みとどまります。舟江さん、好きだなあ。ガンバレ!●千葉幸生 vs 佐藤秀司○真田さん...

第26期竜王戦 第2局 渡辺明竜王 vs 森内俊之名人 (急戦矢倉 5筋交換型)

 森内さんの先勝で始まった竜王戦、第2局です!第1局は森内さんの勝利、最近の竜王の調子の悪さと、竜王戦で絶対的な強さだった竜王が先に負けた事が重なって、怪しい気配になってます。第2局を竜王が取れば、先手番を互いに取ったというだけで済みますが、もしブレイクされると…ちょっとヤバくなりそう。ガンバレ竜王! そして第2局の1日目、いきなり森内さんがかましてくれました!1戦目に続いて、急戦矢倉の5筋交換型...

第63回NHK杯 羽生善治 vs 木村一基 (角換わり相腰掛け銀)

 NHK杯、ついに最強棋士・羽生さんの登場です!今期が始まった時は勝率2割台と絶不調だった羽生さんですが、気づいてみれば勝率は7割に迫る勢い、自分の持っている3つのタイトルをすべて防衛、棋王戦挑戦者決定トーナメントはベスト4に進出、王将戦挑戦者決定リーグも現在2連勝でトップと、とんでもないレベルの絶好調状態。いま、トップ棋士の中で一番状態が良いのは羽生さんと森内さんじゃないでしょうか。一方の木村さ...

第39期棋王戦 挑戦者決定トーナメント ベスト4決定!

 渡辺棋王三冠に挑む今年の棋王戦の挑戦者決定トーナメントのベスト4が出そろったみたいです!羽生3冠、永瀬さん、三浦さん、郷田さんの4者です! 棋王戦の挑戦者決定トーナメントのシステムは面白いですね。ベスト4で準決勝敗退の棋士は3者で敗者復活戦に回り、その勝ち抜け棋士が最後まで残った棋士と決定戦を行うみたいです。このシステムだと、1敗まではオッケーという事ですね。...

第39期棋王戦 挑戦者決定トーナメント 羽生善治 vs 山崎隆之

 去年末から今期の初めには勝率2割と絶不調だった羽生さん。竜王に蹂躙され、名人に完敗。そんな状態だったので、将棋を見始めたばかりの僕は、ついに羽生さんも弱くなっちゃって、タイトルを全部失ってしまう1年になっちゃうんじゃないだろうかと思っていたのですが、気づいてみれば勝率7割!しかも自身の持っていた3つのタイトルすべて防衛と、とんでもない強さを見せつけています。更に、残る棋王戦と王将戦も…おお、挑戦...

第61期王座戦 第5局 羽生善治王座三冠 vs 中村太地 (横歩取り)

 ただいま2勝2敗、200手を超える戦い、入玉された玉を押し返して寄せた羽生さんの神技、角交換右四間飛車という中村さんからの最新定跡、そして指し直し局まで登場と、大熱戦の続く王座戦ですが、今日がついに雌雄を決する最終局です!プロ将棋の観戦がこんなに面白いものだとは、思ってもみませんでした。。「初段を目指す!」という将棋の勉強は、観戦がこんなに楽しめるようになったという面でも、大成果です(v'ー^)v で...

第63回NHK杯 谷川浩司 vs 西川和宏 (居飛車穴熊vsツノ銀中飛車)

 夜中まで仕事をしていたら寝過ごしてしまった(-_-*)。起きたら11時半、NHK杯は中終盤でした。先手の谷川さんが穴熊で、後手の西川さんが美濃(銀冠)、戦場は中央付近で、互いの飛角がぶつかっている感じ。序盤の戦型はツノ銀中飛車戦だったそうで。ああ、これは最初から見たかったなあ。 しかし、ここからの終盤戦が熱かったです。僕が見たのは最後の10~20手ぐらいだと思うのですが、その間だけでも逆転が何度も起...

順位戦 A級 行方尚史 vs 久保利明

 今日は土曜日。久々の丸1日オフです。が、持ち帰った仕事が少しあります。のんびりやるか。取りあえずメールのチェックをして…あ、あら、昨日は竜王戦の裏でA級4回戦の最後の1局がやってたのか!たしか、行方さんが勝つと羽生さんを追いかける唯一の1敗棋士になるんだったな。でも、王位戦で羽生さんにボロボロにされてからおかしくなってる感じで、しかも相手の久保さんは調子をあげていたような。 …おお、行方さん破れま...

第26期竜王戦 第1局 渡辺明竜王 vs 森内俊之名人 (急戦矢倉5筋交換型)

 ついに来ました竜王戦!!最近調子を落としている感じの渡辺竜王ですが、こと竜王戦に関しては9期連続防衛と怪物レベルの成績、また2009年の竜王戦での対森内戦は4勝0敗というストレート勝ちと、データ的には好材料だらけ。最近の不調も、研究手を全部竜王戦に残しているんじゃないかと思えなくもありません。 一方の森内名人も、ここ10年での名人戦は羽生さんとふたりだけで回しているという無類の強さ。竜王なんか比べ物...

『上達するヒント』 羽生善治・著

 この本、タイトルからは分かりにくいですが、大局観の本という認識で良いかと思います。序盤定跡とか、囲い崩しとか、駒の手筋とかの勉強は、誰でもすると思うのですが、大局観というのは抽象的な部分が少なくないので、勉強するのも教えるのもなかなか難しいんじゃないかと思います。しかしこの本は、大局観という、将棋の指し手を選ぶ為の判断基準や指針という抽象的なものを、明文化・法則化しているところが素晴らしかったで...

大局観について

 将棋を始めて10ヶ月目、序盤と終盤と手筋の勉強をしてきたのですが、どうもそれらがうまくつながっていないように思えていました。 前兆は色々とありました。過去に書いた日記を振り返っても、「形勢判断を大事にしてみよう」とか、「位取りについて」とか、「勉強した戦型ほど勝てない」とか、その時その時に色々と感じていました。しかし、どれもこれも、初心者が引っかかりそうな障害に、片っ端から引っかかってるなあ。。...

第63回NHK杯 2回戦 中田宏樹 vs 橋本崇載 (升田式石田流)

 昨日の深夜、ネット将棋で3段の方と戦っていたのですが、これが面白くって、気がついたらなんと朝。。緩めてくれていたのかも知れませんが、初戦はなんと3段の方を追い詰めるところまで行ったところで…最後に1手詰を見逃す大チョンボ(- -;)。見学していた方も何名かいらっしゃったのですが、終わった途端に一斉に「角」と言われ、見えていなかったのは私だけだった状態。は、恥ずかしい。。2連敗ではあったのですが、2局と...

順位戦 A級4回戦

 ただいま、深夜までかかって仕事中。。気がついたら、夜中の2時を回ってる!!そ、そういえば今日はA級の対局があったハズ!…2局ありました。順位戦は一斉対局みたいですが、A級だけは違うんですね。A級棋士になると他のタイトル戦とかいろいろあるので、その調整をしながらになるから、なのでしょうか?というわけで、今日で行方vs久保戦を除いたA級4回戦が終わりました。例によって、ダイジェストで!!○羽生善治 vs 渡...

順位戦 B級1組 7回戦 & B級2組

 昨日は順位戦B級1組の対戦がありました。7回戦、ちょうど折り返しですね。そろそろ明暗が分かれてきました!(B級1組 7回戦)○高橋道雄 vs 鈴木大介● 全敗同士の絶不調対決。降級レースから抜け出すためには、ここはお互いに勝ちたいところではないでしょうか?!高道さんは、年齢的な衰えもあるのでしょうが、それでも順位戦だけたまたま勝ち星がつかないだけに見えるんですが、大介さんは本気でスランプである気がしま...

第61期王座戦 第4局 羽生善治王座三冠 vs 中村太地 (一手損角換わり)

 中村さんの2勝1敗で迎えた王座戦第4局、羽生さんはカド番に立たされ、あとがありません。一方の太地さんは初のタイトルまであと1勝!このシリーズ、第3局までは全て先手が勝っていますが、今日は羽生さんが先手。さて、どうなりますでしょうか。。 将棋は横歩取りになりました。この前の棋聖戦の印象が強いからか、羽生さんの横歩取りってメチャメチャ強い印象があります。太地さん、横歩にしちゃって大丈夫でしょうか?角...

第63回NHK杯 渡辺明 vs 広瀬章人 (居飛車穴熊 vs 四間飛車穴熊)

 NHK杯は2回戦に入って、A級棋士が続々登場です。今日は、ついにNHK選手権者である渡辺竜王三冠が出てきました!ラスボスといった感じですね。。しかし対する広瀬さんも強豪!!なんといっても、戸辺さんや糸谷さんや佐藤天彦さんという強豪ひしめく世代での出世頭、大学在学中に王位を取ったというツワモノ。それに、いま購入を検討している『四間飛車穴熊の急所』の著者でもあるので、竜王の穴熊と広瀬さんの振り穴の対...

LPSA vs 日本将棋連盟

 どのカテゴリーに入れていいのか分からなかったので、「観戦記」に入れてしまいましたが、いいんでしょうか(^^;)。日本将棋連盟とLPSAの、これは第4局ぐらい?? 女流の将棋に関しては、実はいまだに興味が持てません。というわけで、LPSAという組織に関するゴタゴタも、よく分かっていませんでした。それがとうとうネットニュースのトップ記事に。「将棋連盟、女子プロ将棋協会へ絶縁状」との事です。で、ちょっ...

矢倉戦の対策

 ただ今、対石田流の勉強をしているところです。現在、石田流に来られたら、急戦は久保流だろうが鈴木流だろうが升田式石田流だろうが金銀で受けているだけ、本組にされたらとにかく穴熊を目指しているだけ(^^;)。。…でも、本当に今いちばん勉強したいのは、矢倉なのです。 矢倉の勉強は、『羽生の頭脳3 最強矢倉』で、いちおう一通りしました。大変だった…。しかし、気になっている事がふたつあるのです。 第1に、最初の...

第61期王座戦 第3局 羽生善治王座三冠 vs 中村太地 (角換わり)

 羽生さんvs中村さんのこの王座戦は、第1局、第2局とも壮絶な終盤戦にまでもつれ込んだ激闘で、ただいま1勝1敗、メチャクチャ面白いです。。やっぱり、1日制がダレなくて好きだなあ。王座戦は7番勝負ではなく5番勝負なので、3勝で勝ち。というわけで、この第3局は勝った方がリーチとなる大事な1局です! 今日は中村さんの先手、角換わりになりました。序盤はサクサクと駒組みが進み、角換わり相腰掛け銀に。と思ったら...

四間飛車への対策

 渡辺明竜王の書いた『四間飛車破り 居飛車穴熊編』を読み終わったので、3~5級ぐらいでウロウロしている今の段階での居飛車党の四間飛車対策の勉強プランをまとめておこうと思います。 対四間飛車戦で必要な対策は、ノーマル四間飛車、藤井システム、角交換四間飛車、四間飛車穴熊、こんな感じ。で、それぞれに対応したテキストの候補は、以下の通り。(ノーマル四間飛車対策)『四間飛車破り 居飛車穴熊編』 (渡辺明)『四...

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR