第58期王位戦 第3局 羽生善治 vs 菅井竜也 (角交換振り飛車)

 角交換振り飛車&時間攻めのセットで菅井さん2連勝で始まった今期の王位戦。この第3局で菅井さんが勝つと、もうこれはほぼタイトル奪取なんじゃないかと。菅井さんとしては、羽生さんに破られるまでずっと角交換振り飛車の連投で行くでしょうが…ああやっぱりそうでした、そりゃそうですよね(^^)。

 20170808王位58-3_羽生vs菅井_後手角交換振飛車31手 ファンとしては「もう王位戦は捨てていいから竜王戦に絞ってくれ~」なんて思ってたんですが、ファンも見るスポンサーもついているというタイトル戦で、タイトルホルダーがそんな事できないんでしょうね、羽生さん対策をしてきました!まず、角交換振り飛車からの向かい飛車への振り直しに対し、羽生さんは早々に▲67角(31手目盤面図)!せっかくの角を早々に自陣に打つのはもったいない気もしますが、菅井さんが飛車を1段目に引いているのでなかなか敵陣への打ち込みのチャンスは廻ってこなそうだし、一歩得確定のこの角打ちで先手を取りに行く感じでしょうか。あと、この角はたぶん△12香と吊り上げてからの▲24歩での端の突破も含みにしてるんでしょうね、さすがにそんな単純にはいかないでしょうが(^^;)。そしてもうひとつ、菅井さんの時間攻めに対し、この第3局は菅井さんと同じぐらいに速いペースで指し進めてきました!互いにこれだから1日目の午前中ではやくも37手、このままいったら1日で終わってしまうんじゃ(^^;)。さて、このまま午後もハイペースで進むのでしょうか?

20170808王位58-3_羽生vs菅井_後手角交換振飛車38手 1日目はこのあと、先手▲67角の筋違い角からの▲12歩の香のつり上げの筋が決まっちゃってるように見える所まで進行。菅井さん、途中で筋違い角の攻撃を受け切るのは無理と見たか、別の戦場を作り出しての反撃を狙う△55銀(38手目盤面図)。これは次の△77角の攻めを狙ったんでしょうが、羽生さんは…

▲15歩
 うわあ、羽生さん、付き合わずに筋違い角を使っての端攻めを進めます!対して菅井さんは…

△73桂
 これはアマ低段の僕には狙いがよく分からない(^^;)。ここで△77角を打てないというのは、羽生さんが付き合ってくれなかった事で△77角が成立しなくなってしまったように見えるというか(いや、成立の是非をぜんぜん読んでないんですが^^;)、これだと△55銀との関連が少しぼんやりしてしまって、手がバラバラにも見えるなあ…。。いや、でも僕が何かを見落としてて、深謀遠慮な手なのかも。

▲14歩△同歩▲12歩
先手羽生さんは1筋攻めをして…

△85桂▲68銀△95歩▲同歩
後手菅井さんは9筋攻め。お互いに我が道を行ってます(^^;)。

この後も互いの指し手がハイペースで進んで、66手目で封じ手になったところでは、双方攻め合いの様相。いや、攻め合いというより、先手の筋違い角の攻撃が決まっちゃってるので、後手は先手玉にいつでも攻撃をかけられるように嫌味をつけておいてから手を戻したというあたりなのかなあ。この局面がそう見えるへなちょこアマの形勢判断としては、封じ手の時点では先手十分の局面な気がします。もしかすると、2日目の午前中には優劣がはっきりしてくるぐらいの状況かも。でも、明日の昼間は将棋を見ている暇はナシ、またしても15時代の決着とかになるとファンとしては辛いっす。菅井さん、2日制のタイトル戦で時間攻めとかやってないで、考えつくした自分なりの最善手を指すようにしてくれ~、そのための2日制なんだから(。・ω・。)タノムヨ。

20170809_kansousen.jpg◆◆◆◆
 2日目、ダッシュで5時台に帰ってきました、どんな状況かな…終わってました(´;ω;`)。。137手にて先手羽生さんの勝ち、終局は14時50分との事、菅井さんは3時間半近く余らせての敗戦。そして羽生さんの寄せ、これはすごい…。いや~竜王戦トーナメント村山戦での詰め将棋のような寄せも強烈でしたが、飛車捨てからの歩1枚すら余らせないピッタリのこの詰みもすごい。衰えてなおこの寄せか、やっぱり羽生さんは特別だわ、これはスゴいものを見せてもらいました(^^)。
 それにしても8月の羽生さんは夏の甲子園なみの過密スケジュールです。番勝負が王位戦3局に竜王戦挑戦者決定戦3局。それに順位戦、棋王戦本戦、王将戦予選ですか…。このまえ、棋王戦トーナメントで敗退していましたが、もし竜王戦に挑戦したいと思うんだったら、あれは敗退が正解ですよね、もし勝ってたらありえない過密スケジュールです。僕なら王将戦予選の対三浦戦の準備も捨てるな(^^;)、相居飛車で対策しないといけない新手がこの期間に飛び出してしまったら、王位戦第4局の準備を捨てるのすらやむなしかも。なるほどこの過密スケジュールを見ると、この第3局に対策をぶつけてきた羽生さんの選択は理解できます、だって棋王戦本戦を潰してでも王位戦の準備に当てないと、角交換振り飛車対策を準備できる時がなさそうねすよね。そう考えると、タイトル戦を戦っている棋士って本当にしんどいですね。渡辺さんが「2冠ですら相当厳しい、3冠なんてとても無理、準備がまるで追いつかない」なんて言っていたことがありましたが、複数冠がいかに怪物レベルなのかという事がよく分かります(^^;)。それにしても、1勝返して最低限の面目は保ったと思うので、8月はあくまで竜王戦を本筋で戦ってほしいっす。。

第58期王位戦 第2局 菅井竜也 vs 羽生善治 (角交換振り飛車)

20170725王位58-2_菅井vs羽生_角交換振飛車17手 暑い~暑すぎる。今年はかき氷にお世話になりまくってます(^^;)。さて、第1局は独特な角交換振り飛車&時間攻めで先勝した菅井さん。先手番の今日は…うわあ、またしても変なスタート、5筋の歩を突き、7筋の歩を突かない段階で三間飛車に構えました!う~ん今のプロ将棋は序盤の工夫がスゴイですが、この競争もとうとう3手目にまでなったか。。そして、駒組みが少し進んでから角道を空けて角交換、飛車をすぐに2間に振り直し、これでようやく対抗形の角交換振り飛車らしい形におさまりました。う~んこういう将棋、居飛車側は2枚銀で行くか、どこかで△44角を狙いに行くか、7~8筋の戦場をガッチリ行くか、方針が重要になりそうです。あと、羽生さんは時間攻めもケアしないとけないかも(^^;)。

◆◆◆◆
 さて、一日目もそろそろ終了、棋譜だけチェックしようかな…あらあ、またしても持ち時間の差が2時間以上ついてる、また時間攻めか(T_T)。そして駒組みは…まだ開戦前の駒組み段階ですが、そろそろ飽和状態。シロウト目には振り飛車は駒の連結がよく攻め筋も明快、居飛車はまだ離れ駒があって角も狭く見えるので、振り飛車充分の立ちあいといった感じでしょうか。角交換振り飛車で振り飛車充分に見える駒組みになるこの展開ってよく見かけますが(久保さんが王将を取った3月の王将戦の最終局とか)、プロでも角交換振り飛車相手の駒組みは難しいのかも。
 このまま菅井さんが時間攻めの方針を変更しないでいくと、どっちが勝っても終局ははやいかも。明日は急いで仕事を終わらせないと(^^;)。。

20170725王位58-2_菅井vs羽生_角交換振飛車53手 ◆◆◆◆
 2日目、仕事をはやく終わらせてダッシュで帰ってきました!!…って、終わってた(>.<)。。えええ、3時代に終局してたのか、そりゃどんなに急いだって間に合わないや(^^;)。しかもまたしても時間攻めもあったみたいで、最終的には3時間以上の差をがついてました。棋譜を見る限り、開戦直前の53手目盤面図の時点で、後手は右銀が遊んでるし角の働きに差がありすぎ、これはやっぱり序盤でつけられた差があまりにイタかった将棋という感じに見えました。それにしても、菅井さんの終盤手抜いての寄せは見事でした!

 菅井さんの時間攻め、噂には聞いていましたがこんなに極端に来るとは思いませんでした。早見え早指しの糸谷さんとはちょっと違って、研究しまくって研究範囲は速攻で来る感じかな?相手からすると、序盤の研究範囲はバシバシ時間攻めされる、時間で差をつけられないようにするとどうしても読みが入れきれない手が挟まって緩手が生まれる、終盤は自分だけ秒読みに追われる将棋になって転ばされる…みたいな。これに対処するには序盤研究で追いついておくしかない気がしますが、菅井さんの角交換振り飛車の研究に今から追いつくのは無理そう。すぐには打つ手がないかも知れません。次の第3局まで2週間ほど時間があるので、それまでにできる限りのことはしておきたいところでしょうが、ボクとしては今の羽生さんには竜王戦トーナメントに振り切ってあたって欲しいと思ってしまう…う~ん、この王位戦、羽生さんピンチかも。

藤井聡太炎の七番勝負 第6局 藤井聡太 vs 佐藤康光 (後手ダイレクト向かい飛車)

 記憶違いなら申し訳ないですが、佐藤康光さんって、いま公式戦10連勝ぐらいしてなかったでしたっけ?まだ序盤の段階でものすごい構想からいきなり踏み込んで中盤になだれ込み、それが無理攻めでなくちゃんと成立していて、相手の研究を外して以降は棋力の差を見せつけて優勢を広げ、終盤は抑え込みなどせず鬼のような切れ味で相手を斬りにいく感じ。その絶好調佐藤康光さんが完膚なきまでに粉砕されました。藤井聡太さん、めっちゃ強い…。しかも、棋譜が凄すぎました。

20170416炎の七番-6_藤井聡vs佐藤康19手 将棋は後手康光さんがダイレクト向かい飛車を見せて対抗形に。最初に驚いたのは藤井さんの構想力。端を受けずに玉を寄りに行った序盤の後手康光さんに対し、聡太さんが9筋の端の位を取ったのが19手目(盤面図)。以降、藤井さんはこの位を主張しに行く構想を練り、それが詰みに直結する事になったんですが、それを考えるとこの段階で藤井マジックは既に始まってたのかも。

△33桂▲36歩△42金▲58金右△72玉▲37桂△21飛
 後手康光さんは最近の角換わり系の将棋の玉の逆サイドの守り形を作り、藤井さんはそれに応じる形に。そして…

▲77桂
 あ、銀冠を作りに行くのか…と思いますよね。そう思うのは、ぜったい僕だけじゃないはず。でも、この桂の狙いは全然別でした。以降、藤井さんはチャンスがあってもそれを見送り、構想通りの将棋を作り上げに行くんですが、そんな事はアマチュア弱小の僕は知る由もなく…

△62金▲29飛
 後手に続いて先手も、角の打ち込みを消す飛車引き。それが狙いだと思いますよね?もちろんそれも狙いのひとつだとは思いますが、しかし…

20170416炎の七番-6_藤井聡vs佐藤康31手△82銀▲68金上(31手目盤面図)
 金をあがった瞬間、「アッ!」と声が出てしまいました(^^;)。。やっとわかった、藤井さんの狙いは地下鉄飛車だったんですね。。いや~、この指し方、僕は『よくわかる角換わり』に出ていた右玉破りで学んだことがあって、しかも一時期は対右玉には徹底してこれを指してたんですが、自分で指していながらまったく気づきませんでした。。なんと、9筋を突きあわなかった序盤の一手を咎めに行っていたとは…しかし、19手目盤面図の1手前に後手が指した手って、△62玉なんですよね。それに替えて端歩の突きあいを優先できるかというと、これはなかなかムズカシイ。。というわけで、極論すると、これは△54歩を突きだしてからのダイレクト向かい飛車自体を咎めに行ったという事にもなるのかも…。いや~、もしこれが成立しているとすると、独創的な構想で知られる康光さんに対して、構想で上回る事になる気が…。。

20170416炎の七番-6_藤井聡vs佐藤康44手 以降、藤井さんは8筋~9筋に振る地下鉄飛車を狙って駒組みを進展させ、康光さんは銀冠を完成させつつ反撃筋を着実に作って、44手目盤面図へ。ここで藤井さんは…

▲96銀
 なんだこれえええええ~~いきなり踏み込んだああああああ(゚ロ゚ノ)ノ!!!いやあなるほど、飛車まわりを後にしてるのは△25歩をギリギリまでケアしてるのか。。というか、よくこんな順を思いつくな、信じられない。。向かい飛車を相手にせず、9筋の位を活かした端攻めを絡め、飛銀桂で玉頭から潰してやろうというのが、19手目以降の先手の一連の構想だったんですね。しかし、何も考えずにパッと見たら、むしろ後手の方がバランスのいい構えに見えるぐらいに、後手もいい構えですよね。これ、通るんだろうか。。

△64銀▲89飛
 先手狙い筋とはいえ、向かい飛車で飛車筋をずらすのはけっこう怖いと思うんですが、それでも飛車を回りました。これ、先手は成立していると見ていないと回れないですよね。△25歩はもちろん、8~9筋の戦場でも△94歩の反発とかもありますし。。

△62角
 うわあ、康光さんもすごい手を返してきました。これ、アマから見ると康光さんの考えが理解しにくいです。△25歩からの飛車先突破では間に合わないと見たとも思えるし、だから△86角~△77角のスピードアップを図ったのかも。ついでに、戦場になりそうな84にも利かせておく、みたいな?いやあ、テキト~な事言ってますが、僕程度の棋力ではちょっとついていけません(^^;)。自分の棋力アップのための日記なので許して下さい。。

▲45桂
 相手の手に乗って有効手を挟んできます。後手の角打ちで的にされそうだった桂をここで跳ねだして桂交換で捌きに行きました。これ、捌いた桂を戦場で活用しようとしてますよね…。ここまでの藤井さんの棋譜を見てると、こうした駒の補充を藤井さんがしに行ったら、もうヤバいです。。

20170416炎の七番-6_藤井聡vs佐藤康68手 ここからは先手の玉頭攻めvs後手の角の成り込みの攻め合い。しかし藤井さんの終盤がヤバすぎました。信じられない手が何手飛び出したでしょうか。。盤面図68手目は、9筋を突破された後手が、8筋の飛車を走られるのを防ぎながら反撃を見せた桂の打ち込みの局面。ここで藤井さんは…

▲96桂△95銀
 えええええ~~なんだその手は(゚ロ゚ノ)ノ!!いや~そんなの△95銀の桂頭銀で何でもないだろ、桂をみすみす1枚捨てただけじゃないのか、と思ったら…

▲84桂
 ええええ~タダ捨てするのか?!!…って、あああああそうか、△同銀には▲93銀か!!いや~なんというカッコいい手だ。。

△86桂▲68玉△84銀▲86飛△83金(76手目盤面図)
というわけで、佐藤さんは1回王手を入れて飛車がすぐ走れないようにしてから受け、△83金を打ち込んで防波堤。これはすごい受けだ、1段目に引いた飛車の効果が絶大で角が打ち込みにくくて寄せにくい。。これ、寄せるの難しいんじゃ…

20170416炎の七番-6_藤井聡vs佐藤康76手▲95桂
 うあああああああ!!!なにこの桂打ち…あああ、香を抜けば頭銀、桂を取れば飛車が走るのか。。じゃ、金をよけたら?…▲93銀とかが飛んでくるのか。。いや~これはキビシイ。

△同銀▲85飛△84銀▲93銀
△同金▲同香成△同玉▲99香
△94歩(86手目盤面図)

 他の受けでは余計に早くなりそうなので、ここまではほぼ一直線。
 しかしプロの受けはさすがです。さすがに先手優勢と思いますが、むここは飛車を引くしかなさそう、康光さんはなんとか手番を手に入れる事が出来、何とか飛車先を受けてから反撃に行きたいところ…かと思ったら…

20170416炎の七番-6_藤井聡vs佐藤康86手▲72角
 うあああああああ~またしても綺麗な詰めろが飛んできたああああ!!なんというんでしょうか、局面的には詰めろで迫って寄るなら飛車取りは関係ないので誰でも考える手ではあるんですが、でも受けられたらどうなるかを考えたところで切り捨てる手でもありますよね。こういう優勢の局面で一番やってはいけないのはポカだと思うので、急いだ攻めで読み抜けるよりも確実な寄せをするのが普通と思うんですが…これ、合駒されて寄るんでしょうか?しかし、ここからがまるで詰め将棋のような華麗な寄せ。

△83歩▲94香△同玉▲95金△93玉△同銀は▲84飛△同歩▲94角成
 まで、95手にて先手藤井さんの勝ち!!いや~なるほど、▲95金がカッコいい!△同銀は▲83飛成で詰むので△93玉の一手というわけですか。

 この終盤、藤井さんが完全に読み勝っているように見えます。また、地下鉄飛車を8筋に振った時の2筋の速度計算も藤井さんが勝っているように見えます。ついでに、構想も…。現在の調子的に、神がかった終盤というと久保さんに羽生さんに康光さんという気がするんですが、そのひとりの康光さんが何もさせてもらえずにここまで一方的にやられるとは、想像してませんでした。聡太さん、これはトップレベルどころか、現役A級棋士ふたりを完全にねじ伏せました。こんな規格外、近いうちにタイトルを取るなんて当たり前で、それどころか羽生さん級の怪物の登場なのかも。プロ入り以降、怪物級の棋譜の連発です。羽生さんと永瀬さんはよくこんな化け物に勝ったもんだな…。。

第66期王将戦 第6局 久保利明 vs 郷田真隆 (先手向かい飛車)

 久保さん、角道オープンの振り飛車で郷田さんを仕留めました。これで4勝2敗、王将位奪取です。

20170314王将66-6_久保vs郷田_先手向飛車56手 角交換振り飛車、居飛車党の僕としては、やられて気持ちの良い戦型ではなく、それなりに苦手意識があります。居飛車は玉形が好形に出来ないのがなんとも、ね(^^;)。さらに、5筋の歩を突きあった形となると、余計にね(^^;)。角交換四間飛車対策はずいぶんしたものの、寄り道なしでの向かい飛車は対策が追いついてなかったりするので、定跡に頼り切れない所も、ね(^^;)。

 ところでこの将棋、振り飛車銀冠と居飛車金冠に囲い合った時点で、既に振り飛車有利に見えます。居飛車は持ち駒を受けだけに使わせられるし、玉形には差があるし、紛れも求めにくいしで、プロからすればあとはたやすい将棋だったんじゃないでしょうか。だとしたら郷田さんは囲い合う前の段階までに何かしないといけなかったのでしょうが、何が出来たのか、僕にはまったく分からず。僕は角交換四間飛車破りには早めに右銀を繰り出す手や△44角の打ち込みを狙いに行く事が多いですが、寄り道なしの向かい飛車だと…いやあ、これは定跡の勉強をちゃんとしないとキッツイなあ。。こういう将棋をタイトル戦でじっくり見るためにも、振り飛車党の久保さんがタイトル持ちになってくれたのはありがたい事かも知れません(^^)。

第66回NHK杯 佐藤康光 vs 佐藤天彦 (先手向かい飛車)

 いや~康光さん強い!!ここのところの康光さんの剛腕は凄まじいです!最近のNHK杯の棋譜も凄いですが、この前の順位戦最終局も信じられない桂の外跳ねから踏みこんで切り倒してましたし(なんだあの構想力は!)。中盤入り口にしてすでにとんでもない読みを入れていきなり踏み込んで、強引に優勢にしてしまうというか…。今日は、角をいじめに行ったところで、すでに康光さん良しだったのではないでしょうか。形が崩れるとか関係なしに、良さそうな筋があったら噛みつきに行く凶暴さは、見ていて圧倒されました。
 しかし、天彦さんもさすが名人、よくもあんな局面から勝負がたちに持っていけてしまうものだと舌を巻いてしまいました。代償の求め方も、見ていてすごく勉強になりました。中盤は辛抱合戦だと僕は思ってるのですが、天彦さんは嫌味のつけ方がいつもいやらしいっす( ̄ー ̄)。また、簡単に土俵を割らない粘りも見事、受けに回った時の鉄壁さが半端じゃないです。名人ってやっぱり別次元だわ。

 今日のNHK杯は、準決勝にふさわしい大熱戦だったと思います。魅入ってしまいました。


プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド