第67期王将戦予選 菅井竜也 vs 藤井聡太 (先手ゴキゲン中飛車)

20170804王将67予選_菅井vs藤井聡_先手ゴキ中12手 現在タイトル戦で羽生3冠に2連勝している菅井さんと、今期29連勝というプロ連勝記録を作った藤井聡太くんの対局という好カード!予選といえど、これは観ないわけにはいかないぞっと(^^)。

 王位戦での羽生さんとの対局にしてもそうですが、菅井さんの将棋は序盤早々がムズカシイです、12手目盤面図なんて序盤も序盤ですが、こんなスタート見た事ないよ( ̄0 ̄)゛ウヒョ~。。多少の損得よりも、手が広い&まだ形成にそれほど影響が出るとは思えない段階で、相手の研究範囲の外に出たいという事なのかなあ…。僕だったら、こんなの指されたら絶対時間つかっちゃうわ。。この後、振り飛車はよくある形に合流したんですが、居飛車側は早々に△73桂の形を作らされ、この桂頭を狙われてしまいました。角換わり矢倉でも現在大流行のはやい桂の跳ね出しですが、やっぱりうまく指さないとプロでも的にされちゃうんだなあと実感。

20170804王将67予選_菅井vs藤井聡_先手ゴキ中49手 ちょっと進んだ49手目盤面図。この盤面図をどう判断するか、これはボクの棋力ではとっても難しい…ちょっとでも熊れてるとそれを過大評価しちゃう僕なんですが、聡太くんはこの局面をどう判断したんでしょうね。そして、ここからの将棋がすごかった、両者のすごさが出た感じでした!手番は後手が握ってますが、はやく跳ねだした桂頭を突かれて桂取りの状態、後手は角の成り込みを狙ってここまで将棋を進めてきたという事もあるし、普通は△85桂と跳ねて、桂を逃げると同時に銀取りを確定させて、その後の角の活用に行きたいと思うのが普通と思うんですが、ここで藤井さんは一気に踏み込みました!!

△86飛▲同飛
 うおお、いきなり飛角交換に行ったああ!

△77角成▲同桂
 続いて角銀交換に踏み込んだああ!!いや~派手な駒損を繰り返してますが、これは駒台に駒を補充して、まだ薄いうちの穴熊を一気に仕留めにかかったか?!恐怖の終盤力を持つ人にこういう踏み込みをされると、指された方は生きた心地がしないでしょうね(^^;)。。

△38銀▲47歩△49銀成(56手目盤面図)
 藤井くん、角と交換して手に入れたばかりの銀をまだ薄い段階の穴熊に打ち込んだああ!!これは激しい踏み込み、仮に▲33同金としてしまうと△同とのあとの△55角がいきなり厳しいですか…。というわけで▲47歩は必然、しかしそれに対して金を拾った△49銀が成りなんですね、これって普通なら不成として次に△38銀成という余地を残しておきたくなるもんだと思ったんですが、なぜ成ったか…菅井さんの次の一手を見るまで気づかなかった僕はやっぱりアマチュア弱小でした(T_T)/。。

20170804王将67予選_菅井vs藤井聡_先手ゴキ中56手▲38飛△35歩▲73歩成
 △49銀としてくれたんですから、次に速い攻めとなる△38銀成はないわけで、これは狙い続けた桂を食いちぎる待望の▲73歩成と行きたいじゃないですか、しかもそれが銀取りになるし、その後飛車もなり込んで薄い後手陣を一気に寄せられそうでもあるし。でも、仮に▲73歩成とすると…いやあなるほど、△38金と打ち込み、以降は△28金▲同玉のあとに△39角の打ち込みがあるのか、だから銀は成りだったのか、今ごろわかったよ(&p゚ω゚*)。これがあるから藤井さんは桂を逃げずに一気に踏み込んだんですね。というわけで先手は受けないといけませんが、菅井さんの指し手は、なんと自陣飛車!いやあなるほど、敵の打ちたい所に打て&金取りの攻防手なのか、驚いたよ…。これはひと目いい手、指されればこの一手ですけど、これを見つけられるかどうかは天と地ほどの差なんでしょうね。これがみごとな先手の切り返しで、後手は△35歩と受けるしかなくなり、ここで手番が入れ替わって先手は悠々と▲73歩成で桂を補充、しかもそれが銀取りにもなってるというわけで、プロ的にはここで勝負ありだったんじゃないかと。結果、81手という短手数で先手が仕留め、菅井さんの勝ち!!

 さて、あの聡太くんの踏み込みのところ、後手がどう考えていたんでしょう。果たしてあの自陣飛車の攻防手が見えていたかどうか…さすがにボクみたいなアマチュアと違って、プロなら△49銀成に対して次の△38金を受けないといけないというのはすぐにわかると思うんですが、受けるなら第一感として▲39歩あたりと思うじゃないですか。でもそうすると、△38歩と合わせられてから△64角と飛車取りと△28角成~△39銀~△35金みたいにして上下挟み撃ちにされて、これは先手ヤバそうな展開になってたのかも。あの自陣飛車、僕にはまったく見えてませんでしたが、プロだとどれぐらいの人が見えるんですかね…もし仮にプロなら結構な人が見える手だったとしたら、聡太くんの踏み込みは、既に形勢を悲観して暴れにいったという事だったのかも。そうじゃなかったとしたら…やっぱりあの菅井さんの放った自陣飛車がプロでも見えにくい見事な好手だったのかも。いやあ、ものすごい踏み込みとそれを一撃で切り返す攻防手、居合抜きのような将棋で凄かったです(^^)。しかし、菅井さんはとんでもなく強いですね、これは羽生王位ピンチかも…。。


第30期竜王戦決勝トーナメント 久保利明 vs 松尾歩 (先手ゴキ中 vs 後手超速)

 ああ~、今日は一日中仕事で疲れました、ただいま夜の11時半、竜王戦の決勝トーナメントの結果だけ見て寝ようかな…うあああ、まだやってました!!どちらも入玉模様、今から指し直しになったりして(^^;)…いやいや、後手の松尾さんが大駒を3枚持ってるので、持将棋になったら松尾さんの勝ちかな?
20170727竜王30TN_久保vs松尾_先手ゴキ中37手 いま棋譜を見たんですが、序盤から後手が積極的に動いてすごい将棋。超速気味に右銀を繰りだし、それを歩で追い返しにいった久保さんも貫禄なら、44分の長考の末にその歩を強く取った松尾さんもすごかった。ここから後手の右銀が盤面中央を右に左に駆け抜ける青春(^^)。久保さんがこの銀を追い返しに行きますが、掴まえきれないまま歩をかすめ取られ後手は2枚の歩得を主張、しかし後手は銀を助けるために△13角の位置で角交換を迫る形になり、これで先手から1筋を詰められる格好になったのが37手目盤面図。ここからがすごかった!

△87歩成▲13歩成△78と▲同飛
 後手は8筋突破確定、先手は1筋突破確定。いやあ、これはどちらもおっかない形になりましたが、こういう時の形勢判断って、僕は苦手です。龍を作れるから後手がいいと言いたいところですが、なんか頓死筋もある気がしちゃってね(^^;)。でも、龍を作るだけで引きあげる事になると、先手のと金攻めの方がと金の遅早になりそうな気もするし…

△18歩▲同香△17歩▲同香
 いやあこれはすごい…なるほど、先手1筋の香を吊りあげ、飛車交換をして、それで18に打ち込むのか。う~んこれは見事、端攻めってカウンターが恐いですが、これは見事なカウンターじゃないでしょうか、8筋どころか1筋の争いも後手が得をした気がします。

△89飛成▲79飛△88龍▲78金△79龍▲同金
 これで飛車交換。

△16歩
 さらに歩を吊りあげにかかって、これは△18飛の打ち込みは確定でしょう。いやあ、歩得を生かしたこの構想が今日の将棋の勝敗を分けたんじゃないでしょうか!

 最終的に相入玉の形になるも、松尾さんが点数計算で上回っているので久保さんは214手で投了、松尾さんの勝利です!いやあ、力戦調の中盤での松尾さん、ものすごい独創的な将棋でメッチャ強かった!!さすがは竜王戦1組優勝者です。まるで引っ張り出されて逃げ惑っているかのように見える銀に相入玉ですから、対局者名を伏せられたらアマチュアの将棋かと思ってしまうかも(^^;)。しかし強者どうしの縁台将棋は、よく見ると凄まじい構想の将棋、すごかったです。松尾さん、竜王戦トーナメントに残ったベスト4の中では松尾さんが一歩劣ると思っていてスミマセンでしたm(_ _)m。

第30期竜王戦決勝トーナメント 佐々木勇気 vs 久保利明 (後手ゴキゲン中飛車)

 藤井聡太くんと阿久津さんを下してあがってきた佐々木勇気さんでしたが、現タイトルホルダー久保王将の壁は高くて厚かった。。僕はゴキ中対策は先手後手問わず居飛車穴熊なもので、超速▲46銀ぎみの今日の将棋はよく分かりませんでした。でも、中盤で銀を丸損したことろからはずっと悪かったんじゃないかなあ…というか、やっぱりものの見事に弾き返す久保さんが強いのかも。

 竜王戦の左の山は、佐々木さんと久保さんのどちらかがあがってくると思っていたのですが、聡太くんも勇気さんもまだ久保さんレベルの棋士を超える所までは来ていないのかも。トップ棋士相手でも一発入れる力はとっくにあるんでしょうが、トップ同士の戦いで安定して勝ち続ける力まではもう少し…みたいな。それにしても、今の久保さんは本当に強い!中盤は華麗、終盤は豪腕、抑え込みに来られても綺麗に捌いて切り返し、果敢な攻めは咎めて潰します。今日の勇気さんも、序盤から積極的に攻めに行ったものの分厚い壁に弾き返された感じ。これで竜王戦決勝トーナメントの残るは羽生さん、久保さん、稲葉さん、松尾さんですか。オッズをつけるなら、羽生1.5、久保2.0、稲葉3.1、松尾8.5、ぐらいかな ( ̄∀ ̄*)?

第76期順位戦A級 久保利明 vs 行方尚史 (先手中飛車)

今年のA級順位戦は、40代の棋士の生き残り戦になりそうですが、それでも羽生さんと久保さんは降級する気がしないです。昨日は久保王将と行方さんの対局。どちらも終盤の強い棋士、特に最近の久保さんの切れ味はヤバいですからね(^^)。

20170712順位76A_久保vs行方94手 将棋は先手久保さんの中飛車。中飛車といっても、はやい段階で角道を止めた上に、飛車をあちこちに振り直したので、これは中飛車というより伝統的な振り飛車といった方がいいかも。角道を止めての古い形の対抗型の中盤は、大駒の総交換&銀桂交換で、後手行方さんの駒得。引きかえに先手の久保さんは手番を握り、歩を浮かされていない分だけ玉型もいい感じだったでしょうか。お互いに主張の通った五分ぐらいの中盤から終盤になだれこみ、先に敵玉に迫ったのは行方さん。かなり細い攻めだったので一気に寄るとは思いませんでしたが、さすがはA級だけあってなるほどという手で見事に繋いできます。そして途中で手番が久保さんに渡り、今度は久保さんの寄せ返しとなったのが94手目盤面図。先手に駒がたまっていたのでけっこうヤバそうな感じではありましたが、久保さんはなんとここから45手詰めを詰ましてしまいました(゚д゚* )シンジラレナイ。。全部書くと…

▲32銀△同玉▲23銀△42玉▲32金△同金▲同銀成△同玉
▲23金△41玉▲71龍△51銀▲21飛△31銀▲同飛成△同玉
▲22と△同銀▲32銀△42玉▲24馬△33銀打▲同馬△同角
▲31銀打△同銀▲同銀不成△同玉▲32銀△42玉▲33金△同玉
▲45桂△22玉▲14桂△32玉▲33香△21玉▲51龍

まで、133手にて久保さんの勝ち!以下△51同金▲32銀△12玉▲22桂成△同玉▲31角、かな?いやあ、すげえ…。。もしかして行方さんの逃げ方にさらに最善があったとしたら、さらに長手数の詰みだった可能性もあったりして。。

 いや~、やっぱり将棋で終盤力があるのはとんでもない武器ですね。聡太くんの将棋とかこういうのを見ると、詰め将棋はサボっちゃいかん、と思ってしまう。最近、終盤に詰みを逃したりするし、やっぱり詰め将棋の練習を復活しようかな(^^)。


第67回NHK杯 宮田敦史 vs 久保利明 (後手中飛車)

 NHK杯はまだ1回戦なので、そんなに気合いを入れてみる気になってないんですが、なんとなく見始めてもプロの将棋はどれもこれも興味深いので、けっきょくずっと見ちゃいます(^^;)。今日は久保さんが後手の5筋の位をとれていない中飛車。居飛車を持って流れでこの形になっちゃうことがあるんですが、そうなると僕はいつもうろ覚えのアドリブになっちゃって、『羽生の頭脳 振り飛車破り』に出ていた中の居飛車穴熊をとにかく狙いにいく、みたいな感じなのです(^^;)。というわけで、興味津々で見ていました。

20170528NHK_宮田vs久保20手 20手目盤面図は、5筋の歩を突きあった状態から先手から角交換し、先手は46銀を決めて後手は美濃を完成させたところ。僕は穴熊とか矢倉とか美濃とかは好きなんですが、それ以外の囲いはどうにもうまく指せないので、こういう角交換になった時の対振り飛車が得意じゃないのです(^^;)。20手目盤面図からは、僕なら穴熊への含みを残しつつ、それを許してくれないようなら矢倉を目指すと思うんですが、それが多分よい方針でない事は、角交換系の対抗形の定跡を見ているとなんとなく分かります。

▲68銀
あら、これでいきなり穴熊も左美濃も銀冠も消えてしまいました(^^;)

△94歩▲96歩△51飛▲88玉△84歩▲78金△83銀▲66歩△72金▲67銀
うわあ、銀を77じゃなくって67にあがっちゃったよ、これで矢倉も消えてしまいました。これは左桂の跳ね出しを狙っているんでしょうが、これが玉形が悪い気がしてどうしても指せないんです(T_T)。。

20170528NHK_宮田vs久保35手△74歩▲77桂△73桂▲58金(35手目盤面図)

というわけで、完成したのが35手目の囲い。いや~、対抗形の定跡書を見てるとこういう囲いが出てくる事がありますが、なんかこれだと振り飛車の銀冠美濃の方がいい気がしちゃうんですよね。。角渡してるので、79角とか57への打ち込みあたりが急所になりそうな気がして、やっぱり怖いなあ。

 将棋はここから久保さんが△92香~△91飛で端攻めを見せ、これを受けるために先手は金冠を作らされてさらにあんまりよくない囲いにさせられました。しかしここから互いに攻め筋を潰して囲いを優先したために仕掛けられない手待ち合戦。最終的には久保さんが2筋を薄くしたところで先手が仕掛け、いきなり終盤戦に。


20170528NHK_宮田vs久保74手 いきなりの殴り合いになった74手目盤面図。まず驚いたのは後手久保さんの飛車の成り場所で、29になれば持ち駒なしの状態から桂も手に入るうえにいかにもモロそうな先手の1段目を押さえられます。しかし…いや~なるほど、次の△57桂成がいきなり厳しいのか。これはもう寄る寄らないの局面じゃないですか!しかし、さらに驚いたのは宮田さんの次の手で…

▲41龍
 えええええ~受けないのか(゚ロ゚ノ)ノ?!!驚くのは、受けないでこの手を指せるというのは、先手が寄らないと見切っているという事ですよね?だって、この手は詰めろになってないですし…いや~プロの終盤力って恐るべしです。。

△57桂成▲同銀△同角成
 とうぜん後手は攻め込みますが…

▲91角△93玉
 王手が入るので先に玉を追い込んで受けを限定させてから…というか、なるほど具体的に▲85桂を発生させてるのか、これは具体的な狙いがありますね…

▲58金打△68馬▲同玉△29龍(84手目盤面図)
 それから受けました。いや~たしかにこうなるとここでの後手の手が難しいです。△同馬なら一応詰めろだけど▲同銀で何でもないのか。かといって後手陣への迫り方も簡単じゃないと思うんですが、▲41龍からの先手の踏み込みは見事でした!

20170528NHK_宮田vs久保84手 そしてここからの先手宮田さんの後手玉への襲い掛かり方も攻防手を含めた見事さでした。いや~一手30秒でよくぞここまで読めるもんだと驚き。。

▲73角成
 うおおお、いきなり切ったああ!!!いや~、これはたしかに▲85桂打からの詰めろですが、普通に取られたあとはどうなるんだろうか…感想戦でこのあたりをやってましたが、よく聞いてなかったもので聴き逃しちゃいました(^^;)。でも、角を渡すと後手からは△71角の退路封鎖があるので、ある程度は見切れていないと怖い踏み込みだと思うんですが…

△同金▲85桂打△同歩
 おお、馬をとられてもやっぱり▲85桂打!あああなるほど、解説の渡辺竜王が解説してくれたように、最後に▲85桂と跳ねれば王手だけでなく先手玉の逃げ場が出来るのか、これは攻防手じゃないですか。。

 ここから先手は詰めろ詰めろで迫って、113手にて先手宮田さんの勝ち!タイトルホルダー&現役A級の久保さんを1回戦で葬る金星です!!宮田さんといえば順位戦はC1で、決して強豪とは言えないと思うんですが、しかしそのランクでもプロというのは恐ろしく強いですね。斬り合いになってからの自陣の危険度と比較しつつの鋭い踏み込みと、寄せに行ってからの切れ味はさすがにプロだと思いました。一手30秒の早指しでこんなに見事な将棋を指しちゃうんだから、やっぱりプロはすごい…。

 でも、実際に宮田さんが久保さんに実力で勝ったかというと、ちょっと違うのかも。何期か前の羽生さんがNHK杯で負けた対局もそうでしたが、あの時も羽生さんが千日手を打開して敗戦しました。あれって、テレビ的に千日手指し直しが好ましくないので、そうなったら位が上の棋士が打開してあげているという事なんだと思っています。今日の久保さんは後手だったわけですし、これがもし順位戦とかタイトル戦トーナメントとかなら、成算が持てなかったら絶対に打開にいかないでしょうからね。そういうところで大人な所も、強豪棋士の風格なんでしょう。というわけで、視聴者のために△91飛の狙いとか先手に攻めさせつつ角の打ち込みで面白い局面図を作り出したに行っただろう久保さんもかっこよかったです。。


 
プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド