第43期女流名人戦 第5局 上田初美 vs 里見香奈 (後手中飛車vs先手一直線穴熊)

 この将棋、メッチャメチャ面白かった!!全盛期の羽生さんを思わせるほど、女流将棋で無類の強さを発揮している里見さんと、その里見さんをカド番まで追い込んだ上田さん。フルセットまでもつれた第5局は、お互いの心の機微が指し手にあらわれるような壮絶な心理戦のようでした!

20170222女流名人43-5_上田vs里見_後手中飛車30手 最初の山は中盤。僕にとって中盤のイメージって、お互いに辛い状態でガマンした方が勝ち、という感じ。無いようにみえる所から手や順を探す、それでもない時は代償を求める、みたいにして、簡単に崩れずに相手との辛抱合戦をしのぐイメージです。中盤は手が広くて将棋でムズカシイ所のひとつだと思うんですが、逆に言うと手が広いので、なさそうでもあったりするんですよね(^^)。そして、今日の中盤はまさにそんな感じの辛抱合戦。30手目盤面図は、里見さんが5筋から仕掛けたところ。ここ、先手はそれこそ手が広いですよね(^^)。問題は正着が何かという事なんですが、ここで上田さんは…

▲68角
 居飛車党の人なら、異筋が見えない限りはほとんどこう指すんじゃないかと思うんですが、こうすると△57歩成からの仕掛けは成立しないですよね。アマチュア低段ぐらいの僕の場合、一直線穴熊で居飛車が良くなるのは大体このあたりで後手が手詰まりになって、居飛車の遅れていた攻めが追いつくからだと思うんですが、里見さんはどうするんだろう…

△54飛
 先に辛抱したのは里見さん。▲46歩からの銀ばさみの受けに浮き飛車を4筋に回そうという事でしょうね。しかしこれはいい手だなあ、先手は▲46歩と突きにくくなったぞ。しかしよくこういう手を思いつくなあ。

▲96歩△52金左
 上田さんの▲96歩は渋いながらも入るなら入れておきたい手だし、このあたりで入れないと入る時がなくなってしまいそうなので絶妙のタイミングだったのかも。それはここで美濃の完成に着手した後手も同じ…といいたい所ですが、僕的には対中飛車で41から動かない金というのもそれなりに厄介なので、ここに手を使ったというのは、後手は手詰まり気味なのかな?もしそうなら、駒組みの進展性がある先手がいいんじゃないかと思ったんですが…

▲46歩△同銀▲56金△55銀
 上田さん、ここでいったああああ!いやあしかしこれを警戒して後手は飛車を浮いたのに、入るんでしょうか?アホな僕は分かりませんが(^^;)、僕なら後手手詰まり気味とみて▲16歩とかで駒組みを更に万全にしつつ後手に手番を渡して攻めさせて受け潰したい所ですが…相手が里見さんだと先着で仕掛けられる恐怖感とか、受け潰すどころか自分が攻め潰されそうだなとか、心理的なプレッシャーが半端じゃないんでしょうね(^^;)。ここ、相手が里見さんでさえなければ、上田さんは違う手を指していたかもしれません。

▲65金△84飛▲86歩△同歩
 上田さん、飛車をいじめているようにも見えますが、実際のところは辛抱という感じですね。いかにも切れそうな攻めを督促されている時のようなイヤナ感覚…でもこうなった以上は仕方ないと開き直った感じかな?しかし先手のこの飛車先の歩の突き捨て、絶妙のタイミングに見えます(^^)。

▲22歩
 これは凝った将棋を作りにいきました(^^)。でも歩の突き捨てが入ったんだから、普通に▲55金△同角で角の利きを外して▲24飛で飛車を捌いて駒損ながらも飛車が捌ければ先手も決して悪くないと思うんですが、ここで△64銀と出られたら難しくないかい?これは凝りすぎのような気も…

△64銀
 ですよねえ…。ここも先手は手が広いですが、どの順がいいかの判断が難しそう…

▲64同金
 いやあ、これはさすがに先手辛抱しきれなくなった手なんじゃないでしょうか。歩があれば▲67歩で先手よしなんでしょうが、歩切れってやっぱり辛いっす。。飛車を捌かずに▲22歩を選択した以上は▲21歩成の駒得で主張して欲しかったですが、それだとまずい順があるのかな…。でもそれがまずいのであれば、ここじゃなくて▲22歩がまずかったという事なので、やっぱり悪くても▲21歩成で勝負してみて欲しかったなあ。これで指し手の一貫性がなくなってしまった感じがして、「中盤はお互いに辛い状態でガマンした方が勝ち」状態は、上田さんが先に我慢しきれなくなったように見えてしまいました。

 ところが、ここでプッツリ切れてしまわず、立て直しに行った上田さんの精神力が見事!上田さんが里見さんというプレッシャーから先に動いてしまったのに対して、里見さんは有利と見たところで安全策を取りに行ってしまって食らいつかれてしまいました。羽生さんとか久保さんとか渡辺さんとか康光さんとかだと、有利と見ても安全に行かずに一手差でも勝ちきる順に踏み込みに行くと思うんですが、それこそ傍目八目というもんで、タイトル戦の最終局という大舞台になると、心理的なものがお互いに働くんでしょうね。宮田さんや藤井さんが先手良しと解説する局面すらあったほどの大熱戦の終盤!!しかし、その瞬間に今度は良くなったはずの上田さんが安全に行こうと銀を惜しんで逃げてしまい、これが痛恨の一手で勝負あり。…と思ったら、粘る上田さん必死の攻防の受けに数の攻めで被せすぎた里見さんが攻撃速度を落としてしまい、その一瞬を突いて今度は上田さんが美濃崩しの王道の香打ち…と、目まぐるしい終盤の攻防の末、202手という大熱戦で後手里見さんの勝ち、女流名人防衛です!

 いや~、今日の将棋は面白かった!良くなったと思った次の手とか、凌いだと思った次の手が一番怖いなんていいますが、今日はお互いにそんな感じ。人間って、追い込まれた時はギリギリまで考えて最善を見つけに行けるんだけど、自分がいい時は楽しようとしてしまうという事なのかも。将棋って、心を動かさずにどこまでも冷静に指さないといけないんでしょうね。この間、身内の集まりの将棋大会で、準決勝で焦ってやらかして勝ち将棋を負けにしてしまったボクとしては、学びの多い、しかし観ていてメッチャクチャに面白い将棋でした!(^^)。



第66回NHK杯 橋本崇載 vs 深浦康市 (先手中飛車)

 NHK杯の橋本さんは、いつもいい所まで勝ち進むんですが、いつもこのあたりで負けるイメージがあります。今期はどうでしょうか…うああああああ、深浦さん、最後の最後でやってしまいました(^^;)。プロ将棋って、終盤で敢えて怖い方に逃げたり、難しい方の寄せを選ぶ時がありますが、あれってなんでなんでしょうね。勝ちが決まっているので少しでも練習しておこうという事なのかなあ。でも、プロでもこういう事があるから、真似しないようにしよう…。
 それにしても、序盤から互いに馬を作りあってのメッチャクチャ面白い将棋でした!これ、流行されるといやだな…。王将戦も始まりましたし、いよいよ2017年が始まった実感がわいてきました!!



第6期女流王座戦 第1局 加藤桃子 vs 里見香奈 (ゴキゲン中飛車)

 里見さん、強えええええ!!!最近、女流同士の戦いで里見さんが負けたの見た事ないんですけど(^^;)。棋譜解説を読むと24手までの所要時間9分、里見さんに限っては48手目までで消費時間が9分だったそうです。この速さ、僕が道場でおじいちゃんと指してる将棋みたいです。結果、里見さんの勝ち!!
 いや~、この消費時間からすると、50手目あたりまでは完全に研究通りに進んだんでしょうね。ただでさえ中終盤がぶっちぎりの強さなのに、序盤でも研究勝ちしてしまうようになってくると、女流で無双は当然だわ。これでも奨励会を突破できるわけではないというんだから、奨励会はオソロシイ。。この棋譜は途中まで定跡化されるんでしょうけど、途中までは居飛車が良く見えます。これで居飛車側が悪いんだとしたら、居飛車で超速を指す人は知っておかないとマズイ事になりそうな棋譜ですね…。ああよかった、先手でも後手でも穴熊志向の僕は高みの見物ができて(^^)。

 さて、今日は竜王戦かな?仕事が忙しくってじっくり見れないけど、暇を見つけて覗き見だけでも出来るといいなあ。


第66回NHK杯 豊島将之 vs 久保利明 (ゴキゲン中飛車)

 自分の本の出版が決まりました!!とはいえ、専門書なもので、そんなに売れないというのが最初から分かっているもので、これで生活が楽になる事はないと思うんですが、本業でそれなりの仕事を果たす事が出来たのは嬉しいです(^^)。好きな将棋を控え目にして頑張った甲斐がありました。というわけで、王位戦も順位戦も一応は見ていたんですが、ブログを書く暇がありませんでした。王位戦第6局、土俵際に追い込まれていた羽生さんの右玉からの大技、凄かった!あんな成り捨てを前提にした構想なんてどうやれば出来るようになるんでしょうか。僕なんて、1手前ですらそれに気づかなかったよ。。それどころか、反撃狙いではなくて完全に主導権を取る鉄壁の右玉なんて、僕が知っている右玉と全然違う(^^;)。あと、B1での郷田-糸谷戦。郷田さん、昨年からどうしちゃったんでしょう…よもやとは思いますが、郷田さんがB2に落ちるのは見たくないなあ。逆に、B1で凄いのが久保さん。阿久津さんや木村さんを倒しての全勝!!順位がいいだけに、一期でのA級復帰もあるかも。長く続いた羽生世代の時代は関東中心だったように思いますが、今は関西の方が勢いがありますね。

20160918NHK_豊島vs久保_後手ゴキ中48手 というわけで、今日のNHK杯も好カード、豊島さんと久保さんでした。そして…いやあ、急戦調の居飛車対振り飛車となると、久保さんの捌きの見事さが爆発してしまいますね。実際の形勢は分かりませんが、早指し戦で久保さんに角を捌かれてしまったら、勝つのは相当に難しくなっちゃうんじゃないかと思いました。△59角成と角を捌かれてしまった後(48手目盤面図)も、僕レベルのアマ同士だったら、最善手ではないかも知れませんが▲39飛△26馬▲65歩で、馬を自陣に張り付かせたままにしておかないで、馬をどかしてから歩を切り取った方が、アマなら頑張りやすいんだろうな…なんて思って見てました。でもあの辺で殴り合いに行けるかどうかが、プロとアマの差なのかも知れません。僕なんかだとその辺までしか考えられないけど、プロなんてその後の読みも入ってるに決まってますしね。また、超速に行った以上は…というプロとしての矜持もあったかもしれません。最後は、久保さんから△75銀なんていう華麗なタダ捨ての順も飛び出して、久保さんの勝ち!久保さん、魅せにいったな( ̄ー ̄)。

 いや~、久保さんの将棋は面白いです。相変わらず中盤の構想力と終盤力がハンパない。もちろん強いんですが、それ以上にうまいという感じでしょうか。華麗さ満載の久保将棋でした(^^)。一方の豊島さん、どう考えたって強い棋士なのに、タイトル戦でも順位戦でも、紙一重のところで微妙に届かない感じ。今期の順位戦も、良い成績ではあるんだけど1敗していて、成績いいけどトップではない…みたいな、ギリギリ届かない感じなんですよね。好きな棋士のひとりなので、なんとか突破していってほしいです(^^)。


第41期棋王戦 第3局 佐藤天彦 vs 渡辺明 (ゴキゲン中飛車)

 昨日はNHK杯も面白かったですが、棋王戦も凄かったです!1勝1敗で迎えた重要な第3局、終盤は1分将棋で170手を超える大熱戦となりました!!

20160306棋王41-3_佐藤天vs渡辺_ゴキ中50手 戦型は後手番の渡辺さんがゴキゲン中飛車を示唆したところから大きく動きました。いや~、この重要な局面で振り飛車を指すのか…。度胸がすごい、感情よりも論理で動ける人なんですね。対する先手の天彦さんは▲37銀から持久戦狙い。これに反応したか後手も穴熊に囲い、対抗形の相穴熊になりました。対抗形の相穴熊って、玉頭攻めをすると、むしろそれで相手からの玉頭攻めを呼び込む事になっちゃったり、先に手をつけられた方が延々と防戦し続ける展開になったりするので、なんか「中飛車戦」というよりも「対抗形相穴熊戦」という印象を強く感じます。面白かったのが、振り飛車を持った後手渡辺さんが、穴熊を盛り上げていった所。▲86角と出た天彦さんの手に乗って、それを咎めにいく所からそうなったと思うんですが、渡辺さんは「自陣は固めるだけ固めてから攻撃ドン!」みたいな棋風と思っていたので、ちょっと驚き。発想の柔軟性がすごいなあ。そして50手目盤面図。後手はまだ自陣に手を入れられそうですが、先手はもうこれで十分な形に見えます。6筋に飛車を合わせて5~6筋を破られないように守るか、それとも他で火の手をあげて勝ちに行くか…

▲45銀
 いやあ、いきなりビックリです。こういう仕掛けがあるのか…。なるほど△同銀▲同桂となると次の▲53銀や▲54銀が受けにくくなるのか。天彦さんって、仕掛けが強いというか、荒っぽいんですよね(^^)。剛腕でねじ伏せる感じがします。それにしても、よくこんなの思いつくなあ。。

△53銀
 うああああ、マジか?!これもちょっと考えにくい手というか、さらにビックリ。▲45銀は取ってもヤバそうですが、放っておいても▲34銀や▲54銀の進出が厳しそうなので、後手はどこか別のところに活路を見出して仕掛け返すと思ってました。というか、谷川本とか羽生さんの『上達するヒント』あたりで形勢判断や構想を勉強してきた僕にとっては、とても信じられない感覚。だって、次の▲34銀で歩がタダだし、さらにその後の▲43銀まで攻撃が繋がっちゃうぞ…

▲56歩△44歩
 天彦さん、なんとタダの歩を取らずに見送り。ここは「最初のチャンスはパス」というやつでしょうか。どう考えても渡辺さんが天彦さんの攻めを呼び込んでいるので警戒したのかも。しかしこの歩の合わせ、意外に厳しいです。今度こそ渡辺さんは他で仕掛けるかと思いきや…なんと攻めの督促。う~ん、この感覚が信じられない。

▲34銀△56歩▲43銀不成△57歩成▲54歩
 先手は角銀交換も出来ましたが、それは攻めが切れるので攻め駒を足しに行きました。一方の後手は代償にと金を作ってから…

20160306棋王41-3_佐藤天vs渡辺_ゴキ中60手△35歩(60手目盤面図)
 いやあ、ここで桂頭攻めか
…もう中盤の山場という時に、玉からそんな遠いところでと金を作っていて間に合うのか?渡辺さんは、角や銀を抜かれるよりも、と金を作る方が大きいと見ているんでしょうか。あるいは、玉頭を抑えているだけに、桂を拾えれば桂とと金の攻めが厳しいとか?そういえば渡辺さんの本で、「穴熊に囲ったら駒の損得よりも攻めをつなげる事」みたいに書いてあったな。たしかに穴熊戦ではと金が驚異なんですよね。う~ん、もしこれで後手が本当に良いなら、渡辺さんの大局観、恐るべしです。。

▲65歩(61手目)△36歩
 あくまでシロウト考えで、たぶん外れていると思うんですが…タダの歩を取らなかった▲56歩以降、天彦さんが渡辺さんの考えを測り兼ねて、踏み込めない状態のようにも見えました。だってここ、普通に▲53歩成で銀得をして何が悪いのか、アマには難しすぎて分かりません(/TДT)/。以下、もし読み抜けがないものとして普通に進めると、△同角▲54銀成△31角でまるまる銀得。更に▲26飛とすれば、桂頭攻めも凌げるうえに、飛車も捌けそうです。そこで飛車を浮くと横利きが消えて、後手からのと金攻めのカウンターが厳しいとかあるのかなあ…。いや~、ここはどうして銀得してはいけないのか、誰か教えてくれ~。。61手目に限って、棋譜中継の解説がないし(;_;)。。味つけ…なのかなあ。でも、味つけと引きかえに△36歩を赦すのは損な気がするんですが…これも大局観というやつか。プロの大局観って、凄すぎてついていけないっす。

▲53歩成△同角▲54銀成△52歩
 ワンテンポずらしてから、天彦さんは踏み込みました。しかし、ここで渡辺さんの受けが凄かった。角を31や42に引くのではなく、△52歩!!角どうぞという事か。。むしろ成銀が盤面に残る方が、角を使われるよりも穴熊が崩れにくいという判断?凄い…

▲45桂△同歩▲64歩(69手目)
 タダの所に跳ねだした桂は、△同歩と取らせて角道を開けさせての△11角成狙い。…と思ったんですが、ここでまたしても天彦さん捻って▲64歩。…この将棋は先手の大局観も後手の大局観も僕にはついていけません。難しすぎるよお…。ただし、感想戦ではこの69手目▲64歩は疑問手だった模様。まあそれは結果論なんでしょうけど、悪いはずがなさそうな手がある時に、さらに味つけやら何やらを考えられるところが凄いっす。。

20160306棋王41-3_佐藤天vs渡辺_ゴキ中76手 この後手陣中央の戦場の攻防がひと段落した瞬間が、76手目盤面図。駒の損得は、飛車と桂の交換となって後手駒損。しかし後手はと金をひとつつくり、また次に△37歩成の権利もあります。結局、僕が全然理解できてないのは、ドンパチが終わってひと段落したところでの局面図のイメージと、その形勢判断だったんじゃないかと。これ、飛車を渡したとはいえ、後手には穴熊の頭を押さえていて、と金を作っていて、立派な主張があります。で、これで良いかどうかが、穴熊戦ならではの大局観なのかも。穴熊戦って、接近戦になると、特に守勢になった時は、飛角よりも金駒やと金の方が価値があったりするので、ちょっと大局観が矢倉や美濃と違う感じなんですよね。驚きでした。以降、穴熊崩しに着手したのは渡辺さんが1手速く、この1手の差があまりに大きかったです。結果、170手にて後手渡辺さんの勝ち!!渡辺さん、先にリーチです!

 中盤の形勢判断が恐ろしく勉強になりました。そしてそれ以上に感動したのが、終盤の天彦さんの執念の凌ぎ。後手のと金と、先手の守りの金の交換となったのが77手目、天彦さんは渡辺さんの波状攻撃を凌ぎ続けます。後手玉がZなので、王手絡みの攻防手も入らず、受け切れるかどうかだけが争点。タイトル奪取に執念を燃やした90手超のこの凌ぎ、根性、観ていて涙が出そうになっちゃいました。本当に素晴らしかった!!しかしZを作ってから攻めを繋ぐのは渡辺さんの18番、これで永世竜王位に就いたと言ってもいいほどの達人芸、最後に天彦玉は捕まってしまいました。これで渡辺さんが先にリーチですが、素晴らしい対局が続いているので、次局は天彦さんに頑張ってほしいです。


プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド