第66回NHK杯 決勝 佐藤康光 vs 佐藤和俊 (後手三間飛車)

 NHK杯決勝、大熱戦のものすごい将棋、大名局でした!!和俊さんの今期NHK杯では、屋敷さんを下した初戦が会心譜!また、羽生さんを下した将棋も印象に残ってます。一方の康光さんは、ここ数か月見ていて圧倒される将棋だらけ。まだ序盤かと思っていたところでいきなり踏み込んで廣瀬さんを破ったA級最終戦は驚異でした。また、NHK杯は、斎藤慎太郎戦、千田戦、佐藤天彦戦と、寿命の縮むようなギリギリの将棋を強引に勝ち抜く名局の連発。天彦名人相手に角頭歩(!)は凄かったです。

20170326NHK66決勝_佐藤康vs佐藤和17手 さて、NHK杯決勝は後手和俊さんが3間飛車にしての対抗形。解説の羽生さんが「康光さんが工夫してくるかもとも思ったが、じっくりした定跡形に進みそう」といったところで、いきなり動きました!17手目盤面図は、居飛車側の康光さんが▲68角としたところ。△22飛を督促してから穴熊に行こうという構想だったと思うんですが…

△62玉
 うああああ、和俊さん、2筋を受けずに玉を囲いに行ったああ!!いやあ、他の棋士相手ならともかく、乱戦上等の康光さん相手に大丈夫なのか…

▲24歩
 康光さん、行ったあああああーーーー(゚∀゚)!!これは乱戦必至、でも実際に踏み込むとどうなるんだ?実際に踏み込んだ将棋は見た事ない…

20170326NHK66決勝_佐藤康vs佐藤和25手△同歩▲同角△23飛▲33角成△28飛成▲43馬(25手目盤面図)
 互いに踏み込んだ以上ここまでは一直線。飛角交換ながら先手銀得、しかも双方龍と馬を作ってます(^^;)。。いやあ、この局面でどちらが有利か、僕はまったく分からず。しかも、双方ちょっとでも間違えるといきなり詰みそうな局面。25手目にして、たがいに詰むや詰まざるやの局面になってしまいました(^ㇿ^;)。。でも、受けに自信がないんだったら、銀得でも2枚飛車を許す先手を持ちたくないなあ。これは僕程度の棋力の人間が飛び込んじゃいけない変化だな。。

△19龍▲82銀
 康光さん、銀を打ち込んだああああ!!!そういえば、敵玉が美濃に潜り切れていないところで▲82銀と打ち込む筋は、僕は康光さん本人が書いた『佐藤康光の石田流破り』で学んだんでした。康光さん、若い頃に研究しまくった筋を思い出したな( ̄ー ̄)。

 ここからは超乱戦。互いに読み抜けたら即頓死の状況のまま、ものすごい高度な攻防。というわけで、定跡に頼る事が出来ず、両者が頓死をケアして読みを入れまくった結果、28手目にして両者持ち時間を使い切る展開。羽生さんの解説がなかったら、僕はどっちを持っても40手いかないうちに詰まされてた気がする(^^;)。香合いじゃダメで銀合いだなんて、なんで和俊さんも羽生さんも30秒で分かるんだ、すごすぎる。。

20170326NHK66決勝_佐藤康vs佐藤和40手 以降も見どころが満載。先手は3枚替えを許してでも龍を1枚削りに行って受け(なんという形勢判断^^;)、さらに横からの龍の攻めを金銀の指し回しで受け切り。後手は後手で難解な相駒問題や頓死筋を含む嫌な攻めを見事に守りきり。そしてたどり着いた40手目はとんでもない盤面図ですが、まだ40手目なんですね(^^;)。そして、僕的には、ここがこの将棋の勝敗を分けた局面だったように感じました。和俊さんは次に先手激痛となる△76桂を見せての△64桂を打ったところ。いやあ、秒読みに入っている状況でこの桂を打たれたら、僕なら負けを覚悟しますが、ここで康光さんは…

▲44馬△76桂▲59銀
 いやあ…強い人ならひと目かも知れませんが、僕ぐらいのレベルの人間にとっては、▲44馬も▲59銀も絶品だよ…。。めっちゃおっかない形ですが、とりあえずは受かってますか、これ…なんと、22の飛車と16の角が受けにも利いてるのがビックリです。。

△23金
 あああ~和俊さん、ついに攻めが切れたか、受けに回ってしまいました。攻めるなら、う~ん・・・△48歩は確実な攻めですが問題は速度、さすがに遅すぎますか(^ㇿ^;)。。しかし、秒を読まれての指し手で、こういう手を指せるんだからスゴイです。でもここ、このあとの展開を考えると、金を渡さずに飛車筋だけ封じれば良かったかもしれないので、金でなくて歩でも良かったかも知れませんね。後だしじゃんけんの結果論ですが、しかしここで飛車取りにならない節約の方が良かったかも知れないなんて、考える時間がないですね。この後どうなったかというと…

▲同飛成△同銀▲43角成
 先手はここで飛金交換からめっちゃ厳しい所に馬を作る展開。そして、2枚の馬が攻守に大活躍、そして手にした虎の子の金が後手の2枚飛車の攻めを遮る鉄壁に。こうなるなら金でなく歩で代用の方がまだ粘れたかも。後手は飛車を切られた時の厳しさを読みそこなったかもしれません。でも30秒の秒読みでそこまで読むのは、いかにプロといえども不可能なんでしょうね。いや~、普通なら得になるところが終盤ではそうならないという典型のような勝負の綾でした。。
 さらに、最後はと金での攻め合いの速度勝負。ここも超絶に難解で手に汗握る最終盤したが、康光さんの方が速かった。結果、105手にて先手康光さんの勝ち!康光さん、NHK杯優勝ですヾ(´∇`)ノ゙オメデトウ。。

 最後の最後の後手のと金攻めですが、羽生さんが言っていたように△68とと銀を抜かず、△69とで金を抜いてたらどうだったんでしょうね。検討してないので分かりませんが、もしかしたら勝敗が入れ替わっていたかも。そして康光さん、定跡が使えない乱戦になるとメッチャクチャ強い!まず、受けが強烈、そして形勢判断がスゴイです。今日も3枚替えを許してもその順に踏み込んだり、飛車角交換の駒損に行ったり、飛車金交換の駒損、横からの龍の攻撃なのに金駒を温存しての玉の単騎逃げ・・・普通では躊躇するような手を指させるその形勢判断力が怪物じみています。とくに、これらが相手の判断を迷わす複雑な局面を作り出す狙いじゃなくって、最善手だと思って選んでいるっぽいところがオソロシイ。。今日も、高々100手ちょっとの将棋だったのに、その間に驚かされる驚愕の形勢判断が何度も飛び出してました。こんな人に勝つのは至難の技じゃないかと。また、その人と激戦を演じた和俊さんも見事でした。すばらしいNHK杯決勝でした!

第30期竜王戦1組 郷田真隆 vs 羽生善治 (横歩△85飛)

 羽生さんと康光さんがいなかったら、いまだにプロ将棋を見る気になれなかったかも。羽生さんの永世竜王&永世7冠が実現するとして、それを見逃す事だけはしたくないのです( ̄ー ̄)。そんな羽生さんですが、竜王戦1組なので楽な対戦相手がひとりもいません。というか、羽生さんは順位戦でも他のタイトル戦でもいつでもそうか。。1組ランキング戦、三浦さんの次は郷田さんです。後手となった羽生さんは横歩取り△33角85飛。
20170317竜王30-1組_郷田vs羽生_横歩32手 一時は下火になった△85飛戦法ですが、ここのところまた復活してきましたね。僕は後手横歩の時は△85飛は角交換から▲77桂が飛車に当たってくるのがとにかく嫌なので避けているのですが(^^;)。32手目盤面図、これは後手の右辺の駒組みはともかく(でも最近の横歩は後手が△72銀の一手で済ませるものが圧倒的に多い気がする)、△85飛戦ではありがちな形じゃないでしょうか。しかしここでの先手は手が難しい…。▲16歩、▲96歩、角交換、▲24歩…どれもありそうですが、横歩ってこの中盤の入り口で一気に優劣がついちゃったりするんですよね。。個人的には▲24歩と角交換、それに交換後の▲77桂を飛車に当てて手番を握って先手を取りたい所ですが、先手の中住まいは守りにくいんですよね、仕掛けて良いものかどうか。。

▲16歩△24歩
 お、郷田さんは無難に▲16歩、それに対する羽生さんは△24歩。あれ?やっぱり羽生さんも▲24歩は嫌だったのかも。これは「敵の打ちたい所に打て」なんじゃ…

▲59銀右△94歩▲17桂△81飛
 うああ、なんだこの先手は!!!ここの郷田さんの指し手は素人にはさっぱりわからないよ(゚ロ゚ノ)ノ。。でもアマチュアと違ってプロが指す桂馬の外跳ねって、すごい事になる時があるんですよね…いや、これは飛車の引き場所も考えてるのかな?う~んわからん。。しかし、羽生さんの△81飛が凄い、これは▲77桂の飛車当たりをあらかじめ避けつつ、飛車の打ち込みに備えつつ、11と99に紐をつけてるんだな、きっと(テキトウ)。。

20170317竜王30-1組_郷田vs羽生_横歩39手▲75歩(39手目盤面図)△同歩▲74歩△65桂
 郷田さん、行ったああああ!!!いやあ、これは決まったんじゃ…

▲33角成△同桂▲66歩
これで後手の右桂は死にました。しかしこれ、返し技があるように見えるんですが…

△88歩▲同金
 そうですよね、こうやって金を88に呼び込んでから△44角の打ち込みですよね…と思ったら…

△45桂
 うあああああ、そうかなるほど、桂を取らせてから△44角の方が厳しいのか!というわけでこれで先手は▲65歩と桂を取りにくくなりました。いやあ、横歩の中盤の争いって代償の求め合い、派手な交換や打ち込みやトラップ合戦になるので、見ている分には最高に楽しいです(^^)。これは羽生さんが一本取ったんじゃないでしょうか。そして、ここからは羽生さんの一方的な攻め。この攻めがまったく切れず、86手で後手羽生さんの勝ち!よかった、羽生さんの永世竜王&永世7冠への道はまだ繋がってます(^^)。

 ところで、32手目盤面図あたりは多分定跡範囲ですよね(85飛の研究が甘くて良く分からず^^;)?だとしたら、あそこから数手のうちに優劣が決したと思うんですが、もし▲16歩△24歩の交換が後手の得だったとすると、横歩って恐るべき戦型だと思ってしまいます。端歩を突く一手でアウトなんて、もうこれは研究勝負じゃないですか。強豪棋士が若手が研究した横歩の新手の餌食になり続けている理由が、なんとなく分かった気がします。横歩、怖いなあ。実は、△85飛対策は、山崎流&新山崎流を押さえてあるだけで、あとは羽生vs渡辺戦での羽生さんの△85飛破りをもとにアドリブで指している程度なので、指されるとけっこう肝を冷やすんですよね。85飛対策もやっとかなくちゃいけないのか…趣味で将棋を指す僕にとっては、時間が足りなさすぎます。稲葉さんの△85飛本でも目を通しておこうか…あの本、「もう△85飛は廃れただろう」と思って買わなかったんですよね…。


第66期王将戦 第6局 久保利明 vs 郷田真隆 (先手向かい飛車)

 久保さん、角道オープンの振り飛車で郷田さんを仕留めました。これで4勝2敗、王将位奪取です。

 角交換振り飛車、居飛車党の僕としては、やられて気持ちの良い戦型ではなく、それなりに苦手意識があります。居飛車は玉形が好形に出来ないのがなんとも、ね(^^;)。さらに、5筋の歩を突きあった形となると、余計にね(^^;)。角交換四間飛車対策はずいぶんしたものの、寄り道なしでの向かい飛車は対策が追いついてなかったりするので、定跡に頼り切れない所も、ね(^^;)。

 ところでこの将棋、振り飛車銀冠と居飛車金冠に囲い合った時点で、既に振り飛車有利に見えます。居飛車は持ち駒を受けだけに使わせられるし、玉形には差があるし、紛れも求めにくいしで、プロからすればあとはたやすい将棋だったんじゃないでしょうか。だとしたら郷田さんは囲い合う前の段階までに何かしないといけなかったのでしょうが、何が出来たのか、僕にはまったく分からず。僕は角交換四間飛車破りには早めに右銀を繰り出す手や△44角の打ち込みを狙いに行く事が多いですが、寄り道なしの向かい飛車だと…いやあ、これは定跡の勉強をちゃんとしないとキッツイなあ。。こういう将棋をタイトル戦でじっくり見るためにも、振り飛車党の久保さんがタイトル持ちになってくれたのはありがたい事かも知れません(^^)。

第66回NHK杯 佐藤康光 vs 佐藤天彦 (先手向かい飛車)

 いや~康光さん強い!!ここのところの康光さんの剛腕は凄まじいです!最近のNHK杯の棋譜も凄いですが、この前の順位戦最終局も信じられない桂の外跳ねから踏みこんで切り倒してましたし(なんだあの構想力は!)。中盤入り口にしてすでにとんでもない読みを入れていきなり踏み込んで、強引に優勢にしてしまうというか…。今日は、角をいじめに行ったところで、すでに康光さん良しだったのではないでしょうか。形が崩れるとか関係なしに、良さそうな筋があったら噛みつきに行く凶暴さは、見ていて圧倒されました。
 しかし、天彦さんもさすが名人、よくもあんな局面から勝負がたちに持っていけてしまうものだと舌を巻いてしまいました。代償の求め方も、見ていてすごく勉強になりました。中盤は辛抱合戦だと僕は思ってるのですが、天彦さんは嫌味のつけ方がいつもいやらしいっす( ̄ー ̄)。また、簡単に土俵を割らない粘りも見事、受けに回った時の鉄壁さが半端じゃないです。名人ってやっぱり別次元だわ。

 今日のNHK杯は、準決勝にふさわしい大熱戦だったと思います。魅入ってしまいました。


定跡書を読むのに最低限必要な中終盤力

これから本格的に将棋の勉強をなさろうと思っている方から、またまた書き込みをいただきました。私なんて、将棋を趣味になさってる方々の中では若造もいいところ、えらそうに人にアドバイスを出来るほどの強さでもないのですが、お仲間が増えるのは嬉しいので、質問に答えてみようと思います!そうですよね、将棋って、最初に勉強を始める時が、何から始めて良いのか分からないので一番ムズカシイですよね(^^;)。。僕もそうだったなあ。

(4~5級ぐらいの終盤力とはどの程度を指すのか)
*「中級ぐらいの棋力があれば定跡書は十分読めます」という言葉に対する質問

5級の中終盤力ですか、う~ん…
終盤の詰め将棋力でいえば、5手詰めがスラスラ解ければ道場5級ぐらいはあるんじゃないでしょうか。中原さんが『実戦式詰め将棋 九級から初段まで』という本を書いてまして、これは詰め将棋の解き方自体の講座が出ているのと、優しい問題から難しい問題までが級位別に出ているので、自分の詰め将棋力を測れてよいと思います。浦野さんの詰め将棋本と並んで、超おススメの詰め将棋本です!


あと、終盤力は詰め将棋だけではなく、囲い崩しの狙い筋や寄せ筋の知識があるとより捗ると思います。詰め将棋のような棋力が問われる終盤の形になることはそんなに多いわけではなく(もちろん3手詰めや5手詰めを逃すのはマズいですが^^;)、むしろ「相手よりも早く寄せる」「確実に囲いを崩す」「受けるか攻めるかの正しい判断を下す」という力が終盤では重要と思います。そういう詰め将棋以外の終盤力養成では、『寄せの手筋200』『光速の寄せ』『実戦で使える囲いの急所』あたりがおススメで、これらの本は、僕は級位のころはローテーションで読みまくりました。特に、終盤で大事な速度計算の方法や攻防手の考え方などのいわゆる「終盤の考え方の基礎」というものを中級あたりまでに学んでおくと上達スピードが全然違うので(本将棋を指してもプロ将棋を観てもそういう視点から常に考えられるようになる)、『光速の寄せ総集編』はマストです。昨日、女流将棋で上田さんが美濃を寄せ損なってましたよね。あれ、『光速の寄せ』の美濃崩しを頭に叩き込んでいる人だったら、実際に寄せ切れたかどうかはともかく、たぶん寄せに入ってたと思います(^^)。ああそうそう、最初のうちは読まなくてはいけない本が多いので、ここまで手が回らないようでしたら、『光速の寄せ』の矢倉編と振り飛車編を省略する手もあります。



(4~5級ぐらいの中盤力とはどの程度を指すのか)

 中盤の棋力の測り方は、僕には説明が難しいです。もちろん中盤力のレベルというものはあると思うんですが、中級の目安としては、①駒の手筋、②形の手筋(対居飛車で相手の飛車の横に「手裏剣の歩」というのを打って飛車筋を逸らすとか、歩の犠打を打って敵陣を壁形にしておくとかいった、「端攻めにはこう」「矢倉の右辺にはこう」みたいな形の手筋というのがあるんです)、③形勢判断力、④これらを前提にした構想力、なんじゃないかと思います。④はもう人に教わる事じゃなくって自分の中にどういうシステムを自分で作ろうとするか、という事だと思うので、中級までの目標は③の入り口までの気がします。①~②を身につけ、③を前提に失敗しつつもそれなりに模様を張れるようになったら、4級以上はあると思います。で、どの位模様を張れると良いかは、それこそトッププロからアマの級位までレベルは様々だと思うんですが、その明確な基準は難しい…別の戦場で代償を求められるようになってきたら、それが成立していようがいまいが、中級ぐらいはあるのかな?

 中盤は①と②を知っているのが大前提で、最優先の気がします。僕は『羽生の法則』という本の文庫版1~2巻で身につけました(3巻は囲い崩しなので省略しました)。この本は詰め将棋と違って考えるよりもスピードラーニングみたいに何度も読んで覚える事だと思うので、脳のスタミナの浪費が少なく、しかも将棋を学びはじめた頃に読むと「将棋ってすげえ~~」って感動しまくると思うので超おススメ、詰め将棋に疲れた時に繰り返し読んでました(^^)。。


 これらが身についた後の③からが本当の中盤力だと思うんですが、将棋を指すなら絶対に押さえておきたい大まかな中盤の考え方というのがありまして、『上達するヒント』という本が、級位者にはすごく分かりやすいと思います。僕はこの本の存在をこのブログの書き込み欄から教えていただいたんですが、この本が無かったら段持ちにはなれなかったと思います。これも、いずれどこかで絶対に読んでおきたい本。


上の本で中盤の考え方のシステムが分かって以降は、それを具体的な手にむすびつける練習だと思うんですが、ここからは座学だけでも実践だけでもたぶん駄目で、両方のバランスの気がします。座学的には、僕の経験では、とにかくプロの解説の入った将棋を見まくるのがベストと思っています。プロの解説が入ったものなら、本でもプロ将棋中継の観戦でも棋譜並べでも何でも良いです。ポイントは、中盤の形勢判断の基準を体に入れてから見ないと積み重ねがないという所と、解説がないと手の根拠が分からない所じゃないでしょうか。本だと『羽生善治の終盤術』が超おススメですが(タイトルは終盤ですが、中盤から終盤に踏み込む入り口あたりを扱った解説が多いです)、これはけっこう難しい本なので、上の勉強をして実践も指しまくっても伸び悩んだ時が来たら、その時はじめて手にするぐらいの感覚でいいと思います。でも、将棋好きならいずれは読みたい極意書のような本(^^)。あと、実践では「学んだ形勢判断基準」「終盤の技法」を常に前提にして、手なりで指さずに考えまくって指すと上達しやすいと思います。最初のころの僕は、明らかに自分が使っていなかった頭の部分が使われているような感じで、ものすごく変な気分でした。。


中級までの中終盤は、これだけやっておけば充分ではないでしょうか。足りないとしたら穴熊崩しで、追加で穴熊崩しの専門書か『羽生善治の終盤術』の3巻あたりが必要かもしれませんが、いってもそこまででしょう(^^)。

ただ、焦りすぎて勉強が嫌にならないよう、気をつけてくださいね。計画が正しい場合、いちばんマズイのは「勉強が嫌になって」継続できなくなる事で、「これもやんなきゃ、あれもやんなきゃ」となってしまうと、嫌になっちゃうんですよね(^^)。惰性でやらず真剣に取り組んで、かつ継続する事、これに尽きると思います。プロになるのでないなら、上達スピードは問題じゃありません。いつまでも級位があがらないと嫌になると思いますが、逆に上達を急いで勉強が嫌いになっては本末転倒です。初段達成までぐらいがアマチュアが趣味で楽しむ将棋としては一番面白い時期かと思うので、実は3~4年ぐらいかけてゆっくり級位があがっていくぐらいが、趣味で将棋を楽しむなら、楽しい時間が長く続く一番いいペースなんじゃないかとすら僕は思っています。絶対に勉強を切らさず、やる時は惰性でやらずに真剣に頭をフル回転させ、でも勉強が嫌いにならないように工夫して…と心がけた事が、級位のころの僕の将棋上達のポイントだったんじゃないかと今では思っています。
プロフィール

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド