第57期王位戦 第4局 木村一基 vs 羽生善治 (角換わり)

 王位戦、第3局と4局の間がずいぶん開きましたね。高校野球やオリンピックとかぶるのを避けたのかな?さて、羽生さんが2勝1敗でリードした第四局は、負ければ徳俵に足が掛かる木村さんにとっては大事な一局。最初の数手の戦型選択場面では、後手が横歩か角換わりかを選択できるところまで進んで…おお~羽生さん、角換わりを選択しました!!最近の横歩の序盤研究は異常ですからね、追いついていないと思うのであれば、丸山さんみたいに古い形に引きずり込むか、避けられるのであれば避けておくのが賢明かと。しかし僕の印象では、木村さんは角換わりが強いイメージなので、これは熱戦が期待できそう。この二人だと間違いなく相腰掛け銀になって、1日目は端歩を突く突かないとか、そういう細かい所の探り合いになるんじゃないかと予想。

  ただいま1日目の午前10時半ですが、東京は台風で凄い事になってます。外をすこし歩いただけでずぶ濡れ、傘も壊してしまいました(T_T)。こんな日は、仕事場でひとり淡々と仕事をすすめて、休憩のたびに王位戦の進行具合をチェックする、みたいな1日にしよう。2日制の将棋の1日目って、見る側からするとこうやってゆったり見れる所がいいです。台風のおかげで暑さも和らいだし、余計な雑音も雨音でかき消されて、いい一日に出来そうです(^^)。

* * * * *
 さて、2日目は外仕事で王位戦をまったく見る事が出来ず(T_T)。翌日になって棋譜を見ています。いや~、これは木村さんの快勝譜じゃないでしょうか。終盤で後手の勝ち筋はまったくなかったとの事。

20160822王位57-4_木村一vs羽生_角換37手 個人的に興味深かったのは、角換わり相腰掛け銀の場合は、やっぱり駒が衝突する直前の駒組み。わずかな差が成立するかしないかの研究合戦になっている気がするんですよね。僕なんかは自分で研究している時間なんて全然ないので、プロの将棋で結果だけ教えてもらっちゃおう、みたいな(^^;)。37手目盤面図、僕はちょっと勘違いしてました。というのは、戦後同形の先手勝ちやすい順に持ち込むには、ここで▲48飛が定跡だと思ってたんですよね。ところがここ、手番は先手じゃなくて後手。あらら、どこで一手すり変わったんだろうか、またしても角換わりは覚えなおしか…な~んて思っていたら、▲25歩がもう突いてあったんですね(^^;)。いや~、端歩を突くタイミングとか、△73桂保留とか、ちょっとした順番の違いでこんがらがっちゃうなあ…でも、互いに端歩を突き合った形だから、まだこれは良かったです。これに端歩の突き返しを手抜きや突き越しまで含めちゃうと、アマにはかなりしんどいっす。。

△42金右▲88玉△22玉▲47金
 ▲25歩を突いた形である事に気づいたのは、この▲47金を見た時。この位置に金を構えるのって、どちらかというと角の打ちこみに備えた後手が指す事が多い構想だと思っていたので、どこで先後がいれかわったんだろうと思ったのでした、アホだ(゚ω゚*)。。それにしても、これは受けから万全を期す木村さんらしい手に思えました。僕なら右金を玉側に寄せちゃうなあ。そのまま仕掛けるのって、あとで△69銀が飛んでくるのが怖くって(&p゚ω゚*)。。

△73桂
 おお、ここで羽生さんは桂跳ね!戦いが始まる前に玉を最善形で組むなら△43金右の気もしますが、それだと先手からの仕掛けにもう間に合わないのかも。あるいは、▲47金に反応して角打ちを狙いに行ったのかも。

20160822王位57-4_木村一vs羽生_角換43手▲45歩(43手目盤面図)
 木村さん、仕掛けたああああああ!!いや~、これって、この戦場で捌きあったとして、どうなるんでしょうか。△同歩▲同桂と進むと△44銀▲46歩で、これは後手不満なしなんじゃないかという気がします。じゃ、△同歩▲同銀だと?△同銀▲同桂に△44銀から飛車先の歩の交換でこっちは先手不満なしでしょうか。…いやいや、△44銀に代えて一発△46歩と叩いておくと?取ってくれれば△37角でゲームセットですが、取ってくれるわけがないので取り合いになると?いやいや、普通に金を躱されると面白くないのか。いやあ、これは難しい局面ですが…きっとプロでは前例のある形なんでしょうね。タイトル戦とNHK杯ぐらいしか見なくなってしまった僕にはついていけません(^^;)。

△65歩
 うおお、羽生さん、手抜いて突き返したああああ!!!いや~、普通に考えたら先手の方が速いと思うんですが、玉形では後手の方が金一枚分堅いぞ。これはいったいどっちがいいんでしょうか。

▲24歩△同銀▲44歩△86歩▲同歩△64角
互いに飛車先の歩を突き捨て、先手は▲44歩で拠点を作り 、後手は待望の△64角!これがこの将棋だった気がします。アマチュアからしたら、先に△46歩を打ち込んでから角を打ったら金あたりになるんじゃないかとか、仮に△46歩に▲48金と下がられたら、むしろ△66歩とか△39角とか△59角とか色々ありそうで、なんかよい順がありそうにも思えました…が、▲47金と引かれて何でもなさそうだなあ。すみません、アホでした。。というわけで、▲47金の構想に呼応したこの将棋の見所△64角でしたが、どうも成立しなかった模様。これは、勝ち負けというよりも、木村さんにしても羽生さんにしても、▲48金に△64角が成立するかどうかを調べた将棋であった気がします。

 いや~、深い将棋でした。僕みたいな趣味で将棋を指している弱小レベルなら、このあといくらでも波乱があるんでしょうが、以降まるでひっくりかえらないというのがさすがプロ。そして、感想戦で成否の結論まで出しちゃうところが凄い。僕なら、良いか悪いか分からないまま結論なんか出せず、同じ駒組みで何度でも指しちゃいそうです(^^;)。これで王位戦は2勝2敗のタイ、もつれてきました!羽生さんにはタイトルを失ってほしくないけど、何度もタイトル戦に出てきている木村さんには、一度でいいのでタイトルとって欲しい。う~ん、悩ましい。。

第66回NHK杯 石井健太郎 vs 谷川浩司 (相振り飛車)

 次の東京オリンピック、利権まみれの最低最悪の状況をすでに呈していて、うんざりです。予算が当初の6倍って、どんだけガメてんだよ。それから、オリンピック組織委員会の年間の維持費が116億円、事務所賃料だけで月39000万円って…森元首相にしても升添元都知事にしても、なんでこういうことを厚顔無恥にできるんだろうか。老いてなお醜い自己中心的な考えの人が権威におさまっていたら、なん100年たっても貧しさに苦しむ国や人が救われる世界なんて来ないだろうなあ。持っている人がもっと稼ぐことを考えるんじゃなくって、皆が幸福になる世界システムを考えて実行しないと、どうにもならないのかも知れませんね。テロも犯罪者集団もファベーラも永遠になくならないでしょう。愚かなり、金の亡者。

 そんな事を考え始めたら、オリンピックを見る気が失せてしまった、選手に責任はないのにね(^^;)。こんな日は将棋でもみるか!!今日の対局は若手棋士の石井さんと光速流の谷川会長。谷川さん、1回戦では光瑠さんを倒すという見事な勝利!僕がプロ将棋を見始めてから、NHK杯であまり勝ちあがれていないので頑張ってほしいです。そして対局は…後手谷川さんが三間、対する石井さんは二間飛車、相振りだあああ!!これはまったく分からない世界になってしまいました。こうなると、丸山さんの解説にすがるしかありません。そうそう、先週行われた竜王戦の挑戦者決定戦の第一局での丸山さんの中終盤は凄まじかった!!「うわああ、すっげえええええ!!」と声が出ちゃいました。今年見た将棋の中でも、トップ3に入る名局じゃないかと思いました。ああいう豪腕を見せてくれるから、僕は丸山さんの将棋が大好き。そんな丸山さんの解説によると、こういう将棋の序盤研究は、石井さんが一番詳しいんじゃないかとのこと。そういえば、振り飛車の定跡書を書いていましたね。。そして将棋は丸山さんの話の通りに進み、序中盤でリードした石井さんがそのまま押し切り、単手数で石井さんの勝ち!!谷川会長、残念。。でも、谷川さんより下の世代の羽生世代に陰りが見えてきてるぐらいなんですから、これは仕方ないですね。むしろ、若手棋士が成長してくるのは、将棋界にとっていい事なので、それを喜ぶ事にしよう(^^)。振り飛車党の人にとっては、石井さんみたいな人が伸びてくるのは、嬉しい事なんじゃないでしょうか。プロ棋士の相振り飛車の棋譜、僕もいっぱい見てみたいです(できれば解説つきで^^)。。
 

第66回NHK杯 斎藤慎太郎 vs 森内俊之 (角換わり相腰掛け銀)

 昨夜テレビをつけていたら、ドラマ仕立てで村山聖さんの特集をやってました。やっぱり見ていて切なくなっちゃいましたが、自分の情熱をかけられるものを見つけられ、それに打ち込む事が出来たのは、悔いのない人生だったのかも知れませんね。あと、羽生さんが村山さん他界後も年賀状を出していたというのは、感動してしまった。。

 さて、NHK杯です。今週こそ好カード目白押しの甲子園を見ようと思っていたんですが…森内さんと若手強豪の斎藤さんの好カード(^^;)、またしても将棋を見ないわけにはいかなくなってしまいました(*゚∀゚*)。。将棋は斎藤さん先手の角換わり相腰掛け銀だったんですが、後手の森内さんの方針が面白かったです。後手森内さん、腰掛け銀にあがる前に飛車を81に引き、居玉のまま△62金81飛の打ち込みの隙がない形を作りました。以降も森内さんは矢倉に入らずに中央で玉を動かして手待ち状態、徹底して待ち/受けの方針を崩さず。いや~、受け将棋は読み抜けがあると一方的な負けになっちゃうので、僕みたいな読み抜け満載のアマにとっては真似しにくい将棋です。これは強くないと出来ない棋風ですね。。
 そして、早指しのNHK杯で手待ち合戦に突入、なんと斎藤さんも▲48金29飛という森内さんと同じ形を作って手待ち(゚∀゚*)エヘヘ。司会の藤田さんも「これはいつ始まるんですかね」なんて笑ってましたし、これは時間いっぱいまで手待ちという前代未聞の将棋が観られるか?!と思いきや、先に歩の連続突き捨てを入れたのはなんと森内さん。ここからいきなり激しくなって、電光石火の中終盤!!いや~、お互いに色んな手があったと思うんですが、その順が難しいし、手抜きの攻め合いのタイミングも成立しているかどうかが難しくて、見ていて息をのんでしまいました。結局、互いに攻防を見ながらの争いとなったこの超難解な中終盤戦で読み勝ったのは斎藤さん!結果、95手にて先手斎藤さんの勝ち!!
 斎藤さん、終盤で角金を取られる順を手抜いての△15歩の反撃、そして一点手を戻して飛車を追いに行った△73とは見事!!めっちゃくちゃ面白い将棋でした!!この終盤は、もう一度見返してみたいなあ。。
 しかし、角換わりの歩の連続突き捨ては、いつみてもムズカシイです。攻める方も成立しているかどうかを読み切ってからじゃないとアホみたいになっちゃうし、受ける方も応接を間違えると一気に悪くなっちゃいますしね。いや~、最近は横歩7割、矢倉3割ぐらいでプロ将棋を見ていた気がするので、角換わりが見れたのは良かったです。なんといっても、羽生さんと糸谷さんのタイトル戦も近いですしね(^^)。


第57期王位戦 第3局 羽生善治 vs 木村一基 (横歩取り)

 叡王戦での屋敷さんを瞬殺で葬った将棋、棋聖戦の最終局で見せた一手損角換わりからの一方的な攻め潰し、そしてNHK杯の対阿久津戦で見せた成り駒を作られまくった入玉将棋での敵玉の寄せなど、最近の強烈な勝ちっぷりを見るかぎり、羽生さん復調か?!…と思いきや、王位戦第3局は、ここのところ苦戦している横歩取りです(^^;)。今日はちょっと面白い出だしだったので、先手番とはいえ避けようと思えば横歩を避けられたと思うのですが、カド番でもないのに横歩を避けているようでは、長い目で見てダメだろうという判断だったのかも。これに勝てるかどうかは、かなり重要なんじゃないかと。なんといっても、横歩と角換わりしかないと思える王座戦での糸谷戦が控えてますからね…。。

20160809王位57-3_羽生vs木村一_横歩32手 32手目盤面図は、1日目の封じ手のすこし前。プロの前例がどれぐらいあるかは分かりませんが、僕なんかのシロウトが指す将棋では類似形が結構出てくる局面図。しいて言えば、△85飛ではなく△84飛型に対しての▲38銀型が、▲38金48銀型よりちょっと少ない、ぐらいのものでしょうか。中原囲いを使わなくなった僕が最近愛用しているのがこの形で、28とか中央あたりがちょっと薄いというデメリットはあるものの、とにかく速いので先攻しやすいというメリットに惹かれます。手待ちになった場合は美濃に逃げ込めたりね(^^)。ここからの進行は…

▲76飛
 急所に刺さる歩を切り取るこの一手は自然ではありますが、アマが指していて怖いと感じるのは、▲38銀型で飛車が2筋からどくと、28が傷になる事。プロなら当然そのリスクまで読み切ってから指すと思うんですが、僕なんかだと深くまで読み切れないまま指す事になるので、一種の賭けになっちゃうんですよねえ(*^^*)。。こうなると、アマから見ると木村さんに指して貰いたい筋がありまして…

△88角成▲同銀△28角
 そう、これです。。2筋から飛車がどくと28につけ込む手があるんですよね。そして、ここで封じ手。いやあ、この状況から先手は色々とかけたい技や指したい手がありそうですが、それが後手の攻めに比べてどのぐらい有効かはまったく分からず。。間に合うなら▲73歩、さらに間に合うなら▲74歩とか指してみたいけど、さすがに▲74歩は間に合わないよなあ…。。現実的には、どれも実はもう間に合わないという可能性だって十分あるわけで、となると、いきなり▲46角が本線でしょうか。いやあ、これってもう、既にどちらかが良くなっているような気もします。でも、この将棋で結論や最善手を教えてもらうことが出来れば、自分の将棋にも活用できそうです。明日の封じ手開封後の数手は、アマとしては超見たい(^^)!!

* * * * *
 2日目です!昨日のオリンピックの柔道は残念だったけど、面白かった!おかげで寝不足です(^^;)。さて、封じ手は…

▲46角
 おお~、やっぱりこれじゃないと駄目なんだな。。これで香の拾い合いでしょうか?!

△73歩
 うああ、これは受け師木村さんらしいというか、拾い合いにはさせないんですね。でも、これは▲74歩と合わせたらどうなるんだろう?△同飛なら▲同飛の飛車交換から▲29飛で角確なので、先手やれると思うのですが…

▲74歩
 おおお~、今回は珍しく手が当たるぞ(o^ー^o)。。これはけっこう先手有望なんじゃ…

△64歩
 ええええ~、大駒は引きつけて受けよ、ですか?!
でもこれ、引きつけた後にどうやって受けるのか、ちょっと分からない…若い方の石田さんの解説によると、「▲6四同角に△6二金と受けておく意味」とのこと。う~ん、呼び込んでからいきなり角に当たらなくても良いのか、なるほど。メリットとしては、そう進めば先手角が浮き駒になるので、そこで悠々と△19角成と指しても先手は桂を跳ねだせない、という感じで、歩と交換に一手稼いだ感じかな?いや~、これは勉強になった(^^)。
 しかしいざこうなってみると、先手の右桂は既に跳ねだしているので、後手の△28角は実質的に香を拾っただけであとは遊んでしまう可能性もあるわけで、実はけっこう指しにくい手だったかも知れません。それでも、33手目の▲76飛からここまでは、互いに相当に時間を使って読んでからの着手だったので、木村さんも羽生さんもこれで勝負になると思って指したのでしょう。相手の研究や読みを外した変化球ではなく、どちらも最善手と思って指したように思えたので、すごく見ごたえのある封じ手前後の攻防でした。

 さて、ここから将棋は一気に中終盤へ。先手羽生さんは2枚の桂を使っての攻めだったんですが、これがまたかなり複雑で、正直言って僕には難しすぎました(^^;)。桂は寄せに行っている時の終盤では好きな駒なんですが、中盤でこういう使い方はチョット今の僕にはハードル高すぎ。横歩での2枚の桂の跳ね出しの攻め筋、ちょっと集中してプロの棋譜を見るなりして勉強しないと、勘所がつかめるようにならないかも。でも、桂がうまく使えないと横歩なんて指しこなせないでしょうから、桂がうまく使えない事が僕が横歩が苦手な理由のひとつになってるのかも。あ、でも、最近は横歩を逃げないようにして指しまくっているので、前よりは勝率があがってきています(^^)。そして、超絶に難解な局面から、羽生さんは飛車を切ってから狭い所に角を打ち込んでの強引な寄せ!いや~、この角打ちもデンジャラスというか、激しい駒損をしながらかなり難しい順で敵陣をバラバラにする組み立てで、見ていて溜息が出てしまいました。。読み抜けをしないプロレベルじゃないと、こういうのは怖いです。成算が持てない程度の読みの浅さで指していい手じゃないですね。。結果、111手にて先手羽生さんの勝ち!!

 いや~、熱戦でした、面白かった!!横歩で勝った羽生さん、いよいよ調子を戻してきた感じ。また、負けた木村さんも、攻防の△14角なんていう凄い手を指しまして、指された瞬間「うおお!!」と声が出てしまった。まったく見えなかったのでね( ̄ー ̄)。。それにしても木村さん、40歳を超えてからもちょくちょくタイトル戦に出てくるので相当な強豪といっていいと思うんですが、そのたびに羽生さんに跳ね返されている気がします。羽生さんの将棋が大好きな僕ですが、しかし木村さんには一度でいいからタイトルを取って欲しいです。プロ棋士になって、その一度が取れれば人生悔いなしでしょうから。
 それにしても、現在オリンピックの柔道と高校野球もかなり面白くって、そのうえ将棋がこんなに面白いんでは、僕はいつ仕事をやればいいんでしょうか。こまったもんだ(^^)。


第66回NHK杯 阿久津主税 vs 羽生善治 (矢倉先手早囲い)

 暑い、暑すぎる(>_<)。。僕が子供のころは、35度超えの日が連発なんていう夏はなかったぞ…。さらに、リオのオリンピックも夏の高校野球も始まったもので、NHK杯は見ずに他を見ようか迷っていた所…うおおお、羽生さんと阿久津さんの戦いだあああ!!!これは将棋を選ぶべきですね(^^)。

 阿久津さん先手の矢倉早囲いになり、中盤は後手羽生さんが構想した△93桂の跳ね出しをめぐる攻防に。ここでの行方さんの解説が秀逸!何十年も前に他人が指した前例を覚えているんだから、プロはオソロシイ…。いや~、勉強になりました(^^)。そして終盤は阿久津玉の入玉を巡る攻防。と金が2枚できた時は入玉確定かと思ったんですが、なんとここから羽生さんは仕留めてしまいました。いや~、何年か前の羽生vs中村太一さんのタイトル戦で、羽生さんは一段目まで来た敵玉を押し返して詰ましてしまった事がありましたが、ああいうのを見ると羽生さん相手に入玉は簡単じゃないんでしょうね。それにしても、入玉将棋は難しいです。僕は入るのも防ぐのもヘタクソで、困ったもんです。
 羽生さんといえば、棋聖戦を防衛してしまいましたね。最終局は一手損角換わりでしたが、危ない所なんてまるでない完勝譜。今日の将棋といい木村さんとのタイトル戦といい、横歩以外は実はスランプどころか絶好調なんじゃないかという気もします。


プロフィール

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド