第30期竜王戦挑戦者決定戦 第1局 羽生善治 vs 松尾歩 (横歩取り△33角85飛)

 ついに来ました竜王戦の挑戦者決定3番勝負!僕は竜王戦の本戦トーナメントがプロ将棋の中で一番好きなんですが、今期は慈明さんの研究手に沈みかけた羽生さんの大逆転劇あり、藤井聡太さんによるプロ連勝記録更新となった一番あり(これも見事な逆転劇でした!)、現在化け物じみた強さになってる久保さんが松尾さんに仕留められた一番ありと、例年以上の盛り上がり。そして今回の3番勝負は、遂にタイトル戦挑戦なるかという松尾さんにとっての人生の大一番でもあり、ついに永世竜王なるかという羽生さんにとっての大一番でもあります(^^)。しかも両者、王将戦など他棋戦の予選をきっちり捨てて万全の態勢(^^)。う~ん楽しみだ。。

20170814竜王30挑決1_羽生vs松尾_横歩85飛37手 振り駒で羽生さんが先手、横歩取りに進み、これは勇気流来るか…と思ったら、飛車を引きました。勇気流は、今いかにも後手が対策してそうな形ですから、相手の研究にハマらないためには勇気流に行かない方がいいんでしょうね。一方後手の松尾さんは△85飛!僕の△85飛破りは▲羽生△渡辺戦を参考にしたところから始まってるもので、羽生さんなら先手から角交換して左桂を跳ねて飛車に当てるよなあ…と思ったら、やっぱり羽生さんはそうしました(^^)。後手の飛車の引きどころは84、そこから後手は先手の飛車を引かせた後に先手の左桂頭を狙いに行ったところで、羽生さんが▲95角と飛車取りに打ち込んだのが37手目盤面図。ここで松尾さんは昼食休憩を挟んでの大長考。ボクはこの定石を知ってるんですが、最初に学んだ時は感動しました。まず、いかにもありそうな△94飛とすると…

△94飛▲62角成△同金▲85銀
 というわけで、角切りから飛車を詰まされ、これは先手優勢。級位のころ、これを喰らって瞬殺された事があります(^^;)。あと、△94飛でなく△82飛と引く将棋も感動的な定跡があって…

△82飛▲35歩 (これで桂頭の攻め合いは先手がはやくなる)
△64角 (飛車取りが決まったかに見えるが…)
▲34歩 (なんと飛車取りを受けずに桂頭攻めを継続!)
 で、そのまま△28角成▲同銀と飛車を取ってしまうと、次の▲23歩と一発叩かれてからの▲55角が強烈でこれまた先手優勢、みたいな感じ。だから飛車はすぐには取れず、代えて△45桂と跳ねると、それもそれで▲25飛と走られて先手十分。というわけで、△64角を狙う筋は成立しそうになし。だから△82飛と引く時は他の手を用意できていなければちょっと厳しい感じで、だから△83飛が増えてるんでしょうが、これはボクは未研究(^^;)。松尾さん、昼食休憩の時間を入れると2時間を超す大長考は、ここが中盤の山場と完璧な読みを入れてるんでしょうね。

△82飛▲35歩
 おっと、大長考の末に松尾さんは△82飛を選択。これはどこで変化するのか…

△55角
 おお~新手キタ~(゚∀゚)~!!
でもこれ、△64角と兄弟みたいな手ですね。普通に▲34歩と突っ込んでいったらどうなるんだろうか…

20170814竜王30挑決1_羽生vs松尾_横歩85飛45手▲62角成△同飛▲46銀△64角▲34歩(45手目盤面図)
 羽生さんも手を変えたあああ!!角を切って手にした銀で飛車取りを受けました!いや~狙いがはっきりしない難解な局面で大駒を切る事の出来ないボクとしては、この順は先手おっかない気がするんですがどうなんでしょうか。それでも、▲34歩と先に桂頭を押さえた事で先手は十分な見返りがあるという事なのかなあ。あと、△64角と△55角の狙いの違いが、恥ずかしながら僕にはよく分かりません。▲46銀が当たってくる分だけ△55角の方が損に見えるんですが、逆にいうとその筋を指させる為に△55角と打って先手の角切りを誘い込んだのかなあ…横歩の中盤ってムズカシイです。。

 ここからは、飛車のコビンを狙い続ける後手の64の角と、それを指させる前に後手左辺を崩しにかかる先手の戦い。これがメッチャクチャ難解な将棋で、そもそも先手が飛車角交換を許すのと引き換えに踏み込んだ場合、それで先手がいいのかどうかの僕にはさっぱりわからず(>_<)。。ただ、羽生さんは飛角交換や角の成り込みを許す順を徹底して避けていたので、その踏み込みはヤバいんでしょうね。というわけで、羽生さんは駒損しながらも後手の角を捌かせずに飛車交換に行き、玉型の堅さの差を主張する構想。これで殴り合いの終盤になり、これが棋譜中継で(ニコニコ動画追い出されてしまいました- -*)一基さんが「理解ができない」というほどの難解さ。しかし難解な寄せ合いになると羽生さんの方が一枚上だったようで、127手にて先手羽生さんの勝ち!羽生さん、先に竜王挑戦にリーチをかけました!!

 手に汗握る中終盤でした!とくに終盤の寄せ合いで、両者1分将棋に突入して、どっちが勝ってるんだかわからないハラハラさは将棋観戦の醍醐味ですね(^^)。松尾さん、最後は競り負けてしまいましたが、最後の最後まで羽生さんと互角に斬り合っていたのはみごと。両者ともに他棋戦を幾つも捨ててこの勝負に挑んできている集中力が伝わってくる、熱い勝負でした!


第67期王将戦予選 松尾歩 vs 阿久津主税 (横歩勇気流)

 竜王戦決勝トーナメントの▲羽生△村山戦で飛び出した勇気流に対する飛車交換から△28飛と打ち込むあの勇気流破り、あの一戦こそ羽生さんが最後の最後にまくって大逆転勝利しましたが、将棋的には勇気流の先手完敗筋。あのあと、プロ将棋では対勇気流に対する△28飛がいくつか飛び出しましたが、昨日の王将戦予選▲松尾△阿久津戦でも飛び出しました。先手はあれを退治できるんでしょうか。

20170811王将67予選_松尾vs阿久津_横歩勇気流29手 29手目盤面図は、後手△28飛の打ち込みに▲27歩の蓋歩をして飛車を捕獲した所。▲羽生△村山戦との違いは、蓋歩の直前に▲82歩△同銀の交換が入っている事です。ここから…

△26歩▲39金△27歩成▲28金△同と▲49銀
 ここまでは▲羽生△村山戦と同じですね。このあと、前例では△39とと後手が銀を追っていくんですが、そちらは▲羽生△村山戦の数日後に行われた▲廣瀬△稲葉戦のA級順位戦で、廣瀬さんがものの見事に修正案を披露して後手の△28飛を破っています。その将棋は、ここから△39と▲58銀△38と▲45桂△88角成▲同銀△48と▲69銀△87歩と進み(ここまでは▲82歩△同銀の交換が入っている以外は▲羽生△村山戦と同じ)、ここで廣瀬さんが▲77銀と躱した手で変化(羽生さんは▲87同銀と取った)。
20170719順位A_広瀬vs稲葉_横歩勇気流53手 これで羽生戦で△59角と打ち込まれて馬を作られて先手が苦労した筋が消され(といっても玉のすぐそばに拠点の歩を残すのでメッチャ恐ろしいですが^^;)、さらに廣瀬さんが浮かしておいた82の銀に当てる▲85飛打ち、そしてとんでもない切れ味の踏み込みとなった▲41角打(▲廣瀬△稲葉戦53手目盤面図。これは今年一番感動した手かも。羽生さん伝説の▲52銀打なみにビックリしました…すげえ)△同玉▲53桂不成を決め、廣瀬さんが勇気流破り破りを見せたんでした。この廣瀬さんの将棋は絶対に定石になるんでしょうね(^^)。というわけで、勇気流破り破り破りをしたい阿久津さんは、どこかで変化したいところですが…

20170811王将67予選_松尾vs阿久津_横歩勇気流36手△19と(36手目盤面図)
 ここで変化しました!しかし…と金がそっぽに行く△19と(・ω・ノ)ノヒョエ~!!これが銀をいじめながら先手右辺を制圧する△39とよりいいという事があるのか?!う~ん、という事は、香を手にしてなんかいい筋があるんでしょうね、廣瀬さんの△28飛破りの筋の対策だとしたら、▲85飛を先受けしつつ先手左辺をいじめにいく8筋の香打ちとか、合駒を打つと壁形にされる7筋への香打ちとかがあるのかな?いや~これは研究してないとプロでもちょっと指しにくい手な気がするなあ、どちらかというとすぐ駒を拾いに行く僕たちアマチュア的な手のような(^^;)。

▲45桂△88角成▲同銀△44香
 以降もまた前例と似たような先手桂跳ねから後手角交換と進んで…ここで香を打ったああ!!香を拾いに行った狙いの僕の予想がまったく見当外れだったことはそっとしておいていただくとして(゚ω゚*)、この段階で先手は右桂を消されるとあの廣瀬さんの寄せの筋はもう使えません。こうなってみると、桂を追われたわけでもなかったのに跳ねだした松尾さんの▲45桂に代えて何かほかに手がなかったか、▲19とに対する先手の有力筋がプロでは研究されるんでしょうね。

 ここから将棋は大混戦、どっちがいいんだかまったく分からない将棋に。アマ的には龍が暴れまくってる先手がいい気がしたんですが、松尾さんが後手玉を仕留めきれずにいる間に後手からジリジリと挟撃形を作られ、114手にて後手阿久津さんの勝ち!ちなみに、最後の寄せにはあの端っこのと金が役立ってました(^^;)。

 横歩勇気流破りの飛車交換から△28飛の優劣をめぐる争いは、しばらく続きそうですね。先手の有力筋として佐々木さんの快進撃を支えた勇気流が、村山さんの研究手で後手有力になり、それを廣瀬さんが破って先手巻き返し、その次が阿久津さんの△19とで後手勝ち、シーソー状態です。これ、ここからのタイトル戦や挑戦者決定戦でも出てくる事になるかも。。

第58期王位戦 第3局 羽生善治 vs 菅井竜也 (角交換振り飛車)

 角交換振り飛車&時間攻めのセットで菅井さん2連勝で始まった今期の王位戦。この第3局で菅井さんが勝つと、もうこれはほぼタイトル奪取なんじゃないかと。菅井さんとしては、羽生さんに破られるまでずっと角交換振り飛車の連投で行くでしょうが…ああやっぱりそうでした、そりゃそうですよね(^^)。

 20170808王位58-3_羽生vs菅井_後手角交換振飛車31手 ファンとしては「もう王位戦は捨てていいから竜王戦に絞ってくれ~」なんて思ってたんですが、ファンも見るスポンサーもついているというタイトル戦で、タイトルホルダーがそんな事できないんでしょうね、羽生さん対策をしてきました!まず、角交換振り飛車からの向かい飛車への振り直しに対し、羽生さんは早々に▲67角(31手目盤面図)!せっかくの角を早々に自陣に打つのはもったいない気もしますが、菅井さんが飛車を1段目に引いているのでなかなか敵陣への打ち込みのチャンスは廻ってこなそうだし、一歩得確定のこの角打ちで先手を取りに行く感じでしょうか。あと、この角はたぶん△12香と吊り上げてからの▲24歩での端の突破も含みにしてるんでしょうね、さすがにそんな単純にはいかないでしょうが(^^;)。そしてもうひとつ、菅井さんの時間攻めに対し、この第3局は菅井さんと同じぐらいに速いペースで指し進めてきました!互いにこれだから1日目の午前中ではやくも37手、このままいったら1日で終わってしまうんじゃ(^^;)。さて、このまま午後もハイペースで進むのでしょうか?

20170808王位58-3_羽生vs菅井_後手角交換振飛車38手 1日目はこのあと、先手▲67角の筋違い角からの▲12歩の香のつり上げの筋が決まっちゃってるように見える所まで進行。菅井さん、途中で筋違い角の攻撃を受け切るのは無理と見たか、別の戦場を作り出しての反撃を狙う△55銀(38手目盤面図)。これは次の△77角の攻めを狙ったんでしょうが、羽生さんは…

▲15歩
 うわあ、羽生さん、付き合わずに筋違い角を使っての端攻めを進めます!対して菅井さんは…

△73桂
 これはアマ低段の僕には狙いがよく分からない(^^;)。ここで△77角を打てないというのは、羽生さんが付き合ってくれなかった事で△77角が成立しなくなってしまったように見えるというか(いや、成立の是非をぜんぜん読んでないんですが^^;)、これだと△55銀との関連が少しぼんやりしてしまって、手がバラバラにも見えるなあ…。。いや、でも僕が何かを見落としてて、深謀遠慮な手なのかも。

▲14歩△同歩▲12歩
先手羽生さんは1筋攻めをして…

△85桂▲68銀△95歩▲同歩
後手菅井さんは9筋攻め。お互いに我が道を行ってます(^^;)。

この後も互いの指し手がハイペースで進んで、66手目で封じ手になったところでは、双方攻め合いの様相。いや、攻め合いというより、先手の筋違い角の攻撃が決まっちゃってるので、後手は先手玉にいつでも攻撃をかけられるように嫌味をつけておいてから手を戻したというあたりなのかなあ。この局面がそう見えるへなちょこアマの形勢判断としては、封じ手の時点では先手十分の局面な気がします。もしかすると、2日目の午前中には優劣がはっきりしてくるぐらいの状況かも。でも、明日の昼間は将棋を見ている暇はナシ、またしても15時代の決着とかになるとファンとしては辛いっす。菅井さん、2日制のタイトル戦で時間攻めとかやってないで、考えつくした自分なりの最善手を指すようにしてくれ~、そのための2日制なんだから(。・ω・。)タノムヨ。

20170809_kansousen.jpg◆◆◆◆
 2日目、ダッシュで5時台に帰ってきました、どんな状況かな…終わってました(´;ω;`)。。137手にて先手羽生さんの勝ち、終局は14時50分との事、菅井さんは3時間半近く余らせての敗戦。そして羽生さんの寄せ、これはすごい…。いや~竜王戦トーナメント村山戦での詰め将棋のような寄せも強烈でしたが、飛車捨てからの歩1枚すら余らせないピッタリのこの詰みもすごい。衰えてなおこの寄せか、やっぱり羽生さんは特別だわ、これはスゴいものを見せてもらいました(^^)。
 それにしても8月の羽生さんは夏の甲子園なみの過密スケジュールです。番勝負が王位戦3局に竜王戦挑戦者決定戦3局。それに順位戦、棋王戦本戦、王将戦予選ですか…。このまえ、棋王戦トーナメントで敗退していましたが、もし竜王戦に挑戦したいと思うんだったら、あれは敗退が正解ですよね、もし勝ってたらありえない過密スケジュールです。僕なら王将戦予選の対三浦戦の準備も捨てるな(^^;)、相居飛車で対策しないといけない新手がこの期間に飛び出してしまったら、王位戦第4局の準備を捨てるのすらやむなしかも。なるほどこの過密スケジュールを見ると、この第3局に対策をぶつけてきた羽生さんの選択は理解できます、だって棋王戦本戦を潰してでも王位戦の準備に当てないと、角交換振り飛車対策を準備できる時がなさそうねすよね。そう考えると、タイトル戦を戦っている棋士って本当にしんどいですね。渡辺さんが「2冠ですら相当厳しい、3冠なんてとても無理、準備がまるで追いつかない」なんて言っていたことがありましたが、複数冠がいかに怪物レベルなのかという事がよく分かります(^^;)。それにしても、1勝返して最低限の面目は保ったと思うので、8月はあくまで竜王戦を本筋で戦ってほしいっす。。

第38回将棋日本シリーズ 久保利明 vs 森内俊之 (後手石田流)

20170806日シリ38_久保vs森内_後手石田35手 なんて事だ、森内さんが石田流、それを久保さんが居飛車で受けました!しかも、どっちもメッチャ板についてる(^^;)。さらに森内さん、中盤は綺麗に捌いて、終盤は相手の手を全部潰してプレスする鉄板流。振り飛車と居飛車のいい所が合成したような指し回しで、現タイトルホルダーに圧勝!きょうのNHKと同じで、ファンを楽しませるための将棋で勝ち負けにはそこまで拘っていないだろうからどちらもこういうのを指すんでしょうが、それにしてもタイトルホルダーを力で圧倒するこんなフリークラスいてもらっちゃ困る(^^;)。

 森内さんは不調時は勝率が寂しくなったりするけど、たまに来る好調時はトッププロの誰も歯が立たないほどの強さ。それが出来なくなったからフリークラスの決断かと思ったんですが、これは羽生さんも渡辺さんも弾き飛ばして竜王名人になった時みたいな鉄板流の棋譜。かえすがえすも、森内さんのフリークラス転出はもったいないと思ってしまうなあ。これだったら速攻でA級復帰もあったんじゃなかろうか、あとの祭りなのは分かってるけど、森内さんに順位戦に戻ってきてほしい。。

第67回NHK杯 深浦康市 vs 増田康宏 (矢倉▲矢倉△雁木)

 聡太くんや増田さんや近藤さんを見ているととんでもなく強いので、C級にいる若手強豪とタイトルホルダーやA級棋士にどれぐらい棋力差があるのか、たまに気になる事があります。順位戦って強くても昇級できる人数が少ないから上が詰まってて上がれないので、実際にはそれほど棋力差はないんじゃないか…な~んて考えてみたり。でも、B1をぶっちぎりで勝ちぬいた人がA級にあがると、ほぼ全敗で追い返されたりする事がありますから、やっぱりA級は特別なのかな…。そんな疑問に対し今日は恰好のカード、A級ベテランの深浦さんとC2の増田さんの対戦です!でも、昨日夜が深かったもんで、今日はぼんやりとしか見れないぞっと。。

 将棋の内容もいかにもベテランvs若手といった感じで、先手ベテラン深浦さんは伝統ある矢倉囲い、後手若手増田さんは古くて新し囲いの雁木。「矢倉は終わった」なんて発言をしている増田さんが、矢倉をどう潰すのかを参考にしたいと思っていたのですが、打開できずにこう着状態(^^;)。以降は、こう着状態のときは端攻めという増田さんと、構想を練って敵の角筋を逸らしながら端桂まで跳ねて打開を目指した深浦さんの戦い。しかし打開を目指した深浦さんの構想は強引だったか成立せず、負債として残った端桂の桂頭を狙われて1筋端を攻められてピンチ(^^;)。今日は1筋と9筋両方の端攻めの攻防戦が中心となった将棋になりましたが、端桂を咎められた深浦さんがマルっと桂損してさすがに不利、増田さんの勝ち!

 いや~でも今日の将棋で、A級ベテランとC級若手実力派の棋力差を測るのはちょっと無理かも。なんせ、「こう着状態になったら、テレビ的な意味で多少無理筋でも上位者が打開してあげる」というNHK杯っぽい展開でしたもんでね(^^)。これ、順位戦とかタイトル戦みたいなガチ将棋だったら、深浦さんはあんな強引な事はしなかった気がします。それにしても、1筋の端の攻防は見ごたえありました、端桂を狙いに行った後手がいいに決まってるんですが、それをカウンターであそこまで逆襲してしまうんだからやっぱりA級棋士はすごいと思ってしまった。深浦さんってタイトルを何期も取ってるしA級でもあるし間違いなく強いですが、でも羽生さんや渡辺さんと比べるとじゃっかん地味というか、ブッチギリではないじゃないですか、しかも年齢的にもとっくに下り坂のはず、それでもやっぱりすごいなと。あと、1筋の攻防戦、僕だったらノータイムで香を打って後手の飛車を拾ってたと思うんですが、なんかそれじゃヤバい筋があったんでしょうね。端攻め、奥が深かったです(^^)。

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド