FC2ブログ

がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

お気に入りサイトの更新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第68回NHK杯 松尾歩 vs 山崎隆之 (相掛かり)

 一時は3段まで行ったのに、本業をおろそかにしてはいけないと思い直し、節度を持って将棋に関わっていたら、良くて2段ぐらいまで棋力が落ちてしまいました(T_T)。。序盤定跡はむかし勉強していた貯金で何とかなっているものが多い中、面倒なのが雁木や相掛かり、明らかに戦績が悪いです。これはやばい、基礎からやり直さねば…というわけで、最近はプロ将棋を観るよりも、定跡、手筋、詰め将棋とやり直しています。特に成果があるのが手筋で、級位の時には意味が分からなかった手筋も、昔より強くなっているとすごく理解出来て、真綿のように吸収できていく実感があります。忘れているものも結構あったりして。基礎は大事ですね(^^)。

 さて、今日のNHK杯は松尾さんと山崎さんというB1番人対決。どちらもあと一歩でA級という所で、その一歩が抜け出せないまま10年ぐらいたってるんじゃないかなあ。そして…おお~僕が苦手の相掛かりだ、解説は谷川さんだし、これはちゃんと見よう、そうしよう。
 …乱戦になってしまいました(゚ω゚*)。やっぱり山崎さんの将棋はアマには難しすぎ、真似しにくいです。解説の谷川さんも、まだ中盤なのに「この局面で後手を持ちたい人はいない」なんて言ってるし(^^;)。でも、こないだのB1でもグチャグチャになってからの逆転勝ちだったし、ここからひっくり返すのが山崎将棋、見事な粘りでした。もう終わったと思う所から見事な粘り、第2ラウンドまで持ち越し。先手松尾さんは駒得するも攻めが重い、駒の働きが悪いのが辛く見えました。
 これは山崎さんの逆転が決まったな…と思ったら、最後の最後で先手に手番が渡った瞬間、今度は松尾さんの大反撃!いや~面白い(^^)。と思ったら最後にまたしても山崎さんがひっくり返して、山崎さんの勝ち!対局後、山崎さんが「詰んでない」みたいな事を言ってましたが、もしかして詰んでないのに投了してしまった?それとも松尾さんが詰みを逃した?いや~終盤はグッチャグチャでよく分かりませんでした。やっぱり基礎からやり直そう。。

 形勢がひっくり返りまくって、縁台将棋みたいな面白さでした。でも、まず悪くするとか、良いのに逆転を喫してしまうとか、そういうところが両者ともA級の超強豪棋士に届かない所なんでしょうね。相掛かりを教わろうと思って観てたのに、終盤の粘りを教わった面白い対局でした!

スポンサーサイト

第68回NHK杯 中村太地 vs 横山泰明 (横歩取り)

 NHK杯は今日から2回戦、いよいよシードのタイトルホルダーの登場です。最初の登場は中村太地王座!

 いや~さすがはプロ、両者とも簡単には破らせない指し回しが見事でした。特に横山さんの丁寧な指し回しがものすごく参考になりました。僕的には「もう受からない」「ここは破れた、勝負に行くしかない」と思うようなところでも、きれいな受けがあるんですね、すごかった!米長さんなら「プロはそう指さない」と言いそうな△28角を打ちこんでから着実にポイントをあげ、現タイトルホルダーの強烈な攻めも丁寧に対応して全部潰していきました。僕もあの△28角はよく打つんですが、けっこう有力ですよね(^^)。
 あと、横歩って、途中で有力な指し手が分からなくなっちゃう時が僕はけっこうあるんですが、天彦名人の「先手から有力な手がない」なんて解説をきいていたら、プロでトップの横歩マスターですらそうなのかと、ちょっと安心(^^)。
 最後は、暴れるしかなくなった中村王座の攻めをすべて潰し、仕留めにかかってからはあっという間。横山さん、これは快勝譜じゃないでしょうか?!横山さんの勝ちでした!

 しかし中村さん、王座戦は大丈夫でしょうか。斉藤さんにタイトル奪われる予感しかしないんですが(^^;)。


第59期王位戦 第3局  菅井竜也 vs 豊島将之 (ゴキゲン中飛車)

 ごぶさたしています、暑いですねえ(^^;)。仕事が忙しすぎてブログをまったく書けない状態ですが、プロ将棋はしっかり観てました。竜王戦挑戦者決定トーナメントで久保さんを葬った広瀬さんの居飛車穴熊、女流王座戦のトーナメントなども観てましたが、やっぱり一番は豊島さんの初タイトル!一時はタイトル取る前に天才少年があがってきちゃってタイトル取れなくなっちゃうんじゃないかと思いましたが、間に合いました、おめでとうございます!さらに勢いに乗って王位戦第2局を取った豊島さんの指し回しが凄かった。65手目▲44歩は見事、△同飛には▲65歩を用意して銀取りを喰らわないという見事なからくり、見ていて唸ってしまいました。
 さて、これで豊島さんは堰を切ったようにタイトルをぼろぼろ取るのでしょうか。 なんとなくですが、この王位戦第三局で強い勝ち方が出来れば一気に突き抜ける気がしますが、負けるとやっぱり「最後の最後で勝ちきれない人」のままの気が(^^;)。

20180801王位59-3_菅井vs豊島_先手ゴキ中53手 将棋は先手菅井さんがゴキゲン中飛車から振り飛車穴熊に組む展開。居玉のままの急戦将棋が目立っていた最近のプロ将棋でしたが、ここに来て持久戦模様の棋譜が出てきて、穴熊党の僕としては嬉しい(^^)。将棋は中盤のねじり合いが壮絶で、豊島さんが押さえ込めるか、菅井さんが飛車を捌けるかという展開でした。

 個人的には、54手目の豊島さんの選択が大きな分水嶺だった気がしました。ここ、後手は△86銀、△55歩、△72飛などいろいろな手が考えられて、どれも帯に短したすきに長し。
 △86銀は▲76飛△75歩みたいになればいいけど、▲83歩△同飛▲84銀と止められるとやっかい。▲83歩に△72飛が▲66角で77を守りつつ、以下△同角▲同飛と進めば先手は飛車が捌けそうなので、押さえ込まれかけていた先手としては悪くないんでしょう。

 △55歩は、飛車が大好きな僕ならこの一手ですが(^^;)、実際には▲36飛△86銀のあとに▲76飛と回られて7筋突破を狙われ、それを止める△75歩▲66飛でおさえ込みに成功かと思いきや、△87銀不成▲79金とされた後にまたしても▲76飛を狙われて、後手は銀で突破できますが先手も大駒が捌けそう。

 豊島さんが選んだのは△72飛。これをおさえ込みの方針を貫いたと見るのか、また昔の消極的な豊島さんに戻ったと見るのかは僕なんぞでは分かりませんが、でもこの後の展開を見るに、ここから後手は先手から形を崩され、大駒を捌かれて、玉の堅さの差を主張される展開になってしまいました。こうなるなら、どこかでもうおさえ込みは無理と見て、先に穴熊崩しに先着して手番を握り続ける構想に切り替えるべきだったのかも。…見てるだけだと何でも言えますね、じゃあそういう順に行ける変化があったかというと、ぜんぜん分かりません(^^;)。でも、聡太くんならそれが出来る気がしちゃうんですよね。。

 けっきょく、この局面から大駒を捌く事に成功した菅井さんは悪くないと思ったんじゃないでしょうか。そして終盤の寄せ合いが壮絶!穴熊対美濃の寄せ合いになってしまい、後手は受け切るのは無理。もう寄せるしかありませんでしたが、菅井さんの守りは見事でした。豊島さんは1分将棋となり、ついに菅井玉を捉まえる事が出来ず、豊島さん負け。豊島さん勝ちきれなかったか、プロ将棋は本当に戦国時代になりました。

 それにしても、プロ将棋はいろいろあっても対局が健全でいいですね。日大アメフト部の卑劣なタックルやそれを指示した腐った指導とか、アマチュアボクシングの卑怯きわまりない判定や私腹を肥やす事しか考えてない腐敗とか、ああいうミスや出来心ではなく根本から腐っているような不祥事がなくていいです。皆さん、熱中症に気をつけて!


第68回NHK杯 谷川浩司 vs 佐々木勇気 (角換わり)

 昨日は久々に受けた健康診断で血をいっぱい抜かれ、ついでに酷暑でフラフラ。夜には妻のパソコンの修理に明け方近くまで付きあわされて睡眠不足。いい加減自分で直せるようになってくれ。というわけで、今日の午前は何もやる気が起きず、将棋を観ておりました。

 おお~谷川さんが勝ったあああ!よもや勇気さんが1回戦で消えるとは…でも、強豪を倒しながらボロッと負けたりするところも勇気さんらしいといえばらしいか(^^;)。先週も1回戦で聡太くんが消えるし、今期のNHK杯は1回戦から波乱続きですね。

夏場に来て、将棋はいろんな棋戦の棋譜中継やネット中継があって嬉しい限りです。今年の夏は猛暑日続き、気温が35度ごえとか、40度に達している所もあるそうで。どうぞみなさん、この夏はクーラーの効いた部屋で、水分をじゅうぶん補給して、将棋でも観て優雅に過ごしましょう(^^)。

第31期竜王戦 決勝トーナメント 深浦康市 vs 豊島将之 (相掛かり)

 竜王戦トーナメント、熱いですね!振り飛車満載の女流王座戦の決勝トーナメントともども、けっこう見ています。

 さて、竜王戦トーナメント、左の山は都成さん、聡太くん、増田さんと、若手が次々に潰されて、けっきょく残るはA級棋士ばかり。やっぱりA級は強いんだなあ。そして右の山は、ついにタイトルを取った豊島さんの登場です!!

 というわけで、昼間からちょくちょく見ていたんですが、ただいま23時を過ぎたところで、どうも持将棋になりそう(^^;)。これは棋士は大変ですね。僕は明日早起きしないといけないので、これ以上つきあえません、残念。しかし、深浦さんって本当にしぶといですね、すごい。…ってところで、深浦さん寄せに行ったか?!ああでももうだめだ、寝ないと…

* * * * *
 翌日、棋譜を見ると…うおお、深浦さん、あそこから大駒切って寄せたのか?!寄せた事もすごいですが、失敗したら持将棋で負けになるのに踏み込んだ決断が本当にすごい。これはカッコいいなあ。

 竜王戦挑戦者決定トーナメント、本当に面白いです。この時期は女流もJT杯もタイトル戦も集中していて、自分で指してる暇もないほど楽しいです(^^)。

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。